<   2013年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧

「アンコール」を見てきました(7月29日)

d0021786_21134129.jpg伏見ミリオン座へ「アンコール」を見に行きました。

ロンドン。無口で気難しいアーサーは、隣近所でも有名なガンコ者で、息子ともギクシャク。唯一笑顔を見せるのは最愛の妻マリオンだけ。病弱だが陽気なマリオンの趣味はロックやポップに挑戦するちょっと変わった合唱団“年金ズ”で歌うこと。ある日、“年金ズ”が国際コンクールのオーディションに出場することになる。しかし喜ぶマリオンになんと癌が再発したという告知が。

予選会にはチラシやポスターを貼って、町の人たちに来てもらい、審査員もびっくり。そしてそこでマリオンは夫に向けてソロで歌うのだった。だが、彼女の命は数日後に燃え尽きたのだった。お葬式には合唱団のメンバーや先生がやって来た。美人だが恋愛下手な先生の失恋の相談を受けたり、彼女に大切な人のためなら人はいつだって変われると言われ、愛していた妻のために彼も合唱団のメンバーになるのだった。

そして決勝大会へ。ほかの合唱団はみんなスーツやタキシード姿なのに、彼らはオリジナルTシャツ。品位がないというので出場を拒否されてしまう。失意の中帰りのバスに乗り込んだ面々。しかしアーサーは一人でホールの舞台へ。後を追ってみんな舞台に上がり、歌い、見事3位に入賞する。

年をとって閉じこもっていたアーサーが生きることに前向きになり、これからの人生を楽しんで生きていこうと決意する。

長いようで短い人生、その人生を楽しまなくてはと思わせる映画でした。アーサーとマリオンの8歳の孫娘ジェニファーがとってもかわいかった。

「アンコール」 2012年イギリス 94分 監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ 出演:テレンス・スタンプ、バネッサ・レッドグレーブ、ジェマ・アータートンクリストファー・エクルストほか
[PR]

by irkutsk | 2013-07-29 21:13 | 映画 | Comments(0)

京都・大原の川床へ行きました(7月28日)

d0021786_995158.jpg青春18切符をつかって次男のところ行くことにした。どこかいいところはないかと次男に相談したら京都の川床へ行かないかとのことで高雄の錦水亭を予約してもらいました。

11時過ぎにJR二条駅に着き、迎えのバスで高雄の錦水亭へ。紅葉の季節に一度来たことがあるが、夏ははじめてである。清滝川とあおいもみじが見える川床で京料理を堪能しました。さすがに街中とは違い、川が近くにあることもあり、暑さはほとんど感じません。団扇がお土産にとおいてありましたが、団扇がちょうどいい気温でした。

ビールを飲みながら京料理に舌鼓を打っているうちにだんだんと暑くなり、これはビールのせいか、気温が上がったせいか。最初は日が翳っていたが、雲間から太陽が顔を出し気温が上がったようだ。風があればもう少し涼しいのですがと店の人は言っていたが。食事を済ませ、下の川原に降りて清滝川の水に触れると、冷たくて、子どもたちは水遊びをしていました。

2時にまたJR二条駅までバスで送ってくれました。二条に来たから二条城を見ていきました。二条城とは言うもののお城はなく、本丸御殿、二の丸御殿がを見学しました。
川床で食べた料理です。(他に「いかとまぐろのお造り」がありましたが、写真を撮り忘れました)
d0021786_9727100.jpg

d0021786_974169.jpg

d0021786_975340.jpg

d0021786_98476.jpg

d0021786_981688.jpg

d0021786_983095.jpg

d0021786_984591.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-07-28 23:08 | 旅行 | Comments(0)

第23回毎日落語会へ行きました(7月27日)

d0021786_556668.jpg今池ガスホールへ第23回毎日落語会に行きました。今日はまず、春風亭一力の前座で始まりました。出し物は「たらちね」。長屋のひとり者のところに大家さんが嫁の世話をしてくれるという話。器量もよい、年も若い、嫁入り道具も持ってくるという願ってもない話。でもなんかあるんじゃないかと思って大家さんに聞くと、言葉遣いが非常に丁寧だと言う。そのくらいはいいと承諾し、その日の夕方その娘がやってきたが…。

