<   2017年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「14歳<フォーティーン>満州開拓村からの帰還」を読みました(10月31日)

d0021786_5252257.jpg「はじめに」の中で著者は「弟の孫が14歳になった。この男の子に、昔の日本の暮らしについて、話してやりたいと思う。特にこのごろの、世のなかの風潮について、考える人になってほしい。戦争とはどういうことか知らせたい」と語っている。

軍国少女だった著者は、満鉄に勤める父と母、そして妹が一人、弟が3人と吉林に住んでいた。1945年、彼女は14歳だった。吉林高等女学校に通っていたが、昭和20年からは授業がなくなり、勤労動員に駆り出されることになり、無炊飯を作る毎日になった。次の動員先は農場の肥やしを作るための馬糞拾いを命ぜられた。そしてさらに水曲開拓団へ1か月間行くことに。開拓団の家が泥づくりであることや、窓ガラスがないこと、水道や電気もないことを初めて知る。

8月15日、終戦を迎えるが、中国人の暴徒に襲われた日本人もいた。半藤一利氏は「敗戦を覚悟した国家が、軍が、全力をあげて最初にすべきことは、攻撃戦域にある、また被占領地域にある非戦闘民の安全を図ること」だと述べている。

著者の父は「貯金は下ろした方がいい」と耳打ちされ、何千円かまとまった貯金を引き出したが、その直後に預金は封鎖された。捕虜を免れた兵士が、「女は髪を切れ、男装しろ!」と訴えて、走り抜けるのを聞いて著者も髪を切った。そして着物を売って食いつないだ。

ある日ソ連軍の将校が二人やってきて、抜いたサーベルの先を著者の胸に向ける。ロシア語を覚えたての近藤が間に入り、著者は物置に逃げ込む。将校たちは「この一家を皆殺しにする」と捨て台詞を吐いて出て行った。

昭和21年の春にはロシア兵の姿はなくなり、共産党軍の治下におかれ、治安は保たれた。だが発疹チフスが流行し、父も罹患した。

昭和21年4月、著者の一家は難民収容所へ移される。そしてようやく昭和21年の8月に無蓋の貨車に乗せられ、錦県まで行き、胡蘆島からアメリカの上陸用舟艇で日本は向かった。

70年以上前の満州へ渡った日本人がどのような苦難を強いられたか、自らの体験を通じて見たこと、体験したことが書かれている。戦争を知らない世代が増え、首相も戦争を知らない世代となり、戦争が国民の生活をどれだけ破壊し、多くの国民が人間として持たなければならない誇りや、倫理が破壊され、悪魔と化するのが戦争だ。映画でしか戦争を知らない人たちが、戦争をかっこいいものとして理想化しているように思えて非常に心配である。この本がそういう人たちに少しでも戦争の真実を伝えることができたらと思う。

「14歳<フォーティーン>満州開拓村からの帰還」 澤地久枝著 集英社新書 2015年6月22日発行 700円+税
[PR]

by irkutsk | 2017-10-31 05:24 | | Comments(0)

かんなん丸から株主優待が届きました(10月30日)

d0021786_2047773.jpg9月28日にかんなん丸(7585)から株主優待の案内(2名分)が届き、申し込んでおいた「信州ハム詰め合わせ」が到着しました。爽やか熟成ポークウインナ160g、爽やかハーブポークウインナ160g、爽やか辛口ポークウインナ160g、ハーフつるしベーコン280g、熟成期間60日もも生ハム45gが入っていました。おいしいソーセージとベーコン、生ハムで毎年いただいています。

10月30日の株価は1,885円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2017-10-30 20:47 | | Comments(0)

名古屋市科学館のプラネタリウムへ行きました(10月29日)

d0021786_20325115.jpg2011年にできた名古屋市科学館のプラネタリウムへ初めて行きました。できてすぐの頃は、8時前から長い行列ができて、チケットを手に入れるのが大変でしたが、もう6年もたっており、台風が接近中で雨が降っていたということもあり、行列は短く、9時ごろに行きましたが十分でした。9時15分ぐらいから館内に入れてもらえ、9時半からチケットの販売が始まりました。

