ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

「共喰い」を見に行きました(9月8日)

d0021786_19473538.jpgミッドランドスクエアシネマへ「共喰い」を見に行きました。何とも気色の悪い映画でした。2012年の芥川賞受賞作の映画化ということで見に行ったのですが。

17歳の高校2年生、遠馬は父親の円と継母の琴子の3人で暮らしている。父親は何の仕事をしているのかわからない。遠馬の実の母親・仁子は空襲で右の手首から先を失った。婚約者の母親に「手のない子どもが生まれんじゃないか」と言われ、手首のない手を相手の母親の口に突っ込み「舌を胃の中に押し込んでやる」と言う。もちろんこれで破談になった。そんな仁子を嫁にもらってくれたのが円で、二人の間に生まれたのが遠馬だった。その後離婚して、仁子は川を挟んだ向かいのうちで魚屋をやっている。遠馬は仁子のもとへもしばしば遊びに行く。

この映画は父親・円の奇妙な性癖が息子の遠馬も受け継いでいるという話である。円はセックスのとき女を殴ったり、首を絞めたりするという性癖があった。17歳の遠馬は1歳年上の千種とすでに性的な関係があり、我慢できなくなると神社に呼び出して社の中でセックスをしていた。

ところがある日、遠馬は千種に対してセックスの途中で首を絞めようとする。千種は抵抗し、それから疎遠になった。そして父がいつも行く娼婦のところへ行き、彼女を殴ったり、首を絞めたりしながらセックスをする。

琴子は仁子から妊娠したら手を出さなくなるという話を聞いて、妊娠する。だが、誰の子どもかはわからない。円は自分の子どもだと思っているが。そして、琴子は円と別れて、町を出る決意をし、遠馬に打ち明ける。

千種は遠馬と仲直りしようと、お祭の日に神社で待っていると言う。琴子が町を出る日も祭の日だった。家に帰ってきて琴子が出て行ったことを遠馬から聞いた円は「わしの子、持ち逃げしやがってから」といって琴子を探しに町中をかけまわる。そして神社で遠馬を待っていた千種に遭遇し、彼女をぼこぼこに殴りながら強姦する。

近所の子どもたちが遠馬のうちへやってきて、そのことを教えてくれる。神社で立ち上がれなくなっている千種を助け、仁子のところへ連れて行く。仁子は「うちが最初に、なんとかしとくべきじゃったわ」と言って包丁を持って飛び出す。そして円を殺してしまう。

映画では千種が遠馬の手を縛ってセックスをするという事で、親子の暴力の連鎖を断ち切っていた。

「共喰い」 2013年日本 102分 監督:青山真治 出演: 田中裕子, 菅田将暉, 篠原友希子, 光石研, 木下美咲, 小森悠矢, 横川知宏,原田健汰, 鈴木将一朗, 小川丈瑠, 福山莉子, 淵上泰史, 宍倉暁子, 岸部一徳, 古賀光輝, 三枝優希
[PR]
by irkutsk | 2013-09-09 19:47 | 映画 | Comments(0)