<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「ほとりの朔子」を見に行きました(3月31日)

d0021786_22391676.jpg名古屋シネマテークへ「ほとりの朔子」を見に行きました。

大学受験に失敗した朔子(二階堂ふみ)は、現実逃避の日々を送っていた。
ある日、叔母・海希江(鶴田真由)に誘われ、もうひとりの伯母・水帆(渡辺真起子)が旅行で留守にする家で、夏の終わりの2週間を過ごすことになる。

美しく知的で、やりがいのある仕事を持つ海希江を朔子は尊敬しており、小言ばかりの両親からも解放される海辺の街でのスローライフに胸躍らせる。

朔子は海希江から、古馴染みの兎吉(古舘寛治)や娘の辰子(杉野希妃)、そして甥の孝史(太賀)を紹介される。

朔子と孝史は小さな街の川辺や海や帰り道で出会い、語り合ううちに、次第に距離を縮めていく……。

映画は列車の走行音で始まり、朔子が海希江と二人で伯母・水帆のうちへ来る。そして、母親が予備校入学の手続きをしたから帰ってくるようにとの電話がかかってきて、朔子は海希江と兎吉、辰子に見送られて帰っていく。その列車の走行音で映画は終わる。

伯母のうちで叔母の海希江と過ごした10日間を描いたひと夏のストーリー。孝史と昼ごはんを食べる約束をして、レストランで注文した後、孝史の携帯にクラスメイトの知佳から今から会いたいと電話がかかってくる。朔子は「ここに呼べば」と言って自分は料理も食べず、お金だけ払って帰っていく。翌日孝史は知佳にイベントがあるからと一緒に行こうと誘われて、行ってみると反原発の集会だった。そこで彼は福島から避難してきている者として発言を求められる。だが、彼は以前から福島から出たくて、原発事故を機に喜んで出てきたし、帰りたいとも思わないと発言して、走って会場を後にする。知佳に誘われたのはこの集会に自分を誘うためだったのだと気付きショックを受ける。

そして伯父・兎吉の経営するラブホテルでアルバイトしているが、大事な常連の客で地元の議員・志賀廣太が高校生を連れ込んでいるのを見て、伯父を追及する。伯父はもう明日から仕事に来なくてもいいと言う。その常連の客が来たらかけるように言われていたCDをかえて、「こんにちはあかちゃん」をかける。そしてホテルを飛び出す。

ちょうどうちで孝史が集会で発言しているのを見て、彼に会おうとやって来た朔子と会い、二人で家出する。線路を歩きながら駅のホームで一夜を明かす。翌日二人はうちへ戻る。

夏の終わりの10日間に朔子が見聞きした、人間関係をリアルに映し出したいい映画だった。

「ほとりの朔子」 2013年日本 125分 監督:深田晃司 出演:二階堂ふみ、鶴田真由
、太賀、古館寛治ほか
[PR]

by irkutsk | 2014-03-31 22:39 | 映画 | Comments(0)

青春18きっぷを使い切りました(3月30日)

d0021786_2034010.jpg春の青春18きっぷを2月に購入し、3月1か月で5回使い切りました。1回目と5回目は東海道を歩くために使い、2回目、3回目は妻と二人で息子のところ(神戸)へ行くのに使いました。4回目は前回神戸へ行ったときに大阪の阪神梅田駅でマナカがうまく使えなくて、梅田駅の入場データが残ってしまっていたので、それを取り消してもらいに大阪まで行きました。
1回目 千種→磐田  2,080円
     袋井→千種  2,210円
2回目 千種⇔大阪  6,520円
3回目 千種⇔大阪  6,520円
4回目 千種⇔大阪  6,520円
5回目 千種→磐田  2,080円
     浜松→千種  1890円
合計27,820円分使いました。青春18きっぷは11,500円なので16,320円もお得でした。次回、夏の青春18きっぷは7月1日から発売で、利用できる期間は7月20日から9月10日までです。4月1日から消費税引き上げにより鉄道運賃も値上げされますが、青春18きぷも値上げになるのでしょうね。3%上積みだと11,845円だけど11,900円になるかも。
[PR]

by irkutsk | 2014-03-30 20:33 | 旅行 | Comments(0)

「モスクワに乾杯」を読みました(3月30日)

d0021786_1274236.jpg愛知大学で非常勤講師をしていた伊藤ふさ子さんが1992年9月から12月までモスクワに行かれて、そこで体験されたことが書かれています。

1991年12月25日にゴルバチョフが辞任し、ソ連が解体されました。国民は社会主義から資本主義への社会の変化についていけず、市場経済とはいうものの、まだ社会主義時代のシステムが残り、しかも経済的には非常に大変な時期であった時期にモスクワで3か月間過ごされた伊藤さんの貴重なレポートです。

