ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「オケ老人」を見に行きました(11月21日)

d0021786_2055036.jpg伏見ミリオン座へ「オケ老人」を見に行きました。

梅が丘高校に赴任してきた数学教師の千鶴(杏)は、プロ並みの演奏を行う梅が丘フィルハーモニーの演奏会に行き、感動し、ヴァイオリン演奏の経験を活かすべく、その楽団へ入りたいと思い、ネットで検索した。そして梅が丘交響楽団の団員募集の画面を見て、千鶴が電話した。

そして行ってみると、なんと老人ばかりで素人丸出しのオーケストラだった。千鶴は自分が間違えて電話したことに気づくが、千鶴の入団を喜ぶ老人たちに、「楽団名を間違えた」と言い出せず、参加することになり、しまいには指揮棒を振ることに。

内緒で梅が丘フィルハーモニーの入団試験を受け、何とか入団を許可されるが、そのレベルの高さについていけず、挫折。音楽そのものをやめてしまうことにしたが、梅が丘交響楽団の老人たちにやりたいことをやらないと後悔することになると説得され、梅が丘交響楽団の指揮者となる。

年をとっても何好きなことに熱中するということは、必要なことで、それがないと老化やボケが進行しやすくなるのではないだろうか。

「オケ老人」 2016年日本 119分 監督:黒川徹 出演:杏、黒島結菜、坂口健太郎、左とん平、小松政夫、藤田由美子、石倉三郎、茅島成美、喜多道江、森下能幸、萩原利久、フィリップ・エマール、飛永翼、三石研、笹野高史ほか
「オケ老人」公式サイト
[PR]
by irkutsk | 2016-11-21 16:51 | 映画 | Comments(0)