今日は、おととい屋外で誕生日パーティをしていた生徒たちとお寿司を作って食べた。12時に4人の生徒たち(イーゴリ、キリール、アーニャ、クリスチーナ)がやって来て、きゅうりを切っていると、ちょうどご飯が炊け、寿司つくった。10日と同じ鉄火巻きと卵巻きだ。半分は「すしのこ」を使って、半分はちらし寿司の素を使って寿司飯をつくり、きゅうりと卵を入れて、「スリムにポン」で作った。どうも毎回「スリムにポン」の容器を洗わなければならないようで、それを知らずにやっていたので何回もやっているうちにごはんが容器にくっついて出てこなくなり大変だった。でも何とか3合のご飯が細巻きになり、テーブルを寝室に持っていってみんなで食べた。きのう作っておいた豆腐は、固まり方が悪く、プリンのようになっていた。女の子二人は残していた。

寿司を食べながらおしゃべりをし、そのあと名古屋と広島の写真を見せた。広島の写真は初めて見るようで、熱心に見ていた。学校を卒業したあと何になりたいのかと聞いたら、キリールは法律家か政治家、アーニャとクリスチーナはアニメ画家、イーゴリは中国語の先生になりたいそうだ。イーゴリに日本のアニメ「エルフェンリード」をもらい、「ラストサムライ」のDVDも貸してくれたが、こちらはロシア語吹き替えなのでよくわからない。

今日の気温は昼間で22度。昨日ほど暑くはない。5時から市民日本語講座で、今日はナターシャ、スタース、レーナ、ソーニャ、ラリーサ、サーシャの6人が来た。普通体の練習をした後、会話を聞いて、それぞれの役をやったが、CDは話すスピードが特に速いように感じられた。今までに習った助詞の問題や動詞の変化(て形、ない形、辞書形)をやり、普通体に慣れるため文型練習帳を宿題にした。来週は24日の4時からだ。

授業が終わって1階に下りていくと、ターニャがいて、「夕食はまだだろう。食堂にあるよ」と言ってくれた。食堂にはもう一人指導員がいて、いつものテーブルにそばの実に牛肉の煮たのがかかっている料理があった。フルーツサラダもあったので食べた。今日は食堂で食べられないと思っていたので、ありがたかった。
[PR]
# by irkutsk | 2008-05-20 17:25 | 日本語 | Comments(0)
今日は曇っていたが、気温はどんどん上がり、昼には30度まで上がった。ロシア人に「今日は暑いね」と言うと、「暖かいです」と言う。感覚の違いだろうか。

今日は宇宙飛行士学校10年生の授業が10時10分からあった。13時20分までの3時間10分という長時間の授業だ。間に10分の休憩が3回あるが、それにしても長い。今回は自分なりに授業の組み立てを考え、最初のまだ頭が元気なうちは文法を1時間やり、次に今まで習った漢字を黒板に書かせ、最後の1時間は新しい単語を15分ほど教えた後、さいころを4個渡して、出た目の数を日本語で言わせ、生徒二人でどちらが多くなるかを競わせた。そして最後におはじきをやり、これも取った石の数を数えさせた。これで12時50分になり、休憩しなかったから早くおわったということにして、終わる。折り紙も用意していたが、これはまた次回にやろう。

