<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

水着とバスタオル、帽子を買いました(5月30日)

今朝の気温は10度。天気予報によると今日の気温は22-24度まで上がるそうだ。ロシアで買ったジャンバーを着ていくことにして、内側の暖かい部分を取り外した。今日は2時間目からの授業なので9時15分のバスの乗ろうと9時10分頃に部屋を出てバス停に向かっていたら、レーナから電話がかかってきた。在職証明書を頼んだ件で、いろいろと聞いてきた。日本のどこに出すのかとか、他にもロシア語で聞いてきたが何を言っているかよくわからなかった。来週でもいいかというので、来週でも良いと答え、バスが来て乗ったので電話を切った。在職証明書一つ作ってもらうのも大変だ。

2時間目は1年生の授業だったが、時間になっても誰も来ない。どうしたんだろうと思っていたら、ザハールが来て、後からみんな来た。漢字の書き取りをやらせたが、かなりひどい状況だった。今日と次の漢字書き取りのプリントから、11日の試験の問題を出すからといったので、ちゃんと勉強してくれれば良い点が取れるはずなんだけど。お昼を食べて、3時間目は2年生の授業。クシューシャとアンナの二人で、2年生も今日は漢字の練習で、まず読む練習、そして書き取りの練習をやったが、アンナは全部できたが、クシューシャはかなり苦戦していた。辞書を見ても良いと言って、調べさせたが、それでも間違いが多かった。点数をつけるならアンナは5、クシューシャは3.5というところだ。日本センターの教室は日が当たらないので寒く、漢字の書き取りが終わって、10分ぐらい時間が残っていたが、寒いので終わろうと学生が言うので、早めに切り上げた。

インターネットカフェに行ってメールとブログを送った後、スパルタークのバス停の前にあるスポーツ用品店に水着を買いに行く。店に入ると奥で女の子の店員が二人しゃべっている。お客が来ても、知らん顔で自分たちの話に花を咲かせている。一人でうろうろと見て回り、水着のコーナーを見つけたが、サイズ表示がS,M,Lではなく50、60などの数字で表示してある。よくわからないので、店員の女の子を呼んで聞いてみたら、50くらいだろう。一度はいてみたらと言って試着室に連れて行ってくれた。50のサイズでぴったりだった。値段は530ルーブルもした。日本で買うのと同じくらいだ。

それからバスタオルを買わなくてはと思い、近くの店をのぞいてみるが、ないので、市場に確か売っていたと思い、市場へ行く。ひょっとしたら水着も市場にあったのではないかと思って一通り店を見て回ると案の定120ルーブルの水着があった。まず何でも市場で見てから行かなければと思った。バスタオルは大きなのが150ルーブルだった。ナターシャが暑いので帽子もいると言っていたので、帽子も買った。帽子も150ルーブル。そのあと、果物を見て回り、中国産のネクタリン(マンゴかもしれないと思った)を3個と、アルゼンチンのみかん(日本のみかんに味も形もよく似ている)を買った。

バスに乗って帰っていると、途中から大きなイヌを連れて乗ってきた人がいて、料金徴収係りの女の人にイヌの分も払えと言われて、口論になっていた。大きな荷物とかはお金を取られるのはわかるがイヌは今まで取られたことがないと言うと、イヌだって場所を取っているから同じだと言っていた。決着が付く前に私の降りる宇宙飛行士学校に着いたので、どうなったかはわからない。

夕食のあと、暖かかったのでイギリス人の英語教師ルーと学校周りの散策に行ったが、林の中を抜けると別荘地に出た。今日は金曜日で土日を別荘で過ごす人たちで、別荘もにぎわっていた。別荘にはそれほど大きくない家とその周りに畑がある。温室を作っているうちもある。もちろん電気や水道もあり、快適に過ごすことができる。ちょうど今はいろんな作物の植え付け時期で、収穫は8月から9月にかけて行われる。それぞれの別荘(ロシア語でダーチャという)には花や木も植えられていて、今いろんな花を咲かせていた。紫色のライラックの花も咲いていた。

d0021786_13471948.jpg
d0021786_13473282.jpg
d0021786_13474659.jpg
d0021786_1348152.jpg

