<   2013年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

「あの世に聞いた、この世の仕組み」を読みました(9月30日)

d0021786_1516458.jpg著者は2004年4月にセロトニン欠乏による記憶障害、うつ病の一種にかかって仕事を休んで治療を始める。かなりきつい薬を処方され、強い吐き気とモヤモヤ、頭蓋骨を素通りして、直接脳をなでられるような頭の違和感、睡眠薬を服用したかのような強烈な眠気…。こんな出来事が発端で、自分の守護霊とコンタクトが取れるようになったという。そして彼にこの世の仕組みをしえてもらうことに。

最初に書かれていたのは、「自分の思いそのものが、自分の現実をつくる」という話。お金に余裕があるときは「私には余裕がある」と思っている。だから「お金に余裕がある状態」が続きやすい。逆に「もっとお金がほしい」と思っていると、思いを強めるほど「もっとお金がほしい状態」に拍車がかかり、どんどん緊迫した現実を作り上げてしまう。「仕事が楽しい」と思っているとき、宇宙は「楽しい仕事」を持ってくる。逆に「会社に行きたくない」と思っているとき、宇宙は「トラブル」や「ストレス」を運んでくる。

人生は旅行みたいなもので、あの世からこの世に観光に来たんだ。個性も特性も人それぞれ。世の中を見回してみると、観光目的をすっかり忘れて「レンタカー(肉体)」の外見・性能・機能にコンプレックスを持っている人がいたり、オプション取り付けやカスタマイズすることに必死になっている人がいたりする。「車」に目が向いている人ほど、ぜんぜん「ドライブ」や「観光」を楽しめていない。

最後の方では、「何もするな」と言っている。これは「何者かになろうとするな」ということで、自分が自分であることを徹底的に認めてあげることが「何もしない」ことなんだ。
「そのままの自分」には「いい」も「悪い」もない。それは見た側の「主観評価」であり、「評価される側の人間性」ではなく「評価する側の人間性」だ。そのことに気がついていない人は、自分に対する「人からの評価」を気にしてしまって、劣等感や欠乏感を抱く。そして誰かと比較することによって生まれた「わたしは劣っている・何かかが欠けている」と思って演技するようになる。つまり自分ではないものになろうとする。

でも人はみな、どこかで「何かを演じることなく、そのままの自分でいるのが一番楽なんだ」と気づいているんだ。何ものかになろうとする努力をやめれば自然と素の自分になる。これは執着を手放すと言うことだ。「何かを握りしめつづける(執着する)」ということは努力が必要な「行為」だ。だが「手放す」というのは、その「握りしめ続けることをやめる」ということだから「行為」ではない。「行為」をやめることが「手放す」なんだ。

そのほか、いろいろ守護霊に教えてもらったこの世の仕組みがわかりやすく書かれていて、いい本でした。「もっと、あの世に聞いた、この世の仕組み」という続編も最近発行されました。

「あの世に聞いた、この世の仕組み」 雲黒斎著 サンマーク出版 2010年3月30日発行 1600円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-09-30 15:16 | | Comments(0)

「そして父になる」を見に行きました(9月29日)

d0021786_22473550.jpgミッドランドスクエアシネマへ「そして父になる」を見に行きました。カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作品ということで満員でした。

6歳まで育ててきた子どもが、病院で取り違えられた他人の子どもだった、本当の子どもは他の家族の一員として育っていると言うことを病院側から知らされ、戸惑う二組の家族。

大手建設会社に勤め、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多(福山雅治)。ある日病院からの電話で、6歳になる息子が取り違えられた他人の子だと判明する。妻のみどり(尾野真千子)は気づかなかった自分を責め、一方良多は、優しすぎる息子に抱いていた不満の意味を知る。良多は相手方の家族と戸惑いながらも交流を始めるが、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)夫婦の粗野な言動が気に入らない。過去の取り違え事件では100%血のつながりをとるというが、息子に一心な愛情を注いできたみどりと、温かでにぎやかな家族を築いてきた斎木夫婦は、育てた子を手放すことに苦しむ。早い方がいいという良多の意見で、ついに交換が決まるが、そこから、良多の本当の「父」としての葛藤が始まる…。

