<   2018年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

d0021786_1148266.jpgこの本の最初の部分には次のようなことが書かれていた。

1991年7月末、私は滞在先のとあるホテルで不思議な夢を見た。南の島とおぼしきだれもいない渚で私は一人佇んでいる。空はまるでトルコ石のように透明感のない鮮やかな青色だ。向こうから一人の青年が近づいてくる。人懐こい微笑みを浮かべながら私に近づいてくる。そしてこう言った。

「僕はね、ここで死んだんですよ。自衛隊の飛行機乗りだったんです。天皇陛下の御為に死んだことに悔いはないんですがね、ただ一つ残念なことがあるんです。それはね僕は朝鮮人だというのに日本人として、『日本の名前』で死んだことなんですよ」

彼が亡くなったのは自衛隊の飛行機乗りではなく、特攻隊の飛行機乗りだったのではないか。

4年後、読売新聞の日曜版に「女のしおり」というコーナーがあり、それへの原稿を依頼された。そして朝鮮人特攻兵のことを3回にわたって書いた。それを読んだ靖国神社の広報からから連絡があり、靖国神社を訪れた。夢に見たのはこの人ではないかと、1945年5月11日に沖縄戦で亡くなった光山文博(朝鮮名―卓庚鉉)という若者の写真を見せられた。彼は知覧飛行場を飛び立ち、沖縄西洋上にて戦死している。だが夢に出てきた青年がこの人かどうかよくわからなかった。

1999年5月30日、偶然ロケ先でテレビを見ていたら、特攻の母と呼ばれていた鳥濱トメさんのことを扱ったテレビ番組が放送されていた。そしてその中で光山さんの従妹・卓貞愛さんが出ていた。彼女に会うために黒田福美は釜山へ行く。

そして1985年、卓庚鉉さんの故郷・泗川市に日本人の光山稔さんという方がこの気の毒な朝鮮人青年を慰霊したいと泗川市西浦面に顕彰碑を建てようとしたが、マスコミに知られ「碑文が特攻賛美につながる」として地元で反対運動がおこり、断念していた。

その後、黒田福美も彼の故郷に慰霊碑を建てようとし、現地の人たちとも話し合い、碑文の内容も書き換え、のどかな田畑が広がる農道の一角に建てることに決まった。しかし話はその後、泗川市長をも巻き込んで、大々的になり、韓国のマスコミも大きく取り上げ、泗川市は最初200坪の緑地を提供すると言っていたのが、3000坪の公園に大きくなっていった。

だが2008年5月、慰霊碑の除幕式は現地の光復会と左派系政治団体「進歩連帯」が慰霊碑の建立に反対し、実力でも阻止すると通告してきた。やむを得ず予定されていた除幕式を中止し、その後慰霊碑は撤去された。慰霊碑はその後京畿道龍仁市にある法輪寺に置かれることになった。しかし光復会はさらに法輪寺にまで押しかけ、慰霊碑を埋めるように要求し、現在は八咫烏の彫像だけがじかに置かれ、碑文の書かれた本体は表面の碑銘を上にした形で4、5m離れたところに横たえられ、その胴体を半ば地中に埋めた形になっていて、その上に蓋をするような恰好で杉の木で作ったカバーのようなものがかぶせてある。

私も何度か韓国には旅行したことがあるが、個人としてみるといい人が多くお世話になったり、親切にしてもらったりしている。しかし、役所や国が出てくると、なかなか難しい問題が起こってくるようだ。黒田さんも最初の計画通り、のどかな田畑が広がる農道の一角に建てていれば、こんなごたごたにはならなかったのではないだろうか。

日韓の問題はなかなか根が深く、まだまだすっかり水に流しましょうとは言ってくれない状況である。それは日本政府の対応にも問題があるように思う。殴った人は早く忘れたいと思っているが、殴られた人はすぐには忘れられない。殴られた人が水に流しましょうと言ってくれるのをひたすら待つしかない。殴った人から水に流しましょうとは言うべきではない。