お昼はカップめんとクッキーを食べ、ウーロン茶を飲んだ。インターネットカフェに行って、明日の寿司に使うきゅうりを買いに行った。最初にインターネットカフェに行ってメールとブログを送った。ここで昼のカップめんが悪かったのかトイレに行きたくなり、市場までバスに乗って市場の有料トイレへ。4ルーブル払うと、「ちょっと待っていて。女の人が入っているから。」と言われた。トイレの数が少ないので男性用を使わせているようだ。ようやく入ってもいいよと許可されてトイレへ。男性用といっても大が3つあるだけで小はない。しかも大は3つあるうちの真ん中は壊れて使用禁止になっている。一番手前のトイレに入り、一段高くなったところにある和式便器風のところに上る。トイレの扉はちゃんと付いている。便器は前に丸い穴があって水が溜まっている。日本風に壁に向かって座って用を足したら、水が流れてきた。ここのトイレは自分でヒモを引いて水を出すことはできず。おばさんが入り口のところで水栓をひねると出てくるようだ。ここで重大な誤りを犯したことに気がついた。水は前方にある丸い穴の周囲しか出ないのだ。このてのトイレは入り口のほうを向いて座り、壁際の穴のあるほうに用を足さなければならなかったのだ。反対に使ってしまった私は、ロシアのトイレ常備のブラシで前の穴の方へ落としたが、ブラシを洗おうにも水が出ない。しかたないのでそのまま出てくることになってしまった。日本の常識はロシアの非常識を実感した出来事だった。

宇宙飛行士学校に戻り4時からは市民日本語講座。今日はナターシャ、スタース、レーナ、ソーニャ、ラリーサの5人が来た。20課の普通体を教えたが、動詞、形容詞、名詞などの普通形があり、なかなか慣れるのには大変なようだった。でもこの後の文法項目では普通体を使う場面がよく出てくるので、覚えてもらわなくては。5時40分ぐらいに終わって部屋に戻り、すぐに夕食へ。夕食後は散歩で、マツユキソウの写真を撮りに行った。チェーリョームハという木の白い花も咲き始めていた。「ロシアのサクラ」と言われているが、独特の香りがあり、大きな木のそばに行くと香ってくる。馬の練習場(今は使ってないようだ)で、女の子が二人試験勉強をしていた。近づくと英語の先生のルーに英語で話しかけてきた。彼女たちとルーが話している間に、私はそばにいた黒い犬と仲良くなり、犬と遊んでいた。

写真はマツユキソウと仲良くなった犬、そしてチェリョームハ。

部屋に戻り、明日のために豆腐を作った。ニガリを小さな湯飲みに小分けして入れ、それに豆乳を入れて固め、冷蔵庫に入れた。今回はきっとうまく行くと思う。今日は疲れて、10時前に寝た。
d0021786_17233524.jpg
d0021786_17235179.jpg
d0021786_17241323.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-20 17:24 | 日本語 | Comments(0)

生徒たちの誕生会に参加

今朝も暖かく8度だった。天気予報どおり午後には20度を超し、夏のような暑さになった。今日は10時15分からの授業なので9時15分に出かけたが、バスがちっとも来ず、大学に着いたのは10時10分だった。大学の玄関でクシューシャに会った。熱があるので帰るそうだ。授業には何とか間に合った。今日はユーリャも休んでいて、マーシャ、ザハール、ジェーニャの3人だった。やはり前、後、右、左、隣、の間、近く、外、中などの位置を表すことばがまだ十分わかっていなかった。かなり練習したがまだまだだ。それに「います」と「あります」を時々間違えることがある。何回も練習して慣れるしかない。

午後からの2年生の授業は誰も来ず、部屋で本を読んでいた。何か行事があってこなかったのか、病気でこられなかったのか?最近はクシューシャとアンナの2人しか来てなかったし、前回はアンナだけだった。あと2週間なので、できるだけたくさん教えようと意気込んでいるのに、空回りしている。

1時45分に研究室に戻ると、昨日電話があって、授業が終わるころに来ると言っていたアレクセイさんが来た。アレクセイさんにインターネットカフェのパソコンの日本語表示ができるようにしてもらおう思って一緒に行ったが、できないようになっていた。とりあえずメールだけ送った。

