ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「アナと雪の女王」を見に行きました(5月23日)

d0021786_9115555.jpg周りの人たちが「アナと雪の女王」はよかったというので、ミッドランドスクエアシネマへ見に行きました。久しぶりに3Dで見ました。雪のシーンなどは3D効果が良く現れており、感動ものでした。

公式HPによるとストーリーはつぎのようなものです。
運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹、エルサとアナ―触れるものを凍らせる”禁断の力“を持つ姉エルサは、妹アナを傷つけることを恐れ、幼い頃から自分の世界に閉じこもって暮らしていた。
美しく成長したエルサは新女王として戴冠式に臨むが、力を制御できずに真夏の王国を冬に変えてしまう。
城から逃亡した彼女は、生まれて初めて禁断の力を思うままに解き放ち、雪と氷を自由自在に操り、冬の王国を作り出す。
愛する者を守るために姉が払ってきた犠牲と愛の深さを知ったアナは、エルサと王国を救うため、山男のクリストフとその相棒トナカイのスヴェン、”夏に憧れる雪だるま“のオラフとともに雪山の奥深くへと旅に出る。アナの思いは凍った心をとかし、凍った世界を救うことができるのか?そしてすべての鍵を握る”真実の愛“とは…?

3Dは吹き替え版で、エルサが城を飛び出し、一人で山へ登り、もう自分はすべてから解放され、思いのままに生きることができるんだということを歌う「Let It Go~ありのままで~」は松たか子が歌っています。彼女の歌声も素晴らしいのですが、訳詩が原文よりもずっといいのです。

******************************
降り始めた雪は足あと消して
真っ白な世界に一人の私
風が心にささやくの
このままじゃダメだんだと
戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに
悩んでたそれももう
やめよう
ありのままの姿見せるのよ
ありのままの自分になるの
何も怖くない
風よ吹け
少しも寒くないわ
悩んでたことが嘘みたいで
だってもう自由よなんでもできる
どこまでやれるか自分を試したいの
そうよ変わるのよ

ありのままで空へ風に乗って
ありのままで飛び出してみるの
二度と涙は流さないわ
冷たく大地を包み込み
高く舞い上がる思い描いて
花咲く氷の結晶のように
輝いていたい。もう決めたの
これでいいの自分を好きになって
これでいいの自分信じて
光、浴びながらあるきだそう
少しも寒くないわ
******************************
この歌はこちらから聴くことができます。

さすがディズニー映画という映画でした。それに日本語訳の素晴らしさ。アニメでは吹き替えのほうが良いかもと思わせられました。

「アナと雪の女王」 2013年アメリカ 102分 声の出演(吹替え版):アナ(神田沙也加)、エルサ(松たか子)ほか
[PR]
by irkutsk | 2014-05-23 12:40 | 映画 | Comments(0)