<   2011年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

台湾へ行ってきました(5月31日)

5月27日(金)から29日(日)まで友人と二人で台湾へ行ってきました。今回は2度目の台湾で、5年前に台北に行っているので、高雄へ行って見たいと思い計画しました。
いつもは自分でホテルを予約し、格安航空券を買って行くのですが、ちょっと忙しかったし、時間もなかったので大手旅行社のツアーに申し込みました。ツアーと言っても、昔みたいに知らない人同士がぞろぞろと連れ立って歩くツアーではなく、二人だけのツアーです。観光も食事も送迎も二人だけです。

d0021786_2222816.jpg台風2号が接近する中、日本航空の飛行機で中部国際空港から台北へ。台北桃園空港で現地ガイドの呉さんと会って、台湾高速鉄道の桃園駅までバスで移動。2007年に開業した新幹線の駅はまだ新しかったが、人が少なく、プラットホームも閑散としていた。でも1時間に2~3本の列車が走っているとのこと。台湾の新幹線は日本の新幹線が輸出されたもので日本の700系の車両を使っているとのこと。車内も3人掛けと2人掛けの座席が並び、まるで日本の新幹線に乗っているような感じでした。

のんびりとした田園風景を見ながら、途中いくつかの駅に止まり、約1時間40分で高雄の左営駅に到着。ここで高雄のガイドの張さんに会い、ワゴン車で近くの蓮池潭へ。蒸し暑く、台風の影響か風が強かった。蓮池潭を見た後、夕食を食べ、寿山(以前は高雄山と呼ばれていたが昭和天皇が戦前に高雄へ来た時に「寿山」と改名されたそうだ)に登り、高雄市内の夜景を鑑賞。そして六合夜市へ。夕食を食べてから夜市へ行っても、あまり食べられず、マンゴー氷を食べただけだった。
d0021786_22223319.jpg

ホテルは高級な「寒軒国際大飯店」。部屋は広く、リンゴ、グァヴァ、細長いミニトマトのウエルカムフルーツも用意されていた。窓からは高雄で一番高いビルが見えた。翌日の朝食はバイキングだったが、和・洋・中さまざまな料理が用意されてあり、満足。ついつい食べ過ぎてしまった。

d0021786_22242842.jpg28日はまず澄清湖へ。湖の対岸にある高級マンションにはロングステイしている日本人が多いそうだ。そしてツアーに入ると必ず行かなければならないのがお土産やさん。他にお客もおらず、店員の方が多いという状況でいろんなものを勧められ、ついつい買ってしまう。そして再び新幹線に乗って台北へ。台北の天気は雨という予報で、台北が近づくにつれ窓に雨のスジが見られるようになった。終点の台北で降りて、ホームに呉さんが迎えに着てくれると言っていたのに、それを忘れてうっかり改札を出てしまった。後で気がついたが再びホームに入ることもできず、ここで待っていれば呉さんが探してくれるのではないかと待つ。

30分ほど待って、ようやく呉さんに会えてホッとする。

幸い雨は上がっていて、傘なしでよかった。蒋介石をまつった中世記念堂、衛兵交代の儀式が見られる忠烈祠、龍山寺を見学して、夕食は有名な「鼎泰豊(ティンタイホン)」へ。小籠包に舌鼓を打った後、台北駅前の「台北凱撤大飯店」にチェックインし、すぐに士林夜市へ。日本では珍しいサトウキビを搾ったサトウキビジュースとスイカジュースを飲む。

台北のホテルも高級ホテルで、今回のツアーが高かったのはホテルが良かったせいだろう。翌日の朝食もバイキングで豊富なメニューで大満足。

3日目は出発までフリーだったので、ホテルから歩いていける228平和記念公園へ。台風一過で天気は晴れ。南国の強い陽射しが照りつけていた。歩いて5分ほどのところに公園はあり、たくさんの人が体操や太極拳、その他いろんなことをやっていた。228記念碑を見て、記念館へ。

記念館でもらったパンフレットによると、「国民政府が台湾を接収し手から約1年余り後に、台湾自治理念と行政当局が衝突を起こし、汚職官員が横行し、法令は不彰、経済も動揺し、社会秩序は日に日に悪くなり、1947年2月28日、専売局人が前夜不法タバコの取調べで販売人に打傷を負わせ、市民一人を銃殺したことで、不満の大衆が行政長官署でデモをしていた時に政府は機関銃を使って民衆を襲った。それに各地民衆が群を成して抗議したのが二二八事件である。」
d0021786_2226870.jpg

館内に入ると、日本語ボランティアの80過ぎのおじいさんが説明をしていたので聞くと、そのおじいさんは志願兵として日本軍に入り、日本兵として日本のために戦ってきた。しかし戦争に負けると自分たちは日本人じゃないと言って、日本からは見捨てられ、何の保障もないまま放置されている。日本政府の謝罪の言葉もない。それが悲しいと言っていました。d0021786_2227526.jpg