[PR]

by irkutsk | 2008-05-31 13:48 | 日本語 | Comments(0)

昼間からビールを飲みながら散歩(5月29日)

今日は休みなので、ゆっくりしていた。11時のバスに乗るつもりだったが10時半過ぎに掃除のおばさんが来たので早めに出たら、10時45分のバスが行くところだった。結局バス停で15分待つことになった。大学においておく教材や本を持っていき、置いてきた。12時にアレクセイさんと待ち合わせていたが、研究室はアリョーナが英語の試験をやっていたので、日本センターでしばらく本を読んで、コピーを取りに秘書のところに行ったら、何か資料を作っているようでコピーできなかったので、外に出たら、ちょうどダツィシェンさんに会った。彼と話していて、彼の娘のポリーナが今年の8月、9月と名古屋に来るそうだ。6月8日にクラスノヤルスクの博物館にイギリス人のルーと二人で行くと言ったら、ポリーナに案内させるから、電話してくれといって、電話番号を教えてもらった。ルーと二人では、どちらもロシア語が心もとないので、ポリーナが来てくれれば大助かりだ。

12時にアレクセイさんが来たので、ダツィシェンさんと別れた。アレクセイさんは何かプレゼントがあると言っていたが、剣道大会のTシャツだった。彼のシャツを見にアルピィとバルチースキーへ一緒に行った。アルピィを見たがあまり気に入ったのがなかったようで、バルチースキーへ行った。ルバーシュカと言っていたが、彼が見ていたのはTシャツとかポロシャツだった。値段は日本円にすると2000円前後だった。途中歩きながらビールを飲んだが昼間から飲むビールはよく回り、もう一本どうだと言われたが、もういいと断った。しばらくしてまた聞くので、彼が呑みたいのだと思って付き合うことにした。お昼を食べてないので何か食べようということになり、アルピィの2階にあるカフェに行った。トレイをもって料理の並んでいるところに行って、好きな料理を言って電子レンジで温めてもらうという店で、彼のいとこが働いていた。おかげで2人分で50ルーブルだったそうだ。今日はアレクセイさんが給料日だからご馳走すると言って、全部出してくれた。

インターネットカフェの前で彼と別れて、メールとブログを送った後、大学へ寄ってみた。秘書のところへコピーに行くと、ちょうど図書館のナターシャが来ていて、1日の日曜日にダーチャへ招待するからということだった。11時にどこかのバス停で待ち合わせるようで、土曜日に電話すると言っていた。風呂とプールがあるので水着とタオルとカメラを持ってくるようにと言われた。自分の部屋に戻って、水着を探してみたが、去年の10月に帰る時に日本へ持って帰ってしまったようだ。明日買わなくては。

今日はよく歩いて疲れた。万歩計は23,830歩を示していた。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-30 15:33 | 日本語 | Comments(0)

バスの中で怒鳴りあい(5月28日)

今朝も2度と寒い朝だった。でも出かけるときには10度になっていて、外に出てもあまり寒くなかった。時間をちゃんと計算していったので、あまり待たずにバスが来た。小型の新しいバスだったのは良かったが、料金徴収係と女の人がもめていて、怒鳴りあいをしていた。運転手もバスを止めて、その女の人に何か叫んでいた。お客もその女の人に文句を言っていた。どうも運賃のことでもめているようだが、よくわからない。バスは5分ほども止まっていただろうか。全然関係ない男の人が、私が3ルーブル出すからバスを出してくれと言って、3ルーブル払って、運転手はバスを出した。時々料金徴収係の人とお客がもめていることはあるが、今日のは、今までで一番すごかった。

