戦争を語り継ぐ演劇公演「約束」を見に行きました(5月6日)

d0021786_2146491.jpg東文化小劇場へ戦争を語り継ぐ演劇公演「約束」を見に行きました。

1944年満州の開拓村へ少年義勇兵として赴任した丸山少年と開拓団の人々の物語。彼の赴任先はソ連国境に近い村だった。そこの団長は「五族協和」「王道楽土」のスローガン通りを実践していて、現地の満州人の信頼を得ていた。身寄りを亡くした丸山少年に団長の奥さんはやさしくしてくれて、自分が母親になってやると言う。満蒙開拓団で満州に行けば召集免除されるということでやって来た若い夫婦もいた。

ところが、戦況が悪化し開拓団の男たちにも召集令状が来て、45歳以下の男は根こそぎ召集されることになった。開拓団には女、子どもと老人だけが残された。守ってくれると思っていた関東軍に見捨てられ、ソ連軍の侵攻、恨みを持つ満州人による襲撃で、婦女子は自決を強いられた。母親たちは子ども自らの手で殺し、自らも命を絶った。丸山少年は団長の奥さんの死の介錯をした。「立派に死んでいったと郷里の人に伝えてほしい」という彼女との約束を果たすため、丸山少年は逃避行の道を選ぶ。

国策により満州へと送られた人々がソ連侵攻後、自決したり、悲惨な逃避行を強いられ多くの人々が日本へ帰ることができずに、命を落とした。この濃飛開拓団も47名全員が異国の地で命を落とし、帰郷は叶わなかった。

このような戦争で悲惨な死を遂げた人たちのことを、きちんと教育の場で次の世代に伝えていくことが大切なことだと思う。戦争とは人間を狂わせるものだということもきちんと教えてほしい。
[PR]

by irkutsk | 2017-05-06 17:45 | 感動したこと | Comments(0)

人参ジャムを作りました(5月6日)

d0021786_2212692.jpgりんごと人参のジャムを作ってほしいというリクエストがあり、ネットでレシピを検索して作ってみました。

材料は人参324g、リンゴ324g、砂糖324g、レモン果汁1個分。

人参、リンゴを切って、ヒタヒタになるくらい水を入れて圧力鍋で15分。人参とリンゴをつぶし、砂糖を入れて煮詰める。最後にレモン果汁を入れ、ひと煮立ちしたら出来上がり。甘くて、ちょっと酸味のある、おいしいジャムができました。人参の臭いは全然しません。

にんじん、リンゴ、砂糖の量が全部同じというのが簡単でいいです。
[PR]

by irkutsk | 2017-05-06 12:59 | 作ったもの | Comments(0)