しかし、現在もこの状況だと思ってロシアに行くと、同じものもあるが、全く変わってしまったものもあるので要注意です。

わたしも2006年12月から2008年6月までロシアで生活したので、伊藤さんが体験されたことと同じ目にあったことを思い出し、懐かしくなりました。

1992年のロシアにはまだ洗濯機が普及してなくて、手で洗っていました。そしてお湯が出なくなることがたびたび。ソ連崩壊後は、泥棒が多発し、各家々はみんな丈夫な鉄の二重扉に、鍵を2~3個取り付けるという状況でした。さらにアパートの入口の鍵もありなかなか大変でした。建てつけが悪いので、なかなか鍵がうまく開閉できないということもありました。伊藤さんも家主から鍵を6個ももらい、うちに帰っても鍵が開けられなくて困った経験を書いていました。鍵を開けるにはコツがいるということだったようです。

大学の教室の鍵が開かなかったり、閉まらなかったりで、私も困ったことがありました。そして大学の教室はいつも決まっているわけではなく、その時に空いている教室を使うように言われたり、授業中に他の先生と生徒がやってきて、「ここは私の授業で使うから」と言って出されてしまったこともありました。

バスやトロリーバス、電車の乗り方も1992年頃は、停留所付近のキオスクで切符を買って、バスに乗ると車内に3箇所ぐらいあるパンチで切符に穴を開けるというシステムでした。込んでいるときは切符を隣の人に渡して、パンチのそばにいる人まで渡してもらい、パンチした後はまた切符が戻ってきます。

現在は、車内に料金徴収係りがいて、お金を取って切符をくれます。

伊藤さんが行った1992年ごろはまだ社会主義のよい風習が残っていて、年寄りや、障がい者、子ども連れの人たちには若者がちゃんと席を譲っていました。しかし資本主義が定着するとともに、席を譲らない若者も増えてきて、お年寄りに怒られているという風景にも出くわしました。

商店の昼休みという制度は、私がいた頃もまだ残っていて、店まで行くとお昼休みで閉まっていたということが何回かありました。また店の店員も無愛想で、特に旅行社のサービスは悪く、木で鼻をくくったような対応で、日本に帰って来て日本の旅行社に行った時はあまりのてきぱきとした仕事ぶりとお客へのやさしい対応に感動してしまいました。

伊藤さんが行かれた1992年は特に大変な時期だったため、苦労も多かったようです。でも今のロシアは少しずつよくなってきています。日本に比べるとまだまだですが…。是非、ロシアへ行って自分の目で確かめてください。

この本は1992年のモスクワを知る貴重な一冊です。

「モスクワに乾杯」 伊藤ふさ子著 日本貿易振興会(ジェトロ) 平成5年8月5日発行 951円+税
[PR]

by irkutsk | 2014-03-30 12:07 | | Comments(0)

「親鸞激動篇」(上)を読みました(3月29日)

d0021786_972970.jpg越後へ流罪となり妻・恵信とともに国府の港に着いたのは1年前のことだった。

流罪になった者は一般に1年から3年の役というものが課せられ、親鸞の場合は1年だった。その役を終えると配所の戸籍にくわえられ、刑期を終えるまで自活することになる。百姓と同じように田畠をたがやし、年貢その他の租をおさめて働くのだ。そのための種籾は役所から貸し与えられ、男は2反、女は1反120歩ほどの田も支給される。しかし収穫の後には、借りた種籾に利子をつけて返さなければならず、さらに年貢もおさめなければならない。

幼い頃に親鸞に学問を教えた伯父の日野宗業が、その後、どういう手蔓をもちいたのか、去年、突然、越後権介という役目に就いたということで、国司も親鸞を粗末にはあつかえず、国司の館の一角にある郡司の詰め所の裏庭の物置を手直ししてそこに住まわせていた。

そこで雑役につけ、崩れかかった塀や風除けの柵の修理、瓦がはがれた屋根、荒れ放題の庭、根太の腐った床、水の枯れかかった井戸などをやらせたが、親鸞はそれらをすべて巧みにこなしたのだった。

その1年の役が3日前に明けたばかりの親鸞は恵信とともに小高い丘の上から海の方を眺めていた。すると奇妙な行列が見えた。行列の先頭には白い旗がひるがえり、旗の後に数頭の牛、その牛に続いて長い長い行列が蛇行している。恵信に効くと「権現さまのご一行」だという。世間では「ゲドイン」さまとよんでいるそうだ。