大学に着いてお昼ごはんを食べ、授業へ。日本センターは日の当たらない教室なので寒く、1時間半いるとすっかり凍えてしまう。2年生の授業はアンナとクシューシャがきて、14課、15課の復習をした。て形とて形を使ったいろいろな表現をやった。10分の休憩に研究室に戻って温かいお茶を飲んで一息ついた。次の時間は1年生で、3時から他の教科の試験があるから早く終わってくれと言うので3時前に終わった。漢字小テストのあと、名詞文、形容詞文の過去形を復習して、「飛行機は新幹線よりも早いです」という比較表現をやって終わった。

授業が終わって、土日の市民日本語講座で使う教材のコピーをしてから帰った。インターネットカフェによって、メールとブログを送り、市場でトマトときゅうりを買い、「シュコーリナイ」でハムとヨーグルト、ポテトチップ、サケのオイル漬けを買った。

夕食後、昨日の残りのビールを飲んだ。泡は立たなかったが、アルコールはしっかり残っていて、2杯で良い気分になった。気温はどんどん上がって20度になった。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-29 16:17 | 日本語 | Comments(0)

ピーバ・トーチカで生ビールを買いました(5月27日)

今日も寒い朝で3度だった。午後から少し暖かくなり夕方には18度まで上がり、あしたは暖かくなるかもしれないという予感がした。

きょうは12時15分からの授業なので、10時半過ぎまで部屋にいて、本を読んでいた。10時45分に宇宙飛行士学校の玄関を出ると、バスが来たところだった。走っても間に合わないので、あきらめて次のバスにした。次のバスは11時に来た。明日も12時15分からの授業なので覚えておこう。ソヴェーツカヤ通りの並木にピンクの花が咲き始めている。ラネェートカという木だそうで、花のあとに小さなりんごのような実ができる。

d0021786_16185218.jpg
d0021786_16193688.jpg


大学について秘書のところでコピーをした後、弁当を食べる。学生が部屋に入ってきて、寿司を食べているのかと聞く。日本食で有名なのは寿司だし、海苔を巻いておにぎりを食べていたので、寿司に見えたのかもしれない。2年生の授業はアンナ一人だった。26課をやったが、アンナからもうすぐ試験があるので14課からの文法の復習と漢字をやってほしいとリクエストがあり、私も新しい課をやるよりもやりなれた14課からのほうが楽なので明日は14課の文法をやることにした。金曜日は漢字をやることになった。

3時15分に授業を終わって、インターネットカフェに行くと満席だった。しかたないので大型スーパーのほうへ散歩に行き、一回りしてきたら空いていたので、メールとブログを送った。帰りに生ビールの店によって、フィルター処理していないビールを1リットル買った。チュルイムスカエという地ビールで65ルーブル+ボトル代7ルーブルで72ルーブルだった。350円なので日本円に換算すると安いが、こちらでは安いビールは500ccで15ルーブルで売っているので高いビールだ。つまみにとバス停のそばのキオスクでピスタチオを買った。ピスタチオも高く130グラムで93ルーブルもする。ビールよりも高い。

夕食の時イギリス人のルーが英語のできる生徒を連れてきて通訳にして、休みの日にクラスノヤルスクの博物館に行かないと言ってきた。プロープスク(ジェレズノゴルスクへ再び入る許可証)があるのかと聞くと、わからないと言う。レーナに電話をかけて聞くとプロープスクはないというので、ルーとクラスノヤルスクへ行きたいので欲しいと言って、8日の日曜日に行くのでそれまでに手続きしてもらうように頼んだ。

夕食後ビールを飲んだがおいしかった。ポテトチップとピスタチオをつまみに飲んだが全部飲みきれず、少し残ってしまった。明日また飲もう。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-28 17:01 | 日本語 | Comments(0)

今日はついてる一日でした(5月26日)

今朝の気温は1度だった。完全に冬に逆戻りだ。今日は手袋もして出かけた。9時15分にバス停に行けばあまり待たなくてもいいと予想通り、すぐにバスが来た。朝、食堂で一緒に朝ご飯を食べた指導員と一緒で、スパルタークまで昨日見た映画の話をしながら乗っていった。

