<   2013年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く」を読みました(1月30日)

d0021786_1125437.jpg仏教講師の岡本さんが釈迦の教えをわかりやすく説明してくれている本です。本のタイトルにもなっている「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く」は、不幸せのタネをまくと、不幸せになる。つまり自分がまいたタネが結果となって自分に返ってくるのだと行っています。自業自得という言葉は現在では悪いことがあった時にのみ使われていますが、いいことがあった時にも、その原因はあなたが過去に蒔いたタネから生まれた結果ですよということらしい。

花が咲くのに早い、遅いがあるけど蒔いた種は必ず生えてくるという教えでした。

自分よりも優れた人を見たときに抱く「ねたみ」、自分よりも劣った人を見たときに抱く「おごり」などについても書かれています。

また布施というのはお金がなくてもできるもので「無財の七施」のうち眼施、心施、顏施辞、和顔悦色施について詳しく説明がされていました。

また、親切をした時には「私が、誰に、何を」の三つを忘れるようにしなさいと言っています。親切をした相手にお礼や見返りの請求書を突きつけなくても、必ずまいたタネは巡り巡ってあなたのところに返ってくると教えています。

とても心に残る本でした。

「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く」 岡本一志著 1万年堂出版 2012年1月3月12日発行 1200円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-01-30 11:06 | | Comments(0)

アスラポートダイニングから株主優待が届きました(1月29日)

d0021786_13102097.jpg去年の12月27日に株主優待のカタログが送られてきて、「鹿児島県産黒毛和牛モモ・バラ焼肉セット」を頼みましたが、今日届きました。約10万円で500株買うと年2回(権利確定は3月末と9月末)、3000円相当の商品カタログが送られてきて、その中から好きなものを選んで申込みます。配当金はありません。1月29日の株価は224円です。1ヶ月前は181円でしたから23%も上がっています。それでも112,000円で株主優待年2回6000円分もらえるので株主優待の配当率は5.3%です。銀行預金よりはずっといいですね。
[PR]

by irkutsk | 2013-01-29 13:10 | | Comments(0)

イーサポートリンクから株主優待が送ってきました(1月26日)

d0021786_5551235.jpgイーサポートリンクから株主優待の「葉とらずサンふじ」3kgが送ってきました。

イーサポートリンクの株主優待は年2回、5月末と11月末の株主に持ち株数に応じて次のような優待がありました。






5月末の株主(贈呈時期7月)
1~4株 青森県産100%りんごジュース(1リットル)×6本
5株以上 青森県産100%りんごジュース(1リットル)×12本
11月末の株主(贈呈時期1月)
1~4株 青森県産葉とらずサンふじ 3kg
5株以上 青森県産葉とらずサンふじ 5kg

ところがあまりにも割安で充実した内容の株主優待のため1株株主が増加し、経費も加算できたことから、今年の5月末の優待から次のように変更されました。
5月末の株主(贈呈時期7月)
1株   青森県産100%りんごジュース(1リットル)×3本
2~4株  青森県産100%りんごジュース(1リットル)×6本
5株以上 青森県産100%りんごジュース(1リットル)×12本
11月末の株主(贈呈時期1月)
1株   青森県産葉とらずサンふじ 1.8kg
2~4株  青森県産葉とらずサンふじ 3kg
5株以上 青森県産葉とらずサンふじ 5kg

イーサポートリンクは生鮮食品の流通システムを展開している会社です。
2012年11月の決算報告書(2011年12月~2012年11月)によると純利益は4億3900万円で前年に比べると30.2%の減少です。とはいうものの2011年11月期の決算内容が6億2900万円と良すぎたためで、2010年11月期は2億9900万円の純利益でした。また来期の計画では3億8900万円の純利益を予定しています。

イーサポートリンクの1月28日の株価は111,200円です。現在の株価はこちらで見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2013-01-29 05:55 | | Comments(0)

13夜の月(1月25日)

d0021786_8352518.jpg25日の夕方、東の空に白くて大きな月が見えました。まだ満月ではなく、13夜の月でした。早速デジカメを出して写真を撮りましたが、コンパクトデジカメでも結構きれいに撮れるものだなと感心しました。満月は27日(日曜日)です。
[PR]

by irkutsk | 2013-01-26 08:35 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