良多はエリート社員で、負けたことがない。家庭のことは妻に任せて、家にいるときも子どもの慶多とはあまり遊んでやらない。でもピアノを習わせたり、私立小学校へ入学させたりはする。一方二人の本当の息子は小さな電気屋の長男として伸び伸びと育っている。

「そして父になる」 2013年日本 121分 監督:是枝裕和 出演:福山雅治、尾野真千子、リリー・フランキー、真木よう子ほか
[PR]

by irkutsk | 2013-09-29 22:48 | 映画 | Comments(0)

「酔芙蓉」が咲いていました(9月28日)

鶴舞公園で酔芙蓉を見てきました。今朝は白い花だけでなく赤い花も咲いていて、同時に2色の花を楽しめました。午前中は白で、昼頃から赤くなり始め、夕方には赤くなると言われていて、今まで午前中にばかり行っていたので、白い酔芙蓉しか見てなかったのですが、なぜか今日の朝は一つの木に白と赤の酔芙蓉がそろって咲いていました。
d0021786_20504057.jpg
d0021786_20502931.jpg
d0021786_20501844.jpg
d0021786_2050651.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-09-28 20:50 | お花見 | Comments(0)

「あの頃、君を追いかけた」を見に行きました(9月27日)

d0021786_20303723.jpg名演小劇場へ「あの頃、君を追いかけた」を見に行きました。

台湾中西部の町・彰化の中高一貫校に通うコートン(クー・チェンドン)はどこにでもいる勉強嫌い、悪ふざけが好きな高校生。教室の最後列の男子ふたりで女性教師の授業中にマスターベーションをしているところを発見され、先生にこっぴどく叱られ、コートンはクラス一の優秀な女子生徒シェン・チアイーの前の席に座らされる。そして先生は彼女にコートンの面倒を見るようにと言う。

シェン・チアイーはクラスの男の子たちのアイドルで、みんなが手を変え、品を変え彼女の気を引こうとするが成功しない。そんなある日、シェン・チアイーは英語の教科書を忘れてきてしまった。英語の授業が始まってすぐに「教科書を忘れた人は立ちなさい」と言われる。その時、前の席のコートンが自分の英語の教科書を彼女に渡し、自分が立つ。コートンは椅子を持ってうさぎ跳びをさせられる。

シェン・チアイーは彼に勉強させようと自分でテスト問題を作って、参考書も貸して、明日までにやってくるようにと言う。彼女に「私が軽蔑するのは、自分は頑張らないで、人の努力をバカにする人」と言われてコートンは勉強に励むようになる。そして彼女の特訓の成果もあり、彼の成績は徐々に上がっていった。そして夜も学校に残って、チアイーと勉強をする羽目に。そんなある日、コートンは今度の試験で勝ったほうが相手の髪形を決めるという提案をした。チアイーが勝てば、コートンは丸刈りに、コートンが勝てばチアイーはポニーテールにすることになった。結果はコートンの負け。丸刈りになったコートンの前に現れたのはポニーテールのチアイーだった。

そんな二人の高校生活も終わり、二人は別々の大学へ。コートンは新竹の大学に、チアイーは台北の教育大学に。遠距離恋愛で、毎日公衆電話に並んで電話をかけるコートンだった。そして初めてのクリスマスの日、二人は待ち合わせてデートをする。「本当に私が好き?」と聞かれ、すぐに答えようとするコートンに、「答える前にちゃんと考えて」と言われて告白できないままに終わってしまった。

コートンはチアイーに自分をアピールしようと、大学の寮で格闘技大会を企画し、チアイーにも連絡して自ら出場する。ところがコートンはさんざんやられてしまい、そこへチアイーがやってくる。チアイーは何でこんな幼稚なことをするのかと怒る。どうせ俺は幼稚だよと言って二人は仲たがい。

それから2年がたち、台北で大地震が起こる。コートンはつながらない携帯をもって町へ飛び出し、つながるところまで走ってようやくチアイーの電話につながった。彼女の安全を確認しほっとしたコートンだった。

