「ALWAYS三丁目の夕日’64」を見に行きました(2月26日)

d0021786_2172611.jpgミッドランドスクエアシネマへ「ALWAYS三丁目の夕日’64」を見に行きました。
「ALWAYS三丁目の夕日」第三作目。舞台は東京オリンピックに沸く1964年の東京です。
茶川竜之介(吉岡秀隆)はヒロミと結婚し、淳之介は高校3年生になっていた。そしてヒロミ(小雪)は妊娠10ヶ月で大きなおなかを抱えていた。しかし茶川の仕事は少年雑誌「冒険少年ブック」の連載「銀河少年ミノル」だけで生活は苦しく、ヒロミが居酒屋をやっている。その茶川の連載も新人小説家緑沼アキラの「ヴィールス」に人気を奪われつつあった。それでも東京オリンピックを前に茶川家にも白黒テレビがやってきた。そして同じ日、向かいの鈴木オートにはカラーテレビがやってくる。

鈴木オートは順調に事業を拡大。新しい従業員ケンジも加わり店構えも立派になっていた。
六子(掘北真希)はもう鈴木オートになくてはならない存在で、後輩のケンジを指導していた。そんな六子が毎朝おめかしして通りに出て、火傷をしたときに治療してくれた医者の菊池と偶然すれ違ったふりをして、挨拶するのを楽しみにしていた。

今回は竜之介と淳之介の話、そして六子の恋とその行方が大きなテーマとなっていました。

映画の中で「お金を儲けることと出世することだけが幸せなのか」と小児科医の宅間が言うが、今だから言える言葉であり、昭和39年当時はまだまだみんなお金儲けと出世が幸せにつながると思ってそれに邁進していた時代である。

お金がたくさんあっても、出世しても不満を口にしてばかりいる人もいるが、反対にお金がなく出世とは縁のない生活をしていても毎日幸せを実感している人もいる。鈴木オートのトモエ(薬師丸ひろ子)が言った「好きな人と一緒にいられるだけでも幸せ」という言葉が印象的でした。

2時間を超える大作でしたが、時間の長さを感じさせない映画でした。続編が楽しみです。

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 2012年日本 142分 監督:山崎貴 
出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希他
[PR]

by irkutsk | 2012-02-26 21:07 | 映画 | Comments(0)

ヒューリックから株主優待が届きました(2月26日)

d0021786_116422.jpgヒューリックは不動産の所有・賃貸・売買ならびに仲介業務をやっている会社です。
2011年第3四半期の財務状況を見ると65億5300万円の純利益を上げていますが、昨年同期に比べると-60.9%となっています。年間の純利益(見込み)では前年比-20%くらいになる予想です。

2月24日現在の株価は1,069円で、12月末現在で100株以上保有している株主に3,000円相当カタログギフトが贈られます。今回はアメリカのはちみつメーカー・スービー社のクローバーハニーをもらうことにしました。340g入りが4本です。可愛いクマの形の容器に入っています。

現在のヒューリックの株価はこちらからで見ることができます。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3265.t
d0021786_1165927.jpg

[PR]

by irkutsk | 2012-02-26 10:58 | | Comments(0)

文旦漬けを作りました(2月26日)

d0021786_10333927.jpg2月21日日泰寺の弘法さんで買ってきた文旦の皮で「文旦漬け」を作りました。皮の白い部分をとって1日水につけておきます。水で煮た後、煮汁を捨て、また水から煮ます。これを3回位繰り返し、あとはグラニュー糖を入れて煮るだけです。汁気がなくなったら火を止めて、皮にグラニュー糖をまぶして出来上がり。今回は苦味も少なく、美味しくできました。
[PR]

by irkutsk | 2012-02-26 10:33 | 作ったもの | Comments(0)

