ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「もどってきたアミ」を読みました(11月30日)

d0021786_10433175.jpg11月18日のブログで紹介した「アミ 小さな宇宙人」の続編です。アミに円盤に乗せられて、文明世界の星を訪れたり、宇宙の基本法則が愛であることを教えてもらったペドゥリートですが、アミに言われたとおり、自分の体験を子供向けのおとぎ話として本に書き有名になりました。
そして再びあの海辺の岩の上でアミと再会し、彼の円盤に乗り込むことになりました。
ところが今回は先客がいたのです。キアという星のビンカという女の子です。彼女の星も地球と同じように破滅の危機に陥っている星で、ペドゥリートはビンカとともに今回の旅行をすることになりました。

そして彼らは科学の水準と愛の水準のアンバランスから自滅していく世界や、反対にそれを克服して世界政府を作り武器を捨て、愛を基本に世界を創っていこうとしている世界をアミに見せてもらいます。

そして文明世界では「うそつきや不正を働く人が一人もいないから警察もカギも鎖も鉄条網も鉄格子も壁も何も必要じゃないし、面倒な書類もない。惑星全体が一つの国でみな兄弟だから、軍隊も戦争もない。もちろん地球のようにいくつもの宗教によって対立することもない。神は愛であり、それがすべてだ。みんないつもよいことをするよう心がけて、毎日少しでも進歩するように努力して生きている。そして同時に毎日を健康的にせいいっぱい楽しむことを忘れていない。そこではすべてが自由であり、人に強制したりされたりということがいっさいない。」と言っています。

愛についても、「愛には二つのあり方があり一つは自分自身に向かう愛、もう一つは他人に向かう愛。そしてこれは呼吸のようなもので、バランスが取れていなければならない。」と言っています。しかし執着があるときは吐き出す空気の量よりもはるかに多く吸い込むようなもので、すべて、みんな自分のもの、もっと自分へ、もっと自分の家族へ、もっと自分の党派へとなってしまう。そして他の人にはより少なく。

また死後の魂のことも書かれていて、「死なんてどこにもない。ただ状態の変化があるだけで魂は永遠なんだ。未開文明の人たちは前世の記憶を維持したまま肉体が変わるということを許されていない。それが”死“という幻想を生み出すんだ。でも文明世界のひとたちはみな過去の経験をはっきり覚えているんだよ」と述べています。

今の世界を見ていると、地球は本当に弱肉強食の未開世界であると思います。武器や環境破壊に膨大なお金を使い、金儲けのためには他人がどうなろうとかまわない、他方で多くの人たちが飢えや、圧制、暴力の下で苦しみ死んでいっています。愛を基本にした世界を創らなければ、科学水準と愛の水準のアンバランスにより、自滅していくかもしれません。全人類を破滅させることのできる量を溜め込んでいる核兵器、十万年以上も管理しなければならない廃棄物を出し続ける原発、金儲けのための環境破壊による生態系の破壊などすべてエゴのなせる結果です。

可愛い装丁の本で、内容も子供向けっぽく書かれていますが、実に内容のある本です。まだ読まれていない方には、是非お勧めの本です。

「もどってきたアミ」 エンリケ・バリオス著 石原彰二訳
さくらももこ絵  徳間文庫 2005年8月15日発行 590円+税
[PR]
by irkutsk | 2010-11-30 10:43 | | Comments(0)

桜の落ち葉がきれいです(11月29日)

公園や街路樹の紅葉がピークを過ぎ、たくさんの落ち葉が道に降り積もっています。あと2週間もすると木々の葉っぱはすっかり落ちてしまい、来年の春まで木々は枝だけの姿になります。
今年の夏、異常に暑かったので、紅葉がきれいだという話があるとおり、今年の紅葉は本当にきれいです。今日も桜並木を歩きながらきれいな落ち葉を拾って帰りました。スキャナーで取るとやはり目で見た美しさとはちょっと違ってしまいます。
春の花もきれいですが、秋の紅葉も長い間目を楽しませてくれた桜でした。
d0021786_1534478.jpg
d0021786_1535788.jpg

