<   2011年 07月 ( 58 )   > この月の画像一覧

7月31日の放射線量(7月31日)

d0021786_85113100.jpg7月31日午前6時36分の名古屋市千種区のわが家のベランダ(マンションの2階)での放射線量は0.11[μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は25℃、天気は曇り。

<幼稚園協会が東電に80億賠償要求 園庭除染後の土の保管先も確保して>
福島県全私立幼稚園協会(147園)が東電に約80億円の賠償と約8億円の仮払いを求める要望書を提出しました。

同協会によると県内の私立幼稚園には19,000人の園児が通っていたが、原発事故の影響で県外への避難が相次ぎ、2,300人減少した。また放射線を減らすためにはぎ取った園庭の土を保管する場所の確保も求めている。

東電は当初学校法人は賠償対象の中小企業に該当しないとして支払いに応じていなかったが、被災地からの批判を踏まえ、学校法人や医療法人、社会福祉法人も対象とする方針に転換した。
----------------------------------------------------------------
茨城県高萩市では全国の自治体で初めて東京電力に対して、水道水の放射性物質測定などに要した経費計約204万円の支払いを請求した。

市の請求には、水道水測定と空間放射線量調査、小中学校プール水の放射性物質測定の各分析費や人件費のほか原乳出荷制限指示に伴う投棄場掘削と県が設置した放射線測定器周辺のフェンス設置工事費も盛り込まれた。
市は今後も原発事故絡みの費用が発生し続ける限り毎月、請求していく方針で、草間市長は「補償がどの程度(市に)来るかどうかではなくあくまでも東電が費用負担すべきとの認識だ」と強調した。

東電は文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会の指針を踏まえて対応する考えだが、現時点で自治体は対象に含まれていない。本多秀治副支店長は「指針に応じて国の支援も受けながら誠意を持って対応していく」と述べた。

*************************************************

どうして自治体が損害賠償の対象にならないのか。原発事故が起こったために住民の健康を守るためにさまざまな対応を迫られ、財政支出を強いられている。その自治体も折からの不況で財政には余裕はない。当然事故を起こした東電が必要経費を賠償すべきではないか。
[PR]

by irkutsk | 2011-07-31 08:51 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

「日本で一番満足度が高い会社の非常識な働き方」を読みました(7月30日)

d0021786_1313542.jpg著者の山本さんは2000年、留学先のアメリカで弟と一緒に「ECスタジオ」を創業。その後帰国し2004年に法人化するが儲け重視の体質が災いし、主力メンバーが離脱。我流の経営スタイルに限界を感じ1000人の先輩経営者に会いに行き、アドバイスを受け「経営の本質は社員満足になる」と気づく。そして徹底した改革を行い、株式会社リンクアンドモチベーションの組織診断において、2年連続で「日本一社員満足度の高い会社」に認定される。

そしてその改革の中身とは何だったのか。
1000社の先輩経営者の話を聞き、うまくいっている経営者の話には3つの共通点があるということに気づきました。
1、社員のために自分の時間を使っている
2、社員についての愚痴や不満を言わない
3、自分の会社、自分の社員のことを楽しそうに話す

利益第一から社員第一へ
いくら目の前に「おいしい仕事」があっても、社員をつぶしてしまう可能性のある無理な仕事なら請けないなど、会社の芯がブレなくなったおかげで、社員が安心して仕事できるようになったと言います。

また社員が満足していない会社は顧客を満足させることができないと考え、「しないこと14カ条」を決めました。「インターネットを活用できないことはしない」「株式公開しない」「他人資本は入れない」「経営理念に共感してくれる会社としか取引しない」「経営理念に沿わないビジネスはしない」「特定の組織や団体に所属しない」「社員を首にしない」「売り上げ目標に固執しない」「サービス向上に妥協しない」「守りに入らない」「高価格なサービスは提供しない」「会社規模を追求しない」「日本にプラスにならない事業はしない」「日本市場だけにこだわらない」

そして社員のために「給料は高く、勤務時間は短く」を作り出すためには高い生産性を実現しなければならないとして、ITの活用で効率化を図るとともに、社員のモチベーションを高く維持するためにさまざまな制度を作っています。

例えば上司と1対1でランチを食べながら面談するランチトーク制度(ランチ代は会社もち)、140km以上実家が離れている社員が実家へ帰る時に14,000円(夫婦の場合は28,000円)補助をするゴーホーム制度(年2回)、21時以後の残業は禁止、iPhoneを全員に支給(月6,000円を補助)。これは隙間時間で仕事の動画を見たり、メールチェック、情報収集、ツイッターで使うためのものです。長期休暇制度は10日間の休暇を年4回確保し、年間の休日は140日と大企業並です。