大学についてまずコピーをとりに秘書の部屋に行くと、マリーナがいてすぐにコピーを取ることができた。研究室でウーロン茶を飲んで授業へ行く。10時15分になっても誰も来ない。どうしたのだろうと思っていると、ユーリャとジェーニャがやって来て、すぐ後からクシューシャとザハールがやって来た。そして更に遅れてマーシャがやって来て、全員揃った。今日は9-10課の漢字書き取りと、読みの練習をした後、11課の初級で読めるトピック、聴解タスクをやり、お昼をはさんで2コマ目は12課の名詞文と形容詞文の過去形、過去否定形をやった。

授業が終わってナージェージュダのところへ行き、この大学で日本語教師として働いたという証明書を作ってほしいと頼んだ。彼女は英語ができないので、レーナに頼んでおいてくれるそうだ。そして年度末の日程を教えてもらった。6月11日に試験をして、12,13日は休みで、14日に試験の結果で合否判定をするということだった。つまり授業は10日までだ。12、13日で部屋の片づけをしなくては。

研究室に戻り、明日の2年生の授業で使う教材のコピーを取ってきて、帰ろうとしたら隣の部屋のルーにあって今から帰るところだと言ったら、彼女も帰るというので一緒に帰った。彼女はいつもスパルタークまでもバスに乗っているそうだ。インターネットカフェに寄るつもりだったが、寄れなくなったので、宇宙飛行士学校のコンピュータ室に行ってみたら珍しく開いていた。インターネットにつなげて、メールとブログのアップをしたが、写真はここからではスピードが遅すぎて送れないので、明日インターネットカフェから送ることにした。とてもついている一日だった。

夕食を食べ明日の教案を考えていたら、隣のジェーニャが子どもの4歳の誕生日のお祝いをやるから来ないかと言ってきた。晩ごはんを食べていたが、せっかく誘ってくれたのでおじゃました。ジェーニャの弟夫婦と弟で大学生のコーリャがいた。マーシャの作った料理をご馳走になり、ウォッカで4回乾杯をして、それ以上は断った。満腹になり、部屋に戻って教案作りの続きをやった。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-27 17:29 | 日本語 | Comments(0)

映画館で「インディージョーンズ4」を見ました(5月25日)

今朝も寒い一日だった。朝の気温は3度。空は曇っていて今にも雨が降り出しそうな天気だ。8時半から朝ご飯を食べ、ゴロゴロしていてもしかたないので出かけることにした。教会のミサにでも行って、その後近くの林の中で花の写真でも撮ろうと思って出かけた。ついでに映画館に行って、おもしろい映画がやっていたら見ようと思った。

宇宙飛行士学校の前から乗ったバスは小型の新しいバスで、隙間風も入らないし、暖房もはいっていてなかなか快適な乗り心地だった。そのせいで先に映画館コスモスへ行くことにした。映画の時間を見て、その時間に戻ってくれば良いと思っていたが、バスを降りて歩いていると寒い。コスモスに行くと9時45分からインディージョーンズ4が始まる。あと10分あまりで始まる。寒いところをうろつくよりも映画を見ていたほうが暖かいと思って映画を見ることにした。

