ロシアとMacと日本語

irkutsk.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

内田樹「カジノで考える民主主義」(10月31日)

2014年10月21日の朝日新聞に内田樹氏へのインタビュー「カジノで考える民主主義」が掲載されました。政府・与党が今国会で成立を目指している「カジノ法案」について、記者が内田樹氏にインタビューしたものです。カジノは金もうけにはなるが、その儲けは国民からばくちで取り上げた金である。政府がやることはそんなことじゃないだろう。国民が安心して暮らせる社会を作ることだろう?と内田氏は言っています。

============================
酒も賭博も売春も『よくないもの』です。だからと言って全面的に禁圧すれば、抑圧された欲望はより危険なかたちをとる。公許で賭博をするというのは、計量的な知性がはじき出したクールな結論です

カジノ法案は賭博を『日の当たる場所』に持ち出そうとしている。パチンコが路地裏で景品を換金するのを『欺瞞だ』という人がいるかもしれませんけれど、あれはあれで必要な儀礼なんです。そうすることで、パチンコで金を稼ぐのは『日の当たる場所』でできることではなく、やむをえず限定的に許容されているのだということを利用者たちにそのつど確認しているのです。

賭博は何も生み出しません。何も価値あるものを作り出さない。借金しても、家族を犠牲にしても、人から金を盗んででも、それを『する』人が増えるほど胴元の収益は増える。一獲千金の夢に迷って市民生活ができなくなる人間が増えるほど儲かるというビジネスモデルです。不幸になる人々が増えるほど収益が上がるビジネスである以上、そのビジネスで受益する人たちは『賭博に淫して身を滅ぼす人』が増大することを祈ることを止められない。国民が不幸になることで受益するビジネスを国が率先して行うという発想が、僕には信じられません

「安倍政権の経済政策は武器輸出三原則の見直し、原発再稼働などいかに効率的に金を稼ぐかにしか興味がない。でも、当然ながらリスクが高いほど金は儲かる。一番儲かるのは戦争と麻薬です。人倫に逆らうビジネスほど金になる。でも、いくら金が欲しくても、あまり『はしたないこと』はできない。その節度が為政者には求められる。

為政者の本務は『経世済民』、世を治め、民を済うことです。首相は営利企業の経営者じゃないし、国家は金儲けのためにあるんじゃない。福島の原発事故対策、震災復興、沖縄の基地問題の解決の方がはるかに優先順位の高い国民的課題でしょう。厳しい現実に目を背け、なぜ金儲けの話ばかりするのか

武器輸出も原発再稼働もカジノも『金が儲かるなら、他のことはどうでもいい』という世論の形成にあずかったメディアにも責任の一端があります。メディアはなぜ『金より大切なものがある』とはっきり言わないのか。国土の保全や国民の健康や人権は金より大切だと、はっきりアナウンスしてこなかったのはメディアの責任です

人間は理想を掲げ、現実と理想を折り合わせることで集団を統合してきた。到達すべき理想がなければ現実をどう設計したらいいかわかるはずがない。それとも何ですか? あなたはいまここにある現実がすべてであり、いま金をもっている人間、いま権力を持っている人間が『現実的な人間』であり、いま金のない人間、権力のない人間は現実の理解に失敗しているせいでそうなっているのだから、黙って彼らに従うべきだと、そう言うのですか

『金より大切なものがある。それは民の安寧である』ということは、飽きるほど言い続ける必要があります。
============================
記事全文は「内田樹の研究室」で読むことができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-10-31 21:04 | 考えたこと | Comments(0)

「シャンティ デイズ365日、幸せな呼吸」を見に行きました(10月31日)

d0021786_20305566.jpg家出して青森から東京に出てきた本沢海空(門脇麦)は、テレビに出ていたモデル兼ヨガインストラクターのKUMI(道端ジェシカ)にくぎ付けになる。さっそく海空はKUMIが教えているヨガ教室に通い始め、KUMIに付きまとう。うっとうしく思っていたKUMIだが、海空が男にだまされ、電化製品一式とお金をとられて行くところもない海空に同情し、一晩だけ泊めてやることにしたKUMIだった。だがずるずると海空の同居は続き、KUMIも彼女に慣れていった。