「損をして覚える株式投資」を読みました(2月25日)

d0021786_227867.jpg邱永漢さんの「損をして覚える株式投資」を読みました。
まず、邱永漢さんは「株で儲かる人より損する人のほうが多い」と言っています。にもかかわらず株をやる人が増える一方なのは「誰でも自分は儲かる少数側の仲間に入れるのではないかと思うからです」と言っています。

そして株をやる場合の鉄則をいくつか述べています。「株を買うのに証券会社のセールスマンの言うことを聞いてはいけない」「借金をして株を買ってはいけない」「ダウ平均よりも自分の持ち株に気をつけろ」「買い値は忘れて未来の変化に備えよ」。

そして株をやる場合、相場を張るのではなく、成長株を見つけることが大切だといっています。成長株を見つけるためには世の中がどんな方向に向って動くのか、社会が必要としているものは何かを考えなければなりません。

「株式投資はパイが年々大きくなるところでやるべきものであって、分け前の減るところでやってはいけません。いくら機敏に立ち回っても、分け前そのものが減る方向にあるのですから。」

したがって、「日本人はかつて日本国内で稼いだお金を持って次にチャンスの多い中国に稼ぎに行けばよいのです。お金の出稼ぎは本人が行かなくとも、お金に言ってもらえば目的を達することができます」と中国株への投資を勧めています。
[PR]

by irkutsk | 2012-02-25 22:07 | | Comments(0)

「桶狭間は晴れ、のち豪雨でしょう」を読みました(2月25日)

d0021786_92064.jpg気象予報士の著者が過去の歴史的大事件を気象予報士としての立場から歴史資料を参考にしながら解説した面白い本でした。

6つの事件について書かれており、最初は元寇にについて。文永の役(1274年)と弘安の役(1281年)の2度にわたる元の大艦隊による来襲を神風が吹いて退散させたというのは本当かという話。文永の役は旧暦の10月20日(新暦では11月26日)ですが、この時期には九州に台風が来ることはない。元と高麗軍が撤退したのは、元の指揮官が「疲れた兵士たちで、日に日に多くなる敵と戦うのは得策ではない」と撤退を主張して撤退したためであり、帰還の途中に活発な低気圧に遭遇しておきな被害を受けたというのが実態ではないかと言っています。また神風説が学校で教えられるようになったのは、昭和18年の国民学校初等科5・6年生用の「初等科國史」からであったそうだ。

第2章ではこの本のタイトル「桶狭間の合戦」について書かれています。日付は新暦の6月22日。梅雨の最中ですが、朝から晴れて太平洋高気圧が張り出し、上昇気流が生じゲリラ豪雨のような雨が降った。しかもその雨は西から東へと移動し最初に織田軍を襲い、雨が上がったあと織田軍は雨を追いかけるようにして今川軍に攻め込んだ。今川軍は突然の雨で視界もきかず、織田軍の攻撃に気がつくのが遅れたというのが実態ではないかという。

第3章では壇ノ浦での源平の戦いで平家はどうして負けたのかが、関門海峡の潮の流れから明らかにしています。第4章は島津の琉球入りの話、第5章は2・26事件について。2・26事件が起こった背景にあった東北地方の冷害による凶作のメカニズムを解明しています。第6章では台風についてかかれており、第1章の元寇の弘安の役の台風がどのような進路を取ったか、そして元・高麗軍はどうして多くの船を台風でなくしたのかを解明しています。

当時の気象状況を歴史書を元に復元し、天気が歴史的大事件にどのように関わっていたかを興味深く解説してある本でした。

「桶狭間は晴れ、のち豪雨でしょう」 松島憲昭著 
メディアファクトリー新書 2011年10月31日発行 740円+税
[PR]

by irkutsk | 2012-02-25 09:20 | | Comments(0)

