ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「団地」を見に行きました(10月1日)

d0021786_6123794.jpgキノシタホールへ「団地」を見に行きました。

大阪近郊にある古ぼけた団地。昭和の面影を残すその一角で、山下ヒナ子(藤山直美)は、夫で元漢方薬局店主の清治(岸部一徳)とひっそり暮らしていた。半年ほど前に店を閉め、引っ越してきたばかり。腰は低いがどこか世を捨てた雰囲気に、住民たちは好奇心を隠せない。調子のいい自治会長の行徳(石橋蓮司)と、妻で”ゴミ監視役“の君子(大楠道代)。クレーマーで次期会長を狙う吉住に、暇を持て余した奥さま連中。ときおり訪れる奇妙な立ち居振る舞いの青年・真城だけが、山下夫妻の抱えた過去を知っていた。

そんなある日、些細な出来事でヘソを曲げた清治が「僕は死んだことにしてくれ」と焼か下に隠れてしまう。夫の姿が団地から消えても、淡々とパートに通い続けるヒナ子の言動に、隣人たちの妄想は膨らむばかり。「もう殺されてると思う…」。一人がつい口にしてしまったことばをきっかけに、団地を覆った不安は一気にあらぬ方向へと走り出して……。

「団地」 2016年日本 103分 監督:阪本順治 出演:藤山直美、岸部一徳、石橋蓮司、大楠道代、斎藤工、竹内都子、冨浦智嗣、濱田マリ、原田麻由ほか
[PR]
by irkutsk | 2016-10-01 17:10 | 映画 | Comments(0)