「黄金のアデーレ 名画の帰還」を見に行きました(3月20日)

d0021786_18572321.jpgキノシタホールへ「黄金のアデーレ 名画の帰還」を見に行きました。

1998年、ロスアンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人ではつらつと暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府に、ナチスに没収された絵画の返還を求めようとしていたことを知る。

法が改定され、近々過去の訴えの再審理が行われるのだ。姉の遺志を継ぐと決めたマリアは、友人の息子で弁護士のランディ・シェーンベルク(ライアン・レイノルズ)に相談を持ちかける。彼は一度独立したがうまくいかず、妻パム(ケイティ・ホームズ)と赤ん坊を養うために再び雇われの身となっていた。

問題の絵画は、ベルベデーレ美術館が所蔵するクリムトの名画で、モデルになったマリアの伯母アデーレが遺言で寄贈してくれたとされているが、マリアも姉も遺言書など見たこともなかった。

マリアは家族やすべてを奪われ、友人を殺された国に二度と戻る気はなかったが、実の娘のようにかわいがってくれた伯母の面影を胸に過去と向き合う度に出ることを決意する。

ウィーンに着き、かつての自分の家の前に佇み、偉大なアーティストや音楽家、作家たちが出入りした日々をマリアは懐かしむ。その時、ジャーナリストのフベルトゥス・チェルニン(ダニエル・ブリュール)が二人の手伝いをしたいと声をかける。

政府は国のイメージアップとして返還を持ち出したが、重要な美術品は手放さないはずだというのだ。その後美術館を訪れたマリアは伯母が描かれた絵画との再会を果たし、当時を思い出す。

ヒトラー率いるナチスの軍隊をオーストリアの人々は歓喜のなか、花を投げて迎えた。一方ユダヤ人は次々と捕らえられ監視下に置かれ、マリアの家族も国外脱出どころか近隣への外出さえ制限された。

フベルトゥスの力添えで、美術館の資料室からアデーレの遺言書が見つかる。確かに寄贈すると記されていたが、夫の死後という条件が破られていた。しかも絵画の所有権は実は伯父にあり、マリアと姉に全財産を残すという伯父の遺言だけが法的な効力を持っていた。


審問会の日。審問会は新たな証拠を却下して返還を拒否、文化大臣は「ご不満なら残る道は裁判です」と言い放つ。マリアは毅然と「恥を知りなさい」と一喝するが、この国で裁判を起こすなら180万ドルという法外な預託金が必要だった。9か月後。何とか法の抜け道がないかと仕事の合間に勉強を続けていたランディは、アメリカで訴訟を起こせる条件を見つけ出す。過去は忘れたと一度は拒んだマリアも、ランディが事務所を辞めてまでこの戦いに全てを懸けようとしていると知り、心を決める。やがて、一人の女性と新米弁護士がオーストリア政府を訴えるという前代未聞の裁判が幕を開けた…。

実話をもとに作られた映画です。

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 2015年アメリカ・イギリス合作 109分 監督:サイモン・カーティス 出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー他

「黄金のアデーレ 名画の帰還」公式サイト
[PR]

by irkutsk | 2016-03-20 16:54 | 映画 | Comments(0)