d0021786_1731723.jpg


入場料は席と上映時間によって値段が違い、幸い9時45分からの時間帯は一番安くエコノミーは60ルーブル、ビジネスは80ルーブル、ビップは100ルーブル、ソファー席は250ルーブルだった。ビジネスでいいかなと思っていたが、入場券売り場で座席の画面を見ると、エコノミーは前のほう、ビジネスは両横と、後ろの方、ビップは真ん中の中央より、ソファー席は一番後ろだった。ビップでも100ルーブルなのでビップで見ることにした。11列の11番の席を頼んだ。映画館全体では横に25席(前のほうは少なくなっている)、縦に18列ぐらいあり、400人ぐらいが入れそうな大きさだ。座席はエコノミーも、ビジネスも、ビップも同じでゆったりとして飲み物を置けるフォルダー付きの肘掛があり、日本のシネコンと同じだ。ただ背もたれが背を乗せると少し後ろへ傾くのはやめてほしかった。映画館の入り口にポップコーンや飲み物を売っている店があるのも日本と同じだ。しかもその値段はちょっと高めだ。朝一番の上映ということもあって、お客さんは少なく50人ぐらい。映画は完全ロシア語吹き替え版で、アメリカ映画なのに、しかも悪役ソ連の秘密警察が出るのに、みんなロシア語をしゃべっているという滑稽さがあった。
ロシア語のセリフはほとんど聞き取れないが、あらすじは大体わかり、アクションを楽しむ映画なのでことばがわからなくても、十分楽しめた。入場料は時間を追うごとに高くなり、19時25分からと21時50分からの上映ではエコノミー120ルーブル、ビジネス200ルーブル、ビップ250ルーブル、ソファー席700ルーブルという値段になる。この映画館にはもう一つ小さな劇場があり、そこではナルニア国物語をやっていた。小さな劇場のほうは座席による違いはなく上映時間の違いによる料金の違いがあるだけだった。
朝は70ルーブルで夜は120ルーブルだった。

映画を見た後、寒いので写真を撮りに行くのはやめにして、バス停へ向かった。バス停には待ってる人がいなかったので、きっとバスが行った後だと思い、スーパーで買い物をして帰ることにした。スーパー「シュコーリナイ」によって、卵、ケフィール、ジャスミンティー、ポテトチップ、水を買った。宇宙飛行士学校にもどってお昼を食べた。たくさん買いすぎた韓国製のカップめんとゆで卵、ニシンのオイル漬けをフライパンで焼いて食べた。塩味が濃いので玉ねぎがあったら一緒に炒めるとおいしかったと思うが、なかったので塩辛い魚とコーンを食べた。そしてバナナも1本食べた。

今日も4時から市民日本語講座で今日も6人の出席。今日は「~と思います」の推量表現と「~と言いました」の直接話法、間接話法、「~でしょう」の確認表現についてやった。

夕食後、部屋に戻ってブログを書いていたら、外で生徒たちがバレーボールをしていた。外は8度で風が吹いて寒いのに、元気な子どもたちだ。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-26 16:55 | 日本語 | Comments(0)

宇宙飛行士学校10年生最後の授業(5月24日)

今日は朝から雨がふっている。昨日の夜も降っていた。そのせいか気温は高めで10度近くある。ところが昼になっても気温は全然上がらず、寒い一日だった。

午前中は宇宙飛行士学校10年生の授業で、来たのはナースチャだけ。カーチャは熱を出してしまったそうだ。少し遅れてアリョーナが来て、生徒のナターシャも来て二人で別の日本語の授業をやっていた。ナースチャとは8課の形容詞の導入のところをやり、12時からはアリョーナ、ナターシャと折り紙をやった。先週ロマンさんに教えてもらった「鳥」と折り紙の本にのっていた「箱」を作った。そのあとナースチャと五目並べをして終わった。これで宇宙飛行士学校の授業は終了だ。30日には10年生はみんな帰っていってしまう。

お昼はご飯を炊いて、ハムを焼き、トマトを切って、インスタント味噌汁を作って食べた。1時半ぐらいに学校を出ると、すぐにバスがすぐに来た。バスのガラスに運賃が10ルーブルになったという貼り紙がしてあった。しかも料金徴収係が乗っていて、10ルーブル取られた。おととしの12月にこちらに来た時は6ルーブルだったのに、去年の8月に8ルーブルになり、また今10ルーブルに値上げなんて。世界的な原油高の影響かも。スパルタークでバスを乗り換えたが、またすぐにバスが来たので、インターネットカフェには1時50分頃に着いてしまった。1時から2時までは昼休みなので、しばらくバス停で待っていて、2時になるのを待ってインターネットカフェに行った。今日はいつものお姉さんではなくてちょっと年配の人だった。

