ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

「つむぐもの」を見に行きました(5月9日)

d0021786_22344461.jpg名演小劇場へ「つむぐもの」を見に行きました。

福井県、越前。不遜で偏屈な性格の和紙職人・剛生(石倉三郎)は、妻を亡くして以来、誰とも心を通わせることなく生きていた。

一方韓国、扶余郡で暮らす無職のヨナ(キム・コッピ)は怠惰な生活を送り、人付き合いもうまくできず、人生の目標も見いだせずに、空虚な思いを抱いていた。ある日、剛生が病気で倒れ、半身麻痺になった。そこに、和紙作りの手伝いと勘違いして来日したヨナが、ヘルパーとしてやってくる。

頑固で偏見に満ちた剛生はヨナを受け入れようとせず、勝気な性格のヨナもまた剛生に反発し、二人はぶつかり合う。言葉も文化も価値観もまるで違うために介護もうまくいかないが、ヨナの常識にとらわれない介護は、次第に剛生の心を開いていく。やがて、介護の理想と現実の間で苦しむ介護士や、和紙職人の仲間たちなど、周囲の人物にも変化が生まれていく。いつしか剛生とヨナは人としての大切な心の結びつきを知っていくが、二人には過酷な運命が待ち受けていた…。

「つむぐもの」 2016年日本 109分 監督:犬童一利 出演:石倉三郎、キム・コッピ、吉岡里帆、森永悠希、宇野祥平ほか
[PR]
by irkutsk | 2016-05-09 17:30 | 映画 | Comments(0)