ブログトップ

ロシアとMacと日本語

「アズミ・ハルコは行方不明」を見に行きました(4月23日)

d0021786_20563592.jpgキノシタホールへ「アズミ・ハルコは行方不明」を見に行きました。

田舎の町での鬱屈した若者の姿を描く映画。男たちは勝手なやつらばかり。大人になるとセクハラ。それに対して女は? 映画に出て来る女子高校生の集団が男を襲い、暴行を加える。彼女たちは一緒にいる女には手を出さない。

安曇春子(蒼井優)は家庭では認知症の祖父と両親の4人暮らし。会社(社長を含め4人)に行けば社長と専務は春子の先輩の吉澤が早く辞めないかとセクハラ言動を繰り返す。

吉澤は仕事を辞め、アフリカ系フランス人と結婚してアフリカに行くことに。だが上司にはフランス人と結婚すると言い、社長たちは驚く。

男たちに「頼めばすぐに寝てくれる」と言われて、男たちにもてあそばれる愛菜(高畑充希)は、男たちに裏切られ、死んでやろうと思っていたところへ、アズミ・ハルコが現われ、「女の子にとっては、優雅な生活が最高の復習である」と言う。不幸な現状から軽やかに逃げだすことによって、現状をリセットして幸せになることで復讐するという方法もあるし、そのほうがいい。

ストーリーがつかみにくく、どうなっているのかわからなくなりそうな映画でした。田舎町に住む若者の閉塞感、そしてその中であがく若者たち。自分たちを押さえつけているものと直接対峙しなくても、すっと逃げて、幸せになり、外から自分を押さえつけていた者たちを見るというのも楽に、楽しく生きる方法ではないかと思いました。

「アズミ・ハルコは行方不明」 2016年日本 100分 監督:松井大悟 出演:蒼井優、高畑充希、大賀、葉山奨之ほか
「アズミ・ハルコは行方不明」公式サイト

[PR]
by irkutsk | 2017-04-23 17:45 | 映画 | Comments(0)