ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「危険な関係」を見に行きました(1月20日)

d0021786_21505278.jpgセンチュリーシネマへ「危険な関係」を見に行きました。

これまでに何度も映像化されてきたコデルロス・ド・ラクロによる18世紀フランスの名作小説「危険な関係」を、「八月のクリスマス」「四月の雪」で知られる韓国の名匠ホ・ジノのメガホンで映画化。舞台を東西の文化が混ざり合う1931年の上海に置き換え、チャン・ツィイー、チャン・ドンゴン、セシリア・チャンというアジア圏のスターが共演した。

莫大な資産を持つ富裕層がパーティに明け暮れ、享楽的な生活を送っている上海。自分を捨てた男が年端もいかない少女と婚約したのが許せないジユは、愛人になることを条件にその少女を寝取ってほしいと、プレイボーイのイーファンに持ちかける。しかし、イーファンが目をつけていたのは、亡き夫の遺志を継ぎ奉仕活動を行うフェンユー。自分の計画を譲れないジユは、イーファンに更なる条件を突きつける。

「危険な関係」 2013年中国 110分 監督:ホ・ジノ 出演:チャン・ドンゴン、セシリア・チャン, キャンディ・ワン, ショーン・ドウ, チャン・ツィイーほか
[PR]
by irkutsk | 2014-01-20 21:51 | 映画 | Comments(0)