順風満帆に見えたKUMIの仕事や、ボーイフレンドとの仲が少しずつ狂い始め、KUMIはボーイフレンドに「KUMIは自分のことしか見ていない」と言われ、雑誌のモデルもほかの女の子にとられてしまう。そんな八方ふさがりの状態になったKUMIは自殺を企てるのだが…。

一方、海空はアルバイトを探し、面接を受けるのだが一向に採用されない。そんな中ようやく仮採用で雇ってもらうことができた。その後も青森弁をお客に笑われたり、仕入れ先への電話で、数が間違って伝わったりし、青森弁を治す特訓に励むのだった。

そんな二人が、生きるとはどういうことなのかを、ヨガを通じて見つけていくというコミカルな映画だった。

「シャンティ デイズ365日、幸せな呼吸」 2014年日本 108分 監督:永田琴 出演:門脇麦、道端ジェシカ、ディーン藤岡、葉山奨之、石田ニコルほか
「シャンティ デイズ365日、幸せな呼吸」公式HP
[PR]
by irkutsk | 2014-10-31 20:30 | 映画 | Comments(0)

シベールから株主優待が届きました(10月29日)

d0021786_21141892.jpgシベール(2228)から株主優待の自社製品詰め合わせ(3000円相当)が送られてきました。シベールの株主優待は年2回(2月末と8月末)あり、100株以上の株主には3000円相当の自社製品詰め合わせ、500株以上で6000円相当の自社製品詰め合わせが贈られます。

今回送られてきた優待品には次のようなものが入っていました。
「岬のラスク」(吉永小百合さんの「ふしぎな岬の物語」とのコラボ商品で期間限定商品です。内容はプレーン2枚入×4袋、コーヒー2枚入×4袋)
「ラスクルとつぶつぶ苺の小箱」(ラスクル1枚入×2袋、つぶつぶ苺1枚入×2袋)
ラスクフランス【プレーン】キューブ(2枚入り×7袋)
ラスクフランス【ガーリック】キューブ(2枚入り×7袋)
ワインのケーキ(高畠ワイナリーとのコラボ商品、赤ワインケーキ2個、白ワインのケーキ2個)

シベールは1970年に創立されラスク、その他焼き菓子類、洋菓子、パンを作っている山形市の会社です。2014年8月期決算によると今期は1億円の損失となっています。配当金は30円を予定しています。

10月29日の株価は2,867円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-10-29 21:15 | | Comments(0)

杉原千畝記念館に行きました(10月29日)

日本ユーラシア協会主催の「杉原千畝記念館を訪ねるバスの旅」に参加しました。9時半に地下鉄本郷駅前からレンタカーのマイクロバスに乗り、26名で出発しました。11時には岐阜県八百津町にある「めい想の森」に到着。少し紅葉し始めた道を歩くと道端にリンドウのつぼみがいくつもありました。もう少し行くとメタセコイアの並木が美しい姿を現し、憩いの広場にある少し紅葉した木々を過ぎると、展望台に出ました。八百津の町が一望できはるか遠くには伊吹山も見えました。少しもやっていてくっきりとは見えませんでしたが。風もなく暖かな日差しがあり、ここで弁当を食べることにしました。
d0021786_9133711.jpg

d0021786_9135295.jpg

d0021786_914103.jpg

次に今日のメインである「杉原千畝記念館」に行きました。「めい想の森」からは2.5㎞です。館長の国枝さんに、杉原千畝がリトアニアで領事館開設をするまでの経過や、どうしてユダヤ人が日本領事館へ通過ビザをもとめて押しかけてきたのか、リトアニアはソ連に併合され、千畝はドイツへ出発するまで汽車の中でもビザを書いていた。そして6000人を超えるユダヤ人たちはソ連を横断し、ウラジオストクから敦賀へ渡り、神戸、横浜からアメリカへと渡っていった。彼らが無事アメリカまでたどり着けたのには、もちろん千畝が書いた通過ビザがあったからであるが、ほかにも移動の交通費を出してくれたユダヤ人同胞、そして日本国内を通過するためにはある程度のお金を持っていることが必要であったが、そのお金は入国審査を通過すると、またウラジオストクへ運ばれ、他のユダヤ人に渡されていたという事実。それを知ってか、知らずか、日本の税関が彼らを捕まえることはなかった。また当時の敦賀や神戸、横浜で彼らを暖かくもてなした無名の日本人たちがいた。そういう人々の助けがあって、千畝が発行した通過ビザが役に立ち、6000人を超えるユダヤ人が命を救われたのであるという話を詳しくしていただきました。

