関心のあるいろんなこと書きます
by irkutsk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日本語
ロシア
お花見
マック

映画
感動したこと
考えたこと
旅行
見たこと、聞いたこと

作ったもの
食べたもの
あったこと
ふるさと納税
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
万引き家族、カンヌで賞取..
by けんいち at 06:15
五十嵐さん、コメントあり..
by irkutsk at 17:13
コメントありがとうござい..
by irkutsk at 20:15
とらくろさん、コメントあ..
by irkutsk at 20:40
今日は、優待品のことです..
by とらくろ at 14:40
> 1Qさん コメント..
by irkutsk at 06:04
コメントありがとうござい..
by irkutsk at 09:27
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:33
シーベリーはロシアでよく..
by irkutsk at 14:16
ロシアの果実シーベリーで..
by まさき at 09:53
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

なしジャムを作りました(8月20日)

安い梨があったので買ってきて、なしジャムを作りました。作り方は2種類あり、実をすりおろすものと、細かく切るものです。今回は細かく切ってみました。
細かく切ったなしの実を鍋に入れ、なしの実の30%のグラニュー糖をかけて1時間ほど置いておきます。それから火をつけ、煮立ってきたらアクをすくい、レモン汁を入れます。
おいしいいなしジャムの出来上がりです。
d0021786_22131871.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2018-08-20 22:13 | 作ったもの | Comments(0)

いちじくジャムを作りました(8月14日)

いちじくがちょっと安くなったので、いちじくジャムを作りました。

いちじくは皮をむいて細かく刻んで重さをはかります。いちじくの重さの20%のグラニュー糖をかけ1時間ほど置いておくと、いちじくから水分が出てきます。鍋はステンレスかホーローの鍋を使います。中火で15分、木べらで焦げ付かないように混ぜます。弱火で長時間煮ると風味がなくなるそうです。あくが出てくるので取ります。最後にレモン汁を入れると色が鮮やかになります。ひと煮立ちさせて出来上がり。

いちじく5パック(1,484円)でこれだけのジャムができました。いちじくの旬は8月下旬なので値段はもう少し安くなると思います。1パック250円ぐらいになるともっとたくさんつくろうと思っています。
d0021786_5382212.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2018-08-14 19:37 | 作ったもの | Comments(0)

沖縄セルラー電話から株主優待が届きました(8月14日)

d0021786_527720.jpg6月12日に沖縄セルラー電話(9436)から株主優待のギフトカタログが届き、申し込んでおいた「立山名水豚味噌漬け」が届きました。沖縄セルラー電話の株主優待は毎年3月末に100株以上保有している株主に、保有数量と保有期間に応じて次のようになっています。
100株以上 5年未満 3,000円相当 5年以上 5,000円相当
1000株以上 5年未満 5,000円相当 5年以上 10,000円相当
わたしは100株以上、5年未満なので3000円相当のカタログでした

沖縄セルラー電話は沖縄地域において携帯・自動車電話サービスを行う会社として、KDDI株式会社 (旧第二電電株式会社) をはじめ有力企業の出資により、1991年 (平成3年) 6月1日に設立されました。

沖縄セルラー電話の2018年3月期決算短信によると86億4500万円の純利益(前年比8.1%増)をあげており、配当金は中間55円、期末62円で年間117円(前年比12円の増配)でした。来期は中間62円、期末62円の年間124円を予定しています。

8月14日の株価は4,380円でした。前年同期の株価は3,807円でした。
現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
# by irkutsk | 2018-08-14 13:25 | | Comments(0)

NECキャピタルソリューションから株主優待が届きました(8月11日)

d0021786_2271173.jpg7月2日にNECキャピタルソリューション(8793)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいた「豚こうじ味噌漬け」が届きました。

NECキャピタルソリューションの株主優待は年1回(3月末)で、100株以上の株主にその保有期間に応じて次のようになっています。
保有期間1年未満2,000円相当のカタログギフト
保有期間1年以上3,000円相当のカタログギフト
私は1年以上なので3,000円相当のカタログギフトをいただきました。

2018年3月期決算短信によると60億600万円の純利益(前年比70.8%増)をあげており、配当金は中間22円、期末28円で年間50円でした(前年比6円の増配)。来期は中間25円、期末25円で年間50円を予定しています。

8月10日の株価は1,814円でした。昨年8月10日の株価は1,892円でした。
現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
# by irkutsk | 2018-08-11 10:05 | | Comments(0)

「死ぬほど読書」を読みました(8月10日)

d0021786_2134073.jpg2010年、民間出身初の中国大使となった丹羽宇一郎氏の読書論である。
「はじめに」の中で著者は次のように書いている。「小さい頃から遊びも勉強も習い事も、親や周りから良かれと思って与えられた環境で育った人が多くなっている。与えられたものの中でばかり生きていると、「自分の頭で考える」ということができなくなります。自立した思考ができないからたまたま与えられた狭い世界の中だけで解決してしまう。」

