カテゴリ:本( 411 )

d0021786_2033171.jpg日本びいきの恋人ジェニファーから、結婚を承諾する条件として日本への一人旅を命じられたアメリカ人青年ラリー。ニューヨーク育ちの彼は両親が早くに離婚し、どちらもラリーを引き取らなかったので、ラリーは祖父母に育てられた。祖父は太平洋戦争を戦い、口癖は「日本人は油断のならない奴ら」。

成田空港に着いて、温水シャワートイレに驚く。シャトルを宇宙に飛ばす技術と用便のたびに肛門を洗浄する技術とは、いったいどちらが人類にとっての偉大な発明なのかと考えた。

リムジンバスに乗ってしばらくするとラリーは日本の交通ルールに気が付いた。ファストレーンを走る車は、追い越しを終えるとすぐに左の車線に戻るのである。しかも、車間距離は十分でちっとも無理はないのに、いちいちハザードランプを点滅させて「ありがとう」の意思表示をする。むろんクラクションなんて、誰も鳴らさない。ルールというよりマナーなのだろう。

バスが渋滞に巻き込まれて予定よりも15分遅れて新宿に到着した。運転手はその15分の遅れを詫びていた。この国では、結果的に予定が狂えばその原因いかんにかかわらず、サービスの提供者が責任を感じて謝らなければならないのだ。

ラリーは翌日、新幹線で京都へ向かったが、東京駅のホームで入ってきた新幹線の乗客が下りると、清掃員たちが乗り込みわずか一、二分間でゴミを集め、テーブルを拭き、シートの進行方向を逆転させ、背もたれのカバーを替えたのに驚いた。

京都では旅館に泊まり、懐石料理を堪能する。そして大阪、別府、釧路と旅を続けるのだが、京都の清水寺で着物姿の若い女性と知り合ったり、別府では温泉で年を取ったオーストラリア人と知り合いになったり、東京に戻って台風を経験し、台風の中で知り中学生の少年ジョージ(日本人)と知り合いになり、その母親と危うく関係を持ちそうになったり。

外国人が見た日本、日本人の外国人、とくにアメリカ人に対する態度などがおもしろく書かれている。

「わが心のジェニファー」 浅田次郎著 小学館文庫 2018年10月10日発行 750円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-10-26 20:31 | | Comments(0)

d0021786_1443872.jpg3.11東日本大震災の時、米空母ロナルド・レーガンは日本の東方1500㎞の海を航海していた。米韓共同軍事演習に参加するために朝鮮半島沖へ向かっていた。ところがトモダチ作戦に参加するため進路を変更し、3月13日には福島県沖に到着し、メルトダウンで発生した放射能ブルーム(雲)の下に入った。乗組員の多くは数日間にわたって海側に吹き付ける風に乗った強い放射能を浴びた。さらに海から取った脱塩水を料理やシャワーに使ったそうだ。彼らはその後、東電とメーカーの責任を問う裁判を起こした。

小泉は単身、アメリカへ渡りトモダチ作戦に参加した兵士たちと会った。そして帰国後、彼らに対して何かできないかと基金を設立し、2016年6月から2017年3月までの間に3億円を集め、彼らに贈った。

本書の中で小泉は「総理というものは、自民党だけの代表ではありません。全国民のリーダーです。だから、野党の意見も聞かなければいけない。無党派層の声はもっと耳を傾けないといけない」と言っています。今の安倍に聞かせてやりたい。

また彼がオンカロの核廃棄物処理施設を見て、10万年も保管し続けなければならない核のゴミを安全に保管できるところなど日本にはないと判断し、反原発を主張するようになった。原発は全然安い電力ではないし、廃棄物の処理のめども立たないのにこれ以上推進すべきではないと考えるようになった。そして愛弟子である安倍にそれを進言したが、安倍は受け入れることなく、旧来の原子力推進を引き続き行っている。

