カテゴリ:旅行( 154 )

岩村城跡へ行きました(2月19日)

中央線恵那駅から明知鉄道に乗って岩村へ行きました。中央線に乗っている時から同じ電車に乗るように約束していたらしき人たちが途中駅から続々と乗って来た。みんな恵那駅で降り、明知鉄道で岩村へ行くらしい。どうも岩村醸造女城主の蔵開きがあるようで、それに行くらしい。10時30分恵那駅発の列車は2両編成で、座席はすべて埋まり立っている人もかなりいた。
恵那駅前のマンホール
d0021786_22323890.jpg

旧岩村調のマンホール
d0021786_22361016.jpg

約30分で岩村に到着。大半の乗客が降りた。駅前にはすでにテントでビールやおつまみが売っていた。地図など持たなくても、人の流れについていけば自然に行けるほど人が歩いていた。岩村のメインストリートには普通の商店や民家にお雛様が飾ってあり、あちこちに食べ物の店が出ていた。古いうちを一般に公開しているところがあり、勝川家と木村邸を見た。どちらも無料で見ることができ、保存のために志を入れるように竹筒が置かれていた。
町のあちこちにひな人形が飾られている
d0021786_22373453.jpg

勝川家のひな人形や建物
d0021786_22383230.jpg

d0021786_2238514.jpg

d0021786_22392778.jpg

d0021786_22394226.jpg

d0021786_22413315.jpg

木村邸
d0021786_22405772.jpg

d0021786_22411535.jpg

しばらく行くと岩村醸造があり、蔵開きが行われていた。入るとすぐにあるのは販売コーナーで、試飲開場は奥の方にある。試飲会場の入り口で入場券を買い(試飲用のお猪口を持っている人は200円、持ってない人は300円。200円の割引券がついているのでお猪口を持ってくれば実質無料ということになる)、中に入るとすごい人だかり。最初にあるのは「初しぼり」、次にあるのが「ゑなのほまれ」、そして一番奥に「濁り酒」があり、ちいさな竹で作られた柄杓で各自ついで飲んでいました。中にはすっかり出来上がっている人も。お店の人の話によると、原酒2種はアルコール度数が18~20度と高くなっているので、入り口近くにある天然水を飲みながら飲んでほしいとのことでした。まだこれから岩村城跡まで歩くので試飲は1杯ずつにして、店を出、帰りにまた寄ることにしました。「蔵開き」は2月26日、3月5日も開かれている。
d0021786_22422583.jpg

d0021786_2242508.jpg

信号を超えてしばらく行くと常夜灯があり、そこを左に曲がっていくと岩村城跡へ行く道に出る。途中、岩村歴史資料館、岩村城太鼓櫓、下田歌子勉学所を見ながら行くと、石畳のお城への上り坂に。結構長くて傾斜のある坂を上っていくと標高717mの岩村城跡に到着。石垣だけしか残っておらず、城跡からは遠くに雪をかぶった山々が見えた。
岩村城太鼓櫓
d0021786_22441097.jpg

下田歌子勉学所
d0021786_22451713.jpg

岩村城跡への石畳の道
d0021786_22493120.jpg

岩村城の城壁
d0021786_22501024.jpg

d0021786_22502795.jpg

岩村城跡からの眺め
d0021786_2251625.jpg

d0021786_22514325.jpg

帰りも歩きにくい山道を下り、岩村酒造でまた試飲を楽しむ。おつまみは持ち込み禁止なので、お酒を飲むだけ。そうそう飲めず、4、5杯飲んで失礼した。途中「およねさんの店」で菊芋の粕漬(360円)と味噌漬(360円)を買って、下の方の酒屋で五平餅を買って店で食べた。ポットにお茶が入れてあり、自由に飲むことができた。しばらく行くと山栗を焼いて売っているおじいさんとおばあさんがいて、試食をさせてくれていた。もらって食べると焼きたてでとてもおいしかったので3袋買った。1袋だと400円、3袋だと1,080円だったので。
d0021786_22521934.jpg

d0021786_22523989.jpg

d0021786_22531079.jpg

岩村駅に2時過ぎに着き、駅前で売っていたおにぎりとどて串を2本買って食べる。2時20分の恵那行きの列車も混んでいて、立っている人もかなりいたが、幸い今回も座っていくことができた。15時01分の名古屋行き快速に乗ると、岩村醸造の蔵開きに行ったらしい集団と同じ車両になったが、みんないい気分で大きな声でしゃべっていた。