外を歩いていると暑く、日本よりも暑いくらいだ。宇宙飛行士学校に戻って温度計を見ると29度もあった。夕食後、マツユキソウの花の写真を撮ろうと学校の奥のほうへ行くと生徒たちが火を起こしてソーセージを焼いていた。いつも大きな声で挨拶をしてくれる女の子もいたのでなんとなく親しみが持て、そばに行くと、今日は一人の女の子の誕生日で、みんなで祝っているのだと言って、参加しないかと勧めてくれた。木の枝を折ってその先にソーセージをさして、焚き火で焼いて食べた。ジャガイモやパン、ジュースも持って来ていた。日本では誕生日をどうやって祝うかとか、日本とロシアとどちらがいいか、とか次々にいろんな質問を投げかけてきた。日本に対する関心はとても強いようだ。日本の大学に行くにはどうしたらいいかと聞く子もいた。寿司を作ってみたいという子がいて、今度の日曜日、12時に私の部屋で作ることにした。
d0021786_15412830.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-17 15:50 | 日本語 | Comments(0)
今朝の気温は2度。今日は寒いのかと思っていたが、昼になるとやはり暑くなり、夕方の気温は25度だった。今日は、授業はなかったが、20日の会議で日本の保育園のことを10分ほど話してくれと言われたので、その原稿を作ってロシア語に翻訳しなければならず、大学に和露と露和の2冊の辞書を持って出かけた。研究室には誰もいなかったが、しばらくしてアリョーナがやって来た。彼女も自分の大学の勉強のために来ているらしい。午前中かかってロシア語の原稿ができ、アリョーナに見てもらい、直してもらった。A4に3枚、すらすらとは読めないのでこれで10分はいけるかなと思う。幸い日本から送ってもらった資料に出生率や初婚年齢の変化の表があったので、それをプレゼンテーションに使えそうだ。

昼に部屋の外に出てみてびっくり。奥のトイレの前あたりが水浸しになっている。今日、暖房を止めていたのか、音がしていた。その関係で水があふれたようだ。事務の人たちが雑巾やちりとりを使って水をかい出していた。手伝おうかと思ったが、もうかなり水はなくなっていたので、「まっ、いいか」と帰ることにした。

インターネットカフェによって日課のメールとブログの送信をして、バイカル湖のほとりのリストビャンカという小さい村に住んでいるナターシャにお金を送った。彼女のお母さんが病気で入院していて、検査や手術にお金がかかり、銀行に借金を申し込んでも貸してもらえなかったという手紙が来ていたので、少しばかり送ることにして、親切な郵便局に行った。いつもの手紙を出す窓口に行って聞くと、8番の窓口だと言う。そこで聞くと用紙に書いてくれと言って、電信送金の用紙をくれた。送り主、宛先、金額を書いて、あとどこを書けば言いかと聞いたら、金額を文字で書いて、パスポート番号を書いて、署名をするようにと言われた。これで手続きは完了で、お金を払って受領書をもらった。思っていたより簡単でよかった。

昨日宇宙飛行士学校の近くでマツユキソウが咲いていたので、教会の近くに行くときっとたくさん咲いているので花の写真を撮りに行こうかと思ったが、明日の授業の準備もあるので、帰ることにした。でも帰る途中、道から外れた林の中に、黄色い花がたくさん咲いているのを発見。中に入っていって写真を撮った。

夕食後はいつもと反対のほうへ散歩に行った。アレクセイさんが自分のпогреб(パグレープ=食品貯蔵庫)が宇宙飛行士学校のそばにあると言っていたが、たくさんのパグレープが煙突を立てていた。中の空気がよどまないように空気を取り入れる煙突が立ててあるようだ。その光景を写真に撮っていると、ヤギの群れに出会った。花の写真は撮れなかったが、代わりに珍しい写真が撮れた。
d0021786_15393484.jpg
d0021786_15395058.jpg
d0021786_1540499.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-17 15:40 | 日本語 | Comments(0)
今朝は5度。今日も青空が広がり、暑くなりそうな予感。出かける10時半には10度を超えていたので、コートはなしで出かけた玄関先に卒業式の服(女の子は黒いワンピースに白いレースのエプロン姿、それに白い大きなリボンを頭につけている。男の子はスーツ姿)を着た生徒たちが数人いた。今年は玄関前の広場でやるようで職員が出てきていた。わたしは大学の授業があるので式には出席できなかった。