[PR]
by irkutsk | 2010-11-29 15:04 | 感動したこと | Comments(0)

「信さん 炭鉱町のセレナーデ」を見てきました(11月29日)

d0021786_14345348.jpg名演小劇場で「信さん 炭鉱町のセレナーデ」を見てきました。
九州の炭鉱町で育った私にとって、心待ちにしていた映画でした。福岡市、田川市、大牟田市、志免などでロケが行なわれということで、私のふるさと田川市がどのように出てくるのか楽しみにしていきましたが、どのシーンが田川市なのかよくわかりませんでした。

映画のストーリーは東京へ行っていた美智代(小雪)が小学生の息子・守を連れてふるさとの炭鉱町に帰ってくるところから始まる。懐かしいオート三輪が走っているし、炭住の様子など懐かしい景色が次々に現れ子供時代のふるさとへタイムスリップしていく。こどもたちは原っぱで草野球をしている。

守は東京から来て、流行の週刊漫画雑誌を持っていたので、よその小学生3人にそれを取られ、お金も出せと言われていたところへ、同じ学校の信さんがちょうど釣りをしていて、守を助けてくれる。信さんは町では知らないものがいない札付きの少年で、両親を亡くし叔父さんの家で育てられていた。そんな信さんは、守の母美智代に淡い恋心を抱く。そして学校のひまわりを切って贈ったり、よろず屋のおばあさんが作っていた干し柿を盗んで美智代に贈ったりしていた。そしてある日3人で海の見える公園へ行き、絵をかいたが、信さんは美智代の絵を描いて贈った。

信さんは従兄弟や近所の子供と夜のボタ山に行って、ボタの中から石炭を見つけてそれを売って小遣いを稼ぎ、みんなで分けていた。そして信さんのおじさんは塵肺で肺をやられ、坑内での仕事をやらせてもらえなくなった。そんな時スナックで飲んで自転車で帰る途中、誤って海に転落して死んでしまう。信さんは新聞配達をして少しでも家計を助けるのだった。そして中学を卒業すると炭鉱で働き、おばさんと従兄弟の美代との生活費を稼ぐことになった。美代を高校に行かせてやってくれと頼み、おばさん(大竹しのぶ)はあと1万円入れるお金を増やしてくれたらと言う。

そして国のエネルギー政策の転換で石炭を掘るよりも石油を輸入することになり、炭鉱には合理化の嵐が吹き荒れる。そんな中、信さんは来年から東京へ出て友達がいる部品組み立て会社に就職するといっていた。叔父さんが塵肺にかかっていたのを知って、炭鉱にいると肺をやられると言っていた。そして洋品店を営む守の母美智代は信さんのためにスーツを作ってやった。

ところがある日、炭鉱でガス爆発事故が起こり、信さんも帰らぬ人となってしまった。その翌年炭鉱は閉山となり、町はどんどんさびれていき、美智代も信用金庫に就職した守と暮らすために町を出ることになった。

当時の炭鉱町を髣髴とさせる映画でした。朝鮮人もたくさんいたし、映画の中でも岸部一徳演じる李重明が炭鉱で働きスト破りをする。そして息子の李秀男は朝鮮人ということでいじめられるが、父親にここは日本なんだから、日本人に手を出したらダメだと言われ、いつも一方的に殴られていた。最後にこの町を離れる日、いつものいじめグループが神社に彼を呼び出し、最後の殴り収めだと言っていたが、最後に彼は日本人をこてんぱんにやっつけてしまう。

昭和30年代後半から、炭鉱は合理化と大手企業による炭鉱売却により、炭鉱で働く人たちの賃金や労働条件はどんどん低下していくことになる。そして安全対策にも手が回らず、落盤やガス爆発などの事故が相次ぐこととなった。そして閉山。私が小学校高学年、中学校時代何人の友だちを駅に見送りに行ったことか。

