「監視者たち」を見に行きました(9月24日)

d0021786_21464854.jpgセンチュリーシネマへ「監視者たち」を見に行きました。

監視の規則は
1、すべての任務は監視に始まり監視に終わる
2、任務外の事件に立ち入るべからず
3、気づかれた場合には直ちに任務から外れる

ストーリーは公式HPによると次のようである。
「ハ・ユンジュ(ハン・ヒョジュ)はずば抜けた記憶力と鋭い洞察力、そして驚異的な集中力を備えた刑事。そんな彼女が新人として配属されたのは、韓国警察特殊犯罪課(SCU)内で凶悪犯の行動監視を専門とする反だった。直属の上司となるベテランの班長ファン・サンジュン(ソル・ギョング)は荒っぽく無茶な要求も多いが人間味にあふれ、動物的な感覚と本能の持ち主として知られていた。サンジュンとユンジュは、武装犯罪グループの冷酷なリーダー、ジェームズ(チョン・ウソン)の追跡調査を通して、徐々に相棒としての絆を深めていく。しかし、ジェームズは抜群の頭脳と高度な戦略で、彼らの監視網を毎度潜り抜けてしまう。サンジュンとユンジュはあらゆる手を尽くしてジェームズを見つけ、彼の犯罪を阻止しようと試みるが…。」

銀行強盗、監査法人の書類、そして証券取引所のデータを書き換えて終わるはずだったが、最後のところで警察が察知し、計画は中止された。

ジェームズは犯行現場が見えるビルの屋上から様子を見ながら指示を出していく。そして監査法人の書類を盗み出すとき、ふと向かいのビルを見るとこちらの写真を撮っている男が見えた。すぐに彼はその男のうちへ行き、殺してしまうのだが、彼が撮っていたのは屋上にいたジェームズではなく、最上階に住む女性の下着姿だった。

監視班のメンバーは動物の名前で呼ばれており、行動開始は動物園の開園と言われていた。ユンジュは子鹿を希望するが、子豚にされてしまう。ハラハラドキドキの2時間だった。


「監視者たち」 2013年韓国 118分 監督:チョ・ウィソク 出演:チョン・ウソン、ハン・ヒョジュ、ソル・ギョング、ジュノほか
「監視者たち」公式ホームページ
[PR]

by irkutsk | 2014-09-24 21:46 | 映画 | Comments(0)