ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

千種公園のユリが咲き始めました(5月30日)

d0021786_1061620.jpg数日前からポツポツと咲き始めていた千種公園のユリが、ここ数日の暖かさで大分花を開き始めました。今週末あたりが最初のピークではないでしょうか。一斉にユリ園のユリが咲くわけではなく種類によって順番に咲いていくので、6月中旬まで満開のユリが楽しめると思います。




      ナボナ
d0021786_1012245.jpg

                            ブルネロ
d0021786_1014188.jpg

                            サムール
d0021786_102155.jpg

                            ファンジオ
d0021786_1021768.jpg

                            クーリエ
d0021786_1023831.jpg

                            モナ
d0021786_103479.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-05-30 10:03 | お花見 | Comments(0)

夕方の光(5月27日)

最近めっきり日が長くなり、毎日少しずつ日の入りが遅くなっています。夏至は6月21日ですが、夏至は昼の時間が一番長い日で、日の入りが遅い日ではありません。日の入りが一番遅くなるのは夏至よりも数日後です。名古屋の日の入り時刻を調べてみると、6月24日から7月4日までが19時11分です。夏至の6月21日は19時10分です。

近くの公園で日が傾き始めた夕方、光が白から黄色に変わる頃の写真です。買物帰りのおばさんが一緒に写ってしまったのがアクセントになってよかったとおもいます。
d0021786_9431810.jpg

同じ時刻、近くの学校の木の写真です。木から別の寄生した木の葉が生えているように見えますが、木の枝を切ったところから芽吹いてこんなになったものです。
d0021786_9433939.jpg

中学校の隅に植えられた桜の木
d0021786_9435334.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-05-30 09:43 | 感動したこと | Comments(0)

DCMホールディングスから株主優待の案内が届きました(5月26日)

DCMホールディングスはカーマ、ツルヤ、サンコー、ホーマック、ダイキなどのホームセンターを経営する会社です。2012年2月末の決算では81億2000万円の純利益を上げ前年より33%も増益となっています。配当金も期末9円、中間7.5円で年間16.5円あります。

株主優待は100株以上の保有者に対して4つの商品から好きなものを一つ選ぶというものです。今年は北海道産じゃがいも詰合せ、おいしい食卓セット(赤飯おこわとパエリア)、愛媛の手延べ五色そうめん、DCMブランド商品詰合せの中から一つ選べます。

5月25日現在の株価は533円です。100株で株主優待と配当金16.5円がもらえるのはとってもお得です。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_2285156.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-05-26 22:08 | | Comments(0)

エフ・シー・シーから株主優待の新茶が届きました(5月25日)

d0021786_2244542.jpg株式会社エフ・シー・シーから株主優待の新茶が届きました。

株式会社エフ・シー・シーは浜松市にあるクラッチ専業メーカーです。24年3月期の決算では72億7600万円の純利益をあげています(前年比-9.5パーセント)。

株主優待は200株以上の保有者に3月末は新茶(2,500円相当)、9月末は三ケ日みかん(2,500円相当)が送られます。配当金は年間32円あります。

5月25日現在の株価は1444円です。200株で株主優待と配当金32円がもらえ。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2012-05-26 22:04 | | Comments(0)

「フリーエネルギー・UFO・第三起電力で世界は大激変する」を読みました(5月20日)

d0021786_1331743.jpg先日紹介した井出治さんの「フリーエネルギー・UFO・第3起電力で世界は大激変する」を読みました。

現在の発電方法は1831年のマイケル・ファラデーによる電磁誘導の発見以来、実に180年間全く進歩していません。水力、火力、地熱、原子力、風力、すべて電磁誘導による発電です。

電気自動車や燃料電池車はクリーンなエネルギーか?電気自動車は、走行中は排ガスを出さないが、エネルギー源であるバッテリーを充電する際、エネルギー供給の大元である火力発電所で排出されています。燃料電池車も水素と酸素を反応させて走るので、出すのは水だけということになりますが、水素を天然ガスから作る際に二酸化炭素が発生します。現在言われているクリーンエネルギーや新エネルギーはビジネスモデルとしての単なる「投資対象」で、期待されるのは「経済活性効果」だと井出さんは言っています。

