ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「オブリビオン」を見に行きました(5月31日)

d0021786_16543999.jpgミッドランドスクエアシネマへ「オブリビオン」を見に行きました。

2077年、地球はエイリアンによって攻撃を受け壊滅。戦いには勝ったが、地球上が放射能で汚染され住むことができなくなり、土星の衛星タイタンへ移住した。ジャック(トム・うルーズ)は地球に残り、パトロール機バブルシップをかり、高度1000mの上空から地球を監視している。

ある日、ジャックは宇宙船が墜落するのを目にし、現場へ急行し調査する。そこには長時間の宇宙旅行のために眠らされている人間の入ったカプセルがいくつか落ちており、中の人間は生きていた。ところが無人偵察機ドローンがやってきて、そのカプセルを攻撃し始めた。ジャックはようやく一人だけ助け出し、スカイタワーへ連れ帰る。スカイタワーにはヴィクトリアという女性がいて彼女はカプセルを持ち込むのは規則違反だというがなんとか説得して中へ入れる。カプセルの中の女性は目を覚ましたあと、自分の名前はジュリアだと言い、なぜか会ったことのないジャックの名前を口にする。

断片的な記憶を辿るジャックだったが、パトロール中、誰もいないはずの地球で謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。そして彼はジャックに驚愕の真実を告げる。ジュリアは2017年に地球を出発し、自分はジャックの妻だという。

一体どうなっているのか?もうすぐ任務が終了して、タイタンへ行くのを心待ちにしているヴィクトリア。妻だと名乗る女性ジュリア、謎の男ビーチ、そして過去の記憶を失ったジャック。サリーというジャックに指令を送ってくる女性、一体どうなるのか?

「オブリビオン」 2013年アメリカ 124分 監督:ジョセフ・コジンスキー 出演:トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、メリッサ・レオ、モーガン・フリーマンほか
[PR]
by irkutsk | 2013-05-31 16:54 | 映画 | Comments(0)