ジェレズノゴルスクの宇宙飛行士学校で日本語を教えた教え子が会社の出張でロシアから名古屋へ来ていて、科学館へ行きたいというので一緒に行きました。

私は敬老手帳を持っているので200円でプラネタリウムと展示室を見ることができました。一般料金は800円です。10時からのプラネタリウムを見ましたが、世界最大の大きさのプラネタリウムでリクライニング&回転式の350席がありました。10月は「夕焼けの科学」というテーマで、どうして夕焼けが赤くなるのか、火星の夕焼けは青いということを実際に映して見せてくれました。最初には名古屋の今の空に見える星の説明やこれから見える星の説明、そして天の川銀河について、私たちの太陽系は天の川銀河のどこにあるのかなどを投影して解説してくれました。感動でした。

来月は「アンドロメダ銀河」、12月は「オーロラが見たい」で、できるだけ本物に近い色や動きのオーロラが映し出される予定です。

わずか200円で見られるので、毎月行きたいと思いました。
[PR]

by irkutsk | 2017-10-29 14:33 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

ローゼルのジャムを作りました(10月28日)

生協のモーニングコープで頼んでおいた「ローゼル」が届き、早速ジャムを作ってみました。1袋270円+消費税で3袋買いました。

ローゼルは西アフリカ原産の、オクラと同じアオイ科の植物です。カロテン、ミネラル、ポリフェノール、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンE、リコピンなどの栄養素を含んでいます。さわやかな風味と、美しい赤色を活かして、ジャムやお茶、塩漬けにして梅干しの代用としても使えます。

ジャムの作り方は
1、軸の部分を包丁で切り取り、割りばしで押すと、ポンと種が出ます。種の部分が大きく、ジャムに使う皮の部分は少ないです。
2、ローゼルの皮と同じ量のグラニュー糖、水を入れ、ステンレスかホーローの鍋で煮ます。レモン汁やすりおろしたリンゴを入れるとまろやかになります。
3、皮はすぐに溶けて、どろどろになります。アクが出てくるので、こまめにすくい取ります。
4、15分~20分煮ると出来上がり。シャビシャビでも冷めるととろみが出てきます。熱湯消毒した瓶に詰めます。

味は甘酸っぱくて、色がとてもきれいです。ヨーグルトに入れて食べると、ほんの少しで赤いヨーグルトになります。今回は皮の重さは290gで、3瓶のジャムができました。
d0021786_2051254.jpg

d0021786_2052935.jpg

d0021786_2054660.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-10-28 11:58 | 作ったもの | Comments(0)

シベールから株主優待が届きました(10月28日)

d0021786_1951474.jpgシベール(2228)から株主優待の自社製品詰め合わせ(3000円相当)が送られてきました。シベールの株主優待は年2回(2月末と8月末)でしたが、今年の8月から年1回(8月末)だけになりました。100株以上の株主には3000円相当の自社製品詰め合わせ、500株以上で6000円相当の自社製品詰め合わせが贈られるという内容は変わりません。

シベールは1970年に創立されラスク、その他焼き菓子類、洋菓子、パンを作っている山形市の会社です。2017年8月期決算短信によると今期は3億8900万円の損失を出しており、配当金は期末のみで15円(前年比15円の減配)となりました。こういう状況なので、残念ながら売却することにしました。

10月30日の株価は2,901円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2017-10-28 10:49 | | Comments(0)

「地球も宇宙も謎だらけ!」を読みました(10月27日)

d0021786_15313314.jpg「新潮45」に連載された<達人対談>の中から、地球と宇宙の謎を追う科学者たちとの対談を集めてものである。

宇宙にある暗黒物質とはいったい何なのか。粒子であることぐらいしかわかっていない。エネルギーもある。私達には見えない異次元を走っているという説もある。宇宙が膨張していると密度は膨張した文だけ薄まるはずであるが、暗黒物質はそのエネルギーが8倍にあるという。なんともわからない物質だ。

東海、東南海、南海地震が三連動で起こったのは最近では1707年、300年に1回ぐらいの割合で起こっているので、そろそろ起こってもおかしくない時期である。また三連動の地震の後には富士山が爆発している。三連動の地震は東日本大震災と同じく、海に震源があるので長周期のゆらゆらと揺れる地震が10分ぐらい続くこともある。