大学についてまずコピー。そして昼ご飯。今日は2年生の授業が12時15分からだったが、来たのはアンナ一人だった。25課の「雨が降ったら、出かけません」「大学を出たら、すぐに働きます」「雨が降っても、出かけません」などの「たら」と「ても」の使い方を教えましたが、なかなかむずかしかったようです。次回にもう少し練習しなければ。次の時間は1年生の授業で、こちらは「います」「あります」を導入しました。人と動物は「います」、物は「あります」というのはわかったようですが、前、後、上、下、右、左、隣、間、中、そとなどがたくさん出てきて、ちょっと混乱していたようです。

授業の後は歩いてインターネットカフェへ。今日は7ルーブル50カペイカと安かった。インターネットカフェを出るとバス停に卒業式の格好をした女の子たちがたくさんいた。一瞬宇宙飛行士学校の生徒たちかと思ったが、見覚えのない子ばかりで、この近くの学校の11年生のようだった。テレビを見るとクラスノヤルスクでも今日は卒業式があったようで、全国的に統一されているのかもしれない。

宇宙飛行士学校に帰ってきたのは5時過ぎだった。6時前にイギリス人のルーが食事に誘いに来て、食堂に行くと、生徒は一人もいないし用意もしていない。今日は晩ご飯がないのかと思って食堂のドアを開けると、調理のおばさんが「入っておいで」と言うので、入っていくと魚のミンチかつとマッシュポテト、ミニホットケーキのようなもの2個にジャムをかけたのをくれた。それにオレンジジュースが付いた。二人で食べたが、途中で生徒がパンをもらいに来て、何か言っていた。晩ご飯がないことに対する不満なのか??

晩ご飯の後、天気がいいので散歩した。昨日紫の花を見つけたのでそこに行ってみたが、今日はマツユキソウが3つ咲いているのを見つけた。他にも黄色い小さな花や、紫色の小さな花、そして昨日見つけたのと同じ花も咲いていた。これからどんどん花が咲くのが楽しみだ。今日は馬が外にいて、親子の馬が柵の中にいた。まだ生まれて2ヶ月くらいと思われる子馬に母馬が寄り添っていて、可愛かった。
[PR]
# by irkutsk | 2008-05-15 15:54 | 日本語 | Comments(0)
今朝も暖かい朝だった。今日は昼の12時15分から2年生の授業が2コマあるので、朝起きてからご飯を炊いて、おにぎりを作る。10時過ぎに出かけたがバスがなかなか来ず、大学に着いたのは11時だった。研究室に荷物を置いて、まずコピーをとりに行く。ついでに土、日の市民日本語講座の分もとる。コピーをとりに行くとレーナと娘のイーラがいた。イーラには久しぶりに会った。イーラは宇宙飛行士学校の3年生で毎週水曜日の授業後日本語を教えていたのだが、学校自体が年度途中でなくなってしまって、もう会えないかと思っていただけに懐かしかった。でも学校はないのだろうか。

お昼を研究室で食べて、12時10分ごろ2階の日本センターへ行き待っているとアンナがやって来た。クシューシャは来ないのかと思って授業を始めたら、5分ほど遅れてやってきた。今日は前回渡しておいた漢字プリントの書き取りテストをやる予定だったが、アンナ一人だったので前の黒板に書かせていたら、クシューシャが来たので半分ずつにした。アンナは全問正解だったが、クシューシャは半分くらいわからなかったし、書き順が違っていたりした。その後、24課の標準問題集をやり、読み物を読み、聴解練習をしていたら時間になった。

今日は何か写真を撮るので授業は1時間だけだとアンナに教えられた。ロマンさんが来て折り紙を教えてくれるそうだ。私はどうするんだろうと思ったが、部屋のカギを持っているし、一応参加することにした。以前市民日本語講座に来ていたロマンさんがやって来て外国語学部の学生たちに折り紙を教え始めた。地元のテレビ局がやって来て撮影を始めた。ナージャがやって来て、折り紙の後、日本語の授業を撮影のために5分くらