「田中正也 第8回魔法のピアノ」コンサートへ行きました(9月3日)

d0021786_1411298.jpg宗次ホールのスイーツタイムコンサートで、「田中正也 第8回魔法のピアノ」コンサートへ行きました。田中正也は福岡市生まれで、15歳の時、単身モスクワへ渡り、モスクワ音楽院で学びました。卒業後はネルセシアン、ヴォスクレセンスキーに師事し、繊細かつ大胆な感性を持つピアニストとして国内外で活躍しています。

今回のプログラムは下記のとおりですが、演奏曲目について彼なりの解説があり、あまり聞く機会の少ない曲でも、彼の解説によってぐっと身近に感じられます。プロコフィエフがロシア革命後、アメリカへ亡命するのにウラジオストクから敦賀へきて、しばらく日本に滞在した後、アメリカへ旅立った。そして日本にいる間に何回かコンサートを開いており、日本人に好評だったのが「4つの小品」の中の「悪魔的暗示」だったそうです。

今日は田中正也が4つの小品すべてを演奏してくれました。アンコールはリストの「ラ・カンパネラ」を美しく演奏してくれました。
d0021786_14114432.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-09-03 15:10 | 感動したこと | Comments(0)