「夢のあとさき―帰郷祈願碑とわたし」 黒田福美著 三五館 2017年8月3日発行 1500円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-02-28 05:44 | | Comments(0)

名城公園の梅(2月27日)

名城公園へ行きましたが、まだ春の花は咲いておらず、ちょっと寂しい公園でしたが、紅白の梅が1本咲いていました。一つの木から紅白の花が咲いているように見えましたが…。

d0021786_98941.jpg

d0021786_983926.jpg

[PR]
by irkutsk | 2018-02-27 10:07 | お花見 | Comments(0)

d0021786_4531124.jpg手作りジャムがなくなったので、訳ありふじ(6個入り498円)を買ってきてリンゴジャムを作りました。紅玉ではないので皮を使って赤くすることはできず、白いジャムになりました。ほとんど毎食、果物のヨーグルトかけの最後にジャムをトッピングしているのでよくジャムを使います。早く苺が安くなり、イチゴジャムを作るまでのつなぎです。
ちなみにレシピは次のとおりです。
1、リンゴの皮をむき塩水につける。
2、スライサーでリンゴを薄切りにする。
3、その間にジャムを入れる容器を煮沸消毒する。
4、スライスしたりんごをざるに空け、重さをはかる。
5、りんごの重さの17%の水、5%のレモン汁を入れてステンレスかホーローの鍋で煮ます。
6、あくが出てきたら丁寧にすくいます。
7、りんごの重さの30%のグラニュー糖を2回に分けて入れます。
8、お好みの固さになったら出来上がり。
[PR]
by irkutsk | 2018-02-25 17:13 | 作ったもの | Comments(0)

d0021786_14192863.jpg2008年6月、母の聡子が「お父さんがいなくなったの」と電話をかけてきた。三日前から連絡が取れなくなって、今日、留守番電話に女の人と暮らすとメッセージが入っていた。それに、いつの間にか家を売ったみたいで、不動産屋が来て6月の末には家を出るように言われたという。父の章は家を売った金3850万円を持っていなくなったのだった。同じ横浜市内のマンションに住む一人娘の香織は夫と二人の小さな娘と4人で暮らしており、母親を引き取ることはできない。聡子の預金は200万程度しかない。とりあえず1Kのアパートを借りて引っ越した。

2008年7月、聡子は娘の香織と二人で弁護士事務所を訪れた。40歳の芳川弁護士と女性事務員・沢井が相手をし、裁判費用を説明するとあまりの高さに考え込む聡子だった。だが、章の相手の女を訴え、慰謝料をとることにした。

章の浮気相手はかつて入院していた病院の看護師・沼田和恵だった。彼女は章をだまして、金を巻き上げるために、好きでもない20歳以上も年上の章と関係を結んだのだった。彼女の家庭も悲惨な状態だった。夫の敏夫はうちに金を入れず、給料は風俗に使う。長男の星也は大学を卒業したが働いていない。次男の雷輝はゲームバばかりやっている高校生。

裁判の進行を軸に物語は進んでいくのだが、長年専業主婦として夫に尽くしてきただけの聡子が清掃会社で働くようになり、娘と姪に支えられながら強くなっていく様子が描かれている。

藤岡陽子の作品はどれを読んでも非常に興味深い内容である。

「ホイッスル」 藤岡陽子著 光文社 2012年9月20日発行 1600円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-02-25 14:19 | | Comments(0)

d0021786_1155018.jpg日本フイルコン(5942)から株主優待のクオカード(500円分)が届きました。日本フイルコンの株主優待は毎年11月末に100株以上保有している株主に贈られます。保有1年未満の株主には500円のクオカード、1年以上の株主には限定品のワインが贈られます。

日本フイルコン株式会社は、東京都稲城市に本社を置く工業用製品製造会社です。製紙用の網で国内シェア6割を誇り、半導体製造用フォトマスクが成長のけん引役になっています。

2017年11月期決算短信によると22億5400万円の純利益(35.7%増)を上げており、配当金は中間5円、期末14円で年間19円(前年比3円の増配)でした。来期は中間6円、期末6円で年間12円を予定しています。

