ブログトップ

ロシアとMacと日本語

カテゴリ:作ったもの( 112 )

2月10日に名城公梅まつりで買ってきたビーツ(小さいものが6個入っていて150円でした)のうち5個を使って、ボルシチを作りました。ビーツの甘みと酸味が適度に引き出されていて、おいしいボルシチができました。今回はスメタナをサワークリームとプレーンヨーグルトを同量混ぜ合わせて作りました。前回、生クリームとプレーンヨーグルトで作ったものよりコクがあり、おいしかったです。

d0021786_5502515.jpg

by irkutsk | 2019-02-14 15:49 | 作ったもの | Comments(0)

近くの「新鮮組」という店で「キズありサンふじ」を398円で買ってきて、りんごジャムを作りました。きれいな色のりんごジャムがたくさんできました。我が家では毎食自家製ヨーグルトに果物とジャムを入れて食べているので、ジャムは必需品です。買うと結構高いので、もっぱら季節の果物を使ってジャムを作っています。

d0021786_622811.jpg

d0021786_625046.jpg

by irkutsk | 2019-01-13 19:01 | 作ったもの | Comments(0)

d0021786_20263226.jpgイオンの中にある「カフェラント」で瓶詰のボルシチが売っていたので買ってきました。ラトビア産のボルシチで同量の水または牛乳と肉を入れて煮立たせるだけでできるという簡単なものです。肉はカレー用の牛肉が年末ということで売ってなかったので、タスマニアビーフのかたまりを買ってきて小さく切って、圧力鍋で煮ました。そのスープを使ってボルシチを作りました。

スメタナは生クリームとプレーンヨーグルトを1対1の割合で混ぜると簡単にできます。

さて味の方は、本場のボルシチと変わらない味でこんなに簡単にできるのなら買い置きしておいてもいいかなと思いました。ちなみに値段は500g入りで429円(税込み)です。3人前はたっぷりあります。中身にはレッドビーツ、キャベツ、じゃがいも、トマトペースト、にんじん、なたね油、玉ねぎ、食塩、小麦粉、砂糖、パプリカ、ローリエ、黒コショウ、酸味料が入っています。

d0021786_20265310.jpg

by irkutsk | 2018-12-29 20:23 | 作ったもの | Comments(0)

昨日、南木曽で買ってきたビーツのうち1個を使ってボルシチを作りました。材料はビーツ、玉ねぎ、にんじん、セロリ、キャベツ、ジャガイモ、牛角切り、トマト、ローリエ、にんにく。味付けは塩とコショウです。
いつもはサワークリームを使っているのですが、今回は本に載っていた方法でスメタナを作ってみました。プレーンヨーグルトと生クリームをを1対1の割合で混ぜると出来上がりという簡単なものです。ボルシチにかけるだけでは、余ったので野菜サラダにドレッシングの代わりとしてかけました。あっさりしていてとてもおいしいです。
d0021786_9253553.jpg

by irkutsk | 2018-11-04 18:24 | 作ったもの | Comments(0)

今日、南木曽で買ってきたビーツ1個を使って、サラダを作りました。ビーツは皮をむいて、サイコロに切って塩ゆでします。あとはジャガイモ、キュウリ、トマトなどお好みの野菜と混ぜて、マヨネーズで和えると出あがり。ビーツの赤い色がきれいです。
d0021786_9233072.jpg

by irkutsk | 2018-11-03 18:21 | 作ったもの | Comments(0)

生協のモーニングコープで頼んでおいた「ローゼル」が届き、早速ジャムを作ってみました。1袋270円+消費税で4袋買いました。

ローゼルは西アフリカ原産の、オクラと同じアオイ科の植物です。カロテン、ミネラル、ポリフェノール、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンE、リコピンなどの栄養素を含んでいます。さわやかな風味と、美しい赤色を活かして、ジャムやお茶、塩漬けにして梅干しの代用としても使えます。

