関心のあるいろんなこと書きます
by irkutsk
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日本語
ロシア
お花見
マック

映画
感動したこと
考えたこと
旅行
見たこと、聞いたこと

作ったもの
食べたもの
あったこと
ふるさと納税
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
万引き家族、カンヌで賞取..
by けんいち at 06:15
五十嵐さん、コメントあり..
by irkutsk at 17:13
コメントありがとうござい..
by irkutsk at 20:15
とらくろさん、コメントあ..
by irkutsk at 20:40
今日は、優待品のことです..
by とらくろ at 14:40
> 1Qさん コメント..
by irkutsk at 06:04
コメントありがとうござい..
by irkutsk at 09:27
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:33
シーベリーはロシアでよく..
by irkutsk at 14:16
ロシアの果実シーベリーで..
by まさき at 09:53
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

2012年を振り返って(12月31日)

この1年、どんなことがあったかなと振り返ってみました。

1月 
還暦のお祝いをしてもらいました。
ホームベーカリーとよくしゃべる時計を子どもたちにもらいました。
志賀高原へスキーに行きました
青木酒造の酒蔵開放に行って、できたての酒をたらふく飲みました。
家をリフォームしました(床、壁、天井、キッチン)。

2月
野沢温泉へスキーに行きました。
さくら総合病院に来ているインドネシア人看護師候補生にボランティアで日本語を教え始めました。
3月
妻の兄弟と大津へ行きました。
長男の結婚前にと琵琶湖クルーズに家族4人で出かけました。
第4回ポエムフェスティバル(名古屋東別院)に参加しました。

4月
ロシアからお世話になった先生が来て、名古屋城、徳川園を案内しました。
ロシアから現地で一緒に日本語を教えたロシア人の友達が来て、名古屋城、徳川園、東山公園を案内しました。

5月
曼陀羅寺の藤を見に行きました。
さくら総合病院の看護師候補生たちとなばなの里へ行きました。
長男が結婚しました。

6月
「さわやかウォーキング」(蒲郡の癒しスポット形原温泉あじさいの里と潮風薫るブルーブリッジを歩く)に参加しました。
息子たちから父の日のプレゼントをもらいました(二人とも地ビールを送ってくれました)。
由紀さおり、安田祥子のコンサートに行きました。

7月
八事にある「トゥアン」へベトナム料理を食べに行きました。
さくら総合病院の看護師候補生たちと伊勢神宮へ行きました。

8月
ツアーで上海へ行きました。

9月
ツアーで隠岐島4島めぐりに参加しました。

10月
さわやかウォーキング「木曽川渡し場散策と中山道祭り」に参加しました。

11月
新しいノートパソコンDynabookT451/34EW(2012年春モデル)を買いました。
さくら総合病院の看護師候補生たちと愛知県民の森へ行きました。

12月
ホームベーカリーで初めて食パン以外のパン「グリッシーニ」を焼きました。

この1年、いろんなことがありましたが、充実した1年でした。
また来年もいい年でありますように!
[PR]
by irkutsk | 2012-12-31 16:41 | あったこと | Comments(0)

ウズベキスタンのチョコレート(12月30日)

d0021786_14321467.jpg昨日ウズベキスタンのチョコレートを食べようとしたら、穴があいていてびっくりしましたが、今朝もコーヒーを飲む時に食べようと二つ目のチョコレートをあけました。今日はチョコレートにミルクがまだらになっている絵が描かれているチョコレートです。昨日は何かの木の実が中に入ったチョコの描かいてあったのですが、中身はただのミルクチョコレートでした。今日のも昨日のチョコと全く同じミルクチョコレートでした。驚いたことに、昨日と同じところに穴があいたチョコでした。チョコレートを作る機械が壊れていて欠陥チョコが大量に作られているようです。しかもそれが堂々と出荷されて、売られているというところがウズベキスタンらしいです。明日、3個目のチョコを食べようと思いますがきっと同じように穴のあいたミルクチョコレートでしょう。
d0021786_14285754.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-12-30 14:32 | 食べたもの | Comments(0)

ウズベキスタンのチョコレート(12月29日)

ウズベキスタンのお土産でもらったチョコレートを開けて食べようとしてびっくり!
紙の包装紙を取ると、中の銀紙が普通はチョコレート全体を覆っているのに、完全には覆われていない。その銀紙を開いてさらにびっくり。チョコレートに穴があいている。製造過程でチョコレートが不足して、穴があいてしまったようだ。日本ではとても考えられないことだが、ウズベキスタンだからさもありなんと思ってしまった。
d0021786_2371142.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-12-29 23:08 | 食べたもの | Comments(0)

おもしろい飲み物を発見(12月29日)

