「沈まぬ太陽」を見てきました(10月26日)

d0021786_15471955.jpg 10月24日封切りの「沈まぬ太陽を」見てきました。山崎豊子の原作で、日本航空のことを描いた映画だけに、日航再建策が議論されている今、とてもタイムリーな映画だった。
日航(映画では国民航空)の労働組合の委員長をやっていた恩地は報復人事のためパキスタンのカラチへ飛ばされる。社長との2年間で日本へ返してやるとの口約束は反故にされ、更にイランのテヘランへ、そしてケニアのナイロビへ。彼が海外にいる間に、労組は当局の策動で作られた第二組合に切り崩されていく。
 一方組合の副委員長をやっていた行天はポストと引き換えに、組合弱体化に手を貸し、自らは出世コースを歩んでいく。
 そして海外からようやく日本へ戻された恩地は、御巣鷹山へのジャンボ機の墜落事故の遺族の対応の責任者にされる。誠意を持って遺族との対応にあたる恩地に対し、会社側は早くこの問題にけりをつけたい一心で示談交渉に入るとともに、遺族会の分断を図ろうと遺族会の名簿の入手を画策する。
 日航を食い物にする、経営陣と運輸官僚、政治家が克明に描かれた実にタイムリーな映画だ。今の日航の財政危機の原因は「高すぎる年金」ではなく、政治に翻弄されて不採算路線を開設させられてきたことや、映画でも描かれていた政治家や官僚への「接待」、「工作」のための裏金作りなどが真の原因ではないのだろうかと思わせる映画だった。
[PR]

by irkutsk | 2009-10-26 15:48 | 映画 | Comments(0)

尾瀬、五色沼へ行きました(10月10~12日)

阪急交通社の主催する「尾瀬・五色沼。那須高原紅葉ハイキング3日間」というツアーに参加しました。3連休でも55000円と言う値段の安さに引かれて申し込みました。

しかし尾瀬は遠かった。名古屋駅に7時半集合。7時58分のこだま634号で東京へ。東京駅からバスで会津たかつえ温泉へ。この日はひたすら目的地への移動でした。途中竜王滝という小さな滝を見学しました。

夜、ホテルで明日の尾瀬沼ハイキングに向けてレクチャーがありました。

そして11日、いよいよ尾瀬へ。曇り空から時折雨がしとしとと降る天気の中、尾瀬へ。少し山を登り、下ったところに尾瀬沼がありました。草紅葉の尾瀬というので、草が赤や黄色に紅葉しているのかと思っていたら、まるで麦畑のように薄茶色の原っぱでした。でも時折日が差すと、その色合いが変化しなかなかきれいでした。ダケカンバの大きな木が箒を逆さにしたような枝振りを天に向けて伸ばし、上のほうには黄色く紅葉した葉が輝いていました。

尾瀬沼で弁当を食べ、更に三平下まで足を伸ばしました。木道は狭く、滑って転ぶ人もいました。同じ道を戻りバスで次の宿へ。猪苗代湖を見下ろす磐梯はやま温泉へ。

12日は磐梯山の裏手にある五色沼へ。1時間あまりのコースで、たくさんの色合いの違ういくつもの池を見ながらのハイキングはあっという間でした。次に行ったのは那須高原「マウントジーンズ那須」。冬はスキー場になっているところで、春は水仙、ごようつつじが見られ、夏は避暑、秋は紅葉と年間を通して人を呼べるように工夫されているところに感心。スキー用の8人乗りゴンドラの山の頂上へ。もちろんゴンドラ待ちの時間はありません。山の上からの眺めは雲が出てきて、ダメでしたが、山上の紅葉を楽しむことができました。

2時40分那須高原を出発し一路東京駅へ。休日高速道路1000円の影響であちこちで道路が渋滞し、東京駅に着いたのは7時でした。何とか19:26のこだま683号に間に合い一安心。名古屋に着いたのは22:16。タクシーでうちへ帰りました。

価格を安く抑えるために早朝と夜遅い「こだま」を利用したのだと思うが、翌日から仕事の身にはちょっときついスケジュールでした。

                        竜王滝 
d0021786_9433140.jpg

                       
                 尾瀬の草紅葉とダケカンバ
d0021786_9434734.jpg

d0021786_944031.jpg

d0021786_952293.jpg

d0021786_9442939.jpg


                   五色沼
d0021786_9443997.jpg
d0021786_9444921.jpg
d0021786_945052.jpg
d0021786_9451070.jpg
d0021786_9451817.jpg


                  那須高原
d0021786_9452999.jpg
d0021786_9453878.jpg
d0021786_945471.jpg
d0021786_9455598.jpg

[PR]

by irkutsk | 2009-10-13 09:52 | 感動したこと | Comments(0)