政界の裏側の話も書かれてあり、なかなか興味深く読むことができた。

「決断の時―トモダチ作戦と涙の基金」 小泉純一郎 取材・構成 常井健一 集英社新書 2018年2月21日発行 800円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-10-15 05:03 | | Comments(0)

d0021786_20143727.jpg阿川佐和子とよみうりランド慶友病院会長・大塚宣夫との対談である。次のような個所が参考になりました。

本人が食べたいものを食べていただくのが一番。「好きなものならのどを通る」。人間、年をとっても最後まで残る楽しみは「食べること」です。と同時に高齢者の生きる力を測る目安としても、とても大事。口に入れたものを飲み込めなくなる=食べられなくなる→ほどなく最期を迎える。

介護は長期戦と心得よ。最初から全力疾走したらゴールできません。駅伝方式を導入し、たくさんの人を巻き込み、関わる人みんなが時々休める仕組みを作ること。

一人、あるいは高齢者同士の暮らしは少々体調が悪くても自分で動かなければいけなくて、緊張感があります。一見過酷に見えますが、老化防止や認知症の進行を防ぐ特効薬でもあるんです。

家族による介護はお互いにとって負担、プロの介護を利用しよう。

自分は役に立っていると感じられることが大切。

75歳を過ぎたら、じっとしているだけで筋力は細り、関節は固くなり、バランスをとる能力もガタッと落ちていく。75歳を過ぎて使わなかったら、体はたちまち衰えます。老人に過労死なし。老人は頑張りすぎることはない。体はいつも「休ませてくれ、休ませてくれ」と言っている。自分の身体の声に素直にだまされちゃいけないんです。

自分の貯金は、自分の老後のために惜しみなく使う。家族にこそ介護費用を払う。

不安にかられて施設に入ることは絶対避けるべし。もし入るなら2~3年かけて短期間の入所を繰り返し、よく内容を見極めてからでも遅くない。最後に転がり込む先は、元気なうちに見定めて置く。

「看る力 アガワ流介護入門」 阿川佐和子、大塚宣夫著 文春新書1172 2018年6月20日発行 780円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-10-07 14:13 | | Comments(0)

d0021786_614014.jpg2012年、中国はロシア、韓国に反日統一共同戦線を提案し、米国をもそれに参加させようとしていた。そして2013年、首相になった安倍晋三は小泉も行っていた靖国参拝を行ったところ、中国、韓国からはもちろんロシア、イギリス、EU、オーストラリアからも批判され、アメリカからも「失望した」と言われた。見事に中国の罠にはまった安倍総理だった。

しかしその後、中国の反日統一共同戦線の無力化を図るために、安倍は何を行ったか。2013年9月、ロシアのクリミア併合で救われることになった。世界のGDPの53%を占めるアメリカ、EU、日本が対ロ経済制裁で一体化した。だが中国は石油、ガスの安定供給(中国の天然ガスの25%はロシアから)のためにロシア側についた。

さらに2013年10月、中国は「一帯一路構想」を打ち出し、AIIBを設立した。2015年3月、イギリスがアメリカの制止を無視してAIIBに参加した。それを見てフランス、ドイツ、イタリア、韓国、ロシア、ブラジル、エジプト、スウェーデンなどアメリカとの同盟国57か国が参加した。日本の財務官僚は「あれはただの発展途上国の集まり。アメリカが釘を刺しているので先進国は相手にしない」という誤った情報を官邸にあげていた。だが日本だけはアメリカを裏切らなかったということで、結果オーライということになった。

筆者は、尖閣だけではなく沖縄の領有権も日本にはないとする中国の発言、それに基づいた様々な行動を見る中で、中国は日本を孤立させ、尖閣のみならず沖縄も自国の領土にしようとしているとしていると主張している。そのために中国は、日本を孤立させるために反日統一共同戦線を構築しようとしてきた。日本は反日統一共同戦線を作らせないために、日米同盟を強化し、ロシア、韓国とも良好な関係を築くことが重要だと言っている。

