ブログトップ

ロシアとMacと日本語

<   2016年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

青春18きっぷを使って、中山道・武佐から野洲まで歩きました。近江八幡駅から近江鉄道に乗り1駅、武佐まで行きました。武佐駅は無人駅ながらトイレがありました。マンホールは近江八幡市のものです。
d0021786_1557787.jpg

d0021786_15573061.jpg

d0021786_15575576.jpg

線路を渡って西へ向けて出発。昔の家や新しい茅葺の家が道路沿いにありました。
d0021786_15582390.jpg

d0021786_15585340.jpg

しばらく行くと京都の川床のように作ってある無料休憩所がありました。写真を撮っていると、自転車で通りかかかったおじさんが「どうぞ休んで行ってください」と声をかけてくれたので、休憩することにしました。川の水音を聞きながら、よしずで覆われた川床に座ってしばし休憩。時折吹いてくる涼しい風が気持ちいい。ずっとここでくつろいでいたい気分だが、まだ歩き始めたばかり。
d0021786_15591922.jpg

d0021786_15595718.jpg

やがて竜王町に入りました。竜王町のマンホールの蓋は真ん中に町章があり、その周りを松が、そしてさらに外側に町の花(アエンボ)が配置されています。
d0021786_160193.jpg

街道沿いには昔ながらの家々が散見されます。
d0021786_1603646.jpg

d0021786_1605695.jpg

d0021786_1612133.jpg

やがて鏡宿に入ると源義経宿泊の館跡という碑が建っていました。
d0021786_1613815.jpg

少し行くと鏡神社があり、入口に源義経が烏帽子をかけたという松がありました。明治6年の台風で倒れたため、株上2.7mを残して石垣上に仮屋根をして保存されています。ここでしばらく休憩し、蝉の声を聞きながら涼しい風に当たっていました。
d0021786_162144.jpg

d0021786_1621971.jpg

d0021786_1623316.jpg

鏡神社から少し行くと左手に蓮の池が見えてきました。たくさんのピンクの花が咲いていました。
d0021786_1624831.jpg

d0021786_163730.jpg

これは芙蓉の花です。
d0021786_163514.jpg

しばらく歩くと右手に「村社篠原神社」という石碑が建っていました。入っていくと木々に覆われた涼しい道の奥に社がありました。ここで最後の休憩を取っていると、ちょっと先の方にハグロトンボがいて時々羽を踊っているようにバタバタさせていました。昔中山道を歩いて旅していた人たちも、神社の木陰で休んでいたのでしょうね。
d0021786_1644899.jpg

d0021786_16573.jpg

d0021786_1652216.jpg

神社を後に、野洲駅を目指してもうひと踏ん張り。
旧野洲町のマンホールです。野洲町には甲山古墳があり、近くの遺跡からは銅鐸が出土しており、その銅鐸の模様をデザインしています。中央には町章が描かれています。
d0021786_1653918.jpg

こんな古い家も残っています。
d0021786_1655972.jpg

子安地蔵堂です。子宝を授け、安産にしてくださるというお地蔵さんです。
d0021786_166128.jpg

甲山古墳の石碑です。もう登っていく元気がなく石碑の写真を撮っただけでした。
d0021786_1662825.jpg

ようやく野洲駅に到着。
d0021786_1665444.jpg

14時53分の電車で米原へ向かいました。今日歩いたコースは国道8号線沿いのルートが多く、車がびゅんびゅん走る横を排気ガスを吸いながら歩きました。また新幹線が近くを走っていて、その通過音はすごい音で、100mぐらい離れていても結構うるさいです。近所に住んでいる人は大変だなあと思いました。リニア新幹線は500㎞で走るというのでその騒音は新幹線以上でしょうね。
[PR]
by irkutsk | 2016-07-31 18:54 | 旅行 | Comments(0)

d0021786_54586.jpg名演小劇場へ「太陽の蓋」を見に行きました。

2011年3月11日に起こった東日本大震災、そして続いて起こった大津波。福島第一原子力発電所の交流電源喪失により原子炉を冷やすことができなくなり、炉心はどんどん温度が上がり、メルトダウン、爆発という危機に陥った。

3月11日からの5日間を、原発事故の真相を追う新聞記者を中心に、当時の政権や官邸内部、東京や福島で暮らす家族の姿を対比させながら映画は進んでいく。

そして福島第一原発で働いていた若者は、その日非番だったが事故のニュースを聞き、使命感から原発へと赴く。そしてそこで見たものは、年配の職員が被曝覚悟で原子炉圧力容器のベント(弁を開いて中の空気を抜き、圧力容器内の圧力を下げる)を手動で行う危険な作業に向かうという光景だった。

