<   2017年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「スノーデン」を見に行きました(1月30日)

d0021786_8472063.jpgセンチュリーシネマへ「スノーデン」を見に行きました。

エドワード・スノーデンは元CIA職員で2013年6月に複数の新聞社の主愛でアメリカの国家情報機関が国民の情報を収集していると告発。アメリカ司法当局から逮捕命令が出され、ロシアに亡命。現在もロシアで暮らしている。

映画は2013年6月、香港でスノーデンが英紙「ガーディアン」の記者、カメラマンと会うところから始まる。アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露された。暴露したのは29歳のNSA(国家安全保障局)の職員・エドワード・スノーデンだった。なぜ彼はNSAやCIAから得られる高額な報酬と輝かしいキャリア、恋人と気づき上げた幸せな生活を捨ててまで重大な告発を決意したのか。彼が告発を決意するまでを描いたのがこの映画である。

そして彼が特殊部隊の兵士として訓練を受けている場面へと時間は戻る。不覚にも彼は兵舎の2段ベッドで寝ていて、突然の招集にベッドから転落し、兵士としては働き続けられなくなる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。しかしそこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名の下、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAの契約スタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏み切るのだった……。

国を愛する平凡な若者だったスノーデンが恐るべき現実に理想を打ち砕かれていった過程が丁寧に描かれている。アメリカの情報収集プログラムはテロリストだけでんく民間企業や個人に及び、日本を含む同盟国まで対象になっていた驚愕の事実の数々。加えてスノーデン自身が私生活を監視される恐怖に襲われ、ストレスに蝕まれていった極限心理が生々しいサスペンスとともに描かれる。テロとは何の関係もないインターネットや携帯電話での発言、個人の趣味、愛情、友情でさえも脅かされかねない。現実はもはやSFではなく、スノーデンが世界最強の情報機関に反旗を翻した動機もまさにそこにあった。

コンピュータ技術の進歩が大量の情報収集、分析を可能にし、世界中の情報を収集しそれを武器に世界を支配するというアメリカの恐ろしさを感じる映画でした。日本政府も国民をスパイし、収集した情報を利用して自らの国民を都合のいいように支配しようとしているのは疑いのないことだろう。70年前、日本は勝っていると嘘の情報を信じさせられ、多くの兵士や市民が無駄に死に追いやられたことをいま一度思い出すことが大切だと思う。

「スノーデン」 2016年アメリカ 135分 監督:オリバー・ストーン 出演:ジョセフ・ゴードン=レビット シャイリーン・ウッドリーほか

「スノーデン」公式サイト

[PR]

by irkutsk | 2017-01-30 16:47 | 映画 | Comments(0)

千葉へ行きました(1月28日)

千葉大学病院に入院している友人のお見舞いに行ってきました。名古屋から新幹線、総武線快速を乗り継いで2時間40分で千葉へ。速いものだ。千葉駅からは千葉大学病院まで京成バスが10分おきに出ており、便利だった。行く途中、バスの窓からお城が見えたので、帰りに寄ってみた。お城は千葉市立郷土博物館で昭和42年に造られたもので、入館料は無料だった。1階から4階まで展示室になっており、5階は展望室になっており、千葉市が見渡せるようになっていた。
d0021786_21135739.jpg

d0021786_21141954.jpg

千葉駅前の通路と道路で撮ったマンホールの蓋です。市の花・大賀ハス、市の木・ケヤキ、市のシンボル鳥・コアジサシが描かれています。
d0021786_21144011.jpg

d0021786_2115033.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-01-28 21:12 | 旅行 | Comments(0)

「激突家族 井上家に生まれて」を読みました(1月28日)

d0021786_20431216.jpg井上ひさしの家族のことを三女・井上麻矢が書いている。東京郊外の市川市に家を建てた井上家は父と母、母の両親、三姉妹、そして犬のドン松五郎という家族だった。

小さい頃の父と母はいつも戦っているように見えた。父と母が喧嘩をしているという意味ではなく、真面目に彼らは考えるのだ。決して「まあ適当なところで」とか「どうだっていいじゃない」などとは言わない。

子どもの頃のエピソードで印象に残る話があった。
大晦日のよる、父がやっと書き終えた原稿を担当者の家に届けに行った。母があーちゃん(次女)をおんぶし、みーちゃん(長女)の手を引いて。担当者の家の玄関で2時間待たされ、おぶっていたあーちゃんを玄関に降ろしたら、担当者の奥さんに「汚いから子供を下に降ろすな」と怒られた。それから母は、家に遊びに来た人たちが寂しい思いをしないように、徹底的にサービスをしていた。仕事関係の人ばかりではなく、出版社の送迎の車の運転手さん、迷い込んだ犬にまで、井上家を訪れた人には気持ちよく帰ってもらおうというのが母のポリシーだった。