そして投資すべきコスト・抑えるコストを明確にしています。同じ対価しか得ることができない家賃、光熱費、サーバー代は徹底的に抑え、コストを投資すれば売上が伸びる可能性があるものには投資します。給料、教育、パソコン環境、オフィス環境、宣伝広告費、外部コンサルティングなどは投資すべきコストです。そして3カ月に1回経費の大掃除プロジェクトを実施しています。

社員がストレスなく仕事ができるように仕事環境にも投資しています。他に業務のクラウド化、グーグルカレンダーで全社員のスケジュールを共有する、Gメールを情報資産の倉庫として活用する、ファイル名の命名規則を統一するなど実にいろいろな使えるツールを駆使しています。

これらのことが、利益のためではなく社員のために行なわれているのですから、見習わなければなりませんね。働くことは生活の大きな部分を占めているだけに、そこで快適に高いモチベーションを維持しながら働くことができるというのは幸せなことではないでしょうか。

「日本で一番満足度が高い会社の非常識な働き方」 山本敏行著 ソフトバンククリエイティブ 2010年12月6日発行 1400円+税
[PR]

by irkutsk | 2011-07-30 13:13 | | Comments(0)

7月30日の放射線量(7月30日)

d0021786_10471573.jpg7月30日午前6時53分の名古屋市千種区のわが家のベランダ(マンションの2階)での放射線量は0.14[μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は27℃、天気は曇り。
[PR]

by irkutsk | 2011-07-30 10:47 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

7月29日の放射線量(7月29日)

d0021786_2347531.jpg7月29日午前6時08分の名古屋市千種区のわが家のベランダ(マンションの2階)での放射線量は0.13[μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は25℃、天気は曇り。

<衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響について」>
2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」について参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

内部被曝問題のエキスパートである児玉教授が
第一に国策として、食品、土壌、水を、測定していく。
第二に緊急に子どもの被曝を減少させるために、新しい法律を制定してください。
第三に国策として土壌汚染を除染する技術に、民間の力を結集して下さい。
と提案しています。

この動画は必見です。
テキストも掲載されています。
http://savechild.net/archives/6135.html
[PR]

by irkutsk | 2011-07-29 23:48 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

7月28日の放射線量(7月28日)

d0021786_1019323.jpg7月28日午前6時44分の名古屋市千種区のわが家のベランダ(マンションの2階)での放射線量は0.12[μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は25℃、天気は曇り。

<玄海原発のある玄海町>
今、話題になっている玄海町へご夫婦で旅行された方の記事があります。自然がいっぱいのきれいな町で、原発がなければ住みたくなるような町だそうです。写真がいっぱい載っています。原発誘致で入ったお金でいろんな施設ができているようです。これらの施設の維持費も結構かかるんでしょうね。
http://savechild.net/archives/5614.html

[PR]

by irkutsk | 2011-07-28 10:19 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

名城公園の花々(7月27日)

「朝顔まつり」を見に行ったついでに、公園の中の花を見て回りました。
d0021786_12423548.jpg

d0021786_12425313.jpg

d0021786_12431242.jpg

d0021786_12433296.jpg

d0021786_12435394.jpg

d0021786_12481682.jpg

d0021786_12442930.jpg

d0021786_12445650.jpg

d0021786_12451572.jpg

d0021786_12453273.jpg

[PR]

by irkutsk | 2011-07-27 12:45 | お花見 | Comments(0)

名古屋朝顔まつりに行ってきました(7月27日)

名城公園フラワープラザで行なわれている「名古屋朝顔まつり」に行ってきました。会場では赤、青、茶、ピンク、薄い青、縞模様などいろいろな朝顔が展示されていました。会場では朝顔の苗の販売も行なわれています。朝顔という名のとおり、朝開いて午後にはしぼんでしまうので、時間は9時から12時までです。31日(日)までやっています。
d0021786_12395618.jpg

d0021786_12401357.jpg

d0021786_1240517.jpg
d0021786_12403386.jpg

d0021786_12411048.jpg

d0021786_12412693.jpg

[PR]

by irkutsk | 2011-07-27 12:41 | お花見 | Comments(0)

しあわせとふしあわせは一枚の紙の表と裏(7月27日)

仕事で豊田市に行くと、いつも豊田市駅を出たところにお坊さんがいて托鉢をしてみえるので、わずかばかりのお金を喜捨すると、「いいことがありますように」とか、「家族のみなさんが健康でお幸せでありますように」と言ってくれる。