「外道院金剛大権現」を名乗るこの男は、本人の言によると大和の大寺の下人の子だという。神童と言われるくらいに頭がよかったので、役僧が陰陽道を学ばせたら、これが大当たり。その吉凶を占うところことごとく的中した。ついに朝廷の陰陽寮にまで招かれ、陰陽博士も目の前というところで惜しくも失脚した。競争相手の陰陽師が、彼の身元をさぐり、下人の子だとばらしたらしい。朝廷をだました罪として、額に「下」の焼印を押されて追放されたという。その後、葛城山にこもって木食、峰歩き、窟ごもりなど山の暮らしをしたあげく、自然に修験道の道に入ったそうだ。そして本人は役の行者の声をきいたと言っている。

その行列が近づくと男も女もひざまずく。そして道端に土下座した人々は「外道院さま、ご勧進。ご勧進-」と言って大きなざるを持って歩く男たちに銭や干魚、餅や米、野菜の束を差し出す。その行列を見ていた親鸞は、生き仏などはいないと、ひざまずくことなく、立ったままその行列を見ていた。

突っ立っている親鸞に対して「そなたは、なぜ立っておる」と問われるが、親鸞は答えなかった。「外道院さまは、即身成仏なされた当代、ただお一人の生き仏であらせられる。そなたもひざまずいて、ありがたく拝むがよい」と言われるが、「人は、浄土に迎えられて仏となるのだ。この世に、生き仏などというものはない」と答える。

そして行列には乞食や病人、目や足の不自由なもの、気のふれたものも多数いた。やがて白覆面姿の大男が人々を前に朗々としゃべり始めた。「よいか、皆の衆。今ここを行くかたがたを、ようく見るがよい。世のお偉いお坊さまがたは、つねに業ということを説かれておる。前世の業。現世の業。身・口・意の三業だ。それらの悪業のむくいとして人は悲惨な目にあうというのだ。しかし、それはちがう。これらの人々は、そなたたち世間の者たちの業を背おって、病み、貧にあえぎ、苦しみを受けているのだぞ。世の中でもっとも心やさしく、汚れなき者たちが、そなたたちの身代わりとして、業を引き受けているのだ。これを代業という。」

翌日、外道院から親鸞に来るようにとの使いが来た。そして外道院のところへ行く途中、人買いの現場に立ち会う。人買いの現場を見るのは初めてだった。外道院の住む廃船に着き、人が人を売っている光景を見たので怒っていると外道院に言うと、外道院は英彦山坊にすぐに行けと命じる。親鸞も自分も行くと、ついて行く。そして白覆面の名香坊宗源が人買いの用心棒を倒すと、先生と呼ばれる男が現れた。親鸞は先ほどこの場所で下人の競りを他人事のように見過ごした自分が許せず、彼の前に立つ。そして念仏を唱え始めると先生は奇妙な咳をし、血を吐いてひざまずいた。偶然のこととはいえ、見ていた者たちは親鸞が念仏で倒したと思い込んだ。

その後、守護代による娘の誘拐を外道院たちと協力して助け出すという事件もあった。

この本での最大の山場は寒くて、雨が降らない夏に雨乞いの祈祷をやってくれと頼まれ、いったんは断るが、何度も頼まれ、断りきれずに引き受けることになる。飲まず、食わずで7日間、念仏を唱え続けるが雨は降らず、守護代は彼を殺そうとするが、その時雨が降り出す。今回も偶然によって助けられた。

親鸞は念仏を唱えればどんな悪人も浄土へいけると説いていたが、現世の苦しみを解決できない自分自身に疑問を感じ始めるのだった。外道院を見ることによってこのことに気付いたのだった。

親鸞激動篇(上) 五木寛之著 講談社 2012年1月14日 1500円+税
[PR]

by irkutsk | 2014-03-29 22:55 | | Comments(0)

株式会社電算システムから株主優待の案内が届きました(3月28日)

株式会社電算システム(3630)から株主誘致あの案内が届きました。株式会社電算システムの株主優待は年1回12月末現在100株以上の株主に贈られます。内容は次の飛騨地方特産品・オリジナルクオカードのなかから1点選ぶことができます。

株式会社電算システムは情報処理サービス開発中堅で、払込票決済など収納代行を拡大中です。グーグルの販売代理店展開も行っています。

2013年12月の決算によると5億9300万円の純利益をあげており、配当金は中間20円、期末10円、年間30円となっていますが、2014年は中間11円、期末11円で年間22円を予想しています。

3月28日の株価は1142円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_23245471.jpg
d0021786_23252434.jpg

[PR]

by irkutsk | 2014-03-28 23:25 | | Comments(0)

