「インセプション」を見てきました(8月9日)

d0021786_2243485.jpgミッドランドスクエアシネマでレオナルド・ディカプリオ主演の「インセプション」を見に行きました。主人公のドム・コブは人の夢の中に入り込みアイディアを盗むという特別な企業スパイです。渡辺謙演じる大企業のトップ、サイトーからライバル会社の解体とそれを社長の息子の潜在意識に植え込むという依頼だった。コブは妻殺害の容疑をかけられ逃亡中で、子どもたちにも会えず、家にも戻れない。犯罪歴の抹消と引き換えにこの仕事を引き受ける。夢の中で更に夢を見させ、そして5層の深さまで夢の中に入り込む。夢の中での20分は現実世界では2分間という。夢の中に入り込んだコブのチームは果たして成功するのか。ターゲットの社長の息子ロバートは最初の夢の段階から企業スパイに備えて潜在意識の防護訓練を受けており、護衛部隊がコブのチームメンバーを襲ってくる。更に死んだコブの妻もコブの意識の中から現れて、邪魔をする。

148分の長い映画だったが、夢の中の夢、そのまた夢の中の夢と次々と別の世界が広がり、頭の中で現実の世界はどこだったっけと混乱してしまいそうになるが、ハラハラ、どきどきであっという間に終わってしまった。やはりアメリカ映画は作り方も上手だ。

2010年アメリカ映画  148分  監督:クリストファー・ノーラン
[PR]

by irkutsk | 2010-08-09 22:44 | 映画 | Comments(0)