赤いバナナジュースを作りました(7月20日)

先日ボルシチを作るときに使ったビーツの水煮が少し残っていたので、バナナジュースに入れてみました。赤い色になり、とてもきれいです。
4人分 バナナ(大) 1本
    ビーツ 小半個
    オリゴのおかげ 大匙4(普通の砂糖でも可)
    氷 5~6個
    バニラエッセンス 少々
上記の材料を入れて、ミキサーにかけるだけ。おいしいバナナジュースの出来上がりです。
飲みきれなかった場合は、残りを冷凍しておくと、シャーベットになり、こちらもなかなかおいしく食べられました。
d0021786_11462275.jpg

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-20 07:00 | 作ったもの | Comments(0)

「彼らが本気で編むときは」を見に行きました(7月18日)

d0021786_942671.jpgキノシタホールへ「彼らが本気で編むときは」を見に行きました。

やさしさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコと、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。

小学5年生のトモ(柿原りんか)は、荒れ放題の部屋で母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。一人きりになったトモは、叔父であるマキオ(桐谷健太)の家に向かう。母の家出は初めてではない。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。それはトモが初めて出会う、トランスジェンダーの女性だった。

きれいに整頓された部屋でトモを優しく迎え入れるリンコ。食卓を彩るリンコのおいしい手料理に、安らぎを感じる団らんのひととき。母は決して与えてくれなかった家庭のぬくもりや、母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに戸惑いながらも信頼を寄せていくトモ。その姿にリンコも愛おしさを覚え始める。

リンコとマキオの出会いは、リンコが介護士として働く老人ホーム。マキオの母であり、トモの祖母である認知症のサユリ(りりィ)が入居している。献身的に自分の母を介護するリンコに、マキオが一目惚れしたのである。

悔しいことがあるたび、編み物をして心を落ち着かせてきたリンコ。そして今は、とある目標に向かい、“煩悩”を編み続けている。やがて“煩悩”作りには、マキオとトモも参加するようになる。

リンコの職場の同僚、佑香(門脇麦)の結婚式。佑香の幸せそうな笑顔に少なからず刺激を受けるリンコ。トモの母になりたい感情が日に日に膨らんでいく…。そんなリンコの思いをマキオは受け入れるのだった。

本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、人生のかけがえのないもの、本当の幸せとは何かを教えてくれる至福の時間になっていく。このまま永遠に続くように思えた3人の関係だが、突然、ヒロミが帰ってくる―。

トモのクラスメイト・カイ(込江海翔)も、男の子を好きになる。そしてその自分の気持ちを告白する手紙を書くが、母親・ナオミ(小池栄子)に見つかり、破り捨てられてしまう。その夜、カイは睡眠薬を大量に飲んで自殺を図った。

今まであまり考えたことがなかったトランスジェンダーのことを考えさせられるいい映画でした。今も多数派でトランスジェンダーを認めず、彼らに近づかないようにという、いわゆる「世間の常識」派の母親を演じる小池栄子の演技も憎らしいほど素晴らしかった。

リンコが自分の気持ちを母親に打ち明け、それを受け入れ、リンコを女として育ててきた母親・フミコ(田中美佐子)の存在もリンコが世間の非難にさらされる中、大きな支えになったと思う。

「彼らが本気で編むときは」 2017年日本 127分 監督:荻上直子 出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、小池栄子ほか
「彼らが本気で編むときは」公式サイト
[PR]

# by irkutsk | 2017-07-18 16:58 | 映画 | Comments(0)

ヴィア・ホールディングスから株主優待が届きました(7月18日)

7月3日にヴィア・ホールディングス(7918)から株主優待券(5,000円分)が届き、そのうちの10枚を送って、「パステル」なめらかアイスクリームアソートを申し込みました。送られてきたアイスクリームはプリン風味120ml×4個、マンゴー風味120ml×2個、抹茶小豆風味120ml×2個で、濃厚な味でおいしかったです。
d0021786_21142642.jpg

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-18 10:13 | | Comments(0)

「大エルミタージュ美術館展」を見に行きました(7月17日)

d0021786_2138623.jpg愛知県美術館へ「大エルミタージュ美術館展」を見に行きました。

かつての帝政ロシアの首都、サンクト・ペテルブルグ。この街を今も続く芸術の都へと導いたのが、女帝エカテリーナ2世でした。エカテリーナ2世はピョートル大帝の孫・ピョートル3世の奥さんで、14歳でドイツからロシアへ嫁入りしてきたのでした。1764年、エカテリーナ2世がベルリンの実業家から317点の絵画コレクションを取得したのが、エルミタージュのはじまりといわれています。その後も歴代皇帝が国家の威信をかけて美術品を収集し、エルミタージュは世界でも類を見ないほどの質と規模を誇る美術館となりました。

今回の展覧会では16世紀ルネサンスから17・18世紀のバロック・ロココの「オールドマスター」、巨匠のたちの名画85点が展示されています。
ポンペオ・ジローラム・バトーニ《聖家族》
d0021786_21414339.jpg

ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブをつけたエカテリーナ2世の肖像》
d0021786_21452742.jpg

フランス・スネイデルス《鳥のコンサート》
d0021786_21464016.jpg

ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》
d0021786_21473477.jpg

レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《運命を悟るハマン》
d0021786_2149272.jpg