二つ目は春風亭一朝の蛙茶番。町内の素人芝居で役を決めるのに不公平のない様にとくじ引きで決めたのだが、建具屋の半公が来ない。彼は舞台番になったのだが、それがおもしろくなくて仮病を使う。世話係の番頭は困って、丁稚の定吉に「半公が惚れている小間物屋のみいちゃんが役者なんかしないで舞台番と逃げたところが半さんらしくていいといって、2度も3度も舞台番のところへやってきている」と言わせる。それを聞いた半公は質に入れていた自慢の緋縮緬のふんどしを請け出し、湯屋で入念に男を磨く。定吉は「早く来ないとみいちゃんが帰ってしまう」と催促に来る。慌てた半公は急いで風呂からあがると着物を羽織って一目散に駆け出した。半公はソデからみいちゃんを探すが、もちろんいない。仕方なくふんどしの趣向だけでも見せようと着物のすそをからげる。客を静かにさせるのが舞台番の仕事だが、半公が一人で騒いでいる。あまりのうるささに舞台番を見ると半公の股間から妙なものが…。「ようよう、半公、日本一!大道具!」のかけ声に喜んでいっそう派手に尻をまくり客席の方に乗り出した。この間にも舞台は進み、いよいよ見せ場のがまの登場となるのが、一向にガマが出てこない。がまの役の定吉に「おい定吉、早く出なきゃ」と催促するが「「へへっ、出られません。あそこで青大将が狙ってます」。

三つ目は昨年28人抜きで真打昇進を果たした桂文菊の「舟徳」。遊びが過ぎて勘当された若旦那が舟宿の2階に居候をしていたが、自分も働きたいと船頭になることを志願する。呼び方も「若旦那」はやめてほかの船頭と同じように名前で「徳」と呼んでくれという。ところが華奢な体つきでとても船頭はつとまらない。四万六千日様のお祭りの日に、浅草寺詣りの夫婦が舟を出してくれと言ってやってくる。女将はあいにくと全部出払っていると断るが、舟が一艘あるじゃないかと言う。若い衆がいないというと、そこにいるじゃないかと徳を指差す。女将は心ならずとも引き受け徳に大桟橋まで行かせるのだが…。もやったままで、竿をさすが舟がちっとも動かない。途中で竿を流してしまう。艪でこぎ始めると同じところをぐるぐると回り始める、舟が岸にぶつかり客の持っていた傘を借りて岸の石垣を押すと、傘が刺さったまま舟が離れていく。大桟橋が見えてきたのに一向に到着しないので客はもう舟を降りて川の中を歩いていくと言い出し、川の中へ入り、岸へあがる。そして徳さんに「だいじょうぶかい」と声ををかけると徳さん、「お客さん、お上がりになりましたら、船頭を一人雇ってください」。

中入りの後は再び桂文菊で「浮世床」。日がな一日、床屋でごろごろしている若い衆の話。新しくできた床にエビの絵が描いてある。二人の若い衆がこのエビは「生きている」、いや「死んでいる」と言い争っているところへご隠居さんが通りかかったので聞いてみると、「患っている」と言う。「どうして?」と聞くと「床についている」。その後、「太閤記」を呼んでいる留さんに、みんなに読んでくれと頼み、留めさんが読み始めるのだが…。

最後は春風亭一朝の「三枚起証」。江戸にはカラスが多くて朝早くからうるさく鳴いている。「三千世界のカラスを殺し主と朝寝がしてみたい」という時代の噺です。吉原にお気に入りの女郎がいて、その女に年季が明けれたら夫婦になるという証文をもらって舞い上がっている3人の男たち。ひょんなことから同じ女から3人が同じ証文をもらっていることがわかり、3人で女郎をとっちめてやろうと出かけるのだが…。女郎は「何言ってんだよ。こっちは騙すのが商売。殴る蹴るがしたかったら、私の身体には金がかかっているんだ。店に行ってお金を積んでからやりな。どうするんだぃ。ハッキリしなぁ」、「ふん。たいそうな啖呵切りやがったな。言われなくても分かってら。何枚も起請を書くような汚い真似はするな。起請を破ると熊野でカラスが三羽死ぬと言うんだ」、「あ~ぁ、そうかい。私は嫌な起請をどっさり書いて世界中のカラスを殺したいよ」、「カラスを殺してどうするんだぃ」、「勤めの身だぃ、朝寝がしたいよ」。

落語っていいですね。しばし浮世の雑事を忘れ、笑って過ごせる至福の時間です。10月13日(日)に今池ガスホールで三遊亭円丈、立川談笑の第24回毎日落語会があります。早速先行予約してきました。
[PR]

by irkutsk | 2013-07-27 18:13 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