原子力保安院、東電本店などの事故時の無能さ、それに反し現場では東電、その下請け、孫請けの職員が懸命の事故処理に当たる。政府官邸には情報が届かず、1号炉の爆発は1時間後に放映されたテレビで知るという有様だった。

ドラマ仕立てにした映画だったが、こういう映画はやはり事実を繋ぎ合わせたドキュメンタリーが表現方法としてはよりふさわしいと思う。当時のテレビやインターネットの映像をうまくつなぎ合わせれば、もっといい映画ができたのではないかと思われる。

それにしても、事故から5年以上が経ち、当時の衝撃を忘れ川内原発を再稼働させ、さらに続々と再稼働させようという自公政権には憤りを覚える。もう一度事故が起こらないとやめられないのか。だがもう一度の事故は日本全土を住めない国にしてしまう恐れがあるというのに。

「太陽の蓋」 2016年日本 130分 監督:佐藤太 出演:北村有記哉、袴田吉彦、中村ゆり、郭智博、大西信満ほか
「太陽の蓋」公式サイト
[PR]
by irkutsk | 2016-07-29 17:42 | 映画 | Comments(0)

d0021786_1322344.jpg6月30日に新晃工業(6458)から株主優待のカタログが届き、「フルーツアイスセット」を申し込んでいましたが、今日届きました。福岡県産あまおう苺ソルベ、岡山県産清水白桃ソルベ、北海道産メロンジェラート、高知県産柚子ソルベが各4個ずつ入っていました。

7月29日の新晃工業の株価は1,177円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2016-07-29 13:22 | | Comments(0)

d0021786_5533334.jpg第1次世界大戦でドイツ帝国は崩壊し、共和制となった。そしてワイマール憲法を制定したドイツがどのようにしてナチ党・ヒトラーの独裁体制へと進んでいったのかがわかりやすく書かれた本です。

1918年11月9日、社会民主党のフィリップシャイデマンはドイツ共和国の発足を宣言。ワイマール共和国の歴史が始まった。

1919年1月、ヒトラーはドイツ労働者党に入党。その時の党員は50名程度で、社会民主党や共産党に対立する右翼政党だった。その後、1920年2月24日に党名を「国民社会主義ドイツ労働者党」(ナチ党)と改めた。ヒトラーは議論をして何かを決めるという民主主義のルールを嫌い、選挙や議会に何の意味も見出さなかった。街頭での活動を重視し、集会での敵の妨害を覚悟し、25歳までの若者たちで突撃隊を作った。

戦後のドイツは巨額な賠償金を課され、ドイツがその支払いに応じないためフランス・ベルギー連合軍はルール地方を占領した。また政府は紙幣の増刷をし、空前のインフレ(1ドル=4兆2000億マルク)となった。

外国軍の占領に対する怒りは共和国政府に向かい、1923年11月8日~9日に右翼の牙城バイエルン州ミュンヘンで挙兵して、ベルリンへ攻め上がろうというクーデター(ミュンヘン一揆)がナチ党によって起こされたが、失敗に終わり、ナチ党はドイツ全土で活動禁止となった。ヒトラー自身も裁判で5年の要塞刑を言い渡されたが、翌24年12月には仮釈放された。

ヒトラーは獄中で「我が闘争」上巻を執筆し、出所後下巻を完成させた。1925年に上巻、1927年に下巻を発行したが、あまり売れず、上下巻を1冊にしたポケットサイズにし、1932年に9万部、1933年には108万部が売れている。

「我が闘争」に書かれているヒトラーの政治思想は次のようなものである。
1、強者は必ず勝利する
2、アーリア人はどの人種よりも優秀。
3、国家は民族の維持・発展のために役立たねばならない。
4、経済は国家に従属しなければならない。
5、議会主義=無責任体制。一人の責任者の責任で万事を決定。
6、社会的、階級的相違を超える民族共同体。
7、マルクス主義は民族共同体から生命を葬り去る墓堀人。
8、民族共同体が拒絶するすべてのことがらにユダヤ人が関与している。
宣伝はだれに向けられるべきか。学識のあるインテリではなく、永久に大衆に向けられるべきである。巨大な大衆の受容能力は限られており、理解する力も弱いが、忘れる力は大きい。宣伝はポイントを絞り、それをスローガンのように繰り返す。

1930年の国会選挙でナチ党は641万票(得票率18%)を取り、第2党に躍進した、そして1932年の大統領選ではヒトラーとヒンデンブルグの対決となったが、ヒトラーは負けた。

