人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


「闇から届く命」を読みました(4月30日)

d0021786_5475532.jpg都内の産婦人科病院で働く有田美歩は、助産師になって6年目。勤務先にはやや問題があるものの、有能な先輩や同僚に恵まれ、忙しいけれども充実した日々を送っていた。

登場する人物の描写がすごい。能力がなく、金儲けと、病院の体面、自分と身内の保身のことしか考えていない院長。野原院長がこの病院を開院したのは12年前。大学病院の産婦人科にいた院長が、同じ病院の当時43歳の草間と32歳の巣川を伴って開院したのだ。院長と師長の巣川は長年の不倫関係にあると教えてくれたのは草間である。

草間は夫が体を壊して働けなくなったので、彼女が30代の半ばから家族を養っている。大学病院の1.5倍の給料をもらえるというので、この病院の開業の時から働いている。息子が4人もいて、末っ子が大学を卒業するまではやめられないといつもぼやいている。ベッド数が30もあるのに、常勤の助産師は4人しかいない。夜勤のできるパートも限られてるし、忙しすぎて切れてしまいそう草間は言っていた。

後輩の戸田理央は都会の生活にあこがれて東京へ出てきて、マンションで一人暮らしをしている。

時々病院に現れる、院長の次男・野原俊高は神経内科のクリニックを開業している。人当たりがよく、誰に対しても気さくに話しかけてくるから、スタッフにも評判がいい。背はさほど高くないが、ジム通いで維持している引き締まった体型も人気の理由だ。理央によると彼のクリニックは院長である父と妻の実家が出資して開業できたのだという。

新しい命が生まれる産婦人科病院で繰り広げられる人間関係の葛藤や、出生前検査で胎児の異常の確立が高いと言われたときの両親の対応、それをケアする助産師など産婦人科病院ならではの様々な問題が描かれている。

だがもう一つ、この本では後輩・戸田理央をめぐって、事件が起こる。ついつい話に引き込まれ、先のストーリー展開が待ちきれなく3日で読んでしまった。

「闇から届く命」 藤岡陽子著 実業之日本社 2015年2月15日発行 1600円+税

by irkutsk | 2018-04-30 15:46 | | Comments(0)

「海路」を読みました(4月27日)

d0021786_16581986.jpg東京大田区にある「月島診療所」は医師の月島と看護師の志木、事務員の水鳥の3人でやっている小さな診療所である。70を少し過ぎた月島医師は診療所の2階に一人で住んでいる。かつては家族(妻・巻と長男・博一)があり、別の家に住んでいたが、離婚してからは診療所の2階に住むようになった。

看護師の志木は大学病院の看護師をしていたが、あまりに忙しく、結婚を考え始めていた彼女は夜勤がなく、規則的な勤務ができるような職場を探していた。27歳から月島診療所で働き始め、もう16年になる。ひと月ほど前に、3月いっぱいで診療所を閉めると言われた。

月島は父が戦死し、母親は郵便局で働いていて、家計は苦しく、級友からいじめられていた。自分を強く見せる方法として思いついたのが、本を読み、知識を詰め込むことだった。初めは植物や昆虫や動物のことを勉強した。そのうちに毒草など自然界に存在する猛毒に興味を持った。そうした知識があると周りから一目置かれたし、尊敬の眼差しを注がれた。

往診の帰り、月島と志木は料亭・ハナムラに立ち寄り、その後、月島は志木に力道山の墓を見せたいと言って池上本門寺へ誘った。そこで患者の一人が孫を連れてやって来たのに出会った。彼と別れてから月島は、「わが子と孫は違う。老人にとって孫と過ごす時間は限られている。孫の成長のどこかで自分は確実にいなくなる。だから尚いとしい。いとしむ時間がいとおしい」と言った。

志木が「先生、歳を取るのは辛いことでしょうか?」と聞くと、月島は「身体の機能に関していえば辛いことが多いですね。でも心に関していえば、二つほどいいこともあります。一つはこれから先どのように生きようかという悩みが少なくなる。もう一つは大切なものが年々減ってくることによって、大切にするものの比重が増す」と答えた。

3月の半ばのある月曜日、先生が行方不明になる。患者さんたちに突然の休診を詫び、「休診日」の札をかけると、若い医師がやってきて昨夜遅くに突然閉院までの2週間、やってくれるようにと月島先生に頼まれたと言う。彼の話によると、沖縄のなんとかいう島の知り合いが倒れたかなんかで、その島に向かったそうだ。