名状公園の朝顔まつりへ行きました(7月27日)

d0021786_18113358.jpg7月24日から28日まで、毎日9時から12時まで「朝顔まつり」をやっているので、9時の開館前に名城公園フラワープラザに行きました。まだ9時前で閉まっていたので、外の庭に咲いているひまわりやダリア、ベゴニアなどを見ていました。9時の開館後、朝顔まつりに出展している見事な朝顔を見ました。赤、青、渋い色、縞模様の朝顔などいろんな朝顔が展示してありましたが、やはり朝顔というと、淡い色で、午前中しか咲いていないそのはかなかさがいいですね。人生も長いようで、40歳を過ぎると、残りあと何年とカウントし始めるし、人生などというものはあっという間に過ぎ去っていくものだと感じる今日この頃です。

朝顔を見た後、奥の方へ行くとラベンダーが咲いている小さな山を見つけそばに行ってみると、ラベンダーではありませんでした。でも遠目にはラベンダーに見えました。

公園の中は走っている人たちがたくさんいました。



d0021786_4415247.jpg

d0021786_4421117.jpg

d0021786_4453077.jpg

d0021786_4455171.jpg

d0021786_4461137.jpg

d0021786_4462945.jpg

d0021786_4464549.jpg

d0021786_447356.jpg

d0021786_4471885.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-07-27 18:10 | お花見 | Comments(0)

ふるさと納税の「でんすけスイカ」が届きました(7月26日)

d0021786_217680.jpg北海道上川郡当麻町からふるさと納税のお礼の「でんすけすいか」が届きました。1万円以上のふるさと納税をするとAコース「トマトジュース・お米」詰め合わせセット(トマトジュース「朝もぎ一番」180ml×12本、籾貯蔵「今摺米」(品種名:ほしのゆめ)5kg、籾貯蔵「今摺米」(品種名:ほしのゆめ)1kg×3袋、Bコース「でんすけすいか」1玉、Cコース「大雪の薔薇(バラ)」ギフト箱1束のうち1つのコースを選ぶことができます。
[PR]

by irkutsk | 2013-07-26 21:06 | ふるさと納税 | Comments(0)

「未来の働き方を考えよう」を読みました(7月26日)

d0021786_20395166.jpg年金資金が減ってきたので年金支給開始年齢を65歳にして、その代わり定年を延長して65歳まで働けるようになった。でもこれって変じゃないですか。政府の年金政策のミスのせいで今までより5年間長く働かなければならなくなり、更に今の若者たちは70歳まで働かなければならなくなりそうである。

いったい働くためだけの人生になってしまってもいいのかを問いかける本でした。

この本では、世界を変える3つの革命的変化としてIT革命、グローバリゼーション、人生の長期化の3つを上げています。IT革命とは市民のフェイスブックやツイッターがアラブの春を呼び起こし、その威力を知っている中国はさまざまな規制をかけている。しかし、本当にITが市民の武器たりうるのだろうか。CIAのスノーデン氏が暴露した国家による情報収集などもあり、お釈迦様の手のひらを飛んでいただけの孫悟空ではないだろうか。

グローバリゼーションは確かに企業活動がグローバル化したことにより推進されてきている。しかし一般に言われているグローバル化は、その本質はアメリカの制度を押しつけられることであり、真のグローバル化とは世界の貧富の格差を少しでも縮め、世界の人々が等しく文化的な生活をおくることができるようにすることではないだろうか。

人生の長期化は確かに平均寿命が延びてきており、人生80年が一般的になっている。20歳から働き始めて70歳まで働くと50年間働くことになる。その50年間をひとつの仕事に打ち込むよりも、40代でもう一度自分の仕事を選びなおしてもいいのではないかという著者の提案である。

第5章の「求められる発想の転換」では、今までの常識を覆す人生を本当に楽しむための発想の転換がふんだんに提案されている。たとえば人生の有限感。人生が終わるという瞬間が明日にもやってくるかもしれないということです。それに比べるとその他の不安など質的に及ばないところにあります。わたしたちが病気になる確率は40台から急激に上昇します。20代、30代は「ずっと続く未来」を想定していればいいけれど、40代を迎えたら「いつ終わるかもしれない人生」を前提として考えるのは確率的にも意味のあることなのです。

健康上の問題で飛行機に乗れなくなったり、食事制限のためツアーに参加できなくなったり、脚が悪くなって階段の多い広大な遺跡には行けなくなる。歯が悪くなって食べられるものに制限が出てきたり、目が悪くなって長時間の読書やパソコン作業がつらくなるかもしれない。だから絶対にやりたいことは「いつか」ではなく「今」やっておくべきなのです。

長生きリスクに対して経済的に完璧に備えるのは不可能で100歳を超えるまで生きても自費でやっていけるほどの資産形成ができる人などほとんど存在しません。それなのに多くの人が今やりたいことを我慢してまで、とめどなく長生きの経済的リスクに備えようとします。心から楽しいと思える生活を封印して、できるだけ節約して貯金を増やす、これがベストだろうか?人生があと10年だとしたら?自分はどう過ごすだろうか?