「ロボジー」を見てきました(2月21日)

d0021786_2156379.jpg109シネマズ名古屋へ「ロボジー」を見に行きました。

家電メーカー木村電気の窓際社員、小林、大田、長井の3人組はワンマン社長から流行の二本足歩行ロボットの開発を命じられていた、近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。しかし、ロボット博まであと1週間というところで、製作中のロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破!窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てる。ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すために、架空のオーディションが開かれ、選ばれた男は金属アレルギーでリタイア。次に仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人・鈴木重光(73歳)が選ばれる。

そして着ぐるみに入るアルバイトだと言って一日だけロボットの中に入ってもらう。そしてロボット博でちょっとお披露目するだけのはずだったのに、音楽に合わせて踊るロボットを見て、自分も踊れるところを見せる。その動きに驚きみんなが“ニュー潮風”に押し寄せようとして大きなポールが倒れ、ロボットオタクの女子大生葉子の上に倒れかかろうとしていた。その時とっさに“ニュー潮風”が葉子の手を引っ張って助ける。そのことが新聞に大きく取り上げられ、あちこちで“ニュー潮風”のイベントが開かれることに。

木村電気の3人は再び鈴木老人の家を訪ね“ニュー潮風”の中に入ってもらうよう交渉する。鈴木老人は自分を騙した3人に対して怒り、自分が“ニュー潮風”に入っていたのだと病院で訴えるが、認知症と間違えられてしまい、じゃあロボットに入ってやると思い直し、その代わりにゆく先々でのBIP待遇を要求する。

別居している孫にもおじいちゃんの勇姿を見せようと電話をかけて“ニュー潮風”に会わせてやるというが、約束の時間に間に合わず、孫たちは帰ってしまう。

老人とロボットが合体して「ロボじー」になり、みんなから注目されるという面白い映画でした。

監督は「ウォーターボーイズ」、「スウィングガールズ」、「ハッピーフライト」の矢口史靖。主演の鈴木老人には200人のオーディションから選ばれた73歳の五十嵐信次郎が、ロボットに恋する女子学生葉子は吉高由里子が演じる。

「ロボジー」 2012年日本 111分 監督:矢口史靖 出演:五十嵐信次郎、吉高由里子他
[PR]

by irkutsk | 2012-02-21 21:56 | 映画 | Comments(0)

日泰寺で文旦を買ってきました(2月21日)

d0021786_12472354.jpg毎月21日は覚王山日泰寺で市が立ちます。今日は文旦を買ってきました。大きくて、きれいな文旦が5個で1,000円でした。実を食べたあと、また砂糖で煮て文旦漬けを作ります。他に買ったものはモロコの佃煮(1,050円)と椎茸(300円)でした。
[PR]

by irkutsk | 2012-02-21 12:47 | あったこと | Comments(0)

野沢温泉へスキーに行ってきました(2月18-20日)

妻と、私の前の仕事の友人5人と一緒に野沢温泉へスキーに行ってきました。

d0021786_1234577.jpg初日(18日)は途中、梓川と長野あたりで高速が渋滞し、野沢温泉に着いたのは1時過ぎでした。名古屋から6時間半ぐらいかかりました。野沢温泉は雪で、到着時間が遅くなったことやこの雪の中を滑るのは大変だなとあっさりスキーを諦め、温泉へ。泊まった宿「ピュア長坂」から少し下ったところにある大湯へ行きました。入るとすぐ脱衣場で、その先には湯船が二つあり、奥の湯船は熱くて入れず、手前の暑いけどなんとか入れる湯船に浸かって数分。とても長くは入っておられず、早々に出てきました。そして向かい側のおみやげ屋さんで売っていた「温泉まんじゅう」を買って食べました。オーソドックスな「こしあん」、「栗入り」、「くるみ入り」「よもぎ」と4種類ありどれも1個70円でした。
d0021786_1235731.jpg