やがて映画は最初のシーンへとつながる。結婚式である。チアイーは誰と結婚したのか。

特に面白かったのは高校時代のコートンと彼の仲間たち、そしてクラスの優等生でちょっとかわいいチアイーをめぐる男子生徒たちのけなげな努力。青春映画の代表みたいな映画で十分楽しめました。

「あの頃、君を追いかけた」 2011年台湾 110分 監督:ギデンズ・コー 出演:クー・チェンドン、ミシェル・チェンほか
[PR]

by irkutsk | 2013-09-28 20:30 | 映画 | Comments(0)

彼岸花を見に行きました

半田の矢勝川へ彼岸花を見に行きました。去年は開花が遅くて、さびしかったのですが、今年は見事に咲きそろっていました。
d0021786_22472384.jpg

d0021786_22475150.jpg

d0021786_22483559.jpg

d0021786_2249270.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-09-25 22:49 | お花見 | Comments(0)

ふるさと納税のお礼の品が届きました(9月25日)

兵庫県三木市からふるさと納税のお礼の品、「三田和牛 赤身すき焼き用500g」が届きました。1万円以上の寄付に対して、地元特産品が送られます。

特産品一覧表

寄付の流れ
d0021786_22355169.jpgd0021786_22364082.jpg
[PR]

by irkutsk | 2013-09-25 22:37 | ふるさと納税 | Comments(0)

「女の子ものがたり」を読みました(9月25日)

d0021786_22144816.jpg西原理恵子の子ども時代を描いた漫画です。海の見える村から山と田んぼと工場のある街へ引っ越してきた。みさちゃんと奇異ちゃんという二人の友達ができた。美佐ちゃんのお母さんは今までで一番世界一こわそうなお母さん。きいちゃんちは汚くて家の半分がゴミ。3人でバスに乗ってデパートのある町へ行くがきいちゃんの服は汚いからバスに乗せてくれないかもしれないといって、きいちゃんの服をみんなで洗うがびちゃびちゃの服を着てバスに乗り、座れずにきいちゃんだけ立っていた。

田舎の町では町を出て行くと、男はやくざになってえらそーに帰ってくるけど、女の子は二度と帰ってこない。中学に入ると3人はそれぞれ別の学校に入ったが共通項は「ばか捨て山」だった。そこに行ってもさらに底辺のばかだった。中学生になると不良グループで過ごしていた。自分たちの母親は結婚して、後の一生ずっと怒っているか泣いているか、文句を言ってるかだ。

高校になって学校を中退し、父親が自殺する。みさちゃんは19歳で結婚した。似合わないピンクのフリルのついたエプロンを着ていた。小さな部屋に大きな花嫁タンス、全部背の高さが違うカラーボックス、ジュータンは緑色、カーテンはピンク。それはきいちゃんが人がちゃんと育つ家を見たことがないから。

みさちゃんは一緒に住んでいる男に殴られ、内臓破裂に。こんな女の人生を見るのはもううんざりだった。おとうさんが取っていった12万円の貯金は20万円にして返してくれていた。お母さんのくれた100万円とお父さんの20万円を持って町を出た。東京で美大に入るために。

「女の子ものがたり」 西原理恵子著 小学館 2005年5月10日発行 857円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-09-25 22:14 | | Comments(0)

旧中央線愛岐トンネルを歩いてきました(9月21日)

d0021786_2218419.jpg9月7日から10月27日までの土曜日・日曜日・祝日に行われている「愛岐トンネル群・アートプロジェクト2013」に参加しました。

中央線定光寺駅から古虎渓駅までの半分くらい、1.7kmの旧中央線跡を歩きました。定光寺で中央線を下り、東へ350mくらい行ったところが入り口で、急な階段を登ると受付があり、入場料500円を払ってスタートです。途中3号トンネルから6号トンネルまで4つのトンネルがありました。すぐに長さ76mの3号トンネルがありました。このトンネルは天井から明かりに照らされた舟のオブジェがたくさん飾られていました。トンネルを抜けると竹林があり、もう少し行くと長さ70mの4号トンネルがありました。4号トンネルを抜けると左手に滝と水車が見えました。