さらに1932年7月の国会選挙では1375万票(得票率37.3%)を取って第1党に躍進した。しかし608議席のうち230議席しかなかった。

1933年1月30日、ヒンデンブルグ大統領(85歳、プロイセンの土地貴族の系譜で君主主義者)の任命によりヒトラーは首相となり、国家人民党との連立政権を樹立した。しかしこの政権は議会で248議席しかなく、少数派政権だった。

ワイマール憲法には大統領緊急令という規定があり「公共の安寧と秩序」が著しく脅かされるなど国家が危急の事態に陥った場合は、大統領はその事態を克服するために「必要な措置」を取ることができるというもので、大統領緊急令は法律に変わるものとみなされた。また非常時に関する明確な規定がなく大統領の判断一つで大統領緊急令を出すことができた。

そして1933年3月に国会選挙を行うことになるのだが、その前に「ドイツ国民を防衛するための大統領緊急令」を出し、集会と言論の自由に制限を加え、政府批判を行う政治組織の集会、デモ、出版活動を禁止した。

そんな中、1933年2月27日に国会議事堂が炎上するという事件が起こった。ヒトラー線府は共産党の国家転覆の陰謀だとして、非常事態宣言をし、左翼運動の指導者を一網打尽にした。さらに突撃隊による赤狩りやテロが行われた。

そして選挙で勝利したナチ党は1933年3月23日、授権法といわれる全権委任法を成立させた。これは立法権を政府に与え、憲法に反する立法も可能にするという内容であった。さらに諸政党が解体され、1933年7月14日には政党新設禁止法が作られ、14年間続いたワイマール共和国の議会制民主主義はわずか半年で合法性の装いを維持しながらナチ一党独裁にとって代わられた。

そして社会全体のナチ化が進み、3月選挙の後わずか3カ月でナチ党員は250万人を突破した。ナチ党員であることが出世の要件となっていた。

翌1934年8月、ヒンデンブルグ大統領が死去するが、その前に大統領と首相を統一し、総統とする「ドイツ国家元首に関する法」を制定していた。こうして権力を握り、その基盤を強化したヒトラーは、フランスからザール地方を住民投票により取り戻し、ベルサイユ条約を破棄して、「国防軍創設法」を制定した。国軍を国防軍に改め、一般徴兵制の再導入、空軍の創設、平時兵力36師団(58万人)とし、1936年にはフランス、ラインラントへ進軍した。

このようにして民主的なワイマール共和国はヒトラーの独裁国家へと変わっていったのであった。

現在の日本を見てみると、まさにドイツと同じことが繰り返されているような気がしてならない。自民党の憲法草案ではナチス・ドイツを同じ名称の国防軍を持つことし、マスコミの政府批判を封じ込め、選挙では大衆向けにポイントを絞り、それを繰り返す。自民党はナチ党の戦略を巧みに取り入れ、独裁政権樹立を目指しているように思われる。ドイツではわずか半年でワイマール共和国が崩壊した。この歴史の事実から私たちは学ばなければならない。

「ヒトラーとナチ・ドイツ」 石田勇治著 講談社現代新書2318 2015年6月20日発行 920円+税
[PR]
by irkutsk | 2016-07-28 05:48 | | Comments(0)

d0021786_1658490.jpg7月1日にアスラポートダイニング(3069)から株主優待の杏奈が届き、申し込んでおいた完熟カットマンゴー(1㎏)が届きました。

イニングの株主優待は年2回(3月末と9月末)あり、保有株数によって次のようになっています。
500株以上 自社グループ店舗でご利用可能なお食事券を含む株主優待商品群(3,000円相当)より1点を選択
1,000株以上 自社グループ店舗でご利用可能なお食事券を含む株主優待商品群(3,000円相当)より2点を選択

7月27日の株価は円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2016-07-27 11:56 | | Comments(0)

d0021786_13473515.jpg先日、JCU(4975)から株主優待の案内カタログが届き、申し込んでおいた「黒豚ハムセット」が届きました。炭火焼豚200g、炭焼きコロコロ120g、生ハム50g、ソーセージ200gが入っていました。

JCUはめっきを中心とする表面処理薬品と装置を、自動車部品、建材、水栓金具、電子部品、半導体等の様々な分野に提供する表面処理メーカーです。自動車部品をはじめとした装飾・防錆めっきに関連する薬品と装置の提供から事業を展開し、その後、電子分野向けめっき薬品の開発に事業を拡げています。最近では、プラズマ技術を応用したプリント配線板のエッチング及び洗浄用装置等のドライプロセスの分野にも事業を拡大するとともに、太陽光発電パネル、自動車向けボルト・ナット等へ適用するコーティング薬品の販売も行っています。