帰りのバスもそれほど待たずに来たので、3時には戻って来ることができた。4時から市民日本語講座で、今日は6人来た。21課の「~と思います」の意見、感想を言う表現についてやった。20課で教えた普通形を使わなければならないのだが、なかなかすんなりとは出て来ずに、苦戦していた。

夜はイーゴリにもらった「デリフェンリード」の続きを3つも見てしまった。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-26 16:53 | 日本語 | Comments(0)

大学の授業は6月13日まである(5月23日)

今日は10時15分から1年生の授業なので9時に出かけた。イギリス人のルーも9時ごろバスで行くといっていたが、バス停には現れなかった。バスは9時17分頃来て、大学で研究室のカギを開けていると、隣の部屋からルーが出てきた。9時少し前のバスに乗ったそうだ。バスの時間を覚えておけば長く待つこともないかもしれない。8時55分と9時15分にバス停に行けばすぐにバスが来そうだ。

1時間目の1年生の授業はマーシャが欠席で4人だった。まず漢字ミニテストをやったら、ユーリャは全問正解だったが、ザハールとクシューシャは半分くらいしかできず、ジェーニャは1割しかできなかった。前の分の漢字練習用紙を渡して、書いてくるように言った。11課の会話と問題をやったら時間が来てしまった。10,11課の漢字の説明と書き取りプリントを渡して、覚えてくるように言った。

お昼休みを挟んで午後は2年生の授業で26課の「~んです」をやった。見たり、聞いたりした情報から、相手に何かを確認する時に使う、見たり聞いたりしたことについて、説明を求めるときに使う、理由を説明するときに使うということを説明したが、まだいまいちよくわかってないようだ。火曜日は書いて覚える文型練習帳を使ってやってみよう。今日はクシューシャも来てアンナと二人だった。途中からクシューシャの友達の女の子が来て横に座って聞いていた。

授業が終わり研究室に戻るとアリョーナがいたので、大学の授業はいつまであるのかと聞いたら、ナジェージュダに聞かないとわからないといって電話で聞いてくれた。そしたら6月15日までだという。15日は日曜日なので13日の金曜日までということになる。16日に帰るのに、ぎりぎりまで授業がある。6月は荷物の整理をしたり、あちこち見て回ったりと思っていたのでちょっと当てが外れてしまってがっかり。でも学生たちとあと2週間いっしょに勉強できると思えば、それもまた楽しい。

インターネットカフェに行くと、フラッシュメモリーが使える3台のパソコンは全部ふさがっていた。しかたないのでまた後で来ることにして、近くを散歩することにした。5分も歩いたかと思うと雨がぽつぽつと落ちてきた傘を持ってないので、あわててインターネットカフェに戻ると、運よく1台空いていた。メールやブログを送り、外に出るともう雨は上がっていた。ピーヴァ・トーチカという生ビールの量り売りの店に行くと、20分休憩という紙が出ていた。よほどこの店には縁がないようだ。市場の中にある生ビール屋に行って1リットル39ルーブルのビールを買った。ボトル代が6ルーブルで45ルーブル払った。市場でトマト3個ときれいなバナナがあったので5本買った。ふたつで65ルーブルだった。日本よりは少し安い。

帰って、早速ビールを一口飲んだ。食事のあと昨日買って来たニシンのオイル漬けを開けて、それを肴に飲んだが、あまりおいしくなかった。ポテトチップのほうが良かった。魚のオイル漬けというのはやはりなじめない。夜は宇宙飛行士学校の生徒に借りた「ラストサムライ」を見た。ロシア語なのでよくはわからなかったが、大体の筋はわかった。2時間20分もある長い映画だった。
[PR]

by irkutsk | 2008-05-26 16:52 | 日本語 | Comments(0)