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》
d0021786_21522667.jpg

フランシスコ・デ・スルバラン《聖母マリアの少女時代》
d0021786_21552772.jpg

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-17 14:29 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

株式会社クロップスから株主優待が届きました(7月17日)

d0021786_20401273.jpg6月17日に株式会社クロップス(9428)から株主優待のギフトカタログが届き、申し込んでおいた「鯛めし」が届きました。株式会社クロップスの株主優待は年1回(3月末)で、500株以上保有している株主にカタログギフト(5,000円相当)が贈られます。カタログギフトは内容が充実していて迷ってしまいます。

株式会社クロップスは移動体通信事業、人材派遣事業、ビルメンテナンス事業、飲食店舗賃貸業、文具事務用品卸業を行っている会社です。

2017年3月期決算報告によると純利益は7億5500万円(前年比30.6%増)で、配当金は期末のみで10円(3円の増配)でした。

7月14日の株価は594円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-17 11:38 | | Comments(0)

あんずジャムを作りました(7月16日)

d0021786_20333397.jpg7月11日に近くの生協の店であんず3パックを買ってきて、あんずジャムを作りましたが、もっと作りたくて、近くの生協の店に行くんですが、あれ以来あんずはありません。仕方なく生協・本山店なら大きい店だからあるだろうと思い、電話をかけて聞いてみると、あるとのことだったので、地下鉄に乗って買いに行きました。

1パック598円で、2パック買いました。10%引きで買えたので、1パック581円でした。大きくてきれいなあんずで、夜、早速ジャムにしました。甘酸っぱくてとてもおいしく、私のお気に入りのジャムです。
[PR]

# by irkutsk | 2017-07-16 20:31 | 作ったもの | Comments(0)

海帆から株主優待が届きました(7月15日)

d0021786_20364939.jpg6月6日に海帆(3133)から株主優待の案内が届き、今回はお米券を申し込みました。海帆の株主優待は3月末と9月末の年2回あり、100株以上の株主に食事優待券1,500円分、またはおこめ券(2㎏相当)が、200株以上の株主には食事優待券3,000円分、またはおこめ券(3㎏相当)が贈られます。

海帆は居酒屋(「なつかし処昭和食堂」など)を中心とした飲食店舗の企画開発及び運営を行っている会社です。

2017年3月期決算短信によると1000万円の純利益(前年比82.3%減)を上げており、配当金は期末のみで2円でした。来期の予想では中間2円、期末2円で年間4円となっています。

7月14日の株価は714円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]

# by irkutsk | 2017-07-16 11:35 | | Comments(0)

AFC-HDアムスライフサイエンスから株主優待が届きました(7月15日)

d0021786_14455448.jpg7月5日にAFC-HDアムスライフサイエンス(2927)から申し込んでおいたイチゴジャムとブルーベリージャムが届き、その時に「デルモンテの国産野菜の極み」は品切れということで、代わりに「国産野菜紫いもと野菜の極み」の案内が送られてきたので、それを申し込んでおいたのですが、今日それも在庫がなくなり、販売終了となったので、代替品として「デルモンテ国産野菜の極みプレミアム」が送られてきました。

7月14日の株価は848円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

d0021786_14461434.jpg

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-15 14:46 | | Comments(0)

大阪工機から株主優待が届きました(7月14日)

d0021786_14431990.jpg6月30日に大阪工機(3173)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいたインドネシアの「ミーゴレン」が届きました。大阪工機の株主優待は毎年3月末に200株以上保有している株主に、保有株数によって次の通り贈られます。
200株以上 2000円相当の世界各地の特産品
2,000株以上 4,000円相当の世界各地の特産品

私は200株しかもっていないので2000円相当の世界各地の特産品ですがいろんな国のものがあり、楽しみです。

大阪工機は切削工具事業(生産性に直結する切削工具、研削工具、保持工具、精密測定機器、工作機械等を取り扱っています)、耐磨工具事業(耐磨工具、パンチ、ダイス、破砕工具等を取り扱っています)、光製品事業(光ファイバー、光源装置、高額部品等を取り扱っています)などを行っている会社です。

2017年3月期決算短信によると3億6100万円の純利益(前年比7.3%減)を上げており、配当金は中間9円、期末9円で年間18円でした。

7月14日の株価830円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-14 11:41 | | Comments(0)

あんずジャムを作りました(7月11日)

毎年6月下旬から近くの生協の店であんずを売っているのに、今年はまだ店頭に現れないと思っていたら、今日売っていたので、大きなあんずを3パック買ってきました。1パック580円+消費税でした。

作り方は簡単で、二つに割って種を取り、あんずの重さの半分の砂糖をかけてしばらく待ちます。砂糖があんずにしみこんで少し汁が出てきたら、火をつけて煮ます。結構あくが出るので、こまめにアクを取ります。その間に煮沸消毒した容器を用意します。

あんずは皮のまま煮ても、皮は溶けてしまうので大丈夫。きれいなオレンジ色の、甘酸っぱくておいしいジャムができます。生の実を食べるよりも、ジャムにしたほうがおいしさが引き立ちます。適度な甘みと酸味があり、早速ヨーグルトにかけて食べました。

まだあと2,3回は作れそうです。
d0021786_1975457.jpg

d0021786_19114358.jpg

d0021786_19104627.jpg

[PR]

# by irkutsk | 2017-07-11 20:06 | 作ったもの | Comments(0)