人気ブログランキング |

<   2018年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


グッドコムアセットから株主優待が届きました(1月31日)

d0021786_20303447.jpgグッドコムアセット(3475)から株主優待のクオカード(2,000円分)が届きました。グッドコムアセットの株主優待は毎年10月末に、100株以上保有している株主に一律2,000円のクオカードが贈られます。2017年10月末から株主優待制度が新設され、今回が初めての株主優待です。

グッドコムアセットは2005年に創業し、個人投資家や不動産販売業者に東京23区の投資用マンションを販売する会社です。

2017年10月期決算短信によると6億2000万円の純利益(前年比10.0%増)を上げており、配当金は期末のみで20円(前年と同額)でした。来期は30円の予定。

1月31日の株価は1,767円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

by irkutsk | 2018-01-31 18:29 | | Comments(0)

「ロング,ロングバケーション」を見に行きました(1月29日)

d0021786_20325284.jpg伏見ミリオン座へ「ロング,ロングバケーション」を見に行きました。

アルツハイマーが進行中の元教授のジョンと、末期がんに侵されている妻のエラ。夫婦生活は半世紀を迎え、子どもたちも巣立ったことで人生の責任も果たしきり、夫婦水入らずの自分たちだけの時間を過ごすことができるようになった。ジョンが敬愛するヘミングウェイが暮らした家のあるキーウエストを目指し、愛車のキャンピングカーで旅に出た2人は、毎晩思い出のスライド写真でこれまでの人生を振り返りながら、ひたすら南を目指して進んでいく。

彼らには娘と息子がいたが、娘は嫁ぎ、もう孫が二人いる。息子は両親と一緒に住んでいる。子どもたちに迷惑をかけたくないという思いから、末期がんのエラはジョンが行きたがっていたヘミングウェイの家があるキーウエストを目指す。途中、強盗に襲われたり、ガソリンスタンドでジョンに置いてきぼりにされたり、ヘミングウェイの家でエラが倒れ、救急車で運ばれたりと様々なハプニングに襲われながらも、時々正常な状態になるまだらボケ状態のジョンと余命いくばくもないエラの珍道中は続く。

だが最後には悲しい結末が待っていた。どうしてエラはこういう悲しい人生の終わり方をしたのか理解できなかった。親子とは何かを考えさせられる映画でした。親は子どもを育てるというすばらしい体験を子どもにもらった。それはお返しなどを期待してではなく、まさに無償の愛で育て、子どもからはその都度笑顔ややさしさなど十分な幸せを受け取っている。

「ロング,ロングバケーション」 2017年イタリア 112分 監督:パオロ・ビルツィ 出演:ヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランド、ジャネルモロニー、クリスチャン・マッケイ、ダナ・アイビほか
「ロング,ロングバケーション」公式サイト

by irkutsk | 2018-01-29 17:31 | 映画 | Comments(0)

テーオーホールディングスから株主優待の案内が届きました(1月27日)

テーオーホールディングス(9812)から株主優待の案内が届きました。テーオーホールディングスの株主優待は毎年11月末日に100株以上保有している株主に保有株数に応じて次のとおり贈られます。
100株以上 いかめし(2個入りレトルトパック)2袋または五島軒究極の函館カレー 2箱
500株以上 いかめし(2個入りレトルトパック)5袋または、五島軒究極の函館カレー 5箱または、するめ(3枚入り)2袋
1000株以上 いかめし(2個入りレトルトパック)10袋または函館産米焼酎北の星(720ml)

テーオーホールディングスは天然素材にこだわったフローリングの製造・施工から戸建て住宅・マンション開発まで手掛けている会社です。函館にテーオーデパートも展開しており、イエローグローブ(ホームセンター)、テーオーストア(スーパーマーケット)、介護事業も行っています。

2018年5月期第2四半期決算短信によると2億5100万円の損失を出しており、配当金は期末のみで10円(前年と同額)の予定です。

1月26日の株価は780円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

by irkutsk | 2018-01-27 18:07 | | Comments(0)

「ジオストーム」を見に行きました(1月27日)

d0021786_11412868.jpgミッドランドスクエアシネマへ「ジオストーム」を見に行きました。

2019年、災害が地球を襲い、18ヶ国は結束し、地球を周遊する国際気候宇宙ステーション(ICSS)により、自然災害から防衛するシステム「ダッチボーイ」を使用し始めた。全世界の天候は精巧なシステムで完璧に管理され、人類は永遠の自然との調和を手に入れたかに思えた。

ところが、ある日突然、衛星が暴走を始めた。リオデジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイでは大洪水が、そして東京では直径50センチもある雹が降ってきた。この星をすべて破壊しつくさんばかりの、想像を絶する空前絶後の巨大災害が次々と勃発。なぜ? 一体地球はどうなるのか!