天気も良く、蔵開きという思いがけないおまけまでついて、岩村城跡を訪ねる旅は楽しいものだった。
d0021786_2256105.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-02-19 16:29 | 旅行 | Comments(0)

千葉へ行きました(1月28日)

千葉大学病院に入院している友人のお見舞いに行ってきました。名古屋から新幹線、総武線快速を乗り継いで2時間40分で千葉へ。速いものだ。千葉駅からは千葉大学病院まで京成バスが10分おきに出ており、便利だった。行く途中、バスの窓からお城が見えたので、帰りに寄ってみた。お城は千葉市立郷土博物館で昭和42年に造られたもので、入館料は無料だった。1階から4階まで展示室になっており、5階は展望室になっており、千葉市が見渡せるようになっていた。
d0021786_21135739.jpg

d0021786_21141954.jpg

千葉駅前の通路と道路で撮ったマンホールの蓋です。市の花・大賀ハス、市の木・ケヤキ、市のシンボル鳥・コアジサシが描かれています。
d0021786_21144011.jpg

d0021786_2115033.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-01-28 21:12 | 旅行 | Comments(0)

御在所岳に行きました(11月12日)

三重交通グループホールディングスの株主優待でもらったバス片道乗車券(4枚)、御在所ロープウェイ往復乗車券引換券(2枚)、片道リフト券(4枚)を使って御在所岳に紅葉を見に行った。

近鉄名古屋9時41分発の松坂行き急行に乗り、四日市で乗り換え、湯の山温泉駅へ。そこから11時07分発の三重交通バスで三交湯の山温泉へ。紅葉シーズンで途中渋滞が予想されるので30分から1時間かかるかもしれないとバスの運転手に言われるが、乗るしかない。言われた通り途中から渋滞で、終点に着くまで焼く30分かかった。そこからロープウェイ乗り場まで坂道を上ること約10分。ようやくロープウェイ乗り場に到着。近くに大きなもみじの木があり真っ赤に紅葉していた。幸いロープウェイ乗り場は空いていて、すぐに乗ることができた。河渡がますにつれて眼下に赤や黄色のじゅうたんのような光景が広がって来た。頂上の紅葉はすでに終わっていた。

まず右手の方へ行き、朝陽台広場から眺めると遠くに白い雪をかぶった山が見えた。晴れた日には富士山が見えるという富士見岩展望台からは、もやっていて富士山は見えなかったが、四日市の町が遠くに広がっていた。そして見晴台に行き、ロープウェイの駅まで戻り、今度はリフトで西の方へ。天気は良くて、日差しもあり、頂上でも暖かかったが、リフトに乗っているときは風がひんやりとして肌寒かった。御在所岳の頂上で写真を撮り、琵琶湖が見えるという望湖台まで行き、帰りはリフトに乗らずに歩いて戻った。

途中のレストランでイノシシ肉のみそ焼きを食べながらビールを飲む。ロープウェイの山上公園駅に着いた時も五平餅と大きな揚げ餃子の「津餃子」を食べた。ビールを飲んでいい気分になり、2時半ごろにロープウェイの駅に着くと結構長い行列になっていた。

下に降りて、お土産を買い、バス停まで歩いていくとちょうど15時15分のバスが出たところだった。土産店の隣にあったパン屋で買ったパンを食べながら次の15時45分のバスを待つ。次のバスはミニバスで超満員になった。近鉄湯の山温泉駅に着き、次の電車は16時20分だと思っていたら、15時59分の電車が来て、あわてて飛び乗った。4両編成の電車なので座っていくことができた。四日市でもすぐに名古屋行き急行に接続していて、名古屋には5時前に着いた。