2月23日の株価は673円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
[PR]
by irkutsk | 2018-02-24 17:53 | | Comments(0)

うちの近くにある上野天満宮へ梅を見に行きました。南側の白梅はぼちぼち咲いていましたが、北側の紅梅はまだ固いつぼみでした。

d0021786_13213768.jpg

d0021786_13214958.jpg

d0021786_1322766.jpg

d0021786_13222329.jpg

[PR]
by irkutsk | 2018-02-23 11:00 | お花見 | Comments(0)

d0021786_4543255.jpgミッドランドスクエアシネマへ「リバーズエッジ」を見に行きました。

1993年に雑誌「CUTiE」で連載されていた岡崎京子の同名漫画を、行定勲監督、二階堂ふみ、吉沢亮の出演で実写映画化された作品。

女子高生の若草ハルナは元恋人の観音崎にいじめられている同級生・山田一郎を助けたことをきっかけに、一郎からある秘密を打ち明けられる。それは河原に放置された人間の死体の存在だった。山田が見つけたときはまだ肉がついていたというが、ハルナが見せられたときはすでにミイラ化していた。彼はこの死体を見ると落ち着くのだという。ハルナの後輩で過食しては吐く行為を繰り返すモデルの吉川こずえも、この死体を愛していた。

一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、売春をし、誰の子どもかわからに子を妊娠する小山ルミ、その姉は過食で、引きこもりで、異常に太っていて、漫画を描き続けている。

一郎はホモで田島カンナには関心がない。彼が思いを寄せるのは1学年上のスポーツが得意な男子生徒。一郎は彼を見ているだけでいいんだとハルナに話す。

ハルナと一郎が付き合っていると思い込んだ田島カンナはハルナの家に火をつける。そして自分も誤って転落して死んでしまう。

ただ誰とでもやりたいだけの観音崎。

映画の途中で登場人物一人一人にインタビューが行われ、彼らの家族のことや生い立ち、自分の生き方などを語らせる。

なかなか奥の深い映画だった。

「リバーズエッジ」 2018年日本 118分 監督:行定勲 出演:二階堂ふみ、吉沢亮、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨ほか

「リバーズエッジ」 公式サイト
[PR]
by irkutsk | 2018-02-19 11:50 | 映画 | Comments(0)

d0021786_4501052.jpgキノシタホールへ「南瓜とマヨネーズ」を見に行きました。

漫画家・魚喃キリコの代表作「南瓜とマヨネーズ」を実写映画化したもの。

ライブハウスで働くツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)がミュージシャンになる夢をかなえるため、内緒でキャバクラで働きながら生活を支えていた。一方で、自分が抜けたバンドがレコード会社と契約し、代わりにグラビアアイドルをボーカルに迎えたことに複雑な思いを抱え、スランプに陥っていたせいいちは、仕事もせず、毎日ダラダラとした生活を送っていた。そんなときツチダは店に来た客・安原(光石研)からもっと稼げる仕事があると愛人契約を持ちかけられる。

ある晩、隠していた愛人からのお金が見つかってしまい、ツチダがその男と体の関係を持っていることを知ったせいいちは働きに出るようになる。そしてツチダが以前のようにライブハウスだけで働き始めた矢先、今でも忘れられない過去の恋人ハギオ(オダギリジョー)が現れる。蓋をしていた当時の思いが蘇り、過去にしがみつくようにハギオとの関係にのめり込んでいく。

せいいちにしても、ツチダにしても、ハギオにしてもひどい人間たちばかりだという印象を持った映画だった。せいいちは自分が抜けたバンドがレコード会社と契約したことに嫉妬し、ツチダは金を稼ぐために安易に愛人契約を結ぶし、ハギオはツチダの気持ちをもてあそぶいい加減な奴だし。

「南瓜とマヨネーズ」 2017年日本 93分 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美、太賀、
浅香航大、若葉竜也、大友律ほか
「南瓜とマヨネーズ」公式サイト