この地球滅亡の危機を受け、衛星の生みの親である科学者・ジェイクは、仲間の待つ宇宙ステーションへと飛び立っていく。

ウィルスは、ICSS全体に影響を及ぼしていた。すると、ICSSは自己破壊プログラムを作動させる。ジェイクは、「ダッチボーイ」が地球を破壊する可能性があった場合、自己破壊するようにプログラムしていたのだった。

ジェイクは、ICSSのメンバーであるダンカンがスパイであると気付き、立ち向かう。乗組員が避難する中、ジェイクは再起動を確実にするため、留まることに決める。
ジェイクの弟・マックスとその恋人・サラは、大統領をNASA施設へと護衛する。ジオストームを止めることはできるが、ICSSの破壊は止めることができないと判明する。ジェイクは、衛星に逃げ込み、爆発するICSSからなんとか逃げ延びることに成功したのだった。
そして近くを飛んでいたシャトルに救出されるのだが、そのシャトルの乗組員はメキシコ人だった。
何となく反トランプ色が濃い映画だった。結局は人間の悪意がとんでもない事態を引き起こすことになり、最悪の事態は避けられたが、これだけの巨大システムを運営できるほど人間はまだ成長していないのだと思わせられた。

「ジオストーム」 2017年アメリカ 109分 監督:ディーン・デブリン 出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララほか
「ジオストーム」公式サイト

by irkutsk | 2018-01-27 17:40 | 映画 | Comments(0)

「満天のゴール」を読みました(1月27日)

d0021786_1162996.jpg奈緒が小学4年生の息子涼介と二人で故郷の丹後半島にある実家へと向かうところから小説は始まる。奈緒が故郷を出たのは22歳の時。そして今、11年の時が経っている。京都から乗った特急を宮津で降り、そこからまたバスで2時間。バスは15分前に出たばかりで、次のバスまで1時間近くも来ない。

奈緒は東京で、家族3人で暮らしていたが、夫の浮気が発覚し、しかも夫はその相手と結婚したいので別れてくれと告げたのだった。

奈緒は夫の寛之の気持ちが変わることを期待して、夏休みに入ったばかりの涼介を連れて実家へ向かっているところだった。

駅前のバス乗り場で、一人の老婦人が雨の中で倒れているのを見つけた涼介が駆け込んでくる。奈緒は彼女に駆け寄り「救急車を呼びましょうか」と尋ねるが、タクシーで帰るから大丈夫と、ちょうどやってきたタクシーに乗っていった。奈緒はその声にどこか聞き覚えがあった。

実家は年老いた父が一人で暮らしていた。兄は結婚してうちを出、京都に住んでいる。母はまだ奈緒が故郷にいた時に亡くなった。涼介と奈緒の父が畑に出かけたが、父が運転するトラックが軽い接触事故を起こしたという連絡が入った。電話をかけてきたのは事故の相手ではなく、たまたま通りかかったという海生病院の医師・三上からだった。父は大腿骨骨折で入院することになった。京都の兄に連絡して、すぐ来てもらおう、そして自分は明日東京に帰ろうと思っていたが、兄からはすぐには行けないとつれない返事が戻ってきた。

奈緒は仕方なく故郷にしばらく残ることにした。そして海生病院で看護師を募集していて、奈緒は看護師として働いた経験は全くないが一応資格は持っているので、そこで働くことにした。こどもと二人、生活していくためには仕方なかった。

そして、父が事故にあったとき連絡をしてくれた海生病院の医師・三上と、彼が往診している、近所に住む早川さん、神社の神主をしていたトクさんなど一人暮らしの高齢者との関わり合いが描かれている。早川さんは奈緒と涼介が宮津の駅で助けたおばあさんだった。トクさんも早川さんもがんに侵されていたが、手術や抗がん剤治療を拒否し、自宅で一人で生活していた。そして三上の往診と訪問看護を受けていた。