これに対し、井出さんは電磁的なテクノロジーで空間からエネルギーを取り出すことに成功しました。彼の作った「超効率インバーター(デゴイチ)」は空間エネルギーを電気エネルギーに変換し、入力エネルギー100に対し400%の出力を得ることができるというものです。このエネルギーを再び入力に戻すことができれば、永久機関ができるということだそうです。わかりやすい例として、磁石の例を挙げています。二つの磁極の間には、磁気エネルギーという一種の空間エネルギーが存在します。これは目に見える磁石が本来もっているエネルギーではなく、その磁石の周辺にある「目に見えない空間が持っているエネルギー」なのです。

「超効率インバーター(デゴイチ)」は「第3起電力」という新しい電磁誘導を応用した装置です。従来のファラデーの電磁誘導を応用した発電方法はエネルギー資源を必要としますが、「第3起電力」を応用すれば、天然のエネルギー資源を全く必要としない発電が可能です。もし実現すれば、真のエネルギーと発電方法の革命になります。

「フリーエネルギー・UFO・第三起電力で世界は大激変する」 井出治著 ヒカルランド発行 2011年10月31日 
1800円+税
[PR]
by irkutsk | 2012-05-20 13:03 | | Comments(0)

マックスバリュ東北から株主優待が届きました(5月17日)

d0021786_15144790.jpgマックスバリュ東北から株主優待の優待券(買い物1000円毎に100円の割引券が1枚使える)5,000円分が2人分届きました。全国のイオン、マックスバリュで使えるので毎年楽しみにしています。わたしは690円で100株、妻は604円で100株買いました。2月20日現在(来年からは2月末に変更)100株持っていれば5,000円分の優待券、1,000株以上で10,000円分の優待券、2,000株以上で20,000円分の優待券がもらえます。近くにお店がなくて使えない人は優待券を返送することにより、りんご3kg(100株以上)、5kg(1000株以上)、10kg(2000株以上)がもらえます。今年から選択メニューが増えて、あきたこまち4kg+切り餅1kg×2(100株以上)、あきたこまち4kg×2+切り餅1kg×3(1000株以上)、あきたこまち4kg×4+切り餅1kg×5(2000株以上)も選べるようになりました。

マックスバリュ東北の2011年3月~2012年2月の決算状況は売上高、営業利益ともに昨年を上回っていますが、今年は震災による特別損失を計上したため31億6400万円の淳損失となりました。来期は2億円の純利益を出す予定です。

マックスバリュ東北の株価はこちらから見ることができます。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2655.T&d=1y
5月17日現在の株価は643円です。株主優待の権利確定前の2月に700円ぐらいになり、権利落ち後は600円程度に下がるようです。安くなった時を見計らって購入しておくといいかもしれませんね。ちなみに配当金はありません。株主優待だけでも7.7%の配当率なので十分です。
[PR]
by irkutsk | 2012-05-17 15:15 | | Comments(0)

井出治のフリーエネルギーが実用化したら(5月17日)

「友人からすごい発明があるぞ」と電話を受け、話を聞くと、井出治さんのフリーエネルギーというものだそうだ。さっそくインターネットで検索してみたら、YouTubeに何件かアップされていました。

ENN-いま知って」欲しいこと」井出治
http://www.youtube.com/watch?v=GyiV0c269JM&feature=related

100の入力に対して400の出力がえられ、その一部をさらに入力すれば永久機関ができるというものです。石油、石炭、原子力などの原料もいらない。空気中から取り出せるという優れものです。「MOMO」さんのブログにこの動画の内容が時間入りで紹介されていましたので、転載させていただきます。
00:59 180年間進んでいない発電原理
02:30 石油・石炭がいらなくなる無限エネルギー
05:00 メリーランドで論文発表の反響
07:30 テレポーテーション体験
10:05 バロック音楽を聴いていたら
15:30 テレビを見せてくれない母
18:50 受験勉強せずに受験
21:00 黒い箱を持った男がやって来た
24:30 UFOと遭遇
30:45 情報は隠されている
32:45 宇宙人の目的
41:00 情報を教えてくれる存在
42:30 自分で考えるから面白い
44:10 40年間でたった一つの問題を解く
48:00 これまでの40年が2週間に凝縮 54:30 日本人へのメッセージ

井出さんの考えたフリーエネルギーは今までの発電原理とは全く違います。2010年1月に完成し、特許申請している「超効率インバーター(デゴイチ)」は「第3起電力」という新しい電磁誘導を応用した装置です。

この新エネルギーについての本を2011年10月24日に出されています。
「フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する」 ヒカルランド発行 1890円+税
d0021786_912845.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-05-17 09:12 | 感動したこと | Comments(0)