第二次世界大戦では、日本は満州国の独立をめぐって国際連盟を脱退し、世界から孤立してしまった。それゆえに開戦当初からあの戦争には勝てる見込みは全くなかった。中国の孫氏の兵法に「最上の戦いは敵の謀略を読んで無力化すること、その次は敵の同盟、友好関係を断ち切って孤立させること、それができなければ敵と戦うことになるが、城攻めは最後の手段である」というのがある。中国はアメリカ、ロシア、韓国と一体化して日本をつぶすという戦略であるから、日本は中国の狙いと反対のことをすればよいのだと言う。

複雑な世界情勢を、事実をもとにわかりやすく説明してくれる本である。

「中国に勝つ 日本の大戦略」 北野幸伯著 育鵬社 2017年12月11日発行 1600円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-10-04 06:00 | | Comments(0)

d0021786_1458347.jpg2013年に税制が改正され、相続税の基礎控除が5000万円+1000万円×法定相続人の数から、3000万円+600万円×法定相続人の数になった。

妻と子供が二人の場合、4800万円までは非課税となる。相続税は被相続人の財産総額に基づいて相続税額を算出し、相続した金額の割合に応じて各相続人が負担する

死亡保険金はみなし相続財産として課税されるが、500万円×法定相続人の数だけは課税の対象から外される。また葬儀費用(斎場への支払い、お坊さんへのお布施なども含まれる)も財産から引くことができる。

親が死んで、相続となったらまず財産の洗い出しを最初にしなければならない。預金だけなら簡単なのだが、不動産、株券、債券などがあると厄介だ。また子どもが知らない財産が出てくるかもしれない。

相続は財産だけではなく、借金も一緒に相続しなければならないので、多額の借金がある場合は相続放棄した方がいいかもしれない。だが相続放棄の期限は被相続人の死後3か月以内にしなければならない。

次に相続税の納付は被相続人の死後10か月以内に申告、納付しなければならない。

またこんな便利な制度があるのも今まで知らなかった。それは配偶者の税額軽減で実際に取得した賞味の遺産額が1億6000万円まで、あるいは法定相続分相当額までであれば配偶者には相続税の負担がかからない。

また、小規模宅地の評価減という制度があり、特定居住用宅地は家族が継続して自宅に居住することを条件に80%の評価減を受けることができる。ただし、老人ホームに入居すると自宅は別荘とみなされ、この評価減の制度は受けられなくなるので要注意。

最期に賢い相続のテクニックとして、1年に110万円までの基礎控除がある贈与をうまく使いこなせば、死んだ後で妻や子供たちが高い相続税を払わなくてもすむかもしれない。贈与は妻や子供だけでなく孫にもできるし、しかも人数制限はなく1人について110万円までは非課税となる。これも口頭で贈与しても証拠が残らないので、自筆の署名と押印くらいはして、誰にいくら贈与するということを書いておくといい。

この本を読んでいて、感じたのは死ぬのは親から順番に死なないといけないということだ。我が家の場合、91歳の母親の遺産は私と兄が50%ずつ相続することになるが、もし私か兄が先に死ぬようなことがあると、母親の財産はすべて残っている子ども一人にいくことになってしまう。まあそんなときは話し合いによって半分ずつ分ければいいのかもしれないが、法的には嫁には相続権がないので1銭ももらえない。

自分の財産の残し方についても60歳を過ぎたら考えておかなくてはいけないと考えさせられた1冊だった。

「大相続時代がやってくる」 田中陽著 NHK出版新書419 2013年11月10日発行 740円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-09-27 14:57 | | Comments(0)

d0021786_11125737.jpg理系と文系の溝、そして大学における教養部の解体、すぐに役立つ人間作りを求める文科省、そんな中で東京工業大学からリベラルアーツセンターというのを作ったから、そこで教えてもらえないかという依頼があり、筆者は引き受けた