宿の夕食はビーフシチューを始めびっくり
するほど豪華な食事でした。宿の人から「今夜ジャズフェスティバルがあるけど行きませんか」とお誘いがあり、歩いて10分くらいのところにある野沢温泉アリーナで19:30からあるということだったので行ってみようということに。チケットの値段を聞くと、「招待券を差し上げます」とのことで7枚もらってみんなで出かけました。宿の傘を借りて雪の降る中をアリーナへ。
d0021786_92262.jpg

アリーナでは大阪から呼ばれたという5人のジャズマンが見事な演奏で観客を魅了していました。1時間の演奏のあと休憩があり、後半はボーカルの女性も参加して美しい歌声を聞かせてくれました。このジャズフェスティバルは今年で19回目だということでした。会場ではワインやつまみも売っており、みんなリラックスしてジャズを楽しんでいました。終演後、傘を取りに1階の温泉施設の入口へ行こうとしたら(間違えて温泉の方の入口から入っていたので)、営業終了で閉まっており、また翌日取りに来ることに。

d0021786_12361031.jpg翌19日は、朝から快晴のいい天気でした。宿の人に割引のリフト券を買ってきてもらい1.5日券が一般7,500円が7,200円で、シニア5,000円が4,850円で買えました。さすがに天気の良い日曜日でゴンドラもリフトも混んでいて、リフト待ち20分という状態でした。でも朝のうちだけで、午後からはみんな帰り始めたので、リフト待ちはなくなりました。毛無山の頂上からは遠くのアルプスの山々がくっきりと見えました。昼ごはんは長坂ゲレンデ前の「山のホテル大滝」でステーキライスを食べ、他のテーブルで食べていたピザがおいしそうだったので追加注文しました。この宿も料理が美味しいので今度来るときは泊まってみたいと思いました。
d0021786_1237124.jpg

d0021786_12373126.jpg

d0021786_12374720.jpg

d0021786_1238263.jpg

d0021786_12381394.jpg

4時まで滑って宿に戻り、昨日入口が閉まっていたために置いてきた宿の傘を取りに行くついでにみんなで温泉に行きました。入湯料は600円でしたが、リフト券を持っていれば500円になるとのこと。でも着替えてきたのでリフト券は宿に置いてきたと言ったら、500円でいいですと言ってくれました。温泉街にある外湯と違って、更衣室にはロッカーがあり、広々としていました。大きな湯船からは温泉の匂いがしていました。サウナもついていました。

温泉であたたまって宿に戻ると夕食が待っていました。今日はしゃぶしゃぶがメインディッシュでした。赤ワインを飲みながら美味しい料理を満喫しました。
d0021786_1239177.jpg

3日目(20日)も天気は上々。ゴンドラに乗っていると日差しで温室の中にいるような暖かさでした。気温も高く、春スキーをしているようでした。おかげでかなり日焼けしました。前の日に滑らなかったところを選んで滑りましたが、山の上からの眺めは今日もびっくりするほど美しく、しばしば立ち止まって写真を撮りました。13時のタイムリミットギリギリまで滑り、また「山のホテル大滝」でお昼を食べました。今日はドリアセット(1300円)とソフトクリーム(300円)を食べました。りんごをサービスで2個いただきました。
d0021786_12394624.jpg

d0021786_12395711.jpg

d0021786_1240931.jpg

d0021786_12402115.jpg

野沢温泉も今年は久しぶりの大雪ということで、あちこちで雪下ろしをしていました。屋根の上には2mぐらいも積もっていました。新聞によると19日朝の気温は-15.5℃だったそうです。
d0021786_12403872.jpg

d0021786_12405288.jpg

d0021786_1241668.jpg

今回のスキーは天気にも宿にも食事にも恵まれ、ジャズコンサートのおまけまでついて楽しい3日間でした。
[PR]

by irkutsk | 2012-02-21 12:34 | 旅行 | Comments(0)