ロープウェイ乗り場近くの紅葉
d0021786_20454999.jpg

d0021786_2046856.jpg

d0021786_20462352.jpg

ロープウェイの切符
d0021786_2047646.jpg

ロープウェイから山の中腹の紅葉を見る
d0021786_20474684.jpg

d0021786_20501597.jpg

御在所岳の頂上
d0021786_20482756.jpg

d0021786_20485154.jpg

頂上からの眺め
d0021786_20491789.jpg

下りのロープウェイから岸壁を上る人を発見
d0021786_2051815.jpg

[PR]

by irkutsk | 2016-11-12 18:43 | 旅行 | Comments(0)

中山道(馬籠から妻籠)を歩きました(11月5日)

久しぶりに中山道(馬籠から妻籠)を歩きました。千種から中津川まで中央線の快速に乗り、駅前から北恵那交通のバスで馬籠へ。約30分で馬籠宿に到着。バスには大きなリュックやカバンを持った外国人がいました。馬籠宿も外国人がたくさんいました。

昔の記憶では馬籠宿の坂を上り切ったら、すぐに下りだと思っていたら、下りになるのは30分ほど歩いて馬籠峠からでした。途中恵那山が見えるところがあり、「恵那山」と書かれた大きな石があったのでよくわかりました。

馬籠宿でわらじ五平を食べ、馬籠峠で笹団子を食べ、途中で持ってきた梨とリンゴも食べたので、昼ご飯は午後2時に妻籠宿に着いてからざるそばと五平餅のセットを食べました。

妻籠宿も外国人が多く、観光地はどこに行っても外国人だらけです。妻籠からは15時25分のバスで南木曽駅へ。中津川方面への普通電車は14時42分の次は16時32分までなく、南木曽駅前の喫茶店でコーヒーを飲み、近くのスーパーで買い物をして時間をつぶしました。

中津川駅で途中下車駅前にある酒屋「仁科吉五郎商店」で菊芋の味噌漬け(600g入り、650円)を買って、名古屋行きの快速電車に乗り千種に着いたのは6時26でもう暗くなっていました。

馬籠宿から見える恵那山
d0021786_2114126.jpg

馬籠峠の笹団子
d0021786_21143620.jpg

大きなしだれ桜のある屋敷
d0021786_21145434.jpg

紅葉した木々もちらほら
d0021786_21151297.jpg

d0021786_21152981.jpg

d0021786_21154482.jpg

いろんな花が咲いていました。アジサイもまだ咲いていました。
d0021786_2116154.jpg

d0021786_21161711.jpg

d0021786_21163868.jpg

d0021786_21165383.jpg

d0021786_21171958.jpg

軒下には干し柿が
d0021786_211807.jpg

[PR]

by irkutsk | 2016-11-05 20:12 | 旅行 | Comments(0)

安曇野へ行きました(9月25日‐26日)

妻の兄弟と1泊で安曇野へ行きました。行きは港区のお姉さん夫婦と電車で松本まで行き、松本駅で車で来た大津のお兄さん夫婦と合流。松本市美術館へ行きました。松本市美術館は草間彌生の常設展「魂のおきどころ」をやっていて、10日ほど前にテレビでその常設展について放映されたのを見て予定に追加しました。松本駅から東へまっすぐ行ったところにあり、歩いても12分、車だと5分です。

12時30分に美術館併設のレストラン「信州の小さなビストロサンチーム」を予約しておいたので、お昼の時間帯でも6人まとまって食事ができました。ランチタイムは本日のキッシュとサラダ+パン(980円税込み)、本日のお肉料理+パン(税込み1080円)、ブリフィクスランチ+パン(1720円税込み)から選びます。私はキッシュを、後の5人は本日のお肉料理を注文しました。料理は野菜がたっぷりあり、パンもおいしく、メインの料理も絶品でした。高い天井、カラス張りの店内からは美術館の中庭がみえます。中庭のテーブルにもお客さんがいました。もう秋なので外も暑くなく、外で食べるのもいいかもしれません。