志木は情報を集め、月島が渡嘉敷島へ行ったことを突き止め、後を追う。渡嘉敷島には80になるかならないかの出口先生がやっている診療所があった。そして月島は「山口さんの代わりが来るまで手伝って、その後はこの地でのんびり暮らすのもいい。老いていくのが恐ろしいんです。昨日より今日、今日より明日、ぼくの身体の機能は少しずつ衰えていく。そしていつか誰の役にも立たず、誰も僕を頼らなくなり、人に迷惑をかけながら、ひたすら死ぬ時間を待つようになる。自分が自分でなくなることが怖いんだよ。誰からも相手にされないただの衰えた独りきりの老人になることが」と言った。

この小説はテーマ競作小説で、「死様(しにざま)」というテーマで、ほかに荻原浩、佐藤正午、白石一文、土居伸光、盛田隆二が書いている。

誰もが迎える死だが、死に様は各人各様だろう。死ぬ時がわかっていれば、その時までにやりたいことをやり、一区切りつけておくこともできるだろうが、いつやって来るかは分からない。今日が最後の日だというつもりで生きるとスティーブ・ジョブズが言っていたが、なかなかどれも難しい。いつもの生活を送りながら、ある時、命のひもがぷつんと切れるように死んでいく。そうするよりないのかなと思う。

「海路」 藤岡陽子著 光文社 2011年6月25日発行 1200円+税

by irkutsk | 2018-04-27 20:57 | | Comments(0)

ネオジャパンから株主優待が届きました(4月27日)

d0021786_1392637.jpgネオジャパンン(3921)から株主優待のクオカード1000円分が届きました。ネオジャパンの株主優待は1月末と7月末の年2回あり、100株以上保有している株主に保有株数に応じて次のとおりクオカードが贈られます。2017年11月15日を基準日として1株→2株の株式分割を行っています。
100株以上 500円分
200株以上 1,000円分

ネオジャパンはビジネスパッケージソフトの開発、販売、自社開発パッケージソフトを低価格かつ信頼性の高いクラウド環境にてオンデマンドで提供。インターネット、イントラネット関連の業務アプリケーションを個別に受託開発しています。コンサルティングからアプリケーション・システムの企画・設計・開発・ネットワークインフラ構築等、システムにかかわるあらゆるサービスを統合的に提供しています。

2018年1月期決算短信によると3億2400万円の純利益(前年比9.3%増)を上げており、配当金は期末のみで5円50銭でした。2017年7月と11月15日に、1株につき2株の株式分割を行っています。

4月27日の株価は1,239円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。


by irkutsk | 2018-04-27 17:07 | | Comments(0)

「女は二度決断する」を見に行きました(4月23日)

d0021786_20415995.jpg伏見ミリオン座へ「女は二度決断する」を見に行きました。

ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコを失う。爆発物は可燃性の肥料と軽油、それに釘を入れて作られたものだった。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、ヌーリの店の前に、後ろに箱をのせた新しい自転車に鍵もかけずに行こうとする女に、「鍵をかけなと盗まれるわよ」と忠告したというカティヤの証言もあり、ネオナチの若い男女が逮捕された。

裁判で、爆発によって二人の身体がどのようになったのかを警察の担当者が証言するのを聞いていられず、退廷することにしたが、その途中、夫と子供を殺した女に飛びかかる。また裁判ではギリシャ人のホテル経営者が、彼らはその日、ギリシャの自分のホテルに泊まっていたという証言をする。また当初、トルコ人同士の抗争という線で捜査をしていた警察は彼女の家を家宅捜索し、大麻やコカインなどを見つける。それは彼女が二人の死の悲しみから使っていたものだと言う。

だが裁判は、薬物を使用している彼女の目撃証言は信頼できないと相手の弁護士は主張し、結局、彼らは無罪となる。

カティヤは裁判で証言したギリシャ人のホテル経営者のホテルを訪れ、彼がいない間に、妻に二人の写真を見せて、探しているのだがここに泊ったことはないかと聞く。彼女はここにはギリシャ人しか来ないと答える。そこに夫が戻ってくる。彼女は逃げるが、その途中でうまく彼をまいた後、彼の車を追跡していくと、ヌーリとロッコを殺した二人の元へ行き、女が来たから注意するようにと言っていた。

カティヤはどうするのか。弁護士からは電話が何度もあり、明日が上告の期限だから明日必ず来るようにということだった。彼女はどうするのか。

ドイツ警察の戦後最大の失態と言われるネオナチによる連続テロ事件。初動捜査の見込み誤りから、10年以上も逮捕が遅れ、その間、犯人は殺人やテロ、強盗を繰り返した。それらの実際の事件に着想を得て『女は二度決断する』は生まれた。