そして現代の教養とは何を学べばいいのか。すぐには役に立たなくても、社会に出て、やがて有効に働くようになる。そういう生きる力になるものとは何だろうか。それは「自分がどういう存在なのか」を見つめていくことではないか。「自分を知る」ことこそが現代の教養だろうと筆者は考えた。そして「自分を知る」ということを主題に据えて、現代における自由7科というものを次のようなものであると考えた。

宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人という7つの科目を順に講義してくれている。

宗教では風土によって異なる宗教が生まれるとしています。「ユダヤ教、キリスト教、イスラム教という一神教は、砂漠から生まれた宗教です。砂漠という土地は暮らしていくのが大変なところです。日照りが続いただけで、人間はすぐに死んでしまう。砂漠のように厳しい自然環境の中では「神の怒りに触れたら大変だ」という考えが説得力を持ち、大変強く厳しい神の存在が考えられたのでしょう。」
一方、「日本では「八百万の神」といって、自然のありとあらゆるところに、神様がいると信じられていました。一神教ではなくて多神教です。」

細かい内容についてはぜひ本書を手に取って読んでみてください。知らなかったことがたくさんあったことに気づき、それをわかりやすく説明してくれているので、この一冊を熟読すれば現代人の教養は身つくと思われます。

「大人の教養」私たちはどこから来て、どこへ行くのか? 池上彰著 NHK出版新書431 2014年4月10日発行 780円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-09-11 11:10 | | Comments(0)

d0021786_11151450.jpg明治33年4月、足羽郡木田村一帯が火事だという場面から小説は始まる。羽二重の下請けをやっていた五左衛門は取引先の機屋がみんな焼けてしまい、五左衛門のうちも立ち行かなくなった。

増永家の嫁・むめは「もうやめなければならない。幼い恋を引きずって生きることを」と自分に言い聞かせるのだった。明治28年9月、麻生津村角原の親戚の葬式に両親と妹たちは出かけて、むめ一人うちに残っていた。来年3月に麻生村生野の増永家に嫁ぐむめは縁起の悪い葬式に出なくてもいいと、一人残されていたのである。留守宅に増永家から人が訪ねてきた。大野で買い付けた醤油や年賀用の酒などを持って来たという。むめは婚約相手の五左衛門だと思い、「角原の村を案内してください。この村で一番美しい場所を見せてもらえますか」という男の願いを聞いて、文珠山のふもとにある滝まで案内した。

翌年、結納の時に会ったのは、昨年会った人と違うのにショックを受ける。この前会ったのは五左衛門の弟の幸八だったのだ。

五左衛門と結婚し、つい、たかの、みどりの3姉妹を生み、明治37年、6年ぶりに幸八が帰ってきた。明治33年の大火では福井の織物業者の多くが傾いていた。幸八は16歳で家を出て、東京の帽子屋で住み込みで働き、歯科医院の助手もした。そして彼はこの村に持ち帰る産業を探していたのだった。

明治36年4月に「内国勧業博覧会」が大阪で開かれ、22のメガネ会社からの出展があったが、舶来品には全く及ばず、これなら後追いできると考えたのだった。そして兄・五左衛門にメガネ枠つくりを勧めるのだった。

なかなか弟の提案に首を縦に振らない五左衛門だったが…。

今でも、鯖江はメガネ枠づくりの産地として有名だがそのルーツを知ることができる一冊である。ちなみに本書の題名の「おしょりん」というのは雪が降り積もってそれが凍って固まり、雪の上を自由に歩いて行ける状態のことを言うそうだ。

「おしょりん」 藤岡陽子著 ポプラ社 2016年2月15日発行 1600円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-08-20 05:55 | | Comments(0)

d0021786_2134073.jpg2010年、民間出身初の中国大使となった丹羽宇一郎氏の読書論である。
「はじめに」の中で著者は次のように書いている。「小さい頃から遊びも勉強も習い事も、親や周りから良かれと思って与えられた環境で育った人が多くなっている。与えられたものの中でばかり生きていると、「自分の頭で考える」ということができなくなります。自立した思考ができないからたまたま与えられた狭い世界の中だけで解決してしまう。」