彼らはゴールを目指して生きていた。三上医師に頑張ったご褒美にと星のシールをもらい、それを画用紙に張り付けていた。満天のゴールを目指して。この星のシールは三上が子供の時、アル中の父親と、彼を育ててくれた祖母の看病に明け暮れていた時、訪問看護師として来ていた早川から頑張ったご褒美としてもらっていたものだった。

この本の中で気に入った言葉をいくつか書き留めておきます。
「親が子供に何かをしてやれる期間はそう長くはない」
「子供が感じる幸せは貧富の差とは比例しない」
「死はゴールなのだ。人が死ぬということは、決して悲しいだけじゃない」
「誰にも救ってもらえないのなら、あなたが救う人になればいい。救われないなら救いなさい」
「自分の頑張りに星をくれる人がいる。それだけで人は生きられるのかもしれない」
「人は記憶の中に生きているのだ」

現役の看護師をしている著者ならではの小説でした。

「満天のゴール」 藤岡陽子著 小学館 2017年10月31日発行 1400円+税

by irkutsk | 2018-01-27 05:05 | | Comments(0)

「ロスト・イン・パリ」を見に行きました(1月26日)

d0021786_20493496.jpgキノシタホールへ「ロスト・イン・パリ」を見に行きました。

雪に包まれたカナダのちいさな村の図書館司書をしているフィオナ(フィオナ・ゴードン)。彼女が子供のころおばさんはこの町を出てパリへ行く。そして彼女のもとへパリから1通の手紙が届く。ゴミ箱に落ちていた手紙を拾った人がさらに封筒に入れて送ってくれたものだった。パリで一人暮らしをしているマーサ(エマニュエル・リヴァ)は88歳だが、一人でアパートに住んでいる。最近老人ホームに入れられようとしているので、助けてくれという内容だった。

臆病者のフィオナだったが、勇気を振り絞って旅に出る決意をする。パリに着いた彼女はおばさんの住むアパートにつきベルを押すが、おばさんはいない。仕方なくセーヌ川付近をさまようフィオナは、エッフェル塔を背景に写真をとってもらおうとジョギング途中の男に携帯を渡して頼む。ところが誤って橋から落ちてしまい、大きなバックパックは川に流されてしまう。ケータイは写真を頼んだジョギング中の男が持ったまま。

一方、セーヌ川の河畔に住むホームレス・ドム(ドミニク・アベル)は、川辺に流れ着いたバックパックを拾い、中に入っていたお金をくすね、レストランへ。たまたまそこで食事をしていたフィオナをダンスに誘い、いい雰囲気になるが、彼が彼女のバッグを持っているので彼女のバックパックをねこばばしたのに気づいた。バックパックを取り戻したフィオナは、なぜかフィオナに恋したドムにつきまとわれながらマーサの捜索を続ける。ところがマーサは2日前に亡くなってしまったという。信じられない気持ちでマーサの葬儀に参加するが、遺影の写真は別人のようで…。

果たしてフィオナはおばのマーサに会えるのか。

とても面白く、生きることを楽しむ老人たちの生きざまがすばらしかった。

今日は貸し切り状態で、私ひとりのために上映してくれました。

「ロスト・イン・パリ」 2016年フランス・ベルギー合作 83分 監督:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン 出演:フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル、エマニュエル・リバ、ピエール・リシャル、フィリップ・マルツほか
「ロスト・イン・パリ」公式サイト


by irkutsk | 2018-01-26 17:48 | 映画 | Comments(0)

「日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか」を読みました(1月23日)

d0021786_10373852.jpg東京の上空に巨大な米軍専用空域があるのを知っていましたか。東京、神奈川、埼玉、栃木、群馬、山梨、長野、静岡の一都八県の上空をカバーする広大な空間が、米軍の完全な支配下にあり、日本の民間機はそこを飛ぶことはできないのです。この空域は米軍横田基地によって管理されているため「横田空域」と呼ばれています。羽田や成田を飛び立ち西へ向かう飛行機はこの空域を避けて急旋回、急上昇を強いられているのです。