「原発のコスト」を読みました(1月25日)

「原発のコスト-エネルギー転換への視点」を読みました。この本は昨年12月、第12回大佛次郎論壇賞を受賞しました。
d0021786_161074.jpg
原発は石油や石炭などの化石燃料や自然エネルギーに比べて安いと盛んに電力会社や政府が宣伝してきましたが、それは単純に運転経費だけを比べてそう言っているのであり、原発立地のための補償金、運転に伴って地元自治体に交付されるお金、さらに事故の際の費用、原発廃炉後の処分費用、原発から出された低レベル、高レベル放射性廃棄物の処理費用などが全く計上されておらず、これらの経費を含めて計算すると原発で作られた電力は決して安い電力ではなく、かえって割高な電気であることを具体的な資料をもとに詳しく解説している。

目次
第一章恐るべき原子力災害
第二章被害補償をどのようにすすめるべきか
第三章原発は安くない
第四章原子力複合体と「安全神話」
第五章脱原発は可能だ

 「原発のコスト――エネルギー転換への視点」 大島堅一著 2011年12月20日発行 岩波新書1342 760円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-01-25 16:01 | | Comments(0)

宗次ホールのランチタイムコンサートに行きました(1月25日)

d0021786_1532386.jpg宗次ホールのランチタイムコンサートへ行ってきました。「ヴァイオリンとギターで奏でる世界の音楽に出会う旅」と題して、デュオ エクイノックスの二人がヴァイオリンとギターで世界の作曲家の音楽を演奏しました。デュオ エクイノックスはヴァイオリンの山口美夕鶴とギターのアレクサンドル・ガラガノフで、ガラガノフはロシア・クラスノヤルスクの出身です。

コンサートはJ・ダウランドの「Come again」から始まり、山口美夕鶴のよくわかる曲目解説、そしてガラガノフのちょっと下手な日本語での解説も含め非常に和やかな雰囲気の中で行われました。会場は2階席まで埋まる大盛況でした。

山口美夕鶴のヴァイオリンは素晴らしく久しぶりに感動しました。また普通ならピアノが伴奏になるのですが、ギターがピアノの代わりに伴奏をしていました。ピアノとは違う音色ですが、ヴァイオリンにはぴったりという感じでした。

また有名な「アルハンブラ宮殿の思い出」を含むギターソロを途中3曲聞かせてくれましたが、ガラガノフの技術の高さに驚きました。

最後にアンコールで宮城道雄の「春の海」を演奏しましたが、琴の代わりにギターが奏でる「春の海」も素晴らしいものでした。

デュオ エクイノックスの今後の活躍に期待したいと思います。
[PR]

by irkutsk | 2013-01-25 15:32 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

りんごジャムを作りました(1月20日)

野沢温泉へスキーに行ったとき、泊まった宿で売っていたりんごを買ってきました。
りんごの形が歪んでいたりするので安くて8個も入って550円でした。毎日試食と称して3個もらってみんなで食べました。見栄えは良くなくてもしっかり蜜が入っていておいしいりんごでした。そのりんごでいつものようにりんごジャムを作りましたが、やはりりんごの種類がサンふじなので紅玉で作ったジャムほど美味しくありませんでした。
3個のりんごが2瓶のりんごジャムになりました。
d0021786_20523785.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-01-21 20:52 | 作ったもの | Comments(0)

グリッシーニを焼きました(1月19日)

グリッシーニを焼きました。前回(12月24日)焼いたときは間違えて最初のブザーで取り出してしまったので、発酵してなくてふっくらとしたパンになりませんでしたが、今回はちゃんと発酵させてから焼きました。前回に比べてふっくらとしたパンに仕上がりました。
焼く前と焼きあがったパンの写真です。
d0021786_2042197.jpg

d0021786_2042427.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-01-21 20:43 | 作ったもの | Comments(0)

野沢温泉へスキーに行ってきました(1月12日―14日)

d0021786_2314153.jpg前の職場の関係の友達5人で野沢温泉へスキーに行ってきました。12日の朝7時に出発して、12時半には野沢温泉に到着。宿に荷物を置いて、着替えて早速スキー場へ。いい天気で遠くの山々がとても綺麗に見えました。1日目は今シーズン初滑りということで、軽く足慣らしをしました。
d0021786_23145561.jpg

