ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「人生フルーツ」を見に行きました(2月2日)

d0021786_1202615.jpg名古屋シネマテークへ「人生フルーツ」を見に行きました。

 愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

 かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

映画の中で何度も聞いたナレーションが印象的でした。
風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくり。
人生、フルーツ。

90歳の修一さんと、87歳の英子さんの日常生活のドキュメンタリーです。お二人のような生活に少しでも近づければと思いました。「人生は、だんだん美しくなる。」

「人生フルーツ」 2016年日本 91分 監督:伏原健之 出演:津端修一、津端英子

「人生フルーツ」公式サイト
d0021786_11591634.png
d0021786_11592848.png

[PR]
by irkutsk | 2017-02-02 11:46 | 映画 | Comments(0)