食事の後は美術館。草間彌生の常設展を含むコレクション展だけだと410円という低料金で見られました。70歳以上の松本市民は無料です。草間彌生展は3階でやっていて、写真をとることができるところもありました。
d0021786_21105295.jpg

d0021786_21115221.jpg

d0021786_21123393.jpg

美術館の外には草間彌生制作の巨大オブジェがあります。
d0021786_21112197.jpg

美術館を後に、安曇野へ。今日のもう一つの目的地は安曇野ちひろ美術館です。7月23日に美術館に隣接して「トットちゃん広場」がオープンしたので、そこへ行くのも目的の一つです。1時間足らずで到着し、早速美術館に入りました。入館料は大人800円(65歳以上は700円自己申告制、証明書不要)でした。
d0021786_21132241.jpg

d0021786_21135659.jpg

d0021786_21143911.jpg

美術館ではトットちゃん広場オープン記念展「みんな、いっしょだよ」をやっていました。「窓際のトットちゃん」のストーリーに合わせていわさきちひろの作品が展示してありました。

展示を見てちょっと休みたくなったので館内のカフェで休憩。「青リンゴの手作りジャムとスコーン」(626円税込み)を食べ、コーヒーを飲みました。美味しいジャムと生クリームがついていました。スコーンは思っていたよりも大きかったです。

休憩の後は世界の絵本展を見ました。子供に読んでやった懐かしい本もあり、楽しい展示内容でした。

そしていよいよ、トットちゃん広場へ。モハとデニハ2両の電車は松川村が長野電鉄から譲り受けたもので、モハは電車の図書館で、電車の中に恵本が置いてあり、座席に座って読むことができます。デニハは電車の教室になっていました。こんな学校があったら楽しいでしょうね。トットちゃん広場を散策していると、遠くに真っ赤な実をつけたリンゴの木が植えられているのを発見。さらに広場の木の根元にはたくさんのキノコが生えていました。
d0021786_21151079.jpg

d0021786_21154214.jpg

d0021786_21165663.jpg

d0021786_21173844.jpg

宿はちひろ美術館から歩いても3分ぐらいのところにある「すずむし荘」。宿の温泉のほかに、日帰り入浴の温泉もあり、こちらの方が大きく、露天風呂もあるので、こちらに行きました。ラドン温泉ということでした。6時半から夕食で、地元の食材を使った美味しい料理が出てきました。食事の後、8時までだった売店で、いとど下したシャッターを上げてもらい、3種類の地ビールを1本づつ買って、みんなで部屋で飲みました。といっても飲めない人がほとんどで、2人で飲みました。
d0021786_21181272.jpg

d0021786_21185723.jpg

翌26日は、朝起きると雨が降っていました。予定していた散歩はダメだと思い、宿の風呂に行き、戻ってくると雨が上がっていたので、念のため傘を持って散歩に行くことにしました。ちひろ美術館の庭とトットちゃん広場、そして昨日気になっていたリンゴ畑まで行ってみました。リンゴは赤くて小さな「しなのピッコロ」と青いリンゴ、ふじのような大きなリンゴの3種類が植えられていました。
d0021786_2119254.jpg

d0021786_21194936.jpg

d0021786_21202296.jpg

d0021786_21204832.jpg

d0021786_21212714.jpg

d0021786_21215738.jpg

d0021786_21223461.jpg

d0021786_2123124.jpg

d0021786_21234389.jpg

7時半から朝食。朝ごはんも美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいました。9時に宿を出発し、八面大王の足湯を目指して出発しましたが、見つけられず、碌山美術館に行きました。明治時代に活躍した地元の画家であり彫刻家の荻原守衛と彼の友人の作品が展示されていました。
d0021786_21243488.jpg

d0021786_21252278.jpg

d0021786_21254910.jpg

d0021786_21264118.jpg

d0021786_2127444.jpg

d0021786_2127328.jpg

次に東光寺に行き、大きな下駄を見てきました。下駄の上に登れるように階段も作られていました。
d0021786_2128643.jpg

そして「よっとい亭まつかわ」で買い物。松川村は男性の寿命が一番長い村ということで、長寿を祈って記念写真を撮りました。ここは地元の農産物が安く売っており、珍しいアケビやさる梨を買いました。他にもリンゴ、しいたけ、巨峰の干しブドウなどを買いました。
d0021786_21294282.jpg