多くの人がお金のない人生を不安に思います。でもそれよりつらいのはやりたいことの見つからない人生です。「心からやりたいこと」が見つかるのは僥倖といえるほどラッキーなこと。能力やお金があるなどという条件とは比べられないほど恵まれたことです。

残り少なくなってきた人生、やりたいことを思いっきりやって、悔いのない人生にしたいと思わせる本でした。

「未来の働き方を考えよう」 ちきりん 文芸春秋 2013年6月15日 1300円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-07-26 20:40 | | Comments(0)

「生命とは何だろう?」を読みました(7月26日)

d0021786_16162724.jpg第1章「われわれはどこからきたのか」
第2章「生命とは何か」
第3章「進化の歴史を旅する」
第4章「何が生物の多様化をもたらしたのか」
第5章「人類の以来は「進化」か「絶滅」か」
以上の5章からなっているが、おもしろくなるのは3章以降でした。進化は「結果」であって「目的」ではない。キリンの首が長くなったのは高い木の葉を食べるためと言われていたが、ある固体が後天的に獲得した形質は子に遺伝しないことが明らかになった。DNAの突然変異は一定の確率でランダムに起こり、それと生活環境の変化が結びついて進化していくのだそうだ。一般的に突然変異で生まれた個体は生存に不利であるが、そのときに生活環境の変化あればその突然変異したものが生き残ることがある。

また「進化」と「進歩」は違うというところもおもしろかったです。「進化した生物が、それ以前の生物よりも優れているわけではない。単にその時々の都合に合わせて変化しただけのことです」。

地球環境がどのように変わってきたか。そして生物はその環境にどう対応して生き延びたか、あるいは生物が環境をどう変えていったかが、詳しくかつわかりやすく書かれていました。

22億年前の1回目の全球凍結で85%の種の生物が絶滅するのだが、その後「真核生物(細胞膜を持つ生物)」と「多細胞生物」が生まれる。そして単細胞生物や小さな多細胞生物によって濁っていた海が大型生物の登場によりそれらがエサとなり大量に消費される。そして海が透明になり、光が入るようになると生物の目が進化を始める。その後生物が海から陸地へ上陸をはじめる。そして、両生類、爬虫類、恐竜が出現するが、隕石の衝突により地球環境が激変し、恐竜が滅び、その後哺乳類が繁栄し、人の祖先が出現する。

地球の誕生から生物が出現し、その生物がどのような進化をしてきたのかをわかりやすく解説してくれる本で、おもしろかったです。

人類の歴史はまだ本当に浅く、ましてや人間の一生というのは「あっ」という間に過ぎていく閃光のようなものだと思いました。60兆個の細胞でできているわたしたちの体の遺伝子は太古の昔からの生物の進化をそのDNAに収めているんだなあと、改めて感動しました。

「生命とは何だろう?」 長沼毅著 集英社インターナショナル 2013年1月30日発行 1000円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-07-26 16:16 | | Comments(0)

「ミッドナイト・イン・パリ」を見に行きました(7月24日)