館内には当時、日本通過ビザを必死で書き続けたリトアニア領事館の執務室が「決断の部屋」として再現されていました。入館料は300円です。記念館は11月4日からリニューアルのため2015年3月31日まで休館となります。
d0021786_9144171.jpg

d0021786_9145993.jpg

次に行ったのは宮本武蔵が修業をしたという五宝の滝です。案内板によると「五宝滝は五つの滝群からなり、それぞれの落差が一の滝44m、二の滝23m、三の滝13mの全高80mにもおよぶ壮観なる三段の滝と円明の滝、二天の滝からなっている。円明の滝、二天の滝は二刀流の開祖・宮本武蔵(1584~1645年)が修業のために打たれたと言われている。」そうです。
d0021786_9152747.jpg

d0021786_9154160.jpg

d0021786_9155265.jpg

時間がなかったので円明の滝、二天の滝までは行けなかったが、三段の滝の姿は美しかった。下の方に連理木があり、ふつうは同じ種類の木だが、ここのは右が杉、左が桧と違う木が結合した連理木でした。
d0021786_9161219.jpg

d0021786_9162357.jpg

d0021786_9163632.jpg

[PR]
by irkutsk | 2014-10-29 17:49 | 旅行 | Comments(0)

大日本コンサルタントから株主優待が届きました(10月27日)

d0021786_2372377.jpg大日本コンサルタント(9797)から株主優待のクオカード500円分が届きました。大日本コンサルタントの株主優待は年1回(6月末)、保有株数によって次のようになっています。
100株以上  2年未満 500円相当  2年以上 1,000円相当
1000株以上  2年未満 1,000円相当  2年以上2,000円相当
10000株以上  2年未満 2,000円相当  2年以上4,000円相当
特産品等を掲載した自社オリジナルカタログからお好みの商品を1点選択

大日本コンサルタントは橋梁・道路に強みがある、中堅建設コンサル。官公庁取引多く収益計上は期終盤に集中。

2014年6月期決算によると3億6600万円の純利益(前年比44.9%増)をあげており、配当金は期末のみで8円となっています。

10月27日の株価は428円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-10-27 23:07 | | Comments(0)

セントラル警備保障から株主優待が送ってきました(10月26日)

d0021786_21211395.jpgセントラル警備保障(9740)から株主優待の図書カード500円分が送ってきました。セントラル警備保障の株主優待は年2回(2月末と8月末)あり、保有株数によって次のようになっています。
100株以上  図書カード1枚(500円)
1000株以上  図書カード2枚(1,000円)
10,000株以上 図書カード10枚(5,000円)

2015年2月期の第2四半期決算によると、3億2800万円の純利益を上げ(前年比6.8%減)ており、配当金は中間14円、期末14円で年間28円となっています。

10月24日の株価は1,143円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-10-26 21:21 | | Comments(0)

今日は黄色い落ち葉を写真にとりました(10月26日)

街路樹から地面に落ちたばかりの黄色い葉、赤い葉。そしてツワブキの黄色い花。
d0021786_21494317.jpg

d0021786_21495936.jpg

d0021786_21501795.jpg

d0021786_21515940.jpg

うちの近くにはピンクのクローバーの花が咲いていました。
d0021786_21503496.jpg

d0021786_21505273.jpg

[PR]
by irkutsk | 2014-10-26 11:00 | お花見 | Comments(0)

桜が紅葉し始めました(10月25日)

