ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」を見に行きました(8月10日)

d0021786_2243577.jpgミッドランドスクエアシネマへ「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」を見に行きました。

ウィキペディアによると本作のストーリーは次のようなものである。
2029年、「審判の日」から30年以上に渡る人類とスカイネット率いる殺人機械群との戦いは、未来を知る男ジョン・コナーに率いられた人類側の勝利に終わった。窮地に陥ったスカイネットはジョンの母親サラ・コナーを殺害することで彼の存在自体を抹消すべくタイムマシンでターミネーターT-800を1984年に送り、人類側もそれを阻止すべく志願したカイル・リースが送り込まれることになる。しかしタイムトラベルの瞬間、カイルはジョンが何者かに背後から襲われるのを目撃して、転移する。そして、転移中、「スカイネットはジェニシス」「審判の日は2017年」といった謎の光景を見る。

1984年に到達したカイルを待っていたのは、液体金属ターミネーターT-1000の襲撃だった。予想外の窮地へ追い込まれたカイルを助けたのは、屈強な女戦士となっていたサラと、彼女に「おじさん」と呼ばれる中年姿のT-800だった。サラは幼少時にT-1000の襲撃によって両親を失い、彼女を護るべく何者かが派遣した「おじさん」の保護と教育を受けてきたという。そしてスカイネットから送り込まれていた青年姿のT-800も、サラと「おじさん」によって倒されていた。

カイルは、自分がジョンから聞いていた過去と違うことに戸惑いつつも、追撃してきたT-1000を倒す。そこでサラが、タイムマシンを制作していたことをカイルに明かす。彼女は青年姿のT-800の頭脳から摘出したチップを使い、「審判の日」の起こる1997年にタイムトラベルしてスカイネットを起動直前に破壊しようと考えていた。だが、それに違和感を覚えたカイルは、謎の光景の事を伝える。「おじさん」によれば、謎の光景は「別の時間軸の記憶」であると告げられ、カイルはそこで見た2017年へタイムトラベルすることを主張する。サラを説得し、T-1000との戦闘で生体組織を損傷してタイムトラベルできなくなっていた「おじさん」を残し、二人は2017年に向かう。

2017年に到達したサラとカイルは警官に逮捕され、病院へ連行される。そこで「ジェニシス」がサイバーダイン社のダイソン父子が開発した全てのコンピュータデバイスを結びつけるシステムであること、その起動=新たな「審判の日」が間近であることを知る。そこへ2029年からやってきたジョン・コナーが現れる。二人はジョンがこの場にいることに疑問を覚えつつも、病院からの脱走を始める。そこに生体組織が老化して初老姿となっていた「おじさん」が合流する。だが、彼は突然ジョンを銃撃する。驚くサラとカイルの前で、ジョンは何事も無かったかのように立ち上がると、自らがスカイネットによって新型ターミネーターT-3000へ改造されたことや、カイルとサラだけを残して他の人類は抹殺することを告白する。「おじさん」は病院内でT-3000と戦い、彼の弱点である磁力を利用して撃退に成功する。なんとか危機を脱したサラとカイルと「おじさん」は、ジェニシスを破壊すべく、サイバーダイン社へ向かうことを決意する。2029年、「審判の日」から30年以上に渡る人類とスカイネット率いる殺人機械群との戦いは、未来を知る男ジョン・コナーに率いられた人類側の勝利に終わった。窮地に陥ったスカイネットはジョンの母親サラ・コナーを殺害することで彼の存在自体を抹消すべくタイムマシンでターミネーターT-800を1984年に送り、人類側もそれを阻止すべく志願したカイル・リースが送り込まれることになる。しかしタイムトラベルの瞬間、カイルはジョンが何者かに背後から襲われるのを目撃して、転移する。そして、転移中、「スカイネットはジェニシス」「審判の日は2017年」といった謎の光景を見る。
1984年に到達したカイルを待っていたのは、液体金属ターミネーターT-1000の襲撃だった。予想外の窮地へ追い込まれたカイルを助けたのは、屈強な女戦士となっていたサラと、彼女に「おじさん」と呼ばれる中年姿のT-800だった。サラは幼少時にT-1000の襲撃によって両親を失い、彼女を護るべく何者かが派遣した「おじさん」の保護と教育を受けてきたという。そしてスカイネットから送り込まれていた青年姿のT-800も、サラと「おじさん」によって倒されていた。
カイルは、自分がジョンから聞いていた過去と違うことに戸惑いつつも、追撃してきたT-1000を倒す。そこでサラが、タイムマシンを制作していたことをカイルに明かす。彼女は青年姿のT-800の頭脳から摘出したチップを使い、「審判の日」の起こる1997年にタイムトラベルしてスカイネットを起動直前に破壊しようと考えていた。だが、それに違和感を覚えたカイルは、謎の光景の事を伝える。「おじさん」によれば、謎の光景は「別の時間軸の記憶」であると告げられ、カイルはそこで見た2017年へタイムトラベルすることを主張する。サラを説得し、T-1000との戦闘で生体組織を損傷してタイムトラベルできなくなっていた「おじさん」を残し、二人は2017年に向かう。
2017年に到達したサラとカイルは警官に逮捕され、病院へ連行される。そこで「ジェニシス」がサイバーダイン社のダイソン父子が開発した全てのコンピュータデバイスを結びつけるシステムであること、その起動=新たな「審判の日」が間近であることを知る。そこへ2029年からやってきたジョン・コナーが現れる。二人はジョンがこの場にいることに疑問を覚えつつも、病院からの脱走を始める。そこに生体組織が老化して初老姿となっていた「おじさん」が合流する。だが、彼は突然ジョンを銃撃する。驚くサラとカイルの前で、ジョンは何事も無かったかのように立ち上がると、自らがスカイネットによって新型ターミネーターT-3000へ改造されたことや、カイルとサラだけを残して他の人類は抹殺することを告白する。「おじさん」は病院内でT-3000と戦い、彼の弱点である磁力を利用して撃退に成功する。なんとか危機を脱したサラとカイルと「おじさん」は、ジェニシスを破壊すべく、サイバーダイン社へ向かうことを決意する。
今までのターミネーターとは少し違う感じがした。1997年に核ミサイルを発射させて世界を滅ぼそうとしたスカイネットだったが、今回の作品では1997年にミサイルは発射されることなく、世界は普通に営まれていた。その代わりに2017年、「ジェニシス」が世界中のコンピューターシステムを結合させ、世界を支配しようとしていた。これまでのターミネーターとの整合性がよくわからなかった。

「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」 2015年アメリカ 125分 監督:アラン・テイラー 出演:アーノルド・シュワルツネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、イ・ビョンホン他

「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」公式サイト
[PR]
by irkutsk | 2015-08-10 22:40 | 映画 | Comments(0)