子供時代に炭住で過ごしていた時は、それが当たり前の生活で、何の不自由も苦労も感じずに子どもらしく面白おかしく遊びまわっていたが、今になって振り返るとあの時代、大きなエネルギー構造の変換が押し進められ、その中でたくさんの人たちが犠牲になっていったのだと改めて思い知らされた映画でした。

「信さん 炭鉱町のセレナーデ」 2010年日本  108分
監督:平山秀幸 脚本:鄭義信 原作:辻内智貴(「信さん」小学館刊)
出演:小雪、池松壮亮 石田卓也 柄本時生 小林康 中村大地 金澤美穂 光石研
   中尾ミエ 岸部一徳 大竹しのぶ
[PR]
by irkutsk | 2010-11-29 14:35 | 映画 | Comments(0)

「ローラーガールズ・ダイアリー」を見てきました(11月27日)

d0021786_20222589.jpgキノシタホールに「ローラーガールズ・ダイアリー」を見に行きました。
話はアメリカテキサスの田舎町に住む17歳の女の子の物語。母親は娘をミスコンで優勝させることが目的の郵便局員。父親は早くうちに帰ったときも大型トレーラーの中でビールを飲みながらアメラグを見ている。17歳のブリスは近くの食堂で働いている引っ込み思案な女の子。そして小さい妹がもう一人いる。

田舎町でくすぶっている生活に飽き飽きしているブリスだが、自分が何をしたいのかわからず、母親に勧められるままにミスコンテストに出る。そんな彼女が出会ったのがローラーゲーム。買い物に来ていた店にローラースケートで3人の女性が入ってきて、店にローラーゲームのチラシを置かせてくれと言って置いていく。そのチラシを取ってうちに帰り、ローラースケートを出して練習し、ローラーゲームのチームオーディションを受け合格する。年齢を聞かれ、21歳以上じゃないとダメだと言われ、22歳だとウソをつく。もちろん両親には内緒で。

そしてブリスのチームは彼女のおかげで勝ち進み、決勝にまで上り詰める。しかし、ゲームの後、一緒に行った食堂の同僚が17歳でアルコールを飲んでいたと警察に補導されてしまう。同じ頃ブリスはバンドマンの彼氏と初めての夜を過ごしていた。友達の補導で、ブリスがローラーゲームにでていたことが両親にばれてしまう。そして両親は彼女にローラーゲームを禁止する。そしてブリスもローラーゲームの決勝戦と同じ日にあるミスコンテストに出ることにした。

ところが、父親がブリスの属するローラーゲームのチームメイトを連れてやってくる。そしてブリスはローラーゲームの決勝に出ることに。

主役のエレン・ペイジがとても可愛かったです。頼りない17歳の女の子を見事に演じていました。
ローラーゲームも青あざを作りながら練習したそうです。17歳の女の子が自分のやりたいことを見つけ、年上のチームメイトや、相手チームの選手との友情に恵まれ成長していく楽しい映画でした。

監督は「ET」で主人公の男の子の妹役をやったドリュー・バリモアで、この映画が彼女の初監督作品でした。

「ローラーガールズ・ダイアリー」 アメリカ 2009年 112分
監督:ドリュー・バリモア  主演:エレン・ペイジ
[PR]
by irkutsk | 2010-11-27 20:21 | 映画 | Comments(0)

カゴメから株主優待が届きました。(11月27日)

d0021786_2018194.jpgカゴメから株主優待がときました。今回は「トマトすき焼き鍋」のスープ、「イタリアン風と魔と肉じゃが」。そして定番のトマトケチャップ(180g入り)、ウスターソースこぶりちゃん(160ml)、トマトジュース、野菜生活ラ・フランスミックスの詰め合わせでした。

カゴメの株は11月25日現在1521円です。100株でこの優待品(1000円相当)が年2回もらえます。配当も15円あるので1500円もらえます。株主優待と配当金を合わせた配当率は2.3%で銀行の定期預金よりはずっといいです。