2日目もいい天気でした。3連休ということですごい人出で、待ち時間が20分もかかるリフトもありました。お昼は豚バラ肉を焼いた豚皿、野沢菜チャーハン、ふき味噌ピザ、野沢菜ピザ、シーザーサラダを食べ、生ビールをピッチャーで頼み、みんなで乾杯しました。
そのあと、13日から始まる道祖神祭の御神木里曳きという行事を見ました。お神酒も振る舞われました。

3日目は雪が降っていて、滑るか、やめるか迷いましたが、滑ることにしました。でも新雪が重く、滑りにくい状態でした。12時まで滑って、2時には宿を後にして豊田飯山から高速に乗ったのですが長野までで、その先は雪のために通行止めになっており、中央道も中津川まで不通でした。長野で高速道路を降りると渋滞が待っており、日が暮れると路面の雪が凍り、滑りやすくなったので車のスピードはますます遅くなり、長野から塩尻まで12時間以上もかかりました。中央道は伊北まで開通したということで、伊北を目指して行きましたが、伊北インターに着いた時には日付も変わり、3時半。名古屋の我が家に帰り着いたのは朝、6時20分でした。
                遠くの山並みが綺麗に見えました
d0021786_2041182.jpg

                一緒に行ったメンバー
d0021786_2035567.jpg

                 2日目の昼ごはん 豚皿
d0021786_2045146.jpg

                 2日目の昼ごはんふき味噌ピザ
d0021786_2051565.jpg

                 2日目の昼ごはん 野沢菜チャーハン
d0021786_2053869.jpg

                 2日目の昼ごはん 野沢菜ピザ
d0021786_2055441.jpg

                 道祖神祭初日の御神木里曳き
d0021786_2061083.jpg

d0021786_206259.jpg

                 3日目は雪でした
d0021786_20911.jpg

                 スキー博物館
d0021786_2071365.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-01-15 23:16 | 旅行 | Comments(0)

「常識にとらわれない100の講義」を読みました(1月11日)

d0021786_951118.jpg森博嗣の「常識にとらわれない100の講義」を読みました。彼の独特の考え方が心置きなく披露されています。2ページ見開きでひとつのテーマについて書かれていて、それが100あるという本です。

特に面白かったものは
18大人になんかなりたくないと思ったら、もう大人だ。
19「当たり前」は誰にとっても当たり前というわけではない」。
32知りたいという気持ちがなければ、勉強は辛い作業である。
33料理の達人というのは、美味しいだけではなく、素早く作る。
43自分にはできないから、と試しもせずに諦める人が沢山いる。
51時間をかけた者の方が無駄な副産物が多く、そのストックが将来活きる。
52できる人ほど謙虚である、というのは事実だと思う。
でした。

ちょっとこの意見はおかしいと思うものもいくつかありました。でも人の考え方だから自分の考えと違っていてもいいのだけれど、ひとつだけ気になったのは、「84脱線事故で大勢が亡くなった時、誰も「鉄道廃止!」と叫ばなかった。」というところで、原発と鉄道をどちらも社会にとって必要なもので、代わりになるものがある。「原発ではまだ一人も死んでいないのに早くも「廃止しろ」と大勢が叫んでいる」が、「鉄道では毎年何人もの死者を出し続けている」と言っている。

鉄道事故と原発事故では事故の影響が及ぶ範囲(地域)が膨大に違い(原発最悪事故の場合地球全体にまで被害が及ぶ)し、影響が及ぶ時間も大きく違うということが挙げられる。

でも森博嗣の言いたいのは後半部分、人口をもっと減らせということである。この点については私も同意見である。経済界は人口減に反対しているが、人が減れば今のままの生活水準をもっと少ないエネルギーで維持できるし、効率化を進めれば原発を動かす必要もないと思われる。放っておくと世界の人口は地球の収容能力を超えてしまうのではないか。
[PR]

by irkutsk | 2013-01-11 09:51 | | Comments(0)