[PR]
by irkutsk | 2018-02-18 17:47 | 映画 | Comments(0)

d0021786_8342578.jpg大人気バンド「SEKAI NO OWARI」のピアノ担当の紅一点、Saoriが初めて執筆した小説。
月島と「ふたご」になりたかった夏子。そしてそのためにどれだけ苦しんだことか。夏子は「ふたご」をどのようなものと思っていたのか。

小説は2部構成になっていて、1部は中学生の夏子と月島の話から始まる。一緒にDVDを借りに行ったり、いろんなことを素直に話したりする関係だった。例えば夏子が学校の先生に「スカートが短すぎます」と言われ、夏子は「どうしてスカートを短くしちゃいけないんですか」と聞いたら、先生は「ルールだから」と言ったという。ルールだからというのは説明になっていない。「じゃあどうしてルールは守らなければならないと思う?」と月島が夏子に聞く。夏子は考え、「法律だってルールでしょう。法律がなかったら世界は野蛮になって、怖くて外に出られなくなる」と答える。「でもスカートを短くしちゃいけないっていうルールはどうして守る必要があるんだろうね」と付け加える。月島は「俺が思うのは、大人の言ったことを、揚げ足取りみたいに考えても何にもならないってこと。それは結局言葉遊びに過ぎないと思う。でも本当に重要なのはルールの意味じゃないんだと思う」と答える。「ルールを守ることが必要なんだ。ルールの意味が重要なんじゃない。ルールを守ることに意味があるんだ。学校ではそれを学べってことだろう」と答える。

月島と夏子は1つ違い。月島が中学を卒業し、夏子は中学3年生になった。月島は高校に入ったが、夏子が高校生活について聞くと「つまらない」という。学校にもほとんど行っていない。「みんなが乗ってる列車に乗れない人生は非難される。ただ頑張る。理由もなく頑張るってことができない」と言う。

そんな月島は高校をやめてしまい、夏子が高校生になったとき、突然アメリカに行くことになったという。まず、アメリカンスクールに通って、来年の夏にアメリカへ行くと。父親に「留学とかしてみたらどうだ」と勧められ決めたというが、積極的に行きたいわけでもない。そして1年後、月島家の家族と夏子は留学する月島を送っていきがてら、一緒にアメリカへ行った。

一人きりになった月島から日本の夏子に電話がかかってきた。「大丈夫じゃない」という。そして「帰りたい」と。ある日、月島は公衆電話から夏子に電話をかけていた時、突然倒れた。パニック障害ということだった。結局月島は帰ってくることになった。

帰国した月島が夏子の家を訪ねてきたが、弟は「月島君の話し方、ちょっと普通じゃなかったよ」と言った。月島の精神状態は普通ではなく、除湿器を蹴飛ばし、月島は苦しそうな顔で息をし始めた。そして最後には夏子を押し倒し、血走った目で、夏子に馬乗りになって、首筋にカッターナイフを当てていた。

月島は精神病院に入院することになり、夏子は大阪のおばの家へ行った。やがて月島は退院し、また夏子とも会うようになった。第一部の最後には次のように書かれていた。「自分たちは双子のように、すべてを共有することなんて出来ないと分かるまでに、何年費やしたのだろう。どうしてこんなに苦しまなければならなかったんだろう。もしわたしたちが本当にふたごだったら、こんなに苦しむこともなかったはずだ」

第二部は月島がバンドをやりたいと言って、工場跡の地下室を借り、メンバーを集め、地下室を改装し、メンバーとのいざこざがあり、夏子はかなりボロボロになって、それでも月島の要求に付き合い自分を追い詰めていくという、読んでいても辛くなるような内容だ。結局「SEKAI NO OWARI」として成功するんだけど……。