カゴメは今年すでに36億円の純利益を上げて、業績は確実に回復していますが、その割りに株価は上がっていません。今が買い時かもしれません。

ちなみに私はこの優待品欲しさに権利確定の直前に1608円で買いました。そしてすぐに1604円で売ったので、売買手数料を入れると-1200円です。1200円でこの株主優待品を買ったことになります。
[PR]
by irkutsk | 2010-11-27 20:18 | | Comments(0)

ブーニンのピアノリサイタルを聞きに行きました(11月25日)

d0021786_23184419.jpgショパン国際コンクール優勝者リサイタルシリーズ第3弾スタニスラフ・ブーニンピアノリサイタルを聞きに行きました。1985年ショパンコンクールで優勝した頃は新進気鋭のピアニストだった彼もすでに44歳になり、円熟の域に達している。

今日のプログラムはすべてショパンの曲で、まずポロネーズ第3番イ長調作品40-1「軍隊」で始まりました。力強いタッチで演奏されたこの曲は正に軍隊の強さを表すものでした。次はポロネーズ第4番ハ長調作品40-2、そして前半最後の曲はアンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズ作品22でした。

休憩の後ノクターンヘ長調作品15-1、ソナタ第2番変ロ長調作品35「葬送行進曲つき」を演奏しました。使われたピアノはファツィオリで、ブーニンの手によって一つ一つの音がまるでシャボン玉のようにピアノから次々に生み出されていくのが見えるような素晴らしい演奏でした。ピアノも素晴らしく、中高音の音が実にクリアではっきりした音でした。

アンコールはショパンのワルツ第7番ハ短調作品64-2と第6番変ニ長調作品64-1「子犬のワルツ」でした。アンコール曲の演奏が終わっても鳴り止まない拍手に再び舞台に現れたブーニンがピアノの前に立ったので、もう一曲アンコールがあるのかと思いきや、彼はピアノのふたを閉じ、ピアノに手を振って、これで終わりということを示しました。なかなかいきな演出でした。

久しぶりに満足できるコンサートでした。ただ彼がちょっと猫背で昭和天皇のイメージとダブってしまいました。これからも健康で素晴らしい演奏を聞かせてほしいものです。
[PR]
by irkutsk | 2010-11-25 23:19 | 感動したこと | Comments(0)

「レオニー」を見てきました(11月22日)

d0021786_166561.jpg今日は久しぶりの雨でした。伏見ミリオン座へ「レオニー」を見に行きました。
世界的彫刻家イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた映画です。

レオニーは大学でもちょっと変わった女の子で、一人でも強く生きていけるようにとの母親の願いを体現しているかのような女の子でした。そのレオニー(エミリー・モーティマー)が編集者募集の新聞広告を見て、日本人の詩人野口米次郎(中村獅童)のもとを訪れます。そして彼女は有能な編集者ぶりを発揮し、野口の詩や小説を次々に発表していきます。やがて二人は恋に落ち、二人の幸せな生活が続くかのようでしたが、日本がロシアと戦争をはじめ、アメリカはロシアを支持してアメリカに住む日本人にとっては厳しい時代となっていきます。

そして野口は日本へ帰るとレオニーに宣言します。その時レオニーは野口の子を妊娠していたのです。そのことを言っても、野口はそれを、自分をアメリカに引き止めるための嘘だと言って帰って行きます。失意の中レオニーはカリフォルニアの母のもとへ行きます。母の住んでいるところは、開拓地で畑に囲まれた田舎でした。そこで男の子を出産し、母と3人で暮らしていました。野口からの手紙や編集の仕事は届いていました。そしてある日受け取った手紙に「日本に来ないか」と書かれてあったのを読み、幼い息子を連れて日本へ行くことを決意します。

野口は横浜港まで迎えに来て、住む家も、お手伝いも準備し、月20円の月謝で英語を習いたいという3人の日本人も紹介してくれました。しかし、レオニーは妻として迎えられたのではなくいわゆる妾であるということがわかり、彼の元を去ります。