また第1章ではネット社会と本というテーマで書かれているが、ネット情報はどこの誰が責任をもって発しているのかが見えないがゆえにいい加減な情報であふれかえっている。専門家であっても信頼できるとは限らない。社会的に信頼度が高いと思われている専門家や大手マスコミ、大企業であっても、すべての情報が真実かどうかは本当にはわからない。情報のクオリティを見抜く力が必要であると言っている。

「自分は何も知らない」と自覚することも大切だと主張している。人間にとって一番大事なのは「自分は何も知らない」と自覚すること。「無知の知」を知る。読書はそのことを、身をもって教えてくれます。何も知らないという自覚は人を謙虚にします。謙虚であればどんなことからでも何かを学ぼうという気持ちになる。反対に自分は何でも知っていると思っている人ほど質の悪いものはないかもしれません。こういう人は傲慢で、何でも人より優位に立って自分の思い通りに事を進めようとしたりします。

また、「読みながら考えないと身につかない」とも言っています。「本は『なぜ?』、『どうして?』と考えながら読めば、それだけ考える力が磨かれるのです。考える力は生きていく力に直結します。

第6章では次のように言っています。「幅広くいろんな本を日頃から読み、仕事と真剣に向き合っている人は自分の考えや信念を持っているから、安易に空気に流されるようなことはないはずです。読書は心を自由にしてくれます。読書によって自分の考えが練られ軸ができれば空気を中心に思考したり、行動したりすることなどはなくなるはずです。世間の常識や空気に囚われない真の自由を読書はもたらすのです。」

「死ぬほど読書」 丹羽宇一郎著 幻冬舎新書 2017年7月30日発行 780円+税
[PR]
# by irkutsk | 2018-08-10 21:31 | | Comments(0)

桃ジャムを作りました(8月8日)

近くのスーパーで箱入りの桃が1,058円で売っていたので買ってきて、桃ジャムを作りました。桃の皮をむいて実を細かく刻んで、グラニュー糖を切った桃の重さの40%入れて火にかけます。あまりかき混ぜると桃の風味がなくなるので混ぜません。あくが出てきたら丁寧にすくいます。レモンのしぼり汁50㏄を入れて完成です。熱湯消毒したガラス瓶の容器に入れて保存します。甘い桃の香りのするおいしいジャムでした。
d0021786_11312819.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2018-08-08 15:30 | 作ったもの | Comments(0)

「スターリンの葬送狂想曲」を見に行きました(8月5日)

d0021786_21394616.jpg伏見ミリオン座へ「スターリンの葬送狂想曲」を見に行きました。

敵の名前を愉しげにチェックするスターリン。名前の載ったものは問答無用で“粛清”される恐怖のリストだ。時は1953年、モスクワ。スターリンと彼の秘密警察が坤国を20年にわたって支配していた。

下品なジョークを飛ばしあいながら、スターリンは側近たちと夕食のテーブルを囲む。道化役のフルシチョフの小話に大笑いする秘密警察警備隊長のベリヤ。スターリンの腹心のマレンコフは空気が読めないタイプで、すぐに場をしらけさせしまう。明け方近くまで続いた宴をお開きに史、自室で前夜のコンサートを録音させたレコードを聴いていた。そのレコードからピアニストのマリヤからのメモが入っていた。それには「その死を祈り、神の赦しを願う、暴君よ」と書かれていた。それを読んでも余裕で笑っていたスターリンは次の瞬間、顔をゆがめて倒れこむ。

お茶を運んできたメイドが、意識不明のスターリンを発見し、すぐに側近たちが呼ばれる。驚きながらも「代理は私が務める」と、すかさず宣言するマレンコフ。側近たちで医者を呼ぼうと協議するが、有能な者はすべてスターリンの毒殺を企てた罪で獄中か、死刑に処されていた。仕方なく集めたやぶ医者たちが、駆け付けたスターリンの娘スヴェトラーナに、スターリンは脳出血で回復は難しいと診断を下す。その後、スターリンはほんの数分間だけ意識を取り戻すが、後継者を指名することなく、間もなく息を引き取る。

この混乱に乗じて、側近たちは最高権力の座を狙い、互いを出し抜く卑劣な駆け引きを始める。表向きは厳粛な国葬の準備を進めながら、マレンコフ、フルシチョフ、ベリヤに加え、各大臣、ソビエト軍の最高司令官ジューコフまでもが参戦。進行する陰謀と罠―果たして、絶対権力の椅子に座るのは誰?