5号トンネルの手前にもみじサイダーを売っている店があり、帰りに買って飲んでみました。もみじの葉で色をつけたという紅い色のサイダーでした。コーヒーショップやクッキーやマフィンを売っている店もありました。長さ99mの5号トンネルは天井から水が滴り落ちいている箇所がありました。トンネルの中は涼しくて、ずっと入っていたいような気分でした。5号トンネルを抜けるとすぐに長さ333mの6号トンネルがあります。この一番長いトンネルは曲がっていて、 入っても出口が見えません。持参した懐中電灯の明かりを頼りに進みました。このトンネルを出たところが終点で、サルノコシカケが木に生えていました。
d0021786_22192712.jpg

d0021786_22201539.jpg

d0021786_22204192.jpg

d0021786_22211853.jpg

d0021786_22213360.jpg

d0021786_22215788.jpg

d0021786_22222457.jpg

[PR]

by irkutsk | 2013-09-21 22:22 | 旅行 | Comments(0)

「ある奴隷少女に起こった出来事」を読みました(9月20日)

d0021786_2155106.jpgアメリカ奴隷制の実態を一人の奴隷少女の目を通して描いた感動的な本である。

著者・ハリエット・アン・ジェイコブズは1813年にノースカロライナ州に奴隷の娘として生まれた。白人との混血で彼女は肌の色は白かった。両親の庇護の下6歳まで平穏な子ども時代を送っていたが、母の死によって始めて自分が奴隷なのだということを知ることになった。でも、その時の彼女の所有者は、リンダ(本の中ではこの名前を使っている)の祖母の乳を飲んで母と一緒に姉妹のように育ったお嬢さんだった。

彼女の運命を変えたのは12歳のとき、お嬢さんが病気になりまもなく亡くなってしまったときからだ。新しい主人は近所に住む医者フリントで、お嬢さんの姉の夫だった。フリント家では冷たい視線、冷たい言葉、冷たい態度だけだった。母が亡くなって1年後、父も亡くなり、リンだダと弟のウィリアムは祖母が母親代わりになって二人の面倒を見た。祖母は主人が亡くなったとき奴隷の身分から解放してやると言われていたが、遺産を相続したドクター・フリントは彼女を競売にかけたのだった。みるに見かねた亡き主人の姉が50ドルで彼女を買い取り、彼女を奴隷から解放したのだった。

リンダはフリント家でつらい日々を送っていたが、さらに美人に生まれた彼女はドクター・フリントに追い回されるようになった。当時、奴隷を性の対象として、白人の主人が奴隷に子どもを生ませるというのはよくあることだった。15歳のリンダは彼から逃れるべく、弁護士のサンズの愛人になり、二人の子どもを産む。

奴隷が逃亡することは犯罪であり、捕まれば鞭打ち、重労働、そして殺されることもある。そんな状況の中で、リンダは逃亡を決意する。自分が奴隷であれば、子どもたちもフリントの奴隷になる。自分が逃亡すれば、怒って子どもたちを売りに出すだろう。それをサンズが買ってくれて、二人を解放してくれるという計画だった。

リンダは逃亡したと見せかけて、実は祖母の家の屋根裏に7年間も隠れて暮らしていたのだった。狭いところで身体を動かすこともできず、同じうちに子どもたちがいても声をかけることもできず。

そして7年間の屋根裏生活の後、北へ行く船に乗り、フィラデルフィアへ。しかし北へ行っても、追っ手を警戒しながら暮らさなければならなかった。サンズのいとこのうちに預けられていた娘のエレンは学校へも生かせてもらえず、小間使いとして使われていた。やがて息子のベニーとも再会するが、家族3人がそろって暮らすことはとうとうできなかった。1850年州を越えて逃亡した奴隷の返還を求める法律が成立し、ニューヨークは以前よりずっと危険な町になった。

結局彼女はフリントの死(1850年)によって、彼の娘・エミリー(もともとリンダはエミリーの所有だった)の夫・ダッジによって連れ戻されようとするが、彼はお金に困っていて300ドルで北部のやさしい友が買い、彼女によって解放される。

