コンピューターが使えるようになりました(5月19日)

今朝は8度。外を見ると地面がぬれています。空は厚い雲におおわれて、今にも雨が降り出しそうな天気です。しばらくすると雨が降り始め、一日中シトシトと降っていました。

朝ごはんはマーンナヤ・カーシャ(挽き割り小麦のおかゆ)、パン、サラミソーセージ、バター、紅茶でした。10時から10,11年生の授業で、教室で待っているとカーチャが来て、「お願いがある」というので聞くと、日本についてのプレゼンテーションをしなければならないが、日本の写真がないかと言うので、部屋からノートパソコンを持ってきて彼女のフラッシュメモリーに移してやった。プレゼンテーション用の書類を急いで作らなければならないので授業は休みにしてくれと言うのでしかたなく休みにした。彼女のフラッシュメモリーもウイルスに感染したファイルがあると警告が出た。ロシア人の持ってるフラッシュメモリーはほとんどウイルスに感染しているようだが、大丈夫なのだろうか。おかげで自分のパソコンもウイルスチェックをすることになったが、幸い感染ファイルはなかった。

12時にアリョーナと会って28日の大学の試験の問題について打ち合わせをした。その後部屋に戻り、1時から彼女とアリョーナの授業を見学に行った。行く前にヴィターリがいるかもしれない、コンピューターのブロックが解除されているかもしれないと思って308の部屋に行ったがダメだった。しかたなくカギを返しに行っていると、同じ308のパソコンを使っている人に会ったので、パソコンがブロックされていて使えないといったら、「再起動させればいいよ」と言われ、一緒に部屋まで行って、本体についている再起動ボタンを教えてくれて、再起動させてくれた。これで使えるようになり、メールを送ることができた。月曜日まで送れないと思っていたので、ラッキーだった。

そのあと、オーリガとアリョーナの授業を見学した。今日はヒアリングをやったが、かなりよく聞き取れていた。スピードは普通の速さで話しており、細かいところまでは聞き取れなくても、問題の答えは全部あっていた。

4時から市民日本語講座のサーシャとマーシャの授業で、6時過ぎまで「食べます」「飲みます」「見ます」「聞きます」「すいます」「撮ります」「読みます」「買います」の動詞を教えた。なかなか進まなくて、もう夜のクラスとはかなり差がついてしまった。6時20分に食堂に行くともう大半の生徒は食事が終わっていた。指導員のテーブルにはガーリャがいて、ガーリャと話しながら夕食を食べた。今夜のメニューはソーセージ2本、マッシュポテト、ニンジンをすったサラダ、ぱん、レモネードだった。おかずを2皿も食べてしまった。

指導員のガーリャが日本の写真を見たいというので、指導員室にパソコンを持って行って見せた。他にも指導員がいて、写真を見た後もしばらく話をした。ガーリャのお母さんは40年も働いたけど年金が月に3000ルーブル(15000円)しかないとか、ロシアで給料がいちばんいいのは銀行員と電気会社の社員だそうで、医者や看護婦、教師は給料が安いそうだ。ヴェーラは24歳と19歳の娘がいるが、上の子はもう2歳になる子がいると言っていた。
[PR]

by irkutsk | 2007-05-20 10:01 | 日本語 | Comments(0)