最期に大王わさび農場に行き、いわな茶屋でいわなを食べようと思っていたのですが、いわな茶屋はなくなったということで、仕方なく「わさび丼」(720円)を食べました。曇り空から時折雨が降ってくる天気でしたが、高速で名古屋方面に走っていると、青空が広がってきました。
d0021786_21301126.jpg

d0021786_21303147.jpg

d0021786_213167.jpg

d0021786_21312976.jpg

[PR]

by irkutsk | 2016-09-26 17:00 | 旅行 | Comments(0)

京都鉄道博物館へ行きました(9月6日)

青春18きっぷの最後の2回を使って、妻と二人で今4月にリニューアルオープンした京都鉄道博物館へ行ってきました。京都駅から梅小路公園の中を通って徒歩20分くらいで到着。

左手に出口にあたる旧二条駅駅舎があります。入り口で入場券(大人1200円)を買って中に入るとオレンジ色の電気機関車、0系新幹線、ブルートレインの食堂車があり、駅弁を売っていました。食堂車の中では調理して料理も出しているようでした。満員で入れませんでした。

ようやく冷房の効いた建物の中に入ると、500系新幹線と寝台特急電車「月光」と北陸線で走っていた「雷鳥」が並んで展示されていました。車両は外から見るだけで、中には入れません。

ここの目玉はターンテーブルがある蒸気機関車の車庫です。車庫には新旧様々な蒸気機関車があり、一部の機関車には乗ることもできます。

また、SLに牽引される列車に乗ることもできますが、これは人気で先に乗りたい時間の切符を買っておくことがお勧めです。私たちは2時前に行ったのですが、すでに2時の券はなく2時半のしかありませんでした。京都発3時15分の電車で乗って帰る予定だったのであきらめました。

旧二条駅駅舎が出口で、出たところがお土産売り場になっていました。帰りはバスに乗って京都駅まで戻りましたが、京都の市バスは高く、230円でした。15時15分野洲行き新快速に乗り、野洲で米原行き快速に乗り換え、米原で大垣行き普通に、大垣から特別快速豊橋行きに乗り、名古屋で多治見行き普通に乗り換えて千種へ戻ってきました。

朝、名古屋を出るときは雨が降っていたのに、京都に着いたときは晴れていて暑かったです。
d0021786_10463584.jpg

d0021786_1047015.jpg

d0021786_10471328.jpg

d0021786_10472726.jpg

d0021786_10474577.jpg

d0021786_10475918.jpg

d0021786_10481828.jpg

[PR]

by irkutsk | 2016-09-06 19:45 | 旅行 | Comments(0)

中山道・武佐から野洲まで歩きました(7月31日)

青春18きっぷを使って、中山道・武佐から野洲まで歩きました。近江八幡駅から近江鉄道に乗り1駅、武佐まで行きました。武佐駅は無人駅ながらトイレがありました。マンホールは近江八幡市のものです。
d0021786_1557787.jpg

d0021786_15573061.jpg

d0021786_15575576.jpg

線路を渡って西へ向けて出発。昔の家や新しい茅葺の家が道路沿いにありました。
d0021786_15582390.jpg

d0021786_15585340.jpg

しばらく行くと京都の川床のように作ってある無料休憩所がありました。写真を撮っていると、自転車で通りかかかったおじさんが「どうぞ休んで行ってください」と声をかけてくれたので、休憩することにしました。川の水音を聞きながら、よしずで覆われた川床に座ってしばし休憩。時折吹いてくる涼しい風が気持ちいい。ずっとここでくつろいでいたい気分だが、まだ歩き始めたばかり。
d0021786_15591922.jpg

d0021786_15595718.jpg

やがて竜王町に入りました。竜王町のマンホールの蓋は真ん中に町章があり、その周りを松が、そしてさらに外側に町の花(アエンボ)が配置されています。
d0021786_160193.jpg

