「シスタースマイル ドミニクの歌」を見てきました(8月11日)

d0021786_22522076.jpg名演小劇場に「シスタースマイル ドミニクの歌」を見に行きました。1950年代後半のベルギー。ジャニーヌは親の言いなりに生きることを拒否し、生きる意味を見出せず修道院に入ることを決意する。だが、修道院の厳しい規則にもなじめず、持ってきたギターを弾く許可をなんとか得る。そして作った曲があの有名な「ドミニクの歌」である。修道院は資金集めのために彼女をオーディションに参加させ、そこでレコード会社に認められ、レコードデビューすることに。シスタースマイルの名で売り出し、世界で300万枚の売上を記録する。ところが彼女が作った「黄金のピル」という歌が問題になり、彼女は修道院を出て行くことに。そしてカナダでコンサートツアーをやることになり、最初のコンサートは大成功。ところがそこでアンコール曲として「黄金のピル」を歌い、それが教会の反感を買い、教会の圧力でコンサートは次々にキャンセルされ、酒場で歌うことに。そんな生活にうんざりしてベルギーに戻り、両親のうちへ帰るが、両親は彼女を受け入れてくれない。友達のアニとともに住むが、その家もローンが払えずに出て行くことに。
世界的大ヒットを放った「ドミニクの歌」だったが、その後の歌はヒットせず、両親にも受け入れられず、寂しい人生を送った。

Wikipediaによると彼女は1960年代後半は敬虔な宗教生活に入り人前で歌うことはやめた。収入の大半は修道院に寄付していたが、1967年には音楽活動を停止。その後親友アニとともに自閉症自動のための学校を開いたが、1978年ベルギー政府は彼女に5万米ドルの追徴課税を課し、彼女は大半は修道院に寄付したものだと主張したが、領収書がないということで彼女の言い分は認められず、経済的な困難に陥る。そして1982年、親友アニと共に睡眠薬と酒の過剰服用で自殺した。

ドミニクの歌が宗教的な歌だったということを初めて知りました。

2009年 フランス・ベルギー  124分  セシル・ド・フランス主演
[PR]

by irkutsk | 2010-08-11 22:52 | 映画 | Comments(0)