宇宙エレベーターが夢物語ではなくなったのは、カーボンナノチューブの発明による。高さ10万キロの宇宙からまず4ミクロンのケーブルを地上に下ろす。その後地上から登っていきながら、カーボンナノチューブを貼り付けていく。510回繰り返せば7000トンのケーブルができあがる。18年5か月で完成するという。最初から安全を見て、2本同時に垂らして補強作業をしていく。クライマーは6両編成。全長144m。定員30名(うち観光客は15名)。時速200㎞で上昇し、静止軌道ステーションまでは1週間かかる。2025年に着工すれば、2050年には供用開始できるという。建設費は30兆円。本当に夢ではなくなった気がする。ケーブルの厚さは1.4ミリ、幅は4.8センチ。

動物に超小型カメラを取り付けて、さまざまな動物の生態を調査するという話も面白かった。動物は全力を出さないという。目的もなくただ速さを競うだけのために走るのは人間だけである。

地球が全球凍結して白い惑星だったことが3度あった。22億年前、7億年前、6億5千円前である。なぜ地球は凍ったのか。火山活動が弱くなり、温室効果が弱まったためである。そして凍った地球の深海では熱水が湧いており、そこには原始生物がいた。ではどうして全球凍結から抜け出せたのか。火山活動が活発化し、二酸化炭素が増えたからである。これには数百万年から数千万年が必要だった。

ミクロの世界と宇宙の世界はよく似ていると思う。宇宙自体がひょっとして一つの細胞かもしれない。それが何十兆個も集まって何かとてつもないものができているのかも。
科学の最先端で活躍している先生とビートたけしの対談で、非常に面白く読めた。参考になることもいっぱいだし、第一人者と言われる人たちにはみんな夢があると思った。

内容は次のようなものである。関心があるものだけ拾い読みしてもいい。
「宇宙の謎を解く鍵はどこにある」  村山斉
幻の植物を求めてアジア奥地へ  荻巣樹徳
もしも富士山の大噴火が起きたら  鎌田浩毅
「宇宙エレベーター」はもはや夢じゃない  石川洋二
生命の起源、メタン菌って何だろう  高井研
菌を追いかけ北極から南極まで  星野保
辺境に生きる極限生物を探して  長沼毅
生命誕生の秘密は宇宙にあった  山岸明彦
超小型カメラが明らかにする動物の神秘  佐藤克文
地球は凍った真っ白な星だった  田近英一

「地球も宇宙も謎だらけ!」 ビートたけし著 新潮文庫 2017年3月1日発行 520円+税
[PR]

by irkutsk | 2017-10-27 22:30 | | Comments(0)

大日本コンサルタント(9797)から株主優待が届きました(10月27日)

d0021786_2215492.jpg9月25日に株主優待の案内が届き、申し込んでおいたクオカード1,000円分が届きました。
残念なことに2017年6月30日をもって株主優待制度は廃止となりました。今回の優待が最後の優待となります。

10月27日の株価は540円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2017-10-27 22:16 | | Comments(0)

「アジア辺境論」を読みました(10月23日)

d0021786_13321684.jpg「はじめに」の中で内田樹氏は次のように言っています。「国力の大切な指標の一つは「失敗から立ち直るときの復元力」。もう一つは「未来について、広々とした、向日的なヴィジョンを提示できる力」です」。そして彼は「日本はヴィジョンを提示する力がきわだって衰えている。日本がアメリカの属国であって、主権国家ではない限り自前の世界戦略を語る日は来ないだろう」と指摘しています。

独裁制については、「歴史から我々が学ぶべきことは、民主主義というのはよほど警戒心を持って扱わないと、いとも簡単に独裁制に移行するということです」と言っている。ドイツにしても、イタリアにしても独裁制は民主主義制度の中から生まれたのであるから。

また「外交、内政の政治環境が非常に複雑になり、変数が増えすぎて制御が困難になり、何が起きているのか、どうすればいいのかについて国民ひとりひとりが、自分の頭では考えることができなくなったという状態で、「敵はこいつらだ。こいつらを排除しろ。こいつらを排除すればすべてうまくゆく」というシンプルな政策を提示する政治勢力に人々は磁石に引き付けられるように引き付けられる。