15時45分の飛行機で名古屋へ。台風が接近中で名古屋には着陸できないかもしれないと言われていたが、無事セントレアに着陸でき雨の名古屋へ帰ってきました。
[PR]

by irkutsk | 2011-05-31 22:28 | 旅行 | Comments(0)

5月31日の放射線量(5月31日)

d0021786_9275190.jpg5月31日午前6時08分の名古屋市千種区のわが家のベランダでの放射線量は0.11 [μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は16℃。天気は晴れ。

今朝の朝日新聞朝刊によると「原子力安全委員会は、福島県内で文部科学省と県が行っている放射線のモニタリング(監視)について、測定方法の統一が難しく、結果にばらつきが出かねないとの調査結果をまとめた」。

常設の積算線量計の設置場所にも課題があった。放射線が遮られて、測定結果に影響が出る可能性のあるガードレールの裏や掲示板の上に置かれていたり、設置場所の高さもバラバラだったりした。

そして、現場の測定チームに、測定値の利用目的や試料の採取目的などが、きちんと伝わっていないことが原因であると言っています。

斑目委員長はモニタリングの最終目標として、住民が避難地域に戻るのに活用することを挙げた上で、「何のためにやっているのか自体の明確化がまず必要」と強調したそうである。
[PR]

by irkutsk | 2011-05-31 09:27 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

5月30日の放射線量(5月30日)

d0021786_2211729.jpg5月30日午前7時10分の名古屋市千種区のわが家のベランダでの放射線量は0.13 [μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は18℃。天気は曇り。
[PR]

by irkutsk | 2011-05-30 22:10 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

DCMホールディングスから株主優待の案内が届きました(5月27日)

DCMホールディングスはカーマを始めとして、ホーマック、ツルヤ、サンコー、ダイキなどのホームセンターを経営している会社です。2010年3月1日から2011年2月28日までの決算によると純利益は前期比444%増の68億4600万円になり、配当金も年間15円ありました。

株主優待の内容は5月下旬にカタログが送られてきて、4つの中から一つ選ぶというものです。その内容は次のようなものです。
1、北海道産ジャガイモ(男爵4kg、メークイン3k、きたあかり3kg)

2、愛知ウインナーセット5種類(ディナーボンレスハム270g、あらびきスモークウインナー100g、しょうゆウインナー100g、カイザーウインナー100g、アルザスウインナー100g)

3、愛媛手延べ五色そうめん(五色そうめん170g×4箱、五色の糸そうめん(坂の上の雲)200g×2箱)

4、DCNブランド商品セット(ウォールラック6ポケット、クリヤーブックA4 40ポケット、カーペット用粘着クリーナー本体、ネットスポンジ3個組、ぎゅっと濃縮液体洗剤本体500g、湿気取り衣類引き出し用12シート入り、抗菌綿棒200本入、救急バン100枚入り)

5月30日現在の株価は508円です。100株買うと株主優待を受けられるので、なかなかお得な株です。配当金も1500円あるし。
d0021786_16155582.jpg

[PR]

by irkutsk | 2011-05-30 16:16 | | Comments(0)

イオン北海道から株主優待が届きました(5月27日)

d0021786_16143885.jpgイオン北海道から株主優待の優待券2500円分が届きました。これは1000円ごとに100円の割引券が使えるという券が25枚セットになったものです。100株で2500円分、1000株以上で5000円分、2000株以上で10,000円分の優待券がもらえます。

イオン北海道の2010年3月1日から2011年2月28日までの決算の状況を見ると、17億8700万円の純利益を上げており、前期に比べると87%の増加です。

5月30日現在の株価は323円です。配当金はありませんが、32,300円で毎年2,500円の優待券をもらえるので実質配当率は7.7%とお得な株です。
[PR]

by irkutsk | 2011-05-30 16:14 | | Comments(0)

「四月一日」を読みました(5月26日)

d0021786_1501262.jpg今週の火曜日、豊田へ仕事に行ったとき、豊田市図書館で「ユリイカ」5月号を読みました。「八月の蝉」特集だったので手にとっていくつかの記事を読むと、「八月の蝉」は本で読んでもおもしろいし、映画もまた違ったおもしろさがあり二度楽しめると書いてあったので、映画を見てみたいものだと思った。そしてぱらぱらとページをめくると「四月一日」という小説があったので読み始める。短編だったのですぐに読めたが、すごすぎる。作者の角田光代という人はただものではない。まるで言葉を魔法のように操り、それでストーリーをまとめ上げ、読者をぐいぐいとひきつけておいて、放り出す。

4月1日に、12年前に別れた元彼から携帯にメッセージが入っていて「ツツイ」という名前が元彼の名前だったというのを思い出すのに少し時間がかかった。メッセージの内容は次のようなものだった。「とつぜん申し訳ないんだけど、お願いがあって、こんなこと言える立場じゃないんだけど、きみの子に会わせてくれないか」。当時彼には奥さんがあり、それを承知でつき合っていた。そして彼は妻とは別れると言っていたが、ちっとも別れない。12年前の4月1日、有子は子どもができたと嘘をついて、彼を試したが、期待通りの彼氏ではなかったので、別れた。そして12年ぶりの電話。彼は奥さんと別れて、今重大な病気にかかっているというメールだった。