「女は二度決断する」 2017年ドイツ 106分 監督:ファティ・アキン 出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、サミア・シャンクラン、マーマン・アチャルほか
「女は二度決断する」公式サイト

by irkutsk | 2018-04-23 16:40 | 映画 | Comments(0)

「羊と鋼の森」を読みました(4月23日)

d0021786_20394151.jpg高校生の時、体育館のピアノの調律に来た板鳥が調律するのに立ち会い、外村は森の匂いを感じた。秋の夜の。秋といっても9月上旬。夜といってもまだ入り口の、湿度の低い、晴れた夕方の午後6時頃。夜になるのを待って活動を始める山の生きものたちが、すぐその辺りで、息を潜めている気配がある。静かであたたかな、深さを含んだ音。そういう音がピアノからこぼれてくる。

外村は板鳥の元を訪れ、弟子にしてくれと頼みこむが、弟子を取るような分際ではないと断られ、調律師養成のための専門学校に行くことを勧められる。卒業後、北海道の故郷近くの町、板鳥さんのいる楽器店に調律師として就職した。

初めて調律に行ったのは、入社して5か月が過ぎた秋の初めだった。柳さんが顧客宅へ調律に行くのに同行させてもらった。マンションの4階にあるそのうちには、一番小さいグランドピアノがあった。双子の姉妹、和音と由仁が弾くピアノだった。調律が終わり、学校から帰ってきた和音が弾いてみる。ちょっと弾いてみて「これでいいです」と答え、「じゃあ、これで」と柳が言いかけた時、「もうすぐ妹が帰ってくるはずなので、少しだけ待ってもらえますか」と言う。双子で顔がそっくりな姉妹なのに、姉が弾いたのとは全く違うピアノだった。妹のピアノは色彩に溢れていた。

ピアノの調律の世界がこんなにもわかりやすく、ストーリー性を持たせて描かれているのには驚いた。ピアノに関しては何も知らないが、それでも調律師と演奏者、そしてそれを聞く聴衆が満足できる音を、様々な条件に応じて調整していくのは大変なことだと思う。

調律師の世界をちょっと見ることができて、不思議な満足感を覚えました。

「羊と鋼の森」 宮下名都著 文春文庫 2018年2月10日発行 650円+税

by irkutsk | 2018-04-23 05:38 | | Comments(0)

名城公園へ藤を見に行きました(4月22日)

新聞に津島の天王川公園や江南の曼陀羅時の藤が咲き、今週末が見頃だと書いてあったので、名城公園の藤もそろそろ見頃かなと思って行ってみました。まずチューリップや牡丹、ハナミズキなどを見てから、藤棚のほうへ行きました。大分花の房が伸びていましたが、まだあと1週間ほど先が一番の見頃かなという感じでした。
d0021786_12494215.jpg

d0021786_12495674.jpg

d0021786_12501369.jpg

d0021786_12503039.jpg

d0021786_12504622.jpg

d0021786_125119.jpg

d0021786_1251143.jpg

d0021786_12513275.jpg

d0021786_12514717.jpg

d0021786_1252242.jpg


by irkutsk | 2018-04-22 12:52 | お花見 | Comments(0)

「手のひらの音符」を読みました(4月20日)

d0021786_9261360.jpgデザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。45歳独身、何よりも愛してきた仕事なのに……。途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、恩師の入院を知らせる電話が。お見舞いへの帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。幼馴染の三兄弟、とりわけ思いあっていた信也のこと。<あの頃>が、水樹に新たな力を与えてくれる―。人生に迷うすべての人に贈る物語!
(本の裏表紙に書かれていたあらすじ)より

現在と、子ども時代が交互に描かれており、子ども時代の経験は、わたしの子ども時代とも共通している。近所の人がお互いに助け合い、よその家の子供の面倒を見てくれていた。この小説の中で、水樹が育った環境も競輪場近くの4階建ての市営住宅の2階で水樹、水樹の家は両親と兄の4人家族。1階には同級生の信也と兄の正浩、弟の悠人と彼らの両親が住んでいた。保育園の頃から信也とは一緒で、親のお迎えが遅く、いつも最後に二人が残っていた。信也の弟・悠人は少し変わった子供で、人の言うことを全く受けつけないところや強すぎるこだわりを持っていた、例えば「今どうしても砂遊びをしたい」と思ってしまうと、砂遊びをさせてやるまで泣き続ける。またてんかんの持病があった。彼らの父親は競輪選手だったが、肝臓を悪くして入院していた。