「ポテチ」を読んで、見に行きました(5月16日)

d0021786_23354345.jpg伊坂幸太郎の「ポテチ」を読んでから、センチュリーシネマへ映画を見に行きました。
小説を読み始めたが、『今村が床に尻をつき、ソファーにもたれ、漫画本を読んでいる。大西は一通り、部屋の様子を見てきたところだった。「何しているわけ」』で始まる。今村と大西どちらが男でどちらが女なのか、二人はどこにいるのかなど何回か読み返したがわからない。「まっ、いいか」と先を読んでいくと、やっと二人が空き巣に入っているマンションの一室での様子だということがわかった。

以前、今村と彼の親分中村が空き巣に入っていたとき、電話がかかってきて、留守番電話に「わたしね、もう面倒だし死ぬことにしたから。飛び降りちゃうから。しかも、あなたのこと、遺書に書いてあるよ」というメッセージを吹き込む声が聞こえる。今村はかかってきた番号にかけなおし、「キリン乗っていくから」と言って彼女がいるところへ駆けつける。その彼女が大西で、今村と同棲することになり、一緒に空き巣に入った。その部屋は仙台を本拠地にするプロ野球球団の選手尾崎の部屋だった。尾崎は入団二年目に首位打者になったが、今は補欠だ。

今村は健康診断を受けたとき、自分の血液型がO型で、母親の血液型がAB型であることから、自分は母親の本当の子どもではないことを知る。今村が生まれた産院では出産ラッシュで同じ日に尾崎も同じ産院で生まれたという。どうも生まれたときに赤ちゃんを取り違えたようだということに気づく。

その尾崎のマンションの部屋にいるとき、また電話が鳴り、留守電にメッセージが吹き込まれる。「おじさん?わたしだけど。あいつから呼び出されちゃったんだけど。おじさんに頼るの、悪いと思ったんだけど」。今村はまたこの電話に反応し、行動を起こすのだが。

「ポテチ」 2011年日本 68分 原作:伊坂幸太郎 監督:中村義洋 出演:濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり他

「ポテチ」 伊坂幸太郎著 「フィッシュストーリー」(新潮文庫)に収録 2009年12月1日発行 514円+税
[PR]
by irkutsk | 2012-05-16 23:35 | 映画 | Comments(0)

「レンタネコ」を見に行きました(5月14日)

d0021786_216357.jpg伏見ミリオンザへ「レンタネコ」を見に行きました。
都会の一隅にある、平屋の日本家屋。そこに、一人の女が住んでいる。名前はサヨコ(市川実日子)。正確には、住んでいるのはサヨコ一人ではない。家中には猫、猫、猫、猫。とにかく、たくさんの猫がいる。サヨコには今のところ、猫のほかに家族はいない。亡き祖母の仏壇を守りつつ、謎の隣人(小林克也)にからかわれながらも、心の寂しい人に猫を貸し出すレンタネコ屋を営んでいる。
「レンタ~ネコ、レンタ~ネコ、ネコ、ネコ。寂しいヒトに、猫、貸します」
サヨコは猫たちをリヤカーに乗せて街へ出かけ、さまざまな人に出会う。

 ある日、猫たちを連れ川原を歩いていたサヨコは、上品な老婦人・吉岡さん(草村礼子)に「猫、貸してもらえますか?」と、声をかけられる。吉岡さんは、14歳の茶トラ猫に興味を示す。サヨコは、猫が住みやすい家か審査するため、彼女の暮らすマンションに向かう。彼女は、夫と飼い猫を亡くしてひとり住まい。子どもは、とうに巣立ってしまったという。息子が小さい頃好きだったというゼリーを食べながら、身の上話をする吉岡さん。サヨコは、そんな彼女の姿を見て審査を合格とする。吉岡さんは借用書の期限の欄に"私が他界するまで"と書き記す。うれしそうな吉岡さんのゼリーの真ん中には、スプーンですくった、小さな穴ぼこが空いていた。そして彼女が亡くなったという連絡を受けてネコを引き取りにいくと息子がいて、冷蔵庫を開けると手作りのゼリーだけが山のように入っていた。