マルカキカイから株主優待が届きました(2月16日)

d0021786_13445324.jpg

マルカキカイから株主優待のモロゾフのクッキー詰め合わせが届きました。今年は
100株以上500株未満は1000円相当のグルメセット、
500株以上1000株未満は2000円相当のグルメセット、
1000株以上は3000円相当のグルメギフト券になったそうです。
昨年は100株でも2000円相当のモロゾフのクッキー・チョコレートの詰め合わせをもらってとても嬉しかったのですが、今年は1000円相当のクッキー詰め合わせになりちょっとがっかりでした。

マルカキカイは産業機械や建設機械を中心に販売しており、2011年11月期の決算状況を見ると純利益は242.8%の増益となっており、特に海外での売上が大幅に伸びたということです。配当金は今期15円(中間7円、期末8円)で昨年より1円アップしました。来期は16円の配当を予定しています。

マルカキカイの2月16日現在の株価は792円です。こちらから現在の株価を見ることができます。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=7594
[PR]

by irkutsk | 2012-02-16 13:43 | | Comments(0)

「ヒミズ」を見に行きました(2月14日)

d0021786_1731484.jpgセンチュリーシネマ2へ「ヒミズ」を見に行きました。
中学3年生の住田祐一(染谷将太)の願いは「普通」の大人になること。同じクラスの茶沢景子(二階堂ふみ)の夢は愛する人と守り守られ生きること。

祐一の家は川べりの貸しボート屋。父親はほとんど帰ってこず、帰ってくると金を出せと言い、妻や祐一に暴力を振るう。そして祐一に、「お前は川で子供の頃に溺れかけた時に死んでりゃよかったんだ」と会う度に言う。母親は男を連れ込んでいたが、そのうち祐一を残してその男といなくなった。

うちのそばにはホームレスが住みついていた。そしてクラスメートの景子も祐一のことが好きで、しょっちゅう彼のところへやってくる。

ある日、ヤクザが父親の借りた借金600万円を返せとやってくる。そしてそのヤクザに反抗しめちゃくちゃに殴られる。その後、父親がまたやってきて同じことを言う。そして言いたいことを言って胸がスーッとしたと言う。祐一はそんな父親のあとを追いかけ、ブロックで頭を殴りつける。そして父親は死んでしまう。死ぬとは思ってなかった祐一は驚き、とりあえず死体を埋め、自分も自殺しようとする。でもただ自殺するのではなく、この世にいない方がいい奴らを殺して自分も死のうとする。

そんな祐一のことを心配し景子は彼の元を何度も訪れる。そして祐一が紙袋に包丁を忍ばせ、街へ出かけている時に景子は彼が残したダイイングメッセージを聞く。そして彼が何をして、どうしようとしているのかに気づき、彼を自殺させまいとするのだが……

祐一を演じた染谷将太と景子を演じた二階堂ふみの体を張った演技がすばらしかった。ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優W受賞もうなずける名演技だった。また脇を固めていたのも渡辺哲、でんでん、三石研など個性派俳優たちの名演技だった。

ただ、映画の中でガリガリというガイガーカウンターの音と共に3・11の津波ですべてが流され、がれきだけになった風景が映し出されていたが、あれは何だったのだという思いがした。

父親や母親に見捨てられ、暴力をふるわれ、「普通」の大人になりたいと願っていた祐一だったが彼も暴力で問題を解決しようとしたのだった。そしてそれを必死に止めようとしたのが景子だった。だが景子の家庭も異常で、両親が首吊り台を作っていて、これが完成したらお前はこれで死ぬんだと母親が景子を追いつめる。

暴力シーンの多い、非常に重い映画でしたが、二人の主役の演技はすばらしかった。

「ヒミズ」とは日不見(日見ず)でモグラ科の一種。普通の生活ができない祐一の生活をモグラの生活に例えたのかも。

「ヒミズ」 2011年日本 129分 原作:古谷実「ヒミズ」 監督:園子温
[PR]

by irkutsk | 2012-02-14 17:31 | 映画 | Comments(0)