夏子の我慢強さが貫かれている内容だった。同じストーリーを月島の側から見るとどう見えているのだろうと興味がわいた。

「ふたご」 藤崎彩織著 文芸春秋 2017年10月30日発行 1450円+税
[PR]
by irkutsk | 2018-02-16 05:32 | | Comments(0)

d0021786_5512155.jpgセンチュリーシネマへ「The Promise 君への誓い」を見に行きました。

1914年第一次世界大戦がはじまる前夜のオスマン・トルコ帝国が舞台。オスマントルコの小さな村・シルーンの薬剤師のうちに生まれたアルメニア人青年・ミカエルは、イスタンブールへ行って医学を学びたいという。彼の家にはそんなお金はなく、婚約者マラルの持参金(金貨400枚)をもらって、コンスタンチノープルへ。コンスタンチノープルでは父の従弟・メスロブの家に住み、医科大学へ通った。

大学で知り合ったトルコの大物政治家の息子・エムレやメスロブの娘たちの家庭教師・アナと友人になる。パリから帰国したばかりというアナにあこがれを抱くミカエルだったが、アナにはアメリカ人ジャーナリスト・クリスという恋人がいた。

第一次世界大戦が始まり、トルコも参戦。ミカエルにも徴兵の招集がかかるり、ミカエルは医学生だから徴兵免除をと申請するが、受け付けてもらえず困っていると、エムレがやってきて役人に賄賂をつかませ、彼を救ってくれた。

戦意高揚とともに国内ではトルコの民族主義が高まり、アルメニア人への差別と弾圧が横行し始めた。トルコ中部を取材に訪れたクリスは軍によって住処を追われ砂漠を歩かされているアルメニア人の行列集団を目撃する。抵抗したものは容赦なく殺され、さらし者にされる。

一方ミカエルとアナは、アルメニア人を狙う暴徒と遭遇。ミカエルも襲われて怪我を負い、アナと一緒に近くのホテルに避難する。同じ部屋で過ごした二人はその晩に結ばれる。

翌日、メスロブのうちに戻ると、メスロブがいわれのない反逆罪で逮捕されていた。ミカエルはエムレに助けを求め、刑務所に行くが、逆に彼は拘束され、強制労働の現場に送られる。

何とかそこから逃げ出したミカエルは自分の村シルーンに戻る。母親はすぐにでもマラルと結婚して山の上に小屋に隠れているようにと言い、翌日結婚式を挙げる。しばらく山の上の小屋での平穏な生活が続き、マラルはミカエルの子を身ごもった。

その頃、アナとクリスはメスロブの妻と子供たちを連れてシルーンのミカエルのうちにやって来る。母親はミカエルは死んだとアナに告げる。アナとクリスはアルメニア人の孤児たちを国外へ逃がす教会の仕事を手伝っていた。だがトルコ軍の魔の手はシルーンやアナたちのもとへもやって来る。

150万人のアルメニア人が虐殺された事件をトルコ政府は今も認めていない。どうしてこんな悲惨な事件が起こるのか。自分たちに抵抗できない弱い者を力で抹殺しようとする。日本も植民地とした韓国、台湾、中国で多くの人々を虐殺してきた。ドイツ人はユダヤ人を虐殺してきた。

自国第一、自分の国はすばらしいという意識の裏返しとして、他国(しかも弱い立場の民族の)はどうしようもない厄介者だ。だから殺してしまえという論理だ。そこには様々な価値観、考え方、政治的意見、生き方があることを認め、共存していこうという姿勢はない。他の意見を認めない、力や数で反対派の意見を抹殺し、自分達の思い通りにすべてを決め、強行していく。今の日本の政府・自民党に同じようなものを感じるのは私だけだろうか。

「みんなと同じ」がいいことで、「みんなと違う」のは悪いことという意識が国民の中に植え付けられ、常に「みんな」の側に身を置いておこうとする。だが、その結果生きづらくなり、心身に支障をきたし、あるいは自ら命を絶ってしまうこともある。100年以上前のアルメニアの話だったが、現代の日本に生きる私たちにとっても考えさせられる映画だった。

「The Promise 君への誓い」 2016年スペイン・アメリカ合作 134分 監督:テリー・ジョージ 出演:オスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベール、アンジェラ・サラフィアン、ジェームズ・クロムウェルほか

「The Promise 君への誓い」公式サイト
[PR]
by irkutsk | 2018-02-12 17:50 | 映画 | Comments(0)