「いしゃ先生」を見に行きました(1月13日)

d0021786_19382955.jpg昭和10年、東京女子医専(現・東京女子医大)で医学を勉強していた志田周子(ちかこ)は、山形県大井沢村(現・西川町大井沢)に住む父から「スグカエレ」という電報を受け取り、ふるさとへ戻ってくる。村長である父の用件は村に診療所を作ったからそこの医者になってくれというものだった。3年間という約束で引き受ける。最初は患者が一人も来ない日が続くが、だんだんと村人の信頼を得て村にはなくてはならない存在になっていく。3年後、東京に好きな人がいて手紙のやり取りをしていたが、ちっとも帰ってこない彼女を迎えに山形まで来るという。しかし、山形へ行くつもりでかばんを用意していた診療所へ患者がやってくる。結局彼の待つ山形へ行けず、その後彼女は結婚することなく村の医療を担って生涯を過ごすことになる。

そんな彼女を襲ったのは食道がんで、彼女は51歳の若さでこの世を去ることになる。

「いしゃ先生」 2015年日本 105分 監督:永江二朗 出演:平山あや、榎木孝明、池田有希子、上野優華ほか  原作:あべ美佳
「いしゃ先生」公式サイト
志田周子のウェブサイト
[PR]

by irkutsk | 2016-01-13 16:36 | 映画 | Comments(0)