 数日後、サヨコは、寂しげな中年男・吉田(光石研)の姿を発見する。吉田を猫好きだとにらんだサヨコは、囁くように呼びかける。「レンタ~ネコ、ネコネコ」。寂しい時には猫が一番とサヨコに促され、吉田は審査のため自宅にサヨコを招き入れる。彼は単身赴任中のサラリーマンだった。離れて暮らすうちに一人娘はすっかり年頃になり、父親を避けるようになってしまったとうなだれる吉田の靴下の先には、大きな穴が空いている。彼は審査に合格し、"家族の元に帰るまで"と借用期限に書き込み、一匹の仔猫を借り受ける。その仔猫は、なぜか"臭いもの"が大好きだった。家族の元へ帰る前日、結局彼はこのネコを欲しいとサヨコに頼み込み、譲ってもらうことになった。

 暑い日にはもっと暑いところへ行くのが一番と考えたサヨコは、レンタカー屋に掲げられた"ハワイ旅行が当たる!"というのぼりにつられて、ふらふらと中に入っていく。そこには、生真面目そうな女性店員・吉川(山田真歩)がいて、AランクからCランクまでの料金設定を、流暢に説明する。ランク付けに対して喰ってかかるサヨコに問い詰められた吉川は、自分はCランクだと漏らす。聞けば、吉川には話し相手がおらず、世界から置いてけぼりをくらったような寂しい毎日を送っているという。サヨコは彼女に一匹の三毛猫を貸すことにする。借用期限は"待ち人現れるまで"。そしてレンタカーを借りて海へ。ハワイ旅行の当たるくじを引くが「ハズレ」。ところが翌日、レンタカー屋の店員が電話をかけてきてネコを返したいという。行ってみると、昨日初めて自分でレンタカーを借りて、くじを引いたら、ハワイ旅行が当たったのでネコを一時返したいとのことだった。

 またある日のこと、サヨコはあまり柄のよくなさそうな若い男とすれ違う。見覚えがあるその男は、サヨコの中学時代の同級生・吉沢(田中圭)だった。子どもの頃から嘘つきで有名だった吉沢を、徹底的に避けるサヨコ。彼は、明日インドに発つから最後の夜は女の子と一緒に過ごしたいと、メス猫を貸してくれるようサヨコにせがむ。きっぱり断って家に帰るサヨコ。しかし、吉沢はサヨコを追って家までやってきた。縁側で彼と話しながら、サヨコは中学時代を思い出す。学校に馴染めない二人は保健室の常連で、お互いを"ジャミコ"、"嘘つきはったりの吉沢"と呼び合っていた。吉沢は縁側で猫とたわむれ、結局、猫を借りずに去っていった。

個性的なネコがたくさん出てくる楽しい映画でした。ネコ好きな方にはたまらない映画でしょう。サヨコはネコを貸して、心の寂しい穴ぼこをこのネコで埋めてくださいと言うが、サヨコ自身、ネコには囲まれているが恋人も友達もいない寂しい存在なのかもしれない。ふすまに「今年は絶対結婚するぞ」と書いた紙が貼ってあった。

「レンタネコ」 2011年日本 110分 監督:荻上直子 出演:市川実日子、草村礼子、三石研、山田真歩、田中圭、小林克也他
[PR]
by irkutsk | 2012-05-14 21:06 | 映画 | Comments(0)

なばなの里へ行って来ました(5月13日)

d0021786_2143952.jpgボランティアで日本語を教えている看護師候補生たちと(EPAでフィリッピンとインドネシアから日本へ来ている)なばなの里へ行きました。名古屋駅で集合し、往復のバス代となばなの里の入園料、ベゴニアガーデンの入場料がセットになった切符(2700円)を買って出発。高速道路を通っていくので名鉄バスセンターから約30分で到着です。

入園するとたくさんの花に驚き、まるで天国のようだと言っていました。そしてあちこちで花と一緒に写真を撮って大はしゃぎ。アイランド富士に乗って地上45mからの眺めを楽しんだ後、ベゴニアガーデンへ。たくさんのベゴニアに囲まれまたいろんなポーズで写真を撮っていました。

花広場では展望台から花で作ったアンパンマンと食パンマンを見ました。

園内では持込の飲食物は食べられないので、外へ出て花市場の前で持ってきたお弁当を食べました。手作りのインドネシア料理をご馳走になりました。

天気にも恵まれ暑くも寒くもなく、楽しい一日でした。
d0021786_21433281.jpg

d0021786_2144645.jpg

d0021786_21442276.jpg

d0021786_2145064.jpg

d0021786_2145193.jpg

d0021786_21455321.jpg

d0021786_2146192.jpg

d0021786_2147011.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-05-13 21:48 | お花見 | Comments(0)