さらに、米軍関係者は出入国審査を受けることなく自由に横田基地から出入国できるのです。横田基地だけではなく、六本木ヘリポート、横須賀基地など日本中の米軍基地からまるで国境がないかのように自由に出入りできるのです。この事実はまさに日本はアメリカの一部であるという現実を物語っています。

サンフランシスコ平和条約と安保条約が結ばれる1年前、トルーマン大統領は「日本中のどこにでも、必要な期間、必要なだけの軍隊を置く権利を獲得する」という方針を決定しています。

そして1950年、10月に米軍が作った旧安保条約の原案には次のように書かれていたのです。「この協定(=旧日米安保条約)が有効なあいだは、日本政府は陸軍・海軍・空軍は創設しない。ただし、アメリカ政府の決定に、完全に従属する軍隊を創設する場合は例外とする」。「戦争の脅威が生じたと米軍司令官が判断したときは、すべての日本の軍隊は、沿岸警備隊も含めて、アメリカ政府によって任命された最高司令官の統一指揮権のもとにおかれる」と書かれていたのです。完全にアメリカに従属し、世界中のあらゆる場所で、戦争が必要と米軍が判断したら、その指揮下に入って戦う自衛隊」が今、現実のものとなろうとしているのです。

第二次大戦後、日本を占領したアメリカのマッカーサープランでは、文字通り日本を「非武装中立」にし、沖縄を含む太平洋の主要な島々に国連軍を配置することによって守ることになっていた。また1950年3月ごろにはNATOの太平洋版として「太平洋協定」が想定されていました。メンバーはアメリカ、カナダ、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、日本。

この時期の日本の独立に向けた安全保障の構想には、「日本のための安全保障」と「日本に対する(周辺諸国の)安全保障」という二つの側面がありました。

当時のアメリカの軍部は、米軍基地が使えなくなる可能性のある日本の独立、つまり平和条約の締結には絶対反対の立場でした。そこで考え出されたのが、「政治と経済については日本との間に「正常化協定」を結ぶが、軍事面では占領体制をそのまま継続する」という方針でした。

マッカーサーは、日本占領において夢見ていた「国連軍構想」、つまり個別国家は戦争する権利を持たないとする新しい時代の集団安全保障構想を持っていました。そしてそれができる前からつぶすことを決めていた人物がダレスだったのです。

もともと占領軍の位置づけは、ポツダム宣言にもとづいて日本を占領し、徹底的にその軍事力を破壊して上で、二度とアメリカや世界に危害を加えない民主的な国につくりかえる、その目的が達成されたときは、平和条約を結んで、直ちに撤退するというものでした。

ところがその後、朝鮮戦争が勃発し、日本は国連軍のようなアメリカとの間に安保条約を結び、国連軍基地のような米軍基地を米軍に提供し、国連軍のような在日米軍の戦争に協力することになったのです。

朝鮮国連軍においては国連の関与が一切排除された形で、米軍の統一指揮権が確立されました。朝鮮戦争に伴い日本国内の米軍は朝鮮へ送られ、マッカーサーはその穴埋めに7万5000人の警察予備隊の創設、海上保安庁の8000人の増員を指示したのでした。これで日本国憲法9条2項は事実上破棄されました。

有名なインチョン上陸作戦と同じ時期に東側のウォンサン上陸作戦も計画されており、そのために必要だった機雷除去のために海上保安庁の掃海艇部隊が派遣され、軍事作戦に参加しています。そして1隻の掃海艇が機雷に触れ、爆発、沈没し、死者1名、負傷者18名の犠牲者を出しています。

戦後史の原点に立ち戻ると、日本を武装解除し、二度とアメリカや世界に対して武力を行使することのないようにするという計画であったが、朝鮮戦争の勃発によって、日本を再軍備させ、その指揮権は米軍が握るという現在の体制が作られていったのは日本国民にとっては大きな不幸であり、禍でした。しかし、それを支え、推進した日本の政治家がいたということも忘れてはならなりません。

「戦後レジームからの脱却」と言いながら、戦後レジームにどっぷりと浸り、多くの国民が米軍の犠牲になっても、何ら手助けをしてくれない現在の日本政府に対してNOを突きつける必要があります。

忘れかけていた、戦後日本の再出発と、朝鮮戦争による実質的な憲法9条第2項の破棄、再軍備、そしてその指揮権が有事には米軍の統一指揮権の下におかれるという日本の現実に気づかせてくれた貴重な本でした。

