ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「忘れないと誓ったぼくがいた」を見に行きました(7月29日)

d0021786_05522296.jpgキノシタホールへ「忘れないと誓ったぼくがいた」を見に行きました。


大学受験を控えた平凡な高校3年生・葉山タカシの前にふと現れた少女・織部あずさ。タカシはあずさに一目惚れし、デートを重ねてゆくが、ある時、あずさはタカシに不思議な告白をする。「私に会った人たちは全員、数時間後には私の記憶が消えているの。ただ理由もなく私のことだけが記憶から消えているの」と。そんな馬鹿げた話を信るはずもないタカシだったが、ふとしたときに、あずさのことを忘れていることに気づく。昨日、自分は誰と会っていたのか?今日これからデートする相手は誰だったか…。あずさと会った日の出来事や、デートの約束などを細かくメモに書き留め、自分だけは絶対にあずさを忘れないと興奮するタカシだったが…。


「百瀬、こっちを向いて」で主演した早見あかりが今回は自分のことを周りのみんなが忘れていくという不思議な少女役を演じている。


原作は平山瑞穂の「忘れないと誓ったぼくがいた」(新潮文庫)。


「忘れないと誓ったぼくがいた」 2015年日本 94分 監督:堀江慶、出演:村上虹郎、早見あかり、西川喜一、大沢ひかる、池端レイナ、ちはる、二階堂智、山崎樹範、ミッキー・カーチス他

「忘れないと誓ったぼくがいた」公式サイト


[PR]
by irkutsk | 2015-07-29 15:51 | 映画 | Comments(0)