d0021786_21225567.jpgキノシタホールへ「ミッドナイト・イン・パリ」を見に行きました。今日はわたし一人のために上映してくれました。

映画脚本家で処女小説の執筆に悪戦苦闘中のギル・ペンダー (オーウェン・ウィルソン) は婚約者のイネス (レイチェル・マクアダムス) とその裕福な両親とともにパリを訪れる。ギルはパリに住みたいとさえ考えているが、イネスはマリブに住むと言って聞いてくれない。2人はイネスの友人ポール (マイケル・シーン) と遭遇し、ともに街を回る。イネスはポールを気に入っているものの、彼が偉そうに語る歴史や芸術の薀蓄には間違いが多く、インテリぶったポールがギルにはどうにも鼻持ちならない。
ある夜の12時、ギルは酒に酔ったままパリの街をうろついていると、アンティークカーが止まり、車中の1920年代風の格好をした男女がギルを誘う。そして向かったパーティには、コール・ポーター、F・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダがいた。そのパーティはジャン・コクトーのパーティだった。そこでギルは、彼が愛して止まない1920年代に来ていたことに気づく。その後、フィッツジェラルド夫妻、ポーター夫妻と行ったクラブでは、ジョセフィン・ベイカーもいた。その後に、フィッツジェラルド夫妻と飲みに入ったバーでは、アーネスト・ヘミングウェイと出会う。ヘミングウェイに自分の小説を読んでくれないかともちかけたギルだったが、ヘミングウェイに「自分は読みたくないが、代わりにガートルード・スタインを紹介しよう」と言われ、舞い上がる。
次の夜、イネスを一緒に誘うが、真夜中になる前にイネスは「疲れた」と帰ってしまう。彼女が帰るやいなや、夜中の12時の鐘が鳴り、古いプジョーが現れた。今度はヘミングウェイが乗っていた。彼と一緒にスタインの家へ行くと、今度はそこにパブロ・ピカソとその愛人、アドリアナ(マリオン・コティヤール)がいた。スタインはピカソと彼の描いたアドリアナの肖像画について論議をかわしていた。そこで初めてアドリアナに会ったギルは、一目惚れしてしまう。
現代と1920年代を行き来しながら、婚約者イネスとの関係とアドリアナに魅かれる自分に悩むギル。しかし、シュルレアリストである、サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)、ルイス・ブニュエルとマン・レイからは、「それはごく自然なことだ」と言われてしまい、ますます頭を抱える。 そして、ギルとアドリアナが初めてキスを交わした晩、2人の前に19世紀のベル・エポック時代を思わせる馬車が停まった…。(ウィキペディアより引用)

2012年アカデミー賞 最優秀脚本賞受賞作品
「ミッドナイト・イン・パリ」  2011年スペイン・アメリカ 94分 監督:ウッディ・アレン 出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤールほか
[PR]

by irkutsk | 2013-07-24 21:23 | 映画 | Comments(0)

中山道に咲いていた花々(7月22日)

昨日(7月21日)、中山道を大井宿から中津川宿まで歩きましたが、その途中で咲いていた花々を紹介します。
d0021786_20232415.jpg

d0021786_2023385.jpg

d0021786_20235320.jpg

d0021786_2024117.jpg

d0021786_20242535.jpg

d0021786_20243854.jpg

d0021786_20245220.jpg

d0021786_2025458.jpg

d0021786_20251978.jpg

d0021786_2025326.jpg

d0021786_20254710.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-07-22 20:25 | お花見 | Comments(0)

「シャニダールの花」を見に行きました(7月22日)

d0021786_2051441.jpgセンチュリーシネマへ「シャニダールの花」を見に行きました。

製薬会社のシャニダール研究所に赴任してきた美月響子(黒木華)と彼女の面倒を見る植物学者大瀧賢治(綾野剛)。この研究所は女性の体に寄生する花・シャニダールを人間に植え付け花を採取している。その花に含まれている成分が新薬開発のために高値で取引されているためだ。体を提供する女性には1億円が支払われる。しかし、花を採取する際に提供者の女性が死亡する事件が連続して発生。大瀧は研究所に不信感を抱きはじめる……。

響子は大瀧に心を寄せ、愛し始める。そして響子は自らの体にシャニダールを植え付け、花を咲かせ続けたいという。それは危険だという大瀧の忠告を無視し、彼の元から姿を消す。響子は花から取れた種を差出人の名前を書かずに大瀧に送りつける。大瀧はいつもの新種の種を送りつけてくるおじいさんだと思って、窓から外に捨てたが、しばらくしてその種から芽を出したのは見覚えのあるシャニダールだった。種を送りつけてきたのは響子だったのだ。彼は彼女の行方を捜し、彼女を見つけるがこん睡状態だった。脳死ではないという。彼女は花の世界へ行ってしまったのだ。この世界に肉体だけを残して。

もう少し衝撃的な展開を期待していたのに、なんだか心の問題にされてしまったような感じでちょっと欲求不満が残る映画でした。シャニダールの花と人間の体の関係がもう少し深く掘り下げられていたらと思いました。

「シャニダールの花」 2013年日本 105分 監督:石井岳龍 出演:綾野剛、黒木華、刈谷友衣子、山下リオ、古舘寛治、伊藤歩ほか
[PR]

by irkutsk | 2013-07-22 20:04 | 映画 | Comments(0)