「日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか」 矢部宏治著 集英社インターナショナル 2016年5月31日発行 1200円+税

by irkutsk | 2018-01-23 10:36 | | Comments(0)

「ガーディアンズ」を見に行きました(1月21日)

d0021786_691492.jpgミッドランドスクエアシネマ2へ「ガーディアンズ」を見に行きました。

初めてミッドランドスクエアシネマ2へ行きました。映画は100人ぐらいしか入れないスクリーン12で上映されましたが、音が大きすぎて、本編上映前のCMだけかと思っていたらずっと大きな音でした。あの広さにしては大きすぎる音でした。

冷戦下のソヴィエトで、違法な遺伝子操作により特殊能力を持つ兵士を生み出す“パトリオット計画”が進行し、超人部隊が生み出されようとしていた。だが、めいせいをわがものにしようとする組織の科学者クラトフの裏切りにより、研究所は爆破され、超人たちも姿を消してしまう。

50年後、自らも強大な力を持つ超人となったクラトフがロシアを崩壊させようとした時、パトリオットは世を捨てて生きるかつての超人たちを見つけ出し、国家の危機を防ごうとする。集められたアルスス、レア、ハン、クセニアら4人の超人たち。彼らは失ったアイデンティティを取り戻すため、クラトフを倒すことを決意する、結成されたチームの名は”ガーディアンズ“。彼らこそ、最後の希望――。

ロシア版X-MENとの触れ込みだが、確かに今までのロシア映画にはない特撮を駆使した映画で、見ていてもハラハラ、ドキドキのおもしろいSF映画だったが、いまいちの映画だった。ストーリー展開にもう一工夫欲しいところだ。

映画のエンドロールの途中で、続編が作られるという意味を込めた短い映像が流された。続編に期待したい。

「ガーディアンズ」 2017年ロシア 89分 監督:サリク・アンドレアシン 出演:アントン・パンプシニ、サンザール・マディエフ、セバスチャン・シサク、アリーナ・ラニナ、スタニスラフ・シリンほか

「ガーディアンズ」公式サイト

by irkutsk | 2018-01-21 17:06 | 映画 | Comments(0)

フルッタフルッタから株主優待が届きました(1月20日)

d0021786_1752658.jpg昨年12月25日にフルッタフルッタ(2586)から株主優待クーポン券(2,000円分)が届き、申し込んでおいた「アサイーバー ベリー&チョコグラノーラ」(85ml×8本、1,728円)が届きました。

フルッタフルッタの株主優待は3月末と9月末の2回あり、保有株数によって株主優待クーポン券が次のとおり贈られます。
100株以上 自社オンラインショップ専用の1,000円クーポン券 2枚
300株以上 自社オンラインショップ専用の1,000円クーポン券 3枚
500株以上 自社オンラインショップ専用の1,000円クーポン券 4枚
1,000株以上 自社オンラインショップ専用の1,000円クーポン券 5枚

フルッタフルッタはアサイーをはじめとするアマゾンフルーツの飲料や冷凍食品等をスーパー、コンビニに販売している会社です。アサイーブームが去り、2016年3月期決算からはすっと赤字続きです。

2018年3月期第2四半期決算短信によると2億4300万円の損失を出しており、配当金はありません。

1月19日の株価は661円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。


by irkutsk | 2018-01-20 15:53 | | Comments(0)

アスラポートダイニングから株主優待が届きました(1月20日)

d0021786_1657418.jpg昨年12月27日にアスラポートダイニング(3069)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいた「ジャンボかに玉グラタン」(140g×10個)が届きました。

アスラポートダイニングは焼肉の「牛角」を始め、釜飯と串焼の「とりでん」、鶏料理居酒屋「とり鉄」、居酒屋「おだいどこ」など、幅広い業態を全国で約350店舗展開しています。

2018年3月期の第2四半期決算報告によると、4億200万円の純利益(前年比64.7%増)をあげており、配当金は期末のみで4円です。2017年9月以降、株主優待を年2回(3月末と9月末)から1回(9月末)にして、その代わり配当金を出すことにしました。

1月19日の株価は457円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

by irkutsk | 2018-01-20 14:55 | | Comments(0)
line

関心のあるいろんなこと書きます


by irkutsk
line
カレンダー