春は桜の花がきれいな「すいどう道」ですが、秋は葉が紅葉し、黄色い葉、赤い葉が落ちています。紅葉の落ち葉を見ていると、とても人間技では作れないようなきれいな色に染まっている葉が時々あります。今日もそんな葉を拾ってきました。でも外で見るのと、持って帰ってスキャナーにとったのとでは色が違います。「きれいだな」と思って拾った葉はその時からもう変化し始めており、その美しさは刻一刻と衰えていきます。まるで人の人生のように。
d0021786_21212453.jpg

[PR]
by irkutsk | 2014-10-25 21:21 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

稲葉製作所から株主優待が届きました(10月21日)

d0021786_5382158.jpg稲葉製作所(3421)から株主優待の図書カード(1000円分)が届きました。稲葉製作所の株主優待は年2回あり(1月末、7月末)、保有株数によって次のようになっています。
100株以上  7月末  オリジナル図書カード(1,000円分)
300株以上  7月末  オリジナル図書カード、複数の地域特産品の中から1品選択(3,000円分)
1000株以上  7月末  オリジナル図書カード、複数の地域特産品の中から1品選択(3,000円分)
        1月末  オリジナル図書カード(1,000円分)

2015年7月期決算によると、純利益は20億1200万円(前年比57.7%増)で、配当金は中間10円、期末10円の年間20円です。

稲葉製作所は物置や机、椅子などを作っているほか、2013年4月には群馬県富岡市に「イナバ富岡メガソーラ」を作り、太陽光発電事業にも参入しています。

10月21日の株価は1,274円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2014-10-21 15:00 | | Comments(0)

釜山から名古屋へ(10月20日)

いつものように、朝の散歩に出かけようと準備をして、宿の玄関に行くとかなり激しい雨が降っている。散歩は中止にして部屋に戻り、テレビを見る。今回の旅行で多くのところでNHK(総合テレビ)を見ることができた。

朝ごはんを食べに雨の中を出かける。観光案内所でもらった「まるごと釜山」に載っていた「チャガルチ誠アワビ」へアワビ粥を食べに行こうと出かけたが、よくわからず、途中何回か人に聞いたが、「まるごと釜山」は日本語なので韓国人に見せてもよくわからず、目的地近くまでは行けたのだが、アワビ粥のある別の店に入った。店内は日本人ばかりで、隣のテーブルにきた女の子2人づれは、近くの「タワーヒルホテル」に泊まっていて、福岡から1泊2日で来たと言っていた。アワビ粥(10,000ウォン)を食べ、無料のインスタントコーヒー(セルフ)を飲んだ。店を出ると雨はほとんど上がっていた。
d0021786_844399.jpg

9:30に三原荘を出て、「チャガルチ」から地下鉄1号線に乗り、西面で2号線に乗り換え、さらに沙上で「釜山-金海軽電鉄」に乗り換え金海国際空港へ。空港に着いたのは10時半で約1時間かかった。
d0021786_844551.jpg

空港の1階は到着ロビー、2階が出発ロビー、3階はフードコートになっていた。3階の中央付近に無料のインターネットが5台ほど並んでいた。長時間使用にならないよう立って使うようになっていた。「HOLLYS COFFEE」でアメリカンコーヒーを飲んだが量が多く大きなマグカップにいっぱい入っていた。値段は4,100ウォンだった。

11時40分ごろに韓国最後の食事をとる。「牛肉入り石焼ビビンバ」(8,000ウォン)を食べた。出国の際は、出国カードを書かなくてもよくなっていたので、パスポートと航空券を見せるだけでよかった。

大韓航空KE-753便はボーイング737型機で、ほぼ満席の状態だった。定刻から30分遅れて13時30分に飛行機は動きだし、1時間20分で名古屋に着いた。機内食はサンドイッチ3切れ、水、パイナップル。飲み物はビール(バドワイザー)をもらった。預けた荷物を取り、よく役に立ったWiFiルータを返却し、15時37分のミュースカイに乗って帰った。
[PR]
by irkutsk | 2014-10-20 17:44 | 旅行 | Comments(0)