見附宿から浜松宿まで歩きました(3月28日)

青春18切符最後の5回目を使って磐田まで行き、見附宿から浜松宿まで歩きました。

磐田駅を10時50分に出発。北に向かって歩き始め、すぐに左へ折れてしばらく歩くと左手に「くろん坊様」という祠がありました。説明の看板によると「インド人の旅僧が手にかけられて金品を奪われてしまったので、土地の人々が手厚く葬ったものといわれており、毎年11月3日が縁日とされている」そうです。
d0021786_2235694.jpg

d0021786_2235277.jpg

もう少し歩くと右手に恐竜の頭が見えてきます。パチンコ屋のマスコットでした。
d0021786_22354728.jpg

宮之一色一里塚跡です。日本橋から数えて63番目の一里塚です。
d0021786_2236538.jpg

このマンホールは旧豊田町(現在は磐田)のもので、町の花「ふじ」をデザインしたものです。
d0021786_22361770.jpg

旧東海道には松並木があり、その名残の松並木がいまもところどころで残っています。
d0021786_22363413.jpg

天竜川の手前に若宮八幡があり、なんと屋根つきの土俵もありました。ここでちょっと休憩。
d0021786_223654100.jpg

静岡県らしく茶畑があり、菜の花畑もありました。木蓮も花を開いており春を感じさせてくれました。
d0021786_2237115.jpg

d0021786_22373712.jpg

d0021786_22413660.jpg

青い橋の新天竜川橋には歩道がなく、トラックが行きかう車道の縁を歩くのは危険なので、すぐ北側にある車道片側4車線の新新天竜川橋を渡りました。こちらは幅の広い歩道があり、車道との間にはガードレールが設置してあり、安心して渡れました。歩いて天竜川を歩くと912mもあり、天竜川の大きさを実感することができました。橋を渡り終わったところに休憩所があり、旧東海道の案内板もありました。
d0021786_2242154.jpg

d0021786_22422257.jpg

歩道上にはこんな立派な木が生えていました。切るのは忍びないので歩道上に残されたようです。
d0021786_22424917.jpg

天竜川の堤防の外側に六所神社があり、境内には桜が咲いていました。
d0021786_2243282.jpg

d0021786_22431625.jpg

松林禅寺。境内の薬師堂は、徳川家ミツが浜松城主に命じて建立させたもの伝えられている。この寺は元禄、享保の二度にわたって炎上しているが、、薬師堂は焼失をまぬがれて現在に至っているといわれている。
d0021786_22433677.jpg

d0021786_22435766.jpg

天竜川駅の近くにある妙恩寺。鐘楼がとても印象的でした。
d0021786_2246148.jpg

d0021786_22461966.jpg

ようやく浜松駅が近くなったところで、道に鳥居がありました。疲れていたので神社には寄らず、写真を撮っただけで通過しました。
d0021786_22465895.jpg

14時15分、浜松駅に到着。約3時間半をかけて14.5kmを歩きました。
[PR]

by irkutsk | 2014-03-28 23:08 | 旅行 | Comments(0)

チムニーから株主優待券が届きました(3月27日)

d0021786_664911.jpgチムニー(3178)から株主優待券(500円×10枚)が届きました。チムニーの株主優待は年2回(6月30日と12月31日)あり、保有株数によって次のようになっています。
100株以上 お食事優待券500円券×10枚(一人1回につき1枚利用可能)
500株以上 お食事優待券500円券×30枚(制限なし)
株主優待券を返送してオリジナル商品と交換することもできます。
今回、私は「チムニー特選干物セット」(7枚入り)をいただくことにしました。

チムニーは、「はなの舞」「さかなや道場」「魚鮮水産」他、直営およびフランチャイズチェーン展開している会社です。2013年12月期の決算によると14億3100万円の純利益(前年比13.3%増)をあげています。配当金は中間10円、期末10円で年間20円でした(2014年も同じ予想)。

3月27日の株価は1,705円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_67263.jpg

[PR]

by irkutsk | 2014-03-28 06:08 | | Comments(0)

「友だちと歩こう」を見に行きました(3月26日)

d0021786_2123489.jpg名演小劇場へ「友だちと歩こう」を見に行きました。

小さな4つの話からなっているが、その4つの話がつながっているようなつながっていないようなへんな映画だった。

団地に一人で住む富男は悪い足を引きずって団地仲間の国雄とタバコを買いに行くのが日課になっている。富男にとって、決して遠くない道程にはさまざまな出会いと出来事が起こる。ある日二人で歩いていると、同じ団地に住んでいて先日飛び降りた若い女性が松葉杖で歩いているのに出くわす。郵便局に行くという彼女と一緒に足の悪い2人が歩いていく。前を歩く女の尻を見て「いいケツしてるな」とささやきあう二人の嬉しそうな顔。信号のところで国雄は財布を忘れてきたことに気付くが、富男が一緒に買って来てやるから帰って待ってろと言う。富男はタバコを買って、彼女と途中まで一緒に帰ってくるが、道が分かれているところで別れる。

