ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「渇き」を見てきました(6月30日)

d0021786_5405849.jpgミッドランドスクエアシネマで「渇き」を見てきました。

第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を映画化したもの。

品行方正だと思っていた娘・加奈子(小松菜奈)がもう10日間もうちに帰っていないと、元妻の桐子から電話がかかってくる。元刑事で父親の藤島昭和(役所広司)は、自分自身の性格や行動で家族をばらばらにした過去には目もくれず、心の中で思い描く幸せな家族像を取り戻そうと躍起になって加奈子の足取りを調べていく。

中学時代友だち、加奈子が受診していた精神科医、中学校の元担任などから得た情報は、自分が知っていた加奈子とは全然ちがっていた。

明らかになったのは次のようなことだった。
加奈子は不良グループに属していて、甘い言葉で同級生を引き込み、薬物を飲ませ、売春クラブで中年親父の相手をさせ、その写真を撮っていた。

不良グループと、暴力団、そして警察も絡んでいた。一体加奈子は何をしていたのか?
調べていくうちに藤島は自分の娘が「バケモノ」に思えてくるのだった。

そして加奈子はどこに?

豪華キャストで繰り広げられるサスペンスミステリー。原作を読んでみたくなったが、図書館で検索してみると、予約が60件以上入っていた。やはり映画を見たら、原作を読みたくなるのかも。

「渇き」公式ホームページ

「渇き」 2014年日本 118分 監督:中島哲也 出演:役所広司、小松菜奈、橋本愛、二階堂ふみ、國村隼、妻夫木聡、黒沢あすか、オダギリジョー、中谷美紀ほか
[PR]
by irkutsk | 2014-06-30 11:30 | 映画 | Comments(0)