ブログトップ

ロシアとMacと日本語

 6月12日、宇治の平等院と三室戸寺に日帰りで行ってきたよ。朝9時17分発ののぞみで名古屋から京都まで行き、京都から奈良線に乗り換えて宇治へ。宇治駅前から平等院まで歩いていると、修学旅行中の中学生にあった。平等院は10円玉に描かれている建物です。まず建物を正面から見て、これが10円玉のデザインかと納得。横に長いので写真1枚には収まりきらないサイズ。そのあと宇治平等院ミュージアム鳳翔館をみて、平等院の建物の周りを1周して出口へ。大きな藤棚がいくつもあり、藤の時期(4月下旬くらいかな)に来るときれいだろうなと思った。
 宇治川を渡り対岸のお寺を見て、「あれっ?紫陽花がたくさん咲いているお寺ってどこだっけ?」と案内板を見ても載ってない。お昼ご飯を食べたところに偶然「宇治イラストマップ」というのが置いてあり、それをもらってみると三室戸寺というところが紫陽花の名所らしい。10分くらい歩いていくと帰ってくる人波に出会い、その流れに逆行していくと三室戸寺に着いた。山の斜面一面に紫陽花が咲いておりココまで来た甲斐があったと納得。紫陽花は山の斜面に咲いているので、まず上まで登って、降りながら紫陽花を見る。
 帰りに抹茶ソフトクリームを食べた。おいしかった!お昼も茶そばだったし、よく歩いたから太らないだろう。帰りは京阪宇治から電車に乗り、六地蔵で京都市営地下鉄に乗り換えて京都駅まで行った。かなり大回りになり、時間もお金もかかった。
 京都の地下鉄の乗り換えの時エスカレーターに乗ったら、名古屋とは逆で、エスカレータの上を歩く人は左側、歩かない人は右側だった。名古屋の地下鉄ではエスカレーターを歩いたり、駆け上がったりすると事故につながるので、やめるようにという放送を電車の中でしているが、いったんついた習慣を変えるのは難しいようだ。自分も相変わらず歩かないときは左側に立ってしまう。片側にしか乗らないのは効率が悪いんだけどね。
d0021786_5494896.jpg
d0021786_5501133.jpg

[PR]
by irkutsk | 2005-06-21 05:50 | お花見 | Comments(1)