今日大曽根のユニクロに行ったとき、近くにあったジュースの自動販売機で面白いものが売られているのを発見。ひとつは仮面ライダーの絵がついた「仮面サイダー」、そしてもうひとつはドラゴンボールの孫悟空の絵がついた「カメカメ発泡オレンジソーダ」。味はともかく発想が面白い商品でした。
d0021786_2323227.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-12-29 23:03 | 見たこと、聞いたこと | Comments(0)

ウズベキスタンのお土産(12月27日)

今年の9月からウズベキスタンのサマルカンドへ日本語を教えに行っている友人がいま日本に一時帰国していて、昨日会っていろいろとウズベキスタンの話を聞きました。「あなたのものは私のもの、私のものも私のもの」という世界で、遠慮していては生きていけないとのこと。すっかりウズベキスタンの生活に馴染んで、日本に帰ってきて戸惑っている様子でした。お正月を日本で過ごしてまた1月はじめにウズベキスタンへ行きます。

お土産にウズベキスタンらしい模様の湯呑(?)8個とロシア製チョコレートをいただきました。
d0021786_9184591.jpg

d0021786_919684.jpg

d0021786_9192295.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-12-28 09:19 | ロシア | Comments(0)

アスラポート・ダイニングの株主優待(12月27日)

アスラポート・ダイニングから株主優待の案内が届きました。アスラポート・ダイニングの株主優待は年2回(3月末と9月末)あり、3000円分の株主優待券またはカタログから好きな商品を選ぶことができます。500株~900株の株主は1点、1000株以上の株主は2点もらうことができます。

炭火焼肉酒家「牛角」、釜飯と焼き鳥の「とりでん」、鶏料理専門居酒屋「とり鉄」、居酒屋「おだいどこ」などを展開しているほか、ラーメンの「ジャンクガレッジ」、たこ焼きの「たこばやし」、「うまいもんや」など 昼の業態へも進出しています。

2013年3月期の第二四半期決算では1億900万円の純利益を上げています。

12月27日の株価は181円です。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_9104377.jpg

d0021786_9105936.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-12-28 09:12 | | Comments(0)

エフ・シー・シーから株主優待が届きました(12月25日)

d0021786_19413595.jpgエフ・シー・シーから株主優待の三ケ日青島みかん(Lサイズ5kg)が届きました。エフ・シー・シーの株主優待は年2回(3月と9月)あり、200株以上の株主に3月末は新茶が、9月末は三ヶ日青島みかん(いずれも2500円相当)が贈られます。

エフ・シー・シーは自動車・オートバイ・汎用機・その他クラッチ製造、および フェーシングの製造を行っています。またプラスチック成形・機械加工や各種専用機・各種金型(ダイキャスト、プラスチック、プレス)の製作もしています。

2013年3月期の第二四半期決算では32億6500万円の純利益を上げており、昨年同期比19%の増となっています。配当金も中間18円、期末18円(予想)と年間36円を予定しています。これも昨年より4円の増配です。

12月25日の株価は1696円です。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_19415147.jpg

[PR]
by irkutsk | 2012-12-25 19:42 | | Comments(0)

「真冬の向日葵」を読みました(12月25日)

d0021786_5433277.jpg2007年9月、財部(安倍晋三をもじってある)が内閣総理大臣と自民党総裁を辞任したところからこの小説は始まる。マスコミ志望の大学生・雪乃を主人公として、2006年財部が総理に就任した経緯、続く福本(福田)政権、朝生(麻生)政権が作られていった内幕、そして自民党が政権の座を明け渡し、民主党政権が誕生するまでのことが小説仕立てで書かれている。

新聞、テレビは真実を伝えていると国民は思わされているが、事実は伝えているが真実は伝えていない。麻生内閣の時、彼が行った経済政策よりも、彼が、漫画が好きで「国立メディア芸術総合センター」を作るという計画が麻生の個人的趣味によるものだとか、漢字の読み間違いをことさらに取り上げ、果ては国会で民主党が漢字の読み方テストを首相に行ったこととか、いつもホテルのバーで飲んでいるとか、カップラーメンの値段を知らないとかいうことを取り上げて連日報道していた。

またこの本の始めの部分に「バンドワゴン効果」について書かれていた。ある選択が多数に受け入れられている、あるいは流行しているという情報が流れた結果、その選択への支持が一層強くなることである。3年前の民主党が政権を取った時のマスコミ報道、そして今回、自民党が294議席を取ることとなった年末選挙中の報道、マスコミが世論調査をおこなって公表したことがさらに自民党に有利に働いたことであろう。

公職選挙法第138条の3では人気投票の好評の禁止が規定されているが、マスコミの世論調査はこれに該当するのではないかと本書では疑問を呈している。

この本はどちらかというと自民党安倍、麻生の政策を支持しているようである。その彼らが今回首相、財務大臣に就任する予定だというので、彼らの経済政策を知ることができる、まさに時宜にかなった内容の本だった。