2016年3月期決算短信によると34億1000万円の純利益(前年比6.4%増)を上げており、配当金は中間60円、期末60円で年間120円でした。

7月26日の株価は3310円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2016-07-26 13:47 | | Comments(0)

d0021786_1335281.jpg株式会社鈴木(6785)から株主優待が届きました。鈴木の株主優待は毎年6月末の株主に保有株数によって地元名産お菓子詰め合わせが贈られます。
100株以上 1,500円相当
500株以上 2,500円相当
私は100株しか持っていないので1500円相当の名産品で、今年はくりざさ(栗水ようかん)と栗鹿の子の詰め合わせでした。

鈴木は長野県須坂市に本社があり、電子部品コネクタ、半導体関連装置、各種精密プレス金型・モールド金型を製造販売しています。

2016年6月期第3四半期決算短信によると、2億9500万円の純利益(前年比45.4%減)をあげており、配当金は期末のみで11円を予定しています。(11円の減配)

7月26日の株価は508円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

[PR]
by irkutsk | 2016-07-26 10:02 | | Comments(0)

d0021786_19562993.jpgロシアの作家ウラジーミル・メグレが書いた本です。第1巻が1996年に発行され、現在10巻まで発行され、ロシアで100万部を超えるベストセラーとなっています。25か国で翻訳・出版されており、日本語訳は5巻までしか出ていません。1~3巻は英語訳の本からの翻訳で、4巻からはロシア語の原本からの翻訳です。

1995年、響きわたるシベリア杉、リンギング・シダーの謎を追う実業家ウラジーミル・メグレは、オビ川のほとりで孤高の美女アナスタシアに出会い、大河の森の奥深くで不可思議な3日間を過ごす。たぐいまれな美貌と叡智と超能力を備えたアナスタシアが語る、人間と自然、宇宙、そして神についての真実は…?

アナスタシアはウラジーミルの住む世界を闇の勢力に支配された社会と批判し、自然の中で、自然と調和して生きるのがいいと彼を説得します。

アナスタシアは次のように言っています。
「文明社会に生きる我々は、常に食べ物の心配をしなければならないうえ、食べ物を売るために朝から晩まで働かねばならず、そうしてやっと得られる食べ物も,質はかなり怪しげだ。現代文明は、自然と調和して生きるという、もう一つの生き方を忘れていなかったか。」

「人間に死をもたらす大罪はプライドという自尊心。ほとんどの人はこの罪に支配されている。光の勢力の対極にある闇の勢力は人間がこのプライドという罪を手放さないよう秒刻みで働いていて、お金はその主要な道具。お金を考え出したのは闇の勢力。

「アナスタシア」(響きわたるシベリア杉シリーズ1) ウラジーミル・メグレ著 ナチュラル・スピリット 2012年9月23日発行 1700円+税
[PR]
by irkutsk | 2016-07-26 07:55 | | Comments(0)

d0021786_1321399.jpgテンポスバスターズ(2751)から株主優待の「株主優待食事券」8,000円分×2名分が届きました。テンポスバスターズの株主優待は4月末に100株以上保有している株主にあさくまグループを含む協力企業で使える食事券(1,000円券×8枚)がもらえます。

テンポスバスターズは中古厨房機器のリサイクル販売を行っている会社です。新品安売り販売も併営しています。またステーキ「あさくま」等飲食業にも進出しています。

2016年4月期の決算報告によると11億6600万円の純利益(前年比33.8%増)をあげており、配当金は期末のみで7円(前年比1円増配)でした。

7月25日の株価は1.592円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2016-07-25 17:20 | | Comments(0)

d0021786_22175455.jpgイーサポートリンク(2493)から株主優待の青森県産りんごジュース(1リットル×12本)が届きました。

イーサポートリンクの株主優待は年2回(5月末と11月末)あり、5月の株主優待はりんごジュースです。
100株以上  青森県産りんごジュース(1リットル×3本)
200株以上  青森県産りんごジュース(1リットル×6本)
500株以上  青森県産りんごジュース(1リットル×12本)
11月末の株主優待は青森県産りんごです。
100株以上  青森県産りんご1.8㎏
200株以上  青森県産りんご3㎏
500株以上  青森県産りんご 5kg

イーサポートリンクは生鮮流通では難しい情報の一元管理を実現する「イーサポートリンクシステム」、流通業務をプロセスから管理するSiiMD(エスツーエムディ)システム、生鮮品の受発注を効率化する「生鮮まるごとEDI」、農場物語、生産流通のトータルサポート「業務受託オペレーションサービス(BPO)」などを手がけている会社です。

2016年11月第2四半期決算短信によると1億4600万円の純利益をあげており(前年比15.4%減)、配当金はありません。

7月22日の株価は1,481円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2016-07-24 22:12 | | Comments(0)