有子は結婚しているが現在夫とは別居中。そして携帯やパソコンのメールでお互いの状況を知らせあう。有子は別居のことも離婚するだろうことも書かず、今は小さいがいごこちのいい会社で働いている。30歳になる直前に結婚して、地味で平凡だが幸せに暮らしていると書く。

そして元彼の史宏と会うことに。こどもは12歳の女の子でお菓子作りが得意で、パティシエになりたいと言っていて、中学を出てフランスへ修行に行くと言っているとウソをつく。そして自分が12歳の時のちょっとぼけた写真を持っていって見せた。そして「会わせてもいいよ。でもすぐってわけにはいかない。ねえ、来年の4月1日ってのはどう」言う。

そして史宏と別れて歩いていて、はたと気がつく。4月1日。史宏が電話をかけてきた日だ。

どちらが嘘をついているのか、本当のことをいっているのか、「四月一日」をキーワードに嘘がほんとに、ほんとが嘘に変わっていく。いや事実は一つなのだから、主人公の有子の描いたイメージが嘘とほんとの世界を揺れ動く。さらに自分がついた嘘に応える史宏は本当のことを言っているのか、嘘なのか。


びっくりする短編小説でした。

「四月一日」 角田光代著 雑誌「ユリイカ」5月号に掲載
[PR]

by irkutsk | 2011-05-26 15:00 | | Comments(1)

カスミから株主優待が届きました(5月26日)

d0021786_13342130.jpgカスミから株主優待の買物優待券30枚(100円×30枚)が届きました。でも(株)カスミ、(株)ワンダーコーポレーション(直営店のみ)、(株)ココスジャパン(直営店のみ)などは名古屋にはないので、優待券を返送して、「茨城産特別栽培米」2kgと交換してもらいます。100株以上で優待券なら30枚、特別栽培米なら2kg、1,000株以上なら優待券なら60枚、特別栽培米なら5kgが年2回もらえます。その他に配当金が今年は年間14円(半期毎に7円)もらえます。

カスミは茨城県を中心に千葉、埼玉、群馬、栃木に計139店舗の食料品を中心としたスーパーマーケットを展開しています。2010年3月から2011年2月期の決算では32億円の純利益を出し、前期よりも17パーセントの増益です。

5月26日の株価は439円です。100株(43,900円)買うと、1400円の配当金と年2回茨城県の特別栽培米2kgがもらえるお得な株です。これからも頑張ってください。
d0021786_1334469.jpg

[PR]

by irkutsk | 2011-05-26 13:34 | | Comments(0)

5月26日の放射線量(5月26日)

d0021786_1372171.jpg5月26日午前6時12分の名古屋市千種区のわが家のベランダでの放射線量は0.10 [μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は18℃。天気は曇り。

今朝、テレビで文科省が放射線量を測定しているモニタリングポストの場所がどこかということをやっていました。地上20m以上のところやビルの屋上など、地表から1mなどというところはありませんでした。空気中の放射線量を測るのだからどこでもいいだろう、それにモニタリングポストで測定している目的は通常の値と比べて増えていないかということを調べるのであり、他の地点との比較をするものではないので、各モニタリングポストの場所の条件が違っていてもなんら問題はないとのこと。いままでどうしてこんなに低い値が出るのだろうと不思議に思っていた謎が解決しました。

是非地表近く、地面から1mくらいの場所で全国調査をしてほしいものですね。

同じテレビ番組で、もうすぐプールの季節ですが、プールの掃除をする子どもたちの健康は大丈夫だろうかと心配する声も上がっていました。運動場の使用制限も、年間予想被曝線量が20ミリシーベルト以下なら安全だという文科省の「指導」はいまだ撤回されず、子どもたちは不安の中で体育の授業を受けたり、部活動をしています。将来子どもを産むのが不安だと言っている女子生徒もいました。
文科省の官僚が「基準を1ミリシーベルト(普通の成人の年間許容被曝線量)にしたらとんでもないことになりますよ」と政治家を脅しているような気がします。
[PR]

by irkutsk | 2011-05-26 13:07 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

5月25日の放射線量(5月25日)

d0021786_20493533.jpg5月25日午前8時14分の名古屋市千種区のわが家のベランダでの放射線量は0.12 [μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は20℃。天気は曇りでした。
[PR]

by irkutsk | 2011-05-25 20:49 | 見たこと、聞いたこと | Comments(4)

5月23日、24日の放射線量(5月24日)

d0021786_955223.jpg5月21日、22日は風邪を引いて寝込んでいましたので、放射線量は計測していません。

5月23日午前6時00分の名古屋市千種区のわが家のベランダでの放射線量は0.09 [μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。

5月24日午前6時20分の名古屋市千種区のわが家のベランダでの放射線量は0.16 [μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。

d0021786_9551811.jpg

[PR]

by irkutsk | 2011-05-24 09:50 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)