やがて井上家はひさしがオーストラリアの大学に呼ばれ、家族そろってメルボルンへ行くことになった。ところが、母はキャンベラの生活に限界を感じ、父とのけんかもだいぶ頻繁になっていった。そして父とみーちゃん(長女)を残し、母とあーちゃんと私は日本へ帰ることになった。

帰国後、ほんの何か月かいなくなっただけなのに郁ちゃんを除いては話しかけてくれる子はいなかった。そのため神経性胃炎になった。

高校はあーちゃんと同じ文化学園に入ったが、2年生から授業をさぼって一日中映画を見る日が続いていた。そしてフランスの映画学校に入りたいと思うようになり、日仏学園でフランス語を勉強した。18歳の3月、フランスへ出発。父の大学の後輩の家に泊めてもらい、その後パリ郊外のデュピュィ家にホームステイする。しかし日本では母に恋人ができ、父も他の人を好きになり、二人は離婚することになった。お金が送られてこず、帰国を決意。帰国したうちには両親の姿はなく、市川の家は閑散としていた。

最後に「あとがき」で筆者は次のように書いています。
「偏差値教育真っ只中の世代であったにもかかわらず、私と姉たちに素晴らしい映画と本とそれを楽しむ時間を存分に与えてくれた父と母に心から感謝します。一見何の役にも立ちそうにないそんな時間が、今の生活で私を助けてくれます。」
「そしてまた、若かりし頃の父と母が、浅草の路地裏や銀座の交差点に幻のように現れて、『人生は一度きり、自分という作品を作っているつもりで生きていきなさい』と精一杯励ましてくれます。」

「激突家族」 井上麻矢著 中央公論社 1998年5月30日 1400円+税
[PR]

by irkutsk | 2017-01-28 11:41 | | Comments(0)

ヤマウラから株主優待が届きました(1月27日)

昨年12月19日にヤマウラ(1780)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいた伊那食品工業の「手作りデザートセット」が届きました。

ヤマウラは長野県駒ケ根市に本社があり、建築・土木の企画・設計・施工、開発事業、住宅、分譲マンション事業、不動産取引・管理、制御・情報システム、環境・エネルギーシステム、橋梁構造・機械システムの企画・設計・製作・工事などを行っています。

2016年9月期の決算報告によると8億6800万円の純利益(前年比30.9%増)をあげており、配当金は中間2円50銭、期末2円50銭の年間5円でした。(昨年と同額)

1月27日の株価は577円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_22334655.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-01-27 17:31 | | Comments(0)

「蛇行する月」を読みました(1月25日)

d0021786_148191.jpg1984年清美。ホテルで働く清美は宴会で客に触られるのも仕事だと言われ、つらい日々を送っていた。手取り7万円の給料のうち3万円を食費として家に入れ、1万円は車のローン、もう1万円はガソリン代と保険料だ。制服のクリーニング代、美容室、化粧品代と財布の中はいつも淋しい。

道立湿原高校では音楽も運動もやらない生徒の行き場はなかった。そんな生徒たちのたまり場が図書部だった。その図書部に順子、清美、桃子、美菜恵、直子の5人がいた。高校3年の夏、国語教師の谷川が好きな順子に清美は「雨の日、ずぶ濡れで訪ねて行き、『ここしか来るところがなかったんです』と言ったらどうかという案を出し、順子はそれをやってしまった。しかし、谷川は職員住宅の中には入れてくれず、この騒ぎで谷川は教科担任を外され、順子も1か月近く学校へ出てこられなかった。そして卒業後、一度二人は会ったが、谷川は「もう許してください」と土下座して謝ったという。

順子は札幌の和菓子屋に就職した。そして、しばらくして清美に「これから東京に行くの。子どもができちゃって。仕方ないの。向こうは奥さんがいるから。和菓子屋の職人さんなの。毎日小豆を練っている四十過ぎのおっさん。逃げたいって泣くの。だからもう、ここにはいられないんだ。」と電話をかけてきた。

1990年、桃子はカーフェリー「シーラブ号」の乗務員として働いていた。そして同じカーフェリーの乗務員・北村という妻子持ちの男と付き合っていた。順子から便りが届けられるたびに住所が変わっていた。東京、九州、大阪、名古屋、そして今年東京から来た年賀所には「わたし今、すごくしあわせ。東京に来ることがあったら連絡してください」と書かれていた。桃子は7月の終わり、仕事のついでに順子を訪ねることにした。順子の言う「しあわせ」がどんなものか見たかった。渋谷で待ち合わせた順子は「せっかくだからうちに遊びに来てよ」と電車を3つ乗り継ぎ、さらに歩いて20分の「宝食堂」というラーメン屋に連れてきた。あきらという子どもがいた。