床屋へ行きました(5月22日)

今朝は寒くて、外は3度だった。今日は授業のない日なので、気分的にゆっくりできた。午前中、明日の授業と土曜日の市民日本語の準備をして、11時過ぎに出かけた。まず「シビーリ」に昼ご飯を食べに行く。ところがドアが開かない。貼り紙を見ると22日は17時からと書いてある。こういうことがよくある店だ。しかたないので隣の「シビーリ」という同じ名前の食料品店でピロシキを買った。揚げピロシキではなく、焼きピロシキで、中はりんごと干しぶどうがあるというので2個ずつ買った。それでも19ルーブル(95円)と安い。大学に行って、お茶を入れて食べた。4個は食べ切れなくて、3個食べて、1個は持って帰った。ここの店のはおいしいと宇宙飛行士学校の指導員が言っていたが、本当においしかった。日本のパン屋みたいに自分で取れると良いのだが、店の人に言って取ってもらわなければならないので、買うのもなかなか大変だ。名前がわからないし、書いてあってもなかなか読みにくい字体で書いてある。

土曜日の市民日本語講座で使うコピーを取りに秘書のところへ行ったが、カギがかかっていていなかった。先にインターネットカフェに行くことにして出かけた。1時から2時までは休みなので、12時半頃に着き、間に合ったと思って中に入ったが、1番と3番以外は使っていた。1番と3番はフラッシュメモリーが使えないので、また後で来ることにして教会のほうへ花の写真を撮りに行くことにした。バスの中から、マツユキソウが咲いているのが見えた。教会の前でバスを降りて、湖のほうへ行くと林の中のあちこちにマツユキソウが咲いている。他に、黄色い花も咲いていた。恥らう乙女のようなマツユキソウの可憐な姿を写真に収めていると、電池がなくなってきたという表示が出た。これはまずいと、こまめにスイッチを切って液晶画面を表示させないようにした。もっとバンバンとってその中から良い物を探そうと思っていたが、それもできず厳選して撮った。また日曜日にでも撮りに来よう。インターネットカフェは2時まで休みなので、床屋に行くことにした。

バスの駅にあるターニャの店に行った。最初に行っていた店は短く切られるので、前回からこの店に行くようになった。ターニャが一人でやっている店で、行くとちょうど前の人が終わるところだった。私のことを覚えていてくれて、帰っていたのかと聞いてきた。話しかけるとよくしゃべる人で、べらべらと話されても半分もわからない。もうこの店に来ることもないと思って、帰り際に記念に彼女の写真を撮らせてもらった。床屋代は190ルーブル。刈るだけだからこんなものかな。

頭がすっきりして、大学まで歩いていき、秘書の部屋を見るとカギがかかっている。それを秘書が別の部屋から見ていて、カギを開けてくれた。いそいで研究室にいって本をとってきてコピーをとらせてもらった。重たい本を持って来て、コピーが取れなかったら骨折り損だったが、コピーがとれてよかった。

月曜日にパスポートを預けて、まだ返してもらっていないので、レーナに電話してパスポートはどこにあるかと聞いたら、秘書のところにあるというので、彼女のところに行って出してもらった。レーナが彼女に電話して渡すように言ってくれた。6月18日まで延長されたビザが付いていた。

再び歩いてインターネットカフェへ。今度は1番端の5番のコンピュータが空いていた。メールをダウンロードし、ブログをアップした。帰ろうと立ち上がると、1番のコンピュータに1年生のザハールがいた。3番にはマーシャがいた。帰りにスーパー「シュコーリナイ」によって、米、ポテトチップ、ヨーグルト、ニシンの切り身のオイル漬け、ビールを買った。