「重要な政策決定においては、早押しクイズではないので判断をせかせる必要はなく、考えうるすべてのリスクとベネフィットをじっくり考量して、適切な解を選び取ればいい。「拙速」は有害無益です」と指摘している。

そして今の日本は、独裁制に移行しつつあると警鐘を鳴らしている。「これは別にどこかに邪悪な「マニビュレイター」がいて、後ろで糸を操っていて、独裁制を仕掛けたわけじゃありません。日本人が幼児化したのです。共和制を管理運営できるほどの大人の絶対数がそろわなくなったのです。幼児の眼には独裁性が実によくできたシステムに見える。効率的な政治、スピード感、突破力など。今の日本に必要なのは民主制の成熟、政治的知性を備えた市民を育てることだ」と。

そして「おわりに」で姜尚中氏はアジアの辺境である日本、韓国、台湾の連携をすすめ、ポストアメリカの時代が来つつある現在、そこに賭けてみる価値があるのではないかと言っていた。

読み応えのある一冊でした。今の日本の状況を的確に分析し、日本が今後進むべき道を示しており、ぜひおすすめの本です。

第1章「リベラルの限界」
第2章「ニッチナ辺境国家が結ぶ新しいアジア主義の可能性」
第3章「アジアの連携を妨げる「確執」をどう乗り越えるか」
第4章「不穏な日本の行く末」

「アジア辺境論」 内田樹、姜尚中著 集英社文庫 2017年8月24日発行 740円+税
[PR]

by irkutsk | 2017-10-23 06:30 | | Comments(0)

アマナから株主優待が届きました(10月21日)

株式会社アマナ(2402)から株主優待の米(6㎏×2名分)が届きました。私と妻の2名分です。米は北海道東川町で収穫された「きたくりん」2㎏、「ななつぼし」2㎏、「ほしのゆめ」2㎏です。

株式会社アマナの株主優待は年1回、12月末に100株以上保有している株主に、保有期間に応じて次のように贈られますが、申し込みが必要です。
1年未満  新米2㎏
1年以上  新米4㎏
3年以上  新米6㎏

株式会社アマナは1979年に広告写真制作会社としてスタートし、その後10年間でデジタル画像制作とストックフォトのビジネスに進出、1990年代にはビジュアルソリューションのリーディングカンパニーとなる礎を築きました。2000年以降は、広告や出版、ウェブプロモーション、TVCMなど、様々なコミュニケーションメディアで使用される写真やCG、動画といったビジュアルコンテンツの企画・デザインから制作、データベースでの管理・運用まで、効率良く、一貫したプロデュースを担い、社会のコミュニケーション活動に貢献することで成長を続けています。

2016年12月期第2四半期決算によると1億6000万円の純利益(前年比358.9%増)をあげておりますが、配当は無配となる予定です。

10月20日の株価は915円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_20405819.jpg

[PR]

by irkutsk | 2017-10-21 20:41 | | Comments(0)

ラックランドから株主優待が届きました(10月21日)

d0021786_20271340.jpg9月2日にラックランド(9612)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいた「石巻からあったけーうまいものセット」が送られてきました。内容は和風にらまんじゅう、タイ風さつま揚、わかめ餃子、塩蔵わかめ、さば味噌煮、いわし梅煮、浅炊さんま、大羽いわしの黒糖みりん干しです。

ラックランドの株主優待は年2回(6月末と12月末)あり、100株以上保有している株主に次の中から一つが贈られます。

1.女川謹製!浜の母ちゃんおもてなしセット7
2. 女川いっぱい!おなかはいっぱい!あったかごはんセット
3. 選ばれし石巻うまいもの祭りセット
4. 石巻からあったけーうまいものセット
5. 気仙沼味わいギフト
6. 亘理山元、復興への挑戦ギフト

ラックランドは食品、飲食業等の店舗企画、設計、施工を行っており、冷凍冷蔵技術に強みがあります。

2017年12月期第2四半期決算短信によると、5700万円の純利益(前年比64.9%減)を上げており、配当金は中間10円、期末15円で、年間25円を予定しています。(前年と同額)

10月20日の株価は2,124円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

by irkutsk | 2017-10-21 20:27 | | Comments(0)