幸せというのはどういう状態のことをいうのか。お金がある、地位がある、家庭円満、いい友だちや同僚、上司に恵まれている、健康である、みんなから慕われている等々、数え上げたらきりがない。では不幸とはどういう状態のことか。幸せの反対の状態で、これも数え上げたらきりがない。

今の自分の状態が幸せか、不幸せかを決めるのは自分の心であると思う。1枚の紙に裏表があるように、人間にも幸せと不幸せが表裏一体となって存在している。不幸だけ、幸せだけの人生というものはない。必ず二つがあってその人の人生(というより今現在の存在)が成り立っている。

いつも不幸の側からだけ見ていると、自分は不幸であると思い、それが不平不満や、他の人への攻撃、嫉妬、暴力などとなって表れることがある。

反対に表ばかりを見ていれば、自分の人生はこの上もなく素晴らしいもので、周りの人たちに感謝し、喜びを分かち合い、他の人の幸せのために尽力しようという気になる。

しかしながら人間とはなぜか悪いことにはよく気がつくが、いいことにはなかなか気がつかない。人を見ても欠点をあげつらうことはできても、ほめることは難しい。

裏街道を行くのがいいか、表街道を行くのがいいか、答えは決まっています。表を行けばいいのです。人生いいこと、幸せな状態である自分をみて生きていけば裏があるのを忘れてしまいます。それが幸せな人生ではないでしょうか。
[PR]

by irkutsk | 2011-07-27 09:21 | 考えたこと | Comments(0)

7月27日の放射線量(7月27日)

d0021786_8555620.jpg7月27日午前7時35分の名古屋市千種区のわが家のベランダ(マンションの2階)での放射線量は0.15[μSv/h](マイクロシーベルト/時間)でした。気温は25℃、天気は曇り。

<食物の汚染は季節や時期によって変わる>
7月19日 たねまきジャーナル「チェルノブイリ事故で体験した食の汚染」
1986年チェルノブイリ事故のとき事故現場から1200キロ離れたドイツの西ベルリンに住んでいた山本知佳子さんの話が聞けます。
http://savechild.net/archives/5946.html

最初は【葉もの、きのこ、ベリー類、はちみつ、牛乳】

次は【肉類、淡水魚】

そして【穀物の汚染が出てきた】

日本でも今は牛肉の放射能汚染が問題になっていますが、同じ稲わらを食べた乳牛はいなかったのでしょうか?湖などの淡水魚は大丈夫なのでしょうか?
そしてあと1ヶ月もすると新米の季節になりますが、米は大丈夫なのでしょうか?
しかもこんな時期に農水省の認可を受けて米先物取引を実施するというのですから、いったい日本政府は何を考えているのでしょう。今後の米価が心配です。でも買いだめに走らないようにしてください。
[PR]

by irkutsk | 2011-07-27 08:56 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

「イソップ株式会社」を読みました(7月26日)

d0021786_22275458.jpg井上ひさしの「イソップ株式会社」を読みました。
「夏休みも近いある午後、空港で父を見送って帰ってくると、いなかのおばあさんから、さゆりと洋介あてのはがきがとどいていた。」という書き出しで始まる。

二人の父、星光介は売れない童話作家だったが、書くだけでは食べられないので、13年前さゆりが生まれてまもなく母の和子が絵本や童話を売るイソップ書店をひらいた。けれどもそんなに売れず、10年前洋介が生まれた年に父は自分の才能に見切りをつけ、母と一緒に絵本と童話の出版社をはじめた。7年前母は病気で亡くなった。

この本では夏休みにさゆりと洋介の姉弟がいなかのおばあさんのところへ行き夏休みを過ごすという話だ。父は本の売り込みのために海外へでかけるが、子どもたちに毎日一つお話を作って語るという約束を果たす。イソップ株式会社で働く佐々木弘子さんに毎日その話を一つずつ送ってくれるように頼む。

そしてこの本では毎日二人がいなかでどのように過ごしているかが、父から送られてきたお話とともに37話に分けられて書かれている。読者は毎日二つの話を読むことができるという仕組みだ。

都会を離れて自然に囲まれたいなかですごす二人の様子や、林間学校でやってきた小学生との交流などが非常にユーモラスに書かれていて、ついつい先を読みたくなります。

私もこの本を読んで、田舎に行って満点の星空を眺めたくなりました。

「イソップ株式会社」 井上ひさし著 中央公論新社 2005年5月25日発行 1,600円+税
[PR]

by irkutsk | 2011-07-26 22:28 | | Comments(0)