ジャムの作り方は
1、軸の部分を包丁で切り取り、割りばしで押すと、ポンと種が出ます。種の部分が大きく、ジャムに使う皮の部分は少ないです。
2、ローゼルの皮と同じ量のグラニュー糖、水を入れ、ステンレスかホーローの鍋で煮ます。レモン汁やすりおろしたリンゴを入れるとまろやかになります。
3、皮はすぐに溶けて、どろどろになります。アクが出てくるので、こまめにすくい取ります。
4、15分~20分煮ると出来上がり。やわらかくても冷めるととろみが出てきます。熱湯消毒した瓶に詰めます。

味は甘酸っぱくて、色がとてもきれいです。ヨーグルトに入れて食べると、ほんの少しで赤いヨーグルトになります。

d0021786_9475967.jpg

d0021786_9481365.jpg

by irkutsk | 2018-10-20 14:42 | 作ったもの | Comments(0)

今日もモーニングコープで紅玉が来たので、ジャムを作りました。リンゴは少し小ぶりだけど、真っ赤なりんごだったので、いい色のジャムができました。
d0021786_2029109.jpg
d0021786_2029428.jpg

by irkutsk | 2018-10-06 14:28 | 作ったもの | Comments(0)

d0021786_20242292.jpg生協のモーニングコープで頼んでおいた紅玉が来たので、リンゴジャムを作りました。皮を刻んでお茶パックに入れて一緒に煮て、途中で取り出します。皮の赤みがそのままジャムの色になり、とてもきれいです。
by irkutsk | 2018-10-03 15:23 | 作ったもの | Comments(0)

近くの生協の店に行くと、小さな紅玉りんごが3個入って328円で売っていました。早速2袋買って今年初の紅玉リンゴジャムを作りました。紅玉は売っている時期が短いので、見つけた時には買ってジャムを作ることにしています。

何度も作っているのでレシピは頭に入っています。リンゴを4つに切り、皮をむいてスライサーで薄切りにいします。皮も色付けに使うので塩水を入れたボウルに入れておきます。
皮は細切りにして、お茶パックに入れてリンゴと一緒に煮込みます。ステンレスまたはホーローの鍋にスライスしたりんごとお茶パックに入れた皮を3個入れて火にかけます。

あくが出てくるので、すくい取ります。リンゴが透明になってきたらリンゴの重さの30%のグラニュー糖のうち半分を入れます。リンゴの皮から赤い色が出ます。箸でリンゴの皮の入ったお茶パックを絞ります。残りの砂糖を入れます。レモン汁はリンゴの重さの5%をいれます。レモン汁を入れてひと煮立ちしたら出来上がり。

熱湯消毒しておいたガラス瓶に詰めます。
d0021786_1421120.jpg

by irkutsk | 2018-09-30 14:20 | 作ったもの | Comments(0)

近くの安売りの八百屋さんでリンゴ(シナノレッド)を買ってきてジャムにしました。「甘酸っぱく、爽やかな味わい‼」と書いてあったので、ジャムにはちょうどいいかなと思って初挑戦。

レシピはほかのリンゴジャムのと同じで、皮をむいて芯を取ったリンゴの重さの17%の水、30%のグラニュー糖、5%のレモン汁で作ります。

まず、りんごを4つ切りにし、スライサーで薄くスライスし、塩水の入ったボウルに入れます。水気を切って、ステンレスの鍋にリンゴと水を入れ火にかけます。同時に別の鍋で保存用の瓶の煮沸消毒をします。リンゴが煮えてくるとあくが浮いてくるので掬い取って捨てます。砂糖を半分入れて混ぜます。リンゴが透明になってきたら残りの砂糖とレモン汁を入れます。適当なかたさになったら火を止めて、消毒した瓶に詰めます。

甘酸っぱくておいしいリンゴジャムの出来上がりです。
d0021786_15301113.jpg

by irkutsk | 2018-08-25 09:10 | 作ったもの | Comments(0)