1993年弥生。札幌の和菓子屋「幸福堂」の女主人。腕のいい和菓子塞人と結婚したが、釧路から父親の古い友人の紹介でやって来た順子と二人で居なくなった。夫が行方不明となり、裁判所へ失踪宣告の申し立てを行い審判が下り、あとは市役所に提出するだけとなった。提出期限が数日後に迫ったある日、順子を紹介した父の古い友人から二人の住所が割ったと言ってきた。弥生は離婚届と失踪届をもって二人の元を訪れ、夫の恭一郎にどちらを選ぶか選んでくれというと、彼は失踪届を選んだ。

2000年美菜恵。高校時代、美菜恵も国語教師・谷川が好きだったが、順子のこともあり、言い出せなかった。そして彼女は教師になり湿原高校へ国語教師として戻って来た。谷川はまだ独身だった。美菜恵は谷川と結婚することになったが、順子と谷川のことが引っ掛かっていた。高校卒業後、訪ねてきた順子に谷川は「もう許してください」と土下座して謝ったという。谷川が順子の前で土下座したその教職員住宅で新生活を始めることに違和感を感じていたのだった。

2005年静江。順子の母。彼女は中学を卒業して公務員保養移設の賄い婦になったが、十代で順子を生み、同じ男と結婚したり別れたりを二度した後は、三年、五年と一緒に暮らす相手が変わった。60歳になる今スーパーのレジ係から惣菜部へ配置換えされた。朝早くから冷たい水仕事の惣菜部へ配置転換されたらみんな1年以内に辞めるという辛い職場である。一人ぼっちになり、このまま死んでいくのかと不安に襲われ、順子に電話をかけ、会いに行くことに。順子は保険の外交員をやり、あきらは国立大学の工学部に通っていた。

2009年直子。順子からのクリスマスカードに「12月半ば過ぎに検査入院する」と書かれていた。直子は1月の終わりに順子を訪ねるが、彼女のやせ方は尋常ではなく、皮膚や目には黄疸が出ていた。看護師という職業柄、直子は彼女の死期が近いことを知った。順子は「母が来てくれることになった。春からは自分があきらの目になって、世界を見ることができるのだ」と笑う。「死ぬことを楽しみにしちゃいけないんだろうけど、なんだかやっぱり楽しみなんだよね」。あきらはいずれ角膜移植の必要があったのだ。「順子、幸せなんだね」と聞く直子に、「もちろん」と答える順子だった。

「幸せとは何なのか?」。お金が無くても幸せになることはできるということを順子の生きざまを通して伝えている一冊でした。

「蛇行する月」 桜木柴乃著 双葉社 2013年10月20日 1300円+税
[PR]

by irkutsk | 2017-01-25 14:06 | | Comments(0)

「地獄の日本兵」を読みました(1月23日)

d0021786_20332620.jpg昭和18年海軍民政府職員としてニューギニア島へ上陸した著者の体験やニューギニアで凄惨な体験をした人たちの体験記録をもとに、ニューギニア戦線での戦いの実態を著した1冊である。

「はじめに」で彼は次のように書いている。「太平洋戦争中の戦死者数で最も多い死者は敵と撃ち合って死んだ兵士ではなく、日本から遠く離れた戦地で置き去りにされ、飢え死にするしかなかった兵士たちなのです」と言っている。

ニューギニアは当時オランダの植民地であった。南はすぐにオーストラリアである。ニューギニアの東方にガダルカナル島があった。昭和17年9月にオランダの植民地軍が降伏し、太平洋戦争初期に攻略したラバウルを保持するために、ニューギニアの確保も不可欠だった。

17年8月に日本はニューギニアから東に千キロ離れたガダルカナル島に飛行場を完成させたが、すぐにアメリカの83隻の艦艇と2万人の大部隊の上陸でガダルカナル島を占領された。当時ガダルカナル島には2600人の作業部隊と250名の陸戦隊がいただけだった。その後ガダルカナル奪還を目指して、800名、6000名と兵を送るが奪還はならず、17年10月28000名の大兵力を投入することを決定した。だがすでに制空権を奪われており、輸送船団は敵機の空襲を受け半数が沈没。1か月後に繰り出された輸送船団も11隻中7隻が撃沈された。

熱帯雨林には食べる物がなく、兵士たちはマラリアやアメーバ赤痢に襲われた。

18年2月、1万名の兵士が救出され、ガダルカナルから撤収した。3万1000名投入したうち2万800人(67%)が死亡した。

その後、ニューギニアのポートモレスビー攻略のため新たに18軍が編成しされ、ニューギニア戦線へ投入された。だが連合軍はニューギニアを東から西へと攻め上がり、日本軍はひたすら西へ進み退却していった。退却先に連合軍が上陸して挟み撃ちになることもあり、日本軍は山の中を進まざるを得なかった。当然食料の補給もなく、蛇、トカゲ、バッタ、蛭、カタツムリ、百足、毛虫、蝶々、蟻、蜘蛛、ミミズまで食べながらの行軍だった。