また第1章ではネット社会と本というテーマで書かれているが、ネット情報はどこの誰が責任をもって発しているのかが見えないがゆえにいい加減な情報であふれかえっている。専門家であっても信頼できるとは限らない。社会的に信頼度が高いと思われている専門家や大手マスコミ、大企業であっても、すべての情報が真実かどうかは本当にはわからない。情報のクオリティを見抜く力が必要であると言っている。

「自分は何も知らない」と自覚することも大切だと主張している。人間にとって一番大事なのは「自分は何も知らない」と自覚すること。「無知の知」を知る。読書はそのことを、身をもって教えてくれます。何も知らないという自覚は人を謙虚にします。謙虚であればどんなことからでも何かを学ぼうという気持ちになる。反対に自分は何でも知っていると思っている人ほど質の悪いものはないかもしれません。こういう人は傲慢で、何でも人より優位に立って自分の思い通りに事を進めようとしたりします。

また、「読みながら考えないと身につかない」とも言っています。「本は『なぜ?』、『どうして?』と考えながら読めば、それだけ考える力が磨かれるのです。考える力は生きていく力に直結します。

第6章では次のように言っています。「幅広くいろんな本を日頃から読み、仕事と真剣に向き合っている人は自分の考えや信念を持っているから、安易に空気に流されるようなことはないはずです。読書は心を自由にしてくれます。読書によって自分の考えが練られ軸ができれば空気を中心に思考したり、行動したりすることなどはなくなるはずです。世間の常識や空気に囚われない真の自由を読書はもたらすのです。」

「死ぬほど読書」 丹羽宇一郎著 幻冬舎新書 2017年7月30日発行 780円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-08-10 21:31 | | Comments(0)

d0021786_1056347.jpg主人公の小学生・小柳奈ノ花はクラスの中で浮いていた。クラスメイト達をバカなクラスメイトと呼び、彼女が唯一評価しているのは本を読んでいる荻原くんだけだった。学校へ行くとまず図書室に行き、昼休みも図書室、そして授業が終わるとアバズレさんのうちとおばあちゃんのうちへ行く。

ある日河川敷の草むらに泥だらけで、ところどころ赤い色をして、尻尾が半分しかない子猫を見つけ、その猫を連れて堤防の反対側にあるクリーム色のアパートに行って助けてくれるように頼んだが、どこもすぐにドアを閉められた。そして最後に2階の端っこの部屋のチャイムを押して、頼んだところその猫を助けてくれた。それがアバズレさんとの出会いだった。アバズレさんの名前はわからないがドアにそう書きなぐっていたのを見て、彼女の名前だと思ってそう呼んでいた。

おばあちゃんは近くの丘の木々の間を登ると広場が現れ、そこに木でできた大きな家があった。ノックするとすてきなおばあちゃんが出てきた。お菓子をもらったり、本の話をしたりして過ごした。

奈ノ花の毎日は授業後、うちに帰るとランドセルを置いて、アバズレさんのうちと、おばあちゃんのうちをはしごすることだった。

ある日、アバズレさんもおばあちゃんもいないとき、いつもおばあちゃんのうちへ行くときは右の道を行くが、今日は左の道を行ってみた。門があり、中に入るときちんとした石の階段があり、四角い石の箱のような二階建ての家があった。2階までと思っていた階段を上がっていくと、さらにその上に上がって行けた。そこには体操座りをして手首にカッターを当てている女の人がいた。高校生の南さんとの出会いはこうして始まった。

奈ノ花の毎日は3か所の行くところから2か所を選ばなければならなくなった。

学校では国語の授業で「幸せって何かを考える」をやっていた。南さんに聞くと「幸せって、もっと満たされた状態だろう。こう心がいい気持ちでいっぱいになるような」と言った。南さんの両親は事故で亡くなっていないと言っていた。

