ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

ラサ商事から株主優待が届きました(6月30日)

d0021786_22131783.jpgラサ商事(3023)から株主優待のクオカード(500円分)が届きました。ラサ商事の株主優待は年1回(3月末)で、保有期間によって次のようになっています。
100株以上、保有1年未満
(1) 自社オリジナルQUOカード(500円相当)
(2) 公益財団法人緑の地球防衛基金への寄付(株主様1人あたり50円)
(3) 認定NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)への寄付(株主様1人あたり60円)
100株以上、3年以上
(1) 自社オリジナルQUOカード(1,000円相当)
(2) 公益財団法人緑の地球防衛基金への寄付(株主様1人あたり50円)
(3) 認定NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)への寄付(株主様1人あたり60円)

ラサ商事の、主力のジルコンサンドは、セラミックスの釉薬、高炉の耐火煉瓦材料などから、半導体チップの鏡面加工、液晶やプラズマパネルの製造工程まで、幅広く用途が拡大している鉱物資源。ラサ商事は、世界最大規模の生産量を誇る豪州の生産会社から独占輸入し、国内取扱額の半数以上を占めています。
トップ商品のワーマンポンプや、公共事業向けのヒドロスタルポンプで、国内のスラリーポンプ市場をリード。上・下水道施設向けの設備・機器など、暮らしを守るための商品を数多く提供。他にも、小型削岩機やシールド掘進機などの建設機械も取扱い、技術力でインフラ整備に貢献しています。
製鉄所で鉄を作る際に発生するスラグを、コンクリートの原料などにリサイクルする独自技術の水砕スラグ製造設備。近年、世界的に製鉄所の建設・改修が進む中、この技術と設備を海外にも輸出しています。また、新たな取り組みとして、発電設備から発生するスラグへの対応も進めています。
自動車関連をはじめ、建材・電気・電子分野など幅広い業界に多種多様な合成樹脂・化学製品を供給。さらに、塩ビコンパウンドに代表される樹脂類の混練加工製造機能を発揮。自社設備により、お客様の希望に合わせた樹脂加工を提供します。

ラサ商事の2014年3月期の決算によると、8億7600万円(前年比13.5%増)の純利益をあげており、配当金は中間7.5円、期末7.5円で年間15円でした。来期の配当も中間7.5円、期末7.5円で、年間15円の予定です。

6月30日の株価は489円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-06-30 23:12 | | Comments(0)