宇宙飛行士学校に帰ったのは5時前だった。きのう買ってきたビールがまだ残っていたので飲んだが、泡が立たず気が抜けていた。でもビールの味はした。やはり買った日に飲んでしまわなくては。夕食は私の好物のペリメニだった。指導員にそういうと、お代わりしてもいいよと言われたので、2皿食べてしまった。夕方の気温は20度あるが、風が冷たくて寒い。先週から生徒が毎日夕方から暗くなるまでバレーボールで遊んでいる。
d0021786_15491622.jpg
d0021786_15494087.jpg
d0021786_15495466.jpg

[PR]

by irkutsk | 2008-05-23 15:50 | 日本語 | Comments(0)

生ビールをかってきて飲んだ(5月21日)

今朝は気温8度。外は曇り空で、風が吹いている。天気予報どおり今週は寒い。先週の暑さが嘘のようである。今日は12時15分からの授業なので10時半に出かけた。暖かいジャンバーを着ていったがそれでもちょっと寒いくらいだった。

 大学についてコピーをとりに行くと、秘書の部屋はカギがかかっている。しばらくしてまた行ってもやはりダメだ。カギ番のおばさんにコピーをとりたいので101の部屋のカギを貸してくれないかと言ったが、私ではわからないから他の人に聞いてくれと言われた。ちょうどそこにほかの先生が通りかかり、今日インタビューに記者が来るけどいるかと聞かれたので、日本センターにいると答え、ついでにコピーをとりたいのだけど秘書がいなくて困っているといったら、隣の事務室で取らせてもらえばと教えてくれた。事務室に行くと小さいコピー機だけどどうぞと言って使わせてくれた。コピーは取れないかもしれないと思っていただけに、うれしかった。

12時15分からの2年生の授業はアンナ一人だった。授業を始めて少したったところで先ほどの先生と記者のカーチャがやって来て、インタビューされた。カーチャのロシア語は早くて良く聞き取れなかった。一緒にいたアンナもインタビューされていた。10分くらいで終わって、また授業に戻った。今日は「んです」体をやったがロシア語の文法解説書を読んでもよくわからないと言っていた。原因、理由、目的、具体的内容などを示してわかりやすく説明するものなんだが。アンナに「場所」と「所」の違いは何かと聞かれて、部屋にあった国語辞典で調べたがわからなかった。次回までに調べてくることにした。

13時55分からは1年生の授業で今日も5人揃っていた。今日は人の数え方、期間の言い方、どのくらいかかりますか、月に何回行きますかなどをやり、11課の文法項目は終わった。

授業が終わって、インターネットカフェへ。行く途中に生ビール屋の前を通るとやっていた。まず写真屋で、昨日頼んだ写真をもらって、よく数えてみたら、昨日も18枚頼んでいた。やっぱり1枚8ルーブルだったのだ。インターネットカフェに行って、メールを見るが今日は一通も来ていなかった。昨日もらったメールの返事を送って、ブログを送り、ついでにロシア株の情報を見たら、また少し上がっていた。気分よく生ビールを買いに行くと、10分休憩の貼紙がしてあった。この店には縁がないのかと思い、市場の中にある生ビール屋に行った。そこはやっていて、一番高い1リットル75ルーブルのビールを買った。市場でスペインのみかんを売っていて、触ってみると日本のみかんのようだったので10個ほど買った。

宇宙飛行士学校に戻って早速買って来たビールを飲んだがおいしかった。晩ご飯のあと、寒いので散歩はやめにして、イギリス人のルーを呼んで一緒にビールを飲んだ。といっても彼女はあまり飲めないので、少しでいいと言った。アメリカが嫌いだという話になって、彼女もアメリカは嫌いだと言っていた。

 彼女が帰った後は日本のアニメ「エルフェンリード」の続きを見た。スペインのみかんは日本のみかんと同じ味で、皮も柔らかくおいしかった。日本ではもう食べられない季節なのに、5月にみかんが食べられるなんてちょっと得した気分だ。 
d0021786_1626427.jpg
d0021786_1627724.jpg

[PR]

by irkutsk | 2008-05-22 16:27 | 日本語 | Comments(0)