街道沿いには昔ながらの家々が散見されます。
d0021786_1603646.jpg

d0021786_1605695.jpg

d0021786_1612133.jpg

やがて鏡宿に入ると源義経宿泊の館跡という碑が建っていました。
d0021786_1613815.jpg

少し行くと鏡神社があり、入口に源義経が烏帽子をかけたという松がありました。明治6年の台風で倒れたため、株上2.7mを残して石垣上に仮屋根をして保存されています。ここでしばらく休憩し、蝉の声を聞きながら涼しい風に当たっていました。
d0021786_162144.jpg

d0021786_1621971.jpg

d0021786_1623316.jpg

鏡神社から少し行くと左手に蓮の池が見えてきました。たくさんのピンクの花が咲いていました。
d0021786_1624831.jpg

d0021786_163730.jpg

これは芙蓉の花です。
d0021786_163514.jpg

しばらく歩くと右手に「村社篠原神社」という石碑が建っていました。入っていくと木々に覆われた涼しい道の奥に社がありました。ここで最後の休憩を取っていると、ちょっと先の方にハグロトンボがいて時々羽を踊っているようにバタバタさせていました。昔中山道を歩いて旅していた人たちも、神社の木陰で休んでいたのでしょうね。
d0021786_1644899.jpg

d0021786_16573.jpg

d0021786_1652216.jpg

神社を後に、野洲駅を目指してもうひと踏ん張り。
旧野洲町のマンホールです。野洲町には甲山古墳があり、近くの遺跡からは銅鐸が出土しており、その銅鐸の模様をデザインしています。中央には町章が描かれています。
d0021786_1653918.jpg

こんな古い家も残っています。
d0021786_1655972.jpg

子安地蔵堂です。子宝を授け、安産にしてくださるというお地蔵さんです。
d0021786_166128.jpg

甲山古墳の石碑です。もう登っていく元気がなく石碑の写真を撮っただけでした。
d0021786_1662825.jpg

ようやく野洲駅に到着。
d0021786_1665444.jpg

14時53分の電車で米原へ向かいました。今日歩いたコースは国道8号線沿いのルートが多く、車がびゅんびゅん走る横を排気ガスを吸いながら歩きました。また新幹線が近くを走っていて、その通過音はすごい音で、100mぐらい離れていても結構うるさいです。近所に住んでいる人は大変だなあと思いました。リニア新幹線は500㎞で走るというのでその騒音は新幹線以上でしょうね。
[PR]

by irkutsk | 2016-07-31 18:54 | 旅行 | Comments(0)

神戸に行きました(7月24日)

青春18きっぷで神戸へ行ってきました。千種駅から中央線で金山へ、米原行き特別快速に乗り換え、米原から新快速で三ノ宮まで行き、普通電車に乗り換えて兵庫へ。
神戸市消火栓のふた
d0021786_220154.jpg

兵庫駅から歩いて10分くらいのところにある徳島ラーメン「大萬」で徳島ラーメン、唐揚げ、餃子を食べ、兵庫大仏へ。
徳島ラーメン「大萬」
d0021786_221949.jpg

日本三大仏の一つ、兵庫大仏は最澄が開祖の能福寺にあり、戦時中に金属回収により供出され、伽藍は神戸空襲で全焼しました。現在の大仏は高さ11m、台座も入れると18mです。
d0021786_2215163.jpg

兵庫駅まで戻り、普通電車で一駅、新長田まで乗って駅の西側にある若松公園にある鉄人28号をみました。2009年10月に作られたこの像は鉄人28号の生みの親・横山光輝が神戸出身だということにちなんで、震災後の町おこしとしてつくられました。
d0021786_21554374.jpg

d0021786_21561031.jpg

[PR]

by irkutsk | 2016-07-24 21:50 | 旅行 | Comments(0)

設楽町津具へ行きました(7月1日)