水樹の父親は競輪狂いのタクシー運転手。のちにバブル景気の頃、不動産屋に転職し、地上げをやっていた。

憲吾から入院していると連絡をもらった遠子先生は、高校時代の美術の先生だったが、水樹が就職するというのを、自分のやりたいことをするようにと粘り強く説得し、彼女をデザイナーへの道へ進ませてくれた先生だった。

不幸な家庭にはいろいろな不幸が次々とやって来る。しかし、その中で力強く生きていく若者の姿が感動的に描かれている作品である。

「手のひらの音符」 藤岡陽子著 新潮文庫 2016年9月1日発行 630円+税

by irkutsk | 2018-04-20 05:25 | | Comments(0)

ヤマハ発動機から株主優待の案内が届きました(4月18日)

d0021786_1947592.jpg3月24日にヤマハ発動機(7272)から株主優待の案内が届き、申し込んでおいた「くまモン味付海苔」2個入りが届きました。ヤマハ発動機の株主優待は12月末と6月末の2回あり、12月末の株主優待は保有株数、保有期間に応じてポイントが付与されます。
100株以上3年未満 1000ポイント
100株以上3年以上 2000ポイント
500株以上3年未満 2000ポイント
500株以上3年以上 3000ポイント
1000株以上3年未満 3000ポイント
1000株以上3年以上 4000ポイント
優待品は社会貢献基金への寄付、ジュビロ磐田 Jリーグ観戦ペアチケット、ヤマハ発動機ジュビロ ラグビー観戦ペアチケット、自社関連施設利用割引券、自社及びグループ会社所在地(静岡県・北海道・宮城県・熊本県)名産品・復興支援商品の中から選ぶことができます。

私は100株しか持っていないので、今回は熊本の「くまモン味付海苔」2個入りをいただくことにしました。

6月末の株主優待は1000株以上の株主のうち、希望者に翌年のカレンダーが贈られます。

2017年12月期決算短信によると1016億300万円の純利益(60.9%増)を上げており、配当金は中間39円、期末49円で年間88円(前期比28円の増配)でした。来期の予想は中間45円、期末45円で年間90円(2円の増配)です。

4月18日の株価は3,395円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。

by irkutsk | 2018-04-18 19:47 | | Comments(0)

大塚ホールディングスから株主優待が届きました(4月17日)

大塚ホールディングス(4578)から株主優待の3,000円相当の自社グループ製品詰合せ(2名分)が届きました。大塚ホールディングスの株主優待は12月末現在100株以上保有している株主に送られます。
中身は次のようなものです。
ポカリスエット 1本
ポカリスエット イオンウォーター 1本
ポカリスエット イオンウォーター パウダースティックタイプ 1箱(8本)
オロナミンCドリンク1本
ファイブミニ1本
カロリーメイトゼリー アップル味、ライム&グレープフルーツ味各1個
ボディメンテゼリー1袋
ソイジョイクリスピーバナナ、ホワイトマカダミア、プレーン、ミックスベリー各1本
賢者の食卓 ダブルサポート1袋(3包)
ボンカレー501箱
ボンカレーGRAN 大地のみのり ビーフカレー1箱
ボンカレ―ネオ コクと旨みのオリジナル 中辛1箱
ご優待ギフトカード500円分

2017年12月期決算によると1,378億3500万円の純利益(前年比113.3%増)をあげており、配当金は中間50円、期末50円の年間100円(昨年と同額)でした。2018年12月期の配当金予想も中間50円、期末50円で年間100円です。

4月17日の株価は5,347円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。
d0021786_21294822.jpg


by irkutsk | 2018-04-17 21:30 | | Comments(0)

竹本容器から株主優待が届きました(4月17日)

d0021786_13222037.jpg竹本容器(4248)から株主優待の自社が企画開発したオリジナル容器を包装容器に使用した特撰品が送られてきました。今回はそれぞれ加飾を行ったアルミ製容器3個に、特選紅茶、チョコレート、ゼリーが入っていました。竹本容器の株主優待は12月末現在100株以上保有している株主に自社が企画開発したオリジナル容器を包装容器に使用した特撰品が贈られます。

竹本容器は化粧品、食品向け主力のプラスチック製包装容器専業。自社開発の金型を多数保有し短納期に強みがある。

2017年12月期決算短信によると9億8600万円の純利益を上げており、配当金は中間16円、期末18円で年間34円(前年比4円の増配)でした。


4月17日の株価は2,540円でした。現在の株価はこちらから見ることができます。


by irkutsk | 2018-04-17 10:20 | | Comments(0)
line

関心のあるいろんなこと書きます


by irkutsk
line
カレンダー