桂文我独演会に行ってきました(2月21日)

d0021786_9264117.jpg今日も春の日差しを思わせるような暖かい一日でした。午後から今池ガスホールへ桂文我独演会を聞きに行ってきました。

噺家生活三十周年記念と銘打っての独演会で、まず最初は桂雀五郎の「初天神」。初天神に出かけるのに子どもを連れて行け、行かないで夫婦喧嘩になるが、結局連れて行くことに。そして出店であれこれ買ってくれという子どもと父親のやり取りがおもしろい話でした。

次は桂文我の「千早ぶる」。娘が友達を連れてきて百人一首をやっていて、「千早ぶる、神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」の歌の意味を聞かれ、近所の物知りの人のところへ行って、その歌の意味を教えてもらうという話でした。

そして予定外にもう一つ「天神山」をやってくれた。長屋の変わり者がオアmるに料理を入れて、尿瓶に酒を入れて花見ならぬ墓見に行き、おいとさんという名前の墓の前で酒を飲み、土の盛り上がったところを掘ったらしゃれこうべが出てき、それを家に持って帰ると夜中においとさんの幽霊が出てきた。その話を聞いた隣のひとり者が墓に行くがしゃれこうべはそういくつも落ちてない。キツネ取りをしている人に会い、子狐が待っているのにかわいそうだと言って、売れば5文というキツネを2文で買い、逃がすのかと思いきや、買ったものは俺がどうしようと自由だと言って5文で売りに行くという話。

中入りの後は、桂まん我の「お玉牛」。京都帰りの村の美人お玉を脅して夜這いに来るという若者の話。お玉の代わりに牛を寝かせ、そうとも知らず若者はお玉の部屋へ忍び込み牛を暗闇の中で触って、お玉に迫るというこっけいな話だった。

最後は桂文我の「三十石夢の通い路」大阪からお伊勢参りをして、京都から大阪へ三十石舟で大阪へ帰るという男の話。一番舟が満員になりもう座るところもなく船を出すという時にもう一人おなご衆を乗せてくれと宿の番頭が言う。船頭はダメだと言うが客の一人が勝手に二十歳の若い娘だと早とちりして、わしのひざの上に座らせるから乗せてやれと言う。ところが乗ってきたのは八十のおばあさんだったという話。

先月もここで桂南光独演会を聞きました。5月22日の柳屋喜多八・桂雀々二人会のチケットを買って帰りました。3500円で楽しいひと時を過ごせました。
[PR]

by irkutsk | 2010-02-21 23:01 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

晴明神社を発見(2月20日)

上野天満宮から名古屋ドーム前にあるイオンへ行く途中信号で止まっていると、晴明神社の案内板が立っていたので、行って見ました。小さな小さな神社で、写真を撮り、説明の看板を読んでいると社務所の中からおじいさんが出てきて、いろいろと話をしてくれました。千年前ここに安倍が住んでいた家があったということで、このあたりは蝮が多かったが、晴明がこれを封じ、以後蝮を見ることがなくなったという。

d0021786_1691214.jpg


79歳になるというおじいさんの話によると、ここの神社はすぐにご利益があるということで、お礼参りに来る人が多いそうだ。タクシーの運転手もここに来てお参りするとその日は売り上げが多くなると言っているそうだ。おじいさんもそんなご利益は迷信だと思って医者にそう言ったら、そんなことを言ってはいけないと言われたそうだ。ご利益があると思ってみんなお参りに来て、自分を自己暗示にかけ、それがいい結果をもたらすこともあるので、ご利益があると言ってどんどんみんなにすすめてくださいということだったそうだ。

おじいさんも毎日お参りしているから79歳にもなるが健康だといっていた。確かに79歳よりもずっと若く70歳くらいに見えた。私にもお賽銭を上げ、鈴を鳴らしてお参りして、狛犬の頭をなでるといいと薦めてくれたので早速やってみた。右の狛犬の頭をなでたら、右は雌犬だから男は左の狛犬をなでなければだめだと言われ、左の狛犬の頭もなでた。
[PR]

by irkutsk | 2010-02-20 16:08 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

梅が咲き始めました(2月20日)

暖かさに誘われ近くにある上野天満宮へ梅を見に行ってきました。まだちらほらと咲き始めたばかりですが、春を感じさせます。赤と白の梅がきれいに咲いていました。満開になるのは3月になってからでしょうね。
季節はめぐりもうすぐ春ですが、何か始めなければと思う今日この頃です。
d0021786_1644315.jpg
d0021786_165212.jpg
d0021786_1651440.jpg

[PR]

by irkutsk | 2010-02-20 16:05 | お花見 | Comments(0)

ソルクシーズから株主優待が届きました(2月4日)

d0021786_13221434.jpg昨年末、株主優待目当ての株をいくつか買い、株式会社ソルクシーズから千葉県産コシヒカリ「幽学の里米」3kgが送ってきました。金融機関向けのソフトウェアを作っている会社です。12月末と6月末の株主に対して米が送られてきます。100株で各3kg、1000株で5kg、10000株で10kgもらえます。今回は薄皮玄米のおまけ付でした。

2月4日現在の株価は377円なので37700円の投資で年2回、3kgのお米がもらえます。今年は業績不振で配当はなしでしたが、回復すれば年10円(100株で1000円)程度の配当があるようです。かなりお得な株優だと思います。
[PR]

by irkutsk | 2010-02-04 13:22 | | Comments(0)