その後、アメリカで知り合った津田梅子のもとを訪ねますが、梅子に今の日本ではあなたのような立場の人に大学の仕事を頼むことはできないと断られます。ラフカディオ・ハーンの奥さん節子にはとても助けられます。そして、レオニーは二人目の子どもを妊娠し(誰の子供かは映画の中ではわかりませんでした)、これから生まれてくる子と息子イサムとの3人の家を作ることにし、イサムに設計をさせます。

イサムは家の設計をし、学校にも行かず、建築現場で親方の仕事を見ています。そして親方が彼にかんなやのみの使い方を教えます。完成した家で3人の生活が始まり、イサムの設計した二階の部屋の丸い窓からは海の向こうに富士が見えます。3人の幸せな生活が続くかと思いきや、イサムがアメリカへ行きたいと言い出し、彼を一人アメリカの寄宿学校へいれることにしました。しかし、彼が入った学校はやがて閉鎖され、学校が何通も手紙を送っていたのですが、当時の日米関係がよくなかったせいか郵便物は届かず、ある日まとめて山のような手紙が届いて、初めて学校が閉鎖になったことを知るのでした。

やがてレオニーは娘とともにアメリカへ帰り、イサムとも再会し一緒に暮らすようになります。当時彼は廃校になった学校で一人残されていたが、ある医者に助けられ、大学の医学部に通っていました。レオニーは彼には芸術家の血が流れているのだから、医者にはしないと言い放ちます。そして医者になる道はイサムが自ら選択したものであったにもかかわらず、彼は母親のこの言葉によって芸術家への道を歩み始めるのでした。そして彼は世界的に有名な彫刻家となったのでした。

この映画を見て、当時のアメリカの状況(戦争が始まれば相手国の国民を差別し、暴力的に攻撃するなどの行為が平然と行なわれていた)、日本の封建的な状況(レオニーを横浜へ迎えにいって、一緒に帰る時に米次郎がレオニーに「女は男の後ろを歩くのだ」といったことや男が妾を持つのは普通のことだったなど)がどれだけこの二人の人生に大きな障害となったことか。

米次郎が妊娠したレオニーを捨てて、一人日本へ帰国した彼の身勝手さも当時の日本人の感覚では当たり前のことだったのか。そして妾として彼女を日本へ呼び寄せるという彼のエゴイズム。それに対してレオニーは生まれた男の子の名前を父親につけてもらうのだと、ずっと名前をつけていなかった。横浜について初めて彼は「勇」という名前をもらったのだった。

ことばがわからない異国の地で強く生き、二人の子どもを育てたレオニーの生涯は波乱に満ちたものであった。すごい女性だったと思う。

「レオニー」  2010年 日本/アメリカ  132分 
製作・脚本・監督:松井久子
[PR]
by irkutsk | 2010-11-22 16:06 | 映画 | Comments(0)

公園の木々も紅葉しています(11月18日)

近くにある公園で紅葉した木々の写真を撮ってきました。すでに大分葉が落ちていますが、まだまだきれいです。このところ曇り空が多かったので、青空をバックに紅葉を撮りに行きました。一枚一枚の葉っぱもきれいですが、まとまった木の紅葉もまたきれいです。一本の木でも緑の葉、黄色い葉、薄い赤、濃い赤と色とりどりの葉をまとっていて、自然じゃなければ作り出せない美しさを見せてくれています。こういう自然の美しさには、今はやりのLEDのイルミネーションも及びませんね。自然の美しさを感じられる感性とゆとりを大切にしたいですね。
d0021786_1602573.jpg
d0021786_160376.jpg
d0021786_1605010.jpg
d0021786_1605920.jpg
d0021786_1618100.jpg
d0021786_1611843.jpg

[PR]
by irkutsk | 2010-11-18 16:02 | 感動したこと | Comments(0)