デフレ脱却のために公共事業を増やすという戦略は財務省官僚には受け入れ難く、今後財務省官僚との確執が繰り広げられることになるのではないか。

また、この本では中川昭二元財務相がイタリアでおこなった、いわゆる「酩酊会見」についても詳しく書かれている。事件直後からインターネットでは「おかしい」という意見が出ており、あれは自分たちの意向に沿わない中川財務相を追い落とすために財務官僚が仕組んだのではないかと言われている。さらにその後のバチカンの博物館で立入禁止区域に入り込んだとか、展示物に触って注意されたとかいう報道もウソらしく、通訳として同行したバチカン放送局の神父和多真氏によって否定されているが、そのことは一切マスコミでは取り上げていない。

政治の内幕とマスコミによる世論操作について書かれた興味深い本でした。私たちはマスコミ報道をそのまま鵜呑みにするのではなく、彼らがどういう意図で国民の意識をどう変えようとしているのかを見抜く力をつける必要があると思わせる一冊でした。せっかくインターネットがあるのだから、自分でいろんな情報を探し、それを発信することも日本のマスコミに対するささやかな抵抗ではないか。

この本を読み終わって、ちょっと残念だったのは、マスコミによる世論の操作を背後で行っている勢力が誰かはっきりしなかったことです。彼らは手を変え、品を変え自分たちに都合のいいように世論を作っていくことに長けており、また権力も持っているのだから。でもそこまで書くと本の出版さえも潰されるのかもしれませんね。

「真冬の向日葵」 三橋貴明、さかき漣著 海竜社 2012年9月19日発行 1500円+税
[PR]
by irkutsk | 2012-12-25 05:43 | | Comments(0)

グリッシーニを焼きました(12月24日)

d0021786_1612529.jpg今年の誕生日に息子にプレゼントしてもらったホームべ-カリーでグリッシーニを焼いてみました。

今までは食パンとレーズンパンばかり焼いていましたが、違ったパンも焼いてみたいと思い、今日初めて焼いてみました。生地までホームベーカリーで作ってもらって、あとは自分で、オーブンで焼くというパンが色々ありましたが、その中から「グリッシーニ」を選びました。今日はちょうどクリスマスイブなので、チキンを食べ、手作りのパンを食べることにしました。

材料は牛乳140ml、強力粉2200g、砂糖4g、塩5g、オリーブ油8g、ドライイースト3g。
材料をホームベーカリーに入れてセットすると、40分ぐらいで出来上がり、生地を取り出して15cm×20cmぐらいにめん棒でのばし、布巾をかけて20分休ませます。

包丁で1cm幅に切り、まな板の上でころがしながら、25~30cmの棒状に伸ばします。

クッキングシートを敷いたオーブン皿に載せ、生地の表面には毛で水を塗り、粉チーズをふりかけます。

200度に予熱したオーブンに入れて18分焼くとできあがり。焼いている途中からパンとチーズが焼けるいい匂いが部屋中に広がります。

できあがったグリッシーニはカリカリとした歯ごたえがあり、美味しくいただけました。
[PR]
by irkutsk | 2012-12-24 16:13 | 作ったもの | Comments(0)

「夢売るふたり」を見に行きました(12月22日)

d0021786_1794731.jpgキノシタホールへ「夢売るふたり」を見に行きました。

「東京の片隅にある、小料理屋。腕が確かな料理人で、愛嬌のある夫・貫也。その夫を支えながら店を切り盛りする妻・里子。ふたりの店は小さいながらも、いつも常連客で賑やかだった。ところが5周年を迎えた日、調理場からの失火が原因で店は全焼。夫婦はすべてを失ってしまう。もう一度やり直せばいいと前向きな里子とは対照的に、やる気を無くした貫也は、働きもせず酒に酔う日々。そんなある日、貫也は駅のホームで店の常連客だった玲子に再会する。酔っ払った勢いに任せて、玲子と一夜を共にした貫也。翌朝、浮気は里子にすぐにバレてしまうが、妻はその出来事をキッカケに、夫を女たちの心の隙間に忍び込ませて金を騙し取る結婚詐欺を思いつく。自分たちの店を持つという夢を目指し、夫婦は共謀して次々と女たちを騙して始める。結婚したい実家暮らしのOL、男運の悪いソープ嬢、孤独なウエイトリフティング選手、幼い息子を抱えたシングルマザー。計画は順調に進み、徐々に金は貯まっていく。しかし、嘘の繰り返しはやがて、女たちとの間に、そして夫婦の間にさえも、さざ波を立て始めていく…。」(以上公式HPより引用)

「夢売るふたり」 2012年日本 137分 監督:西川美和 出演:松たか子、阿部サダオ、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由香、木村多江、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナほか
[PR]
by irkutsk | 2012-12-23 17:10 | 映画 | Comments(0)