日本コンセプト(9386)から株主優待の案内が届きました。日本コンセプトの株主優待は年2回(6月末と12月末)あり、100株以上保有している株主に6月末は2,000円相当の商品カタログから1品選択、12月末は1,000円相当のオリジナルQUOカードが贈られていました。(12月の株主優待は12月末現在100株以上を1年以上継続保有している株主)。
ところが今回株主優待制度が変更になり、株主優待は500株以上、かつ1年以上保有していないと受けられなくなりました。新しい株主優待制度は次のとおりです。
12月末 500株以上(1年以上) 3000円相当の商品カタログから1品
12月末 1000株以上(1年以上) 6000円相当の商品カタログから1品

今年の12月末現在、100株以上、1年以上保有している株主には1,000円のクオカードを贈呈となっています。

日本コンセプトは液体化学品、液化ガスに関わる国際複合一貫輸送、貨物の保管、加温、他輸送容器への積替、ISOタンクコンテナの洗浄、メンテナンス、フロンガスの回収、再生、破壊、ガスタンクコンテナの保管、検査などを行っている会社です。

2018年第2四半期決算短信によると6億1500万円の純利益(前年比5.2%減)を上げており、配当金は中間15円、期末15円で年間30円の予定です(前年と同額)。

9月3日の株価は1,202円でした。昨年9月1日の株価は1,236円でした。
現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_611924.jpg

[PR]
by irkutsk | 2018-09-03 19:58 | | Comments(0)

d0021786_535751.jpgツカダグローバル(2418)から株主優待のクオカード(1000円分)と株主ご優待券が送ってきました。ツカダグローバルの株主優待は年2回(6月末と12月末)あり、保有株数によって次のようになっています。
100株以上 クオカード(500円分)と株主優待券1枚
200株以上 クオカード(1000円分)と株主優待券1枚
株主優待券は 自社グループ運営(施設内)レストラン等の飲食料金割引(5名まで、30%引き)、ホテルの宿泊料金の優待割引を受けることができますが、もともとの料金が高いのであまり利用価値はありません。

ツカダグローバルは持ち株会社で次のようなことを行っています。グループ企業の経営管理・監督、ゲストハウス・ホテル・レストランの企画開発・所有。グループ企業ではブライダル事業、ホテル、レストラン、ドレス・ビューティ・フォト、ウェルネス&リラクゼーションなどを行っています。

2018年12月期第2四半期決算短信によると、5億8800万円の純利益(前年比269.3%増)を上げており、配当金は中間5円、期末5円で年間10円です(前年度と同額)。

9月3日の株価は645円でした。昨年9月1日の株価は575円でした。
現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_5353898.jpg

[PR]
by irkutsk | 2018-09-03 18:33 | | Comments(0)