友達に誘われ、設楽町津具へ行ってきました。名古屋から車で約2時間。天気にも恵まれ、青空と田んぼや山の緑が鮮やかなコントラストを見せていました。緑がとても鮮やかに見え、懐かしい農村風景を満喫してきました。
d0021786_555599.jpg

現在は設楽町津具になっていますが、合併前の津具村のマンホールの蓋です。
d0021786_5551893.jpg

金龍寺を見てきました。
d0021786_555323.jpg

d0021786_5555157.jpg

d0021786_5574538.jpg

d0021786_5563154.jpg

d0021786_558237.jpg

d0021786_5581910.jpg

ともだちの知り合いの花農家へ行って、シクラメンや鶏頭を見せてもらいました。
d0021786_5583653.jpg

d0021786_5585832.jpg

名古屋よりも涼しく、夜は窓を閉め、布団を着て寝るそうです。また蛍もたくさんいて、星空も美しいとのこと。思い切ってここに移住するというのもいいかなと思いました。
[PR]

by irkutsk | 2016-07-01 18:53 | 旅行 | Comments(0)

形原温泉「あじさいの里」へ行きました(6月26日)

6月25日に雨で中止となったJR東海の「さわやかウォーキング」と同じルートを通って形原温泉「あじさいの里」へ行きました。

JR東海道線三ヶ根駅で電車を降り、東口から出て200mほど歩いたところにあるあじさいの名所「本光寺」へ。石畳の参道沿いに赤や青のあじさいが植えられています。
幸田町のマンホール
d0021786_1054329.jpg

d0021786_10551567.jpg

d0021786_10555698.jpg

d0021786_10561983.jpg

d0021786_10563460.jpg

d0021786_10565320.jpg

このお寺は松平家の墓所で、代々の藩主のお墓があります。
d0021786_10572054.jpg

d0021786_1058131.jpg

d0021786_10584832.jpg

願掛け亀です。亀の首の部分のくぼみにお賽銭が入ると願いが叶うと言われています。
d0021786_1059849.jpg

d0021786_10592589.jpg

お寺の境内にはむくげの木もあり、白い花を咲かせていました。
d0021786_110956.jpg

本光寺を後に、東海道線まで戻り、線路沿いの道を歩きました。すると線路沿いにいろんな色のむくげが咲いていました。むくげは韓国の国花で「無窮花」と書いて、次から次に花が咲き、無限に咲き続けるという意味のようです。
d0021786_1104029.jpg

d0021786_111731.jpg

川を渡ってしばらく行くと朱塗りの橋が見えてきます。円宗寺です。大きな本堂と鐘楼がありました。
d0021786_1112323.jpg

d0021786_1114097.jpg

d0021786_112543.jpg

川沿いを少し歩いた後、右に折れて山の方へ入っていきます。人家もなく一山越えるという感じです。途中にはいろいろな花が咲いていて目を楽しませてくれます。
d0021786_1122585.jpg

d0021786_1131391.jpg

d0021786_1133620.jpg

d0021786_1135484.jpg

山を越えて下りになると右手に「村社 賽喜神社」があります。ちょっと寄ってみました。野アザミが咲いていました。
d0021786_1142070.jpg

d0021786_114388.jpg

県道に出てちょっと北に行って道を渡ると宗徳寺です。このお寺の裏手に1945年に起こったマグニチュード7.1の三河地震による地割れの跡が残っています。
d0021786_1145559.jpg

d0021786_1151557.jpg

そこから10分ほど歩くと目的地、「形原温泉あじさいの里」です。日曜日とあってたくさんの人出でにぎわっていました。
d0021786_1153965.jpg

d0021786_1155931.jpg

d0021786_1161494.jpg

d0021786_116281.jpg

d0021786_1164454.jpg

d0021786_117199.jpg

d0021786_1173731.jpg

d0021786_118282.jpg

帰りは県道沿いに三ヶ根駅まで歩いて帰りましたが、特に見る物もなく40分ほどで駅に到着。ちょうど電車が出た後で、30ほど待ちました。
[PR]

by irkutsk | 2016-06-26 16:52 | 旅行 | Comments(0)