「アミ 小さな宇宙人」を読みました(11月18日)

d0021786_1127657.jpgもうすぐ10歳になるペドゥリートがある夏の終わりの夕方、海を見ていると、突然火花を散らし、色を変えながら飛行機らしきものが落ちてくるのを見たところから物語は始まる。

海岸から50mくらいのところにその飛行物体は墜落したが、そこから誰かが泳いでこちらにやってくる。けがはしていないらしい。そしてそれはどう見ても8歳くらいにしか見えない子どもだった。

ペドゥリートは彼と話をすると、彼は自分が宇宙人だと言う。ペドゥリートははじめ信じられなかったけど、彼が聞かせてくれる話や、見せてくれる不思議なものから彼が宇宙人だということを信じる。宇宙人って地球を攻めてくる悪いやつらだと思っていたペドゥリートはそうじゃない宇宙人もいることを理解する。

そしてこの宇宙人アミはペドゥリートを自分の円盤に乗せ、いろんなところへ連れて行ってくれる。最初は地球のほかの場所へ、そして宇宙へ、そしてオフィル星へ。かつて地球には今と同じような文明があり、科学の水準が愛の水準をはるかに上回り、世界は分裂して、自滅してしまった。その時アミたちが愛の度数が700以上の人たちを戦争が起こる前にこのオフィル星に連れて来て、今そこに住んでいるのは彼らの子孫だということだった。

そしてペドゥリートはアミから宇宙の法について教えてもらう。宇宙の法は愛だということを理解したペドゥリートは地球に戻ってアミから聞いたことを本に書くという約束をする。なぜなら地球は今、科学と愛のバランスが科学の方に傾きすぎており、危険そのもので、今までにもこういった形で何百万もの文明が自滅してきているからだという。

この本の中では宇宙の基本法は愛であり、そのレベルが低い今の地球の現状は危機的な状態だといっている。それはこの宇宙の基本法が理解されていないからであり、よいことと悪いことの区別ができず、多くの人がよいことをしていると思い込んで、人を殺し、拷問をし、爆弾を仕掛け、武器を発明し、自然を破壊している。たとえ宇宙の基本法を知らずに犯した罪でもその償いはいつか自分たちで支払わなければならないと言っている。

人間のあり方についても「本当の人間の大きさとは、その人の愛の度数によって決定されるんだよ。それを阻む障害は、エゴ、自我、うぬぼれ、われわれ自身に対する間違った考え、ニセの自分などだ。人にエゴがたくさん育っていると、他人よりも自分がずっと重要だと考えるようになり、人を軽蔑したり、傷つけたり、利用したり、他人の人生を支配する権利まであるように思い込んでくる。エゴは愛が育つ際の大きな障害になっているから、他人に対するいつくしみ、思いやり、あわれみ、やさしさ、愛情などを感じにくくさせるんだよ。」と言っています。

人類の究極の目的は何なのかを考えさせてくれるとてもいい本でした。ぜひたくさんの形がこの本を読まれることを願っています。

d0021786_11273736.jpgこの本は2000年にさくらももこさんの挿絵入りのかわいい本になって改訂版が出されました。

「アミ 小さな宇宙人」 エンリケ・バリオス著  石原彰二訳  
徳間書店  1995.3.31発行   1200円+税
新装改訂版  2000.11.30発行  1300円+税
[PR]
by irkutsk | 2010-11-18 11:28 | | Comments(0)

落ち葉のグラデーションが見事です(11月15日)

朝晩寒くなり、町の街路樹も鮮やかな赤や黄色に変わり、わたしたちの目を楽しませてくれていますが、落ち葉をよく見ると、黄色から赤へ、薄い赤から濃い赤へと変わる途中の葉が見事なグラデーションを見せてくれます。一枚、一枚見事な紅葉でそれぞれに個性がありずっと見ていても見飽きません。何年間も通った桜並木ですが、今年初めて落ち葉の一枚一枚に眼を向けることができました。
d0021786_23383590.jpg

[PR]
by irkutsk | 2010-11-15 23:38 | 感動したこと | Comments(0)