ブログトップ

ロシアとMacと日本語

大研医器から株主優待が届きました(6月12日)

d0021786_84050100.jpg大研医器(7775)から株主優待のクオカード(1,000円分)が届きました。大研医器の株主優待は年1回(3月末)で、100株以上の株主にクオカード(1,000円分)が贈られます。

大研医器は次のような製品の製造・販売を行っています。
真空吸引器(病院の医用ガス供給システムから供給される陰圧を利用して、液体又は粒状物質の吸引等の治療に用いる装置のことです。ベッドサイド又は手術室で用います。吸引終了後に容器内に溜まった排液をフタを開けることなく凝固し、排液による感染を防止します。)

吸引チューブ、加圧医薬品注入器(バルーン・大気圧等の非電気的な動力源を用い、定量かつ持続的に薬液を投与する携帯用ポンプをいいます。薬液の注入速度を選択できるもの、患者管理無痛法用注入器PCA装置を備えたものがあります。)

注射筒輸液ポンプ(医薬品及び溶液を非常に正確な容量かつ一定速度で投与する必要がある場合に用いる装置をいいます。低流量設定と流量変換のため、特に新生児、乳児、重体患者の治療で、少量の高濃度の医薬品を長時間にわたって投与する場合に適しています。硬膜外麻酔の投与にも用いられます。)

汎用輸液ポンプ
殺菌水製造装置
ステリマット(防塵吸着・除菌マット)


単回使用汎用サージカルドレープ(手術室やカテーテル処置室の汚染(器具やテーブルの上)から外科切開部位や術野を隔離するために、保護的なカバー又は障壁として用いる不織布製の用具をいいます。患者を手術中の熱、炎又は他の形態のエネルギーから保護するためにも使用します。)

換気用気管支閉塞カテーテル(麻酔薬の投与又は肺機能検査に使用するため、片側の肺への換気を制限するための気管支用カテーテル)

2014年3月期の決算によると、8億8100万円の純利益をあげており(前年比11.9%増)、配当金は中間11.75円、期末12.25円の年間24円でした。来期の予想は中間12円、期末15円で年間27円を予定しています。

6月12日の株価は1,699円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-06-12 21:40 | | Comments(0)