その後すべての奴隷が解放されたのは1862年、リンカーンによる奴隷解放宣言であった。

「ある奴隷少女に起こった出来事」 ハリエット・アン・ジェイコブズ著 堀越ゆき訳 大和書房 2013年4月10日発行 1700円+税
[PR]

by irkutsk | 2013-09-20 21:55 | | Comments(0)

「オーガスト・ウォーズ」を見に行きました(9月20日)

d0021786_21162721.jpgピカデリーへ「オーガスト・ウォーズ」を見に行きました。

久々の新しいロシア映画ということで期待して行ったのですが、予想していたのとはちょっと違いました。予告編では巨大ロボットが出てくるのですが、これは少年チョーマの空想で、実際に戦争にロボットが出てくるわけではありませんでした。

この映画は2008年8月8日、北京オリンピックの開会中に、突然グルジア軍が南オセチアに侵攻して州都ツヒンバリを占領する。これに対してロシア軍はグルジア軍を追い出し、さらにグルジア領内に侵攻していった。南オセチア問題はグルジアの南オセチア自治州をめぐる問題で、グルジアからの分離独立、そしてロシア領の北オセチアと一緒になりたいというオセット人を中心とした分離独立派とそれを認めないグルジア政府との内戦だった。2008年当時はロシア軍が平和維持軍として南オセチアに駐留していた。

映画はこの戦争が始まる直前から始まる。シングルマザーのクセーニア(スヴェトラーナ・イワノーワ)は息子で5歳のチョーマ(アルチョム・ファディエフ)とモスクワで暮らしていた。そして両親の離婚に心を痛めているチョーマは、寂しさから逃れるため、いつしか空想の世界で、自分にしか見えないロボットたちと遊ぶようになっていた。

クセーニアは実業家と再婚しようとしていたが、それもチョーマにとって気に入らなかった。そんな時、別れた夫で軍人のザウールからチョーマを遊びに来させないかという電話が入った。彼は南オセチアのシダモンタ村で平和維持軍の任務についていた。村には彼の両親も住んでいた。迷った挙句、クセーニアは息子チョーマを南オセチアのザウールの元へ送る。

ところがすぐにグルジア軍が南オセチアに侵攻してきて、戦争になったというニュースを聞き、クセーニアはザウールに電話するが全然つながらない。そこで彼女は自ら南オセチアへ向かうのだった。チョーマがいるシダモンタ村へ行こうとするがそこはグルジア軍の占領地域となっていた。

一方チョーマは、祖父、祖母、そして父親と一緒に出かけようとしているところへグルジア軍の戦車がやってくる。おばあちゃんはチョーマに台所にスカーフを忘れたから取って来てといって車から降ろす。そしてザウールは、自分は平和維持軍だから大丈夫だと言っていたが、戦車の砲撃により3人は殺されてしまう。チョーマは一人、家の中に取り残された。そこに母親のクセーニアからのメールが届く。

戦火の中を何とか息子の下へ駆けつけようとするが、さまざまな障害が彼女を待ち受ける。
果たしてクセーニアはチョーマを救い出すことができるのか?

グルジア軍の侵攻によって始まった戦争は5日間で終結した。映画の中ではクレムリンの会議の中でグルジアの侵攻に対して反撃をためらう人物がいて、それを大統領が無視してグルジアへの反撃・侵攻を決定する。ロシア人ならこの消極的な人物が誰なのかすぐにわかるのだろうが、日本人にはわからないのが残念だ。

戦闘シーンはロシア軍の協力の下、迫力あるシーンが繰り広げられた。ロシア側から見たグルジア戦争に子どもを思う母が命をかけて息子を救い出しに行くというヒューマンドラマを付け足した映画だった。

原題は「Август восьмого」(8月8日)。南オセチア問題について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

「オーガスト・ウォーズ」 2012年ロシア 132分 監督:ジャニック・フェイジエフ 出演:スヴェトラーナ・イワノーワ、マクシム・マトヴェーエフ、ユゴール・ベロエフ、アルチョム・ファディエフほか
[PR]

by irkutsk | 2013-09-20 21:16 | 映画 | Comments(0)