「ヤマザキ、天皇を撃て!」の著者、奥崎健三もこのニューギニアで悲惨な体験をしていた。

最後に本書の「おわりに」で著者はこう語っている。
「この酷いとも凄惨とも喩えようのない最期を若者たちに強いたことを、戦後の日本人の大多数は、知らないまま過ごしてきました。この事実を知らずに、靖国問題についていくら議論をしても虚しいばかりだと私は思います。」
「嫌なことには目を向けたくない習性が、人間にはあります。嫌なことを忘れることによって、人間は生き延び得るのかもしれません。この習性は個人には許されても、国家や民族には許されません。六十年前のことをすっかり忘れるような集団健忘症は、また違った形で、より大きな過ちを繰り返させるのではないかと危惧するからです。今日の日本を覆う腐敗や犯罪をもたらしている禍根は、ここに淵源していると私は考えています。」

70年前の戦争が、どのようなものだったのか。いったい誰のせいで死なずともよかった多くの若者が人間の極限の状況に置かれて死んでいったのか。先の大戦の総括をすることなく、一億総懺悔で事を済ませて誰も責任を取ろうとしない。同じことが福島原発事故でも繰り返されている。いったいあの事故の責任を今までに誰が取っただろうか。責任を取るどころか、廃炉費用や賠償金、除染費用などを現在の電力利用者すべてに押し付け、あるいはまた国民の税金を投入させてきた。このような巨悪に対してだれも責任を取らないシステムこそが、大きな過ちを繰り返すことにつながっていると思う。

「地獄の日本兵 ニューギニア戦線の真相」 飯田進著 新潮新書 2008年7月20日発行 680円+税
[PR]

by irkutsk | 2017-01-23 20:30 | | Comments(0)

アスラポートダイニングから株主優待の案内が届きました(1月20日)

d0021786_1732387.jpg昨年12月27日アスラポートダイニング(3069)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいた宮崎「大淀河畔みやちく」ソーセージセットが届きました。

アスラポートダイニングは焼肉の「牛角」を始め、釜飯と串焼の「とりでん」、鶏料理居酒屋「とり鉄」、居酒屋「おだいどこ」など、幅広い業態を全国で約350店舗展開しています。

2017年3月期の第2四半期決算報告によると、2億4400万円の純利益(前年比2.0%増)をあげていますが、配当金はありません。

1月20日の株価は418円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

[PR]

by irkutsk | 2017-01-20 17:30 | | Comments(0)

ヤマウラから株主優待が届きました(1月19日)

d0021786_17251013.jpg昨年12月19日にヤマウラ(1780)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいたひかり味噌の「無添加長期熟成有機味噌セット」が届きました。

ヤマウラは長野県駒ケ根市に本社があり、建築・土木の企画・設計・施工、開発事業、住宅、分譲マンション事業、不動産取引・管理、制御・情報システム、環境・エネルギーシステム、橋梁構造・機械システムの企画・設計・製作・工事などを行っています。

2016年9月期の決算報告によると8億6800万円の純利益(前年比30.9%増)をあげており、配当金は中間2円50銭、期末2円50銭の年間5円でした。(昨年と同額)

1月19日の株価は568円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2017-01-19 22:35 | Comments(0)

TOKAIホールディングスから株主優待が届きました(1月19日)

d0021786_17145250.jpg昨年12月1日にTOKAIホールディングス(3167)から株主優待のカタログが届き、申し込んでおいた「うるのん」富士の天然水500㎖、12本が届きました。

株式会社TOKAIホールディングスは、株式会社TOKAI、株式会社TOKAIコミュニケーションズ、東海ガス株式会社、株式会社TOKAIケーブルネットワークをはじめとする24の事業会社を傘下に持つ、TOKAIグループの持株会社です。

2017年3月期第2四半期決算によると23億8400万円の純利益(前年比760.2%増)を上げており、配当金は中間11円、期末17円で年間28円です(前年比14円の増配)。

1月19日の株価は783円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

[PR]

by irkutsk | 2017-01-19 13:13 | | Comments(0)

AFC-HDアムスライフサイエンスから株主優待が届きました(1月12日)

d0021786_17495353.jpg昨年11月29日にAFC-HDアムスライフサイエンス(2927)から株主優待の「お買い物優待券」が届き、申し込んでおいたデルモンテ「国産野菜の極」(160g×30本)が届きました。

AFC-HDアムスライフサイエンスの2017年8月期第1四半期決算短信によると1億600万円(前年比51.8%減)の 純利益をあげています。配当金は中間5円、期末5円で年間10円の予想です。

1月12日の株価は823円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2017-01-12 17:48 | | Comments(0)