スターリン死去の後の権力争いをコミカルに描いた映画だが、ロシアでは上映禁止になった。映画を見て、この内容では上映禁止になるだろうという内容だった。自国の歴史を侮辱されるような映画を一体どこの国が認めるだろうか。史実に基づいた普通の映画だったらもっと評価は高く、ロシアでも上映禁止の措置は取られなかっただろう。だがこの映画はコミカルの度を超えた映画である。

スターリンの死後の権力争いがどうだったのかを勉強してみようという気にさせてくれたのが唯一のいい点だった。

イギリスとロシアの政治的な問題が色濃く反映された映画のような気がしてならない。

「スターリンの葬送狂想曲」 2017年イギリス 伏見ミリオン座へ「スターリンの葬送狂想曲」を見に行きました。

敵の名前を愉しげにチェックするスターリン。名前の載ったものは問答無用で“粛清”される恐怖のリストだ。時は1953年、モスクワ。スターリンと彼の秘密警察が坤国を20年にわたって支配していた。

下品なジョークを飛ばしあいながら、スターリンは側近たちと夕食のテーブルを囲む。道化役のフルシチョフの小話に大笑いする秘密警察警備隊長のベリヤ。スターリンの腹心のマレンコフは空気が読めないタイプで、すぐに場をしらけさせしまう。明け方近くまで続いた宴をお開きに史、自室で前夜のコンサートを録音させたレコードを聴いていた。そのレコードからピアニストのマリヤからのメモが入っていた。それには「その死を祈り、神の赦しを願う、暴君よ」と書かれていた。それを読んでも余裕で笑っていたスターリンは次の瞬間、顔をゆがめて倒れこむ。

お茶を運んできたメイドが、意識不明のスターリンを発見し、すぐに側近たちが呼ばれる。驚きながらも「代理は私が務める」と、すかさず宣言するマレンコフ。側近たちで医者を呼ぼうと協議するが、有能な者はすべてスターリンの毒殺を企てた罪で獄中か、死刑に処されていた。仕方なく集めたやぶ医者たちが、駆け付けたスターリンの娘スヴェトラーナに、スターリンは脳出血で回復は難しいと診断を下す。その後、スターリンはほんの数分間だけ意識を取り戻すが、後継者を指名することなく、間もなく息を引き取る。

この混乱に乗じて、側近たちは最高権力の座を狙い、互いを出し抜く卑劣な駆け引きを始める。表向きは厳粛な国葬の準備を進めながら、マレンコフ、フルシチョフ、ベリヤに加え、各大臣、ソビエト軍の最高司令官ジューコフまでもが参戦。進行する陰謀と罠―果たして、絶対権力の椅子に座るのは誰?

スターリン死去の後の権力争いをコミカルに描いた映画だが、ロシアでは上映禁止になった。映画を見て、この内容では上映禁止になるだろうという内容だった。自国の歴史を侮辱されるような映画を一体どこの国が認めるだろうか。史実に基づいた普通の映画だったらもっと評価は高く、ロシアでも上映禁止の措置は取られなかっただろう。だがこの映画はコミカルの度を超えた映画である。

スターリンの死後の権力争いがどうだったのかを勉強してみようという気にさせてくれたのが唯一のいい点だった。

イギリスとロシアの政治的な問題が色濃く反映された映画のような気がしてならない。

「スターリンの葬送狂想曲」 2017年イギリス 107分 監督:アーマンド・イアヌッチ 出演:スティーブ・ブシェーミ、サイモン・ラッセル・ビール、ジェフリー・タンバーほか
「スターリンの葬送狂想曲」公式サイト

[PR]
# by irkutsk | 2018-08-05 13:31 | 映画 | Comments(0)

TOKAIホールディングスから「うるのん」が届きました(8月4日)

d0021786_695829.jpg6月30日にTOKAIホールディングス(3167)から株主優待の案内が来て、申し込んだ飲料水「うるのん」(500ml×12本)が届きました。2020年7月10日まで飲めるので、非常用に保存しておきます。

TOKAIホールディングスの株主優待は年2回(3月末・9月末)あり、100株保有の場合、「うるのん」500ml×12本または12L×1本、またはクオカード500円分、またはTOKAIホールディングス1,000円分、またはグループ会員サービス「TLCポイント」1,000円分、格安スマホサービス(リブモ)月額使用料が1年間無料などがあります。

8月3日の株価は1,084円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
# by irkutsk | 2018-08-04 19:08 | | Comments(0)

焼きピロシキを作りました(8月4日)