第2話では青春が終わったのにまだ続いていると思い込んでいる二人、モウリとトガシの話。モウリはトガシを連れて、別れた元妻サツキに会いに行く。家の玄関の戸をあけて声をかけるが誰もいない。しばらくして庭のほうから男が現れる。サツキの夫だという。そのうちサツキも帰ってくるが、知らん顔してうちの中に入り、晩御飯を作り始める。そして娘のミサキが「カレーができた」と呼びに来る。二人は上がりこんで現在の夫や娘(今の夫やモウリの子ではないとサツキは言う)とともにカレーライスを食べる。

第3話では国雄はタバコを買いに行こうと富男を待つがちっとも来ないので、部屋を見に行くと動けなくなっている。国雄は富男を助け、一人でタバコを買いに行く。ところがタバコを買わずに、ワンカップの酒を買って半分飲んで帰っている途中、自転車とぶつかって川の土手を転がり落ちる。自分では登ることができず河原で一夜を過ごす。翌朝になって富男は国雄がまだ帰って来ていないのに気付き、探しに行く。そして河原に倒れている国雄を発見し、ダンボールを尻の下に敷いて土手を下りていく。二人は必死の思いで土手をよじ登るのだった。

第4話は富男と国雄がいつもの喫茶店にいると、青い顔をしてモウリからの郵便物を持ったトガシがやってくる。これは遺書なのじゃないかと、開けるのをためらうトガシだった。それを見ていたウエイトレスはやってきて、封筒を破る。中から出てきたのはカセットテープだった。ダイイングメッセージかも知れないとおびえるトガシだったが、聞いて見ると海の波の音だった。以前トガシトモウリは聞こえるから音があるので、聞こえなければ音がないということで言い合っていた。そしてモウリは海の波の音は誰も聞いていなくても音を出していると言っていた。それを証明するために海辺で波の音を録音して送ってきたのだった。

二組の男同士の友だちの話だが、何でこの二組の男たちが出てきて、どうつながっているのかよくわからない。いっそ二つの映画にすればもっとそれぞれを掘り下げることができたのではないか。中途半端な感じの映画だった。チラシや予告編を見る限り、もっと面白い映画かと思っていたが、笑いという点でも中途半端で終わっていたような気がする。

「友だちと歩こう」 2013年日本 89分 監督:緒方明 出演:上田耕一、斉藤陽一郎、松尾諭、高橋長英、山田キヌオ、水沢紳吾、野沢
[PR]

by irkutsk | 2014-03-27 21:23 | 映画 | Comments(0)

ロシアのお土産をもらいました(3月25日)

ロシア・ジェレズノゴルスクで日本語を教えた生徒が、今、東京外国語大学に留学していて、名古屋へ遊びに来ました。夜行バスで名古屋に朝7時に着き、四間道、名古屋城、東山動物園を見て、1時半にテレビ塔の前で会いました。去年の10月に会って以来なので5か月ぶりです。矢場とんでお昼を食べた後、オアシス21を見て、大須観音に行きました。
4時半のバスで帰るということだったので、あまり時間もなく残念でした。

彼女からもらったロシアのチョコレートです。中に胡桃が入っていてとても美味しいチョコレートでした。4個×3段で12個も入っていました。ありがとう!
d0021786_993931.jpg

d0021786_995421.jpg

d0021786_91068.jpg

[PR]

by irkutsk | 2014-03-26 09:09 | あったこと | Comments(0)

イチゴジャムを作りました(3月25日)

d0021786_8575040.jpgそろそろイチゴが安くなり始めたので、イチゴジャムを作りました。今年は新しいレシピで作ってみました。といっても大して作り方は違わず、変わった点はイチゴに砂糖をかけて1日おくというところです。砂糖の量はイチゴの60%、レモンの汁(1個分)を入れて、イチゴをつぶし、ぐつぐつ煮詰めていきます。途中あくが出てくるので、こまめにとります。

作っている間に容器を煮沸消毒し、乾燥させます。イチゴ4パックから4個のイチゴジャムができました。やはりジャムの王様はイチゴですね。
[PR]

by irkutsk | 2014-03-26 08:57 | 作ったもの | Comments(0)