おばあちゃんは次のように言っていた。「人は悲しい思い出をなくすことはできないの。でもそれよりたくさんのいい思い出を作って楽しく生きることはできる。なっちゃんの笑顔は、南さんや私にそうさせてくれるくらいのすてきな力を持ってるよ」。

授業参観にお母さんが来てくれると言っていたのに、行けなくなったと言われ、母親と喧嘩してしまったが、翌日、南さんに会って「私みたいにけんかしたままもう会えないってことになってほしくない」と言われ、母親と仲直りすることを約束する。

そして授業参観の日、思いがけず両親がそろってきてくれたのである。そのことを報告しようと南さんがいる四角い石の上の屋上に行こうとしたが、工事中で入れなかった。それ以来南さんには会えなくなってしまった。

アバズレさんのうちに行くと、スイカの切ったのを買ってきてくれと頼まれ、スーパーへ行く。そこで荻原君と出会い、本の話をする。スーパーを出たところで万引きをした人を警備員が大声をあげて取り押さえるのを見た。翌日学校に行くと隣の席の桐生くんのお父さんが万引きしたという噂が流れていた。桐生君は数日間、学校に来なかった。

桐生くんが学校へやって来ると、クラスの馬鹿たちがお父さんのことで桐生くんをいじめているのに我慢できずに、馬鹿たちを攻撃する。しかし、桐生くんは奈ノ花に「やめてよ!」と言う。そして翌日からまた学校に来なくなった。

ある日、アバズレさんもおばあちゃんもいなくなってしまった。すべてはなっちゃんが見ていた夢の中の出来事だったのか。いつも同じ夢を見ていたのである。

読んでいて、登場した3人の女性、南さん、アバズレさん、おばあちゃんは奈ノ花がなっていたかもしれない未来の姿だったようだ。3人の女性たちはそうならないように奈ノ花にいろんなアドバイスを与えるのだった。

「また、同じ夢を見ていた」 住野よる著 双葉文庫 2018年7月15日発行 657円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-08-03 19:55 | | Comments(0)

d0021786_5474547.jpg小学5年生のミレイちゃんは、小さいころ大きな病気をしたせいで、ちょっとだけ腕が不自由です。ペットボトルのふたを開けることがうまくできません。

両親は結婚するとき、お母さんのお父さん(ミレイちゃんにとってはおじいちゃん)に反対され、「そいつと結婚するなら、二度と家に戻ってきてはならん」と言われ、お母さんは家を出てきたのでした。それから一度も実家には帰っていません。

おばあちゃんから手紙が来たのはおじいちゃんの7回忌が終わってひと段落着いた頃でした。手紙には「ミレイちゃんを夏休み中、私のところに預けないかい? そろそろその子にも『さるすべりの館』のことを知ってほしい」と書かれてありました。

ミレイちゃんはおばあちゃんのうちで夏休みを過ごせることに大喜び。夏休みになるとおかかさんとおばあちゃんのうちへ向かいました。鎌倉駅から歩いて、どんどん山の中へ入っていくと、細い道の正面に道をふさぐように誰かが仁王立ちで立っていました。胸のあたりからひざのずっと下まで、体の前面をほとんどおおいつくすような大きな、生成りのエプロンをした女の人でした。そばには一匹の犬がうずくまっています。

この人が、ミレイちゃんのバーバでした。お母さんはミレイちゃんをバーバに預けると帰っていきました。

おばあちゃんが一人で住む『さるすべりの館』とはどんなところなのでしょう。そこでミレイちゃんは時間を超えて『さるすべりの館』に関係したいろんな人たちを出会うことになります。

子ども向けに書かれた本ですが、大人が読んでも楽しめる本です。「朝日小学生新聞」に2017年7月1日から9月30日まで連載されたものを加筆修正したものです。

「ゆっくりおやすみ、樹の下で」 高橋源一郎著 朝日新聞出版 2018年6月30日 1300円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-07-21 19:46 | | Comments(0)