来週、孫がやって来るので焼きピロシキを作ってやろうと思い、今日は一度練習に作ってみることにしました。生地はホームベーカリーを使って作りました。2時間くらいかかるので、その間に中に入れる具を作りました。合い挽きのミンチ、玉ねぎ、しいたけを細かく刻んで炒めます。砂糖、塩、こしょうで味付けをします。昼ご飯を食べた後、生地ができ上ったので、ピロシキづくり再開。15個に分けて、伸ばして、中に具を入れていきます。
15個全部は食べられないので、6個だけ焼くことにしてオーブンのさらに並べて、ふきんをかけ、ラップをして乾燥しないようにしておきます。晩御飯の前に、表面に卵を塗り、200度に熱したオーブンで12分。おいしい焼きピロシキができました。
d0021786_5595240.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2018-08-04 05:58 | 作ったもの | Comments(0)

「また、同じ夢を見ていた」を読みました(8月3日)

d0021786_1056347.jpg主人公の小学生・小柳奈ノ花はクラスの中で浮いていた。クラスメイト達をバカなクラスメイトと呼び、彼女が唯一評価しているのは本を読んでいる荻原くんだけだった。学校へ行くとまず図書室に行き、昼休みも図書室、そして授業が終わるとアバズレさんのうちとおばあちゃんのうちへ行く。

ある日河川敷の草むらに泥だらけで、ところどころ赤い色をして、尻尾が半分しかない子猫を見つけ、その猫を連れて堤防の反対側にあるクリーム色のアパートに行って助けてくれるように頼んだが、どこもすぐにドアを閉められた。そして最後に2階の端っこの部屋のチャイムを押して、頼んだところその猫を助けてくれた。それがアバズレさんとの出会いだった。アバズレさんの名前はわからないがドアにそう書きなぐっていたのを見て、彼女の名前だと思ってそう呼んでいた。

おばあちゃんは近くの丘の木々の間を登ると広場が現れ、そこに木でできた大きな家があった。ノックするとすてきなおばあちゃんが出てきた。お菓子をもらったり、本の話をしたりして過ごした。

奈ノ花の毎日は授業後、うちに帰るとランドセルを置いて、アバズレさんのうちと、おばあちゃんのうちをはしごすることだった。

ある日、アバズレさんもおばあちゃんもいないとき、いつもおばあちゃんのうちへ行くときは右の道を行くが、今日は左の道を行ってみた。門があり、中に入るときちんとした石の階段があり、四角い石の箱のような二階建ての家があった。2階までと思っていた階段を上がっていくと、さらにその上に上がって行けた。そこには体操座りをして手首にカッターを当てている女の人がいた。高校生の南さんとの出会いはこうして始まった。

奈ノ花の毎日は3か所の行くところから2か所を選ばなければならなくなった。

学校では国語の授業で「幸せって何かを考える」をやっていた。南さんに聞くと「幸せって、もっと満たされた状態だろう。こう心がいい気持ちでいっぱいになるような」と言った。南さんの両親は事故で亡くなっていないと言っていた。

おばあちゃんは次のように言っていた。「人は悲しい思い出をなくすことはできないの。でもそれよりたくさんのいい思い出を作って楽しく生きることはできる。なっちゃんの笑顔は、南さんや私にそうさせてくれるくらいのすてきな力を持ってるよ」。

授業参観にお母さんが来てくれると言っていたのに、行けなくなったと言われ、母親と喧嘩してしまったが、翌日、南さんに会って「私みたいにけんかしたままもう会えないってことになってほしくない」と言われ、母親と仲直りすることを約束する。

そして授業参観の日、思いがけず両親がそろってきてくれたのである。そのことを報告しようと南さんがいる四角い石の上の屋上に行こうとしたが、工事中で入れなかった。それ以来南さんには会えなくなってしまった。

アバズレさんのうちに行くと、スイカの切ったのを買ってきてくれと頼まれ、スーパーへ行く。そこで荻原君と出会い、本の話をする。スーパーを出たところで万引きをした人を警備員が大声をあげて取り押さえるのを見た。翌日学校に行くと隣の席の桐生くんのお父さんが万引きしたという噂が流れていた。桐生君は数日間、学校に来なかった。

桐生くんが学校へやって来ると、クラスの馬鹿たちがお父さんのことで桐生くんをいじめているのに我慢できずに、馬鹿たちを攻撃する。しかし、桐生くんは奈ノ花に「やめてよ!」と言う。そして翌日からまた学校に来なくなった。

ある日、アバズレさんもおばあちゃんもいなくなってしまった。すべてはなっちゃんが見ていた夢の中の出来事だったのか。いつも同じ夢を見ていたのである。

読んでいて、登場した3人の女性、南さん、アバズレさん、おばあちゃんは奈ノ花がなっていたかもしれない未来の姿だったようだ。3人の女性たちはそうならないように奈ノ花にいろんなアドバイスを与えるのだった。

「また、同じ夢を見ていた」 住野よる著 双葉文庫 2018年7月15日発行 657円+税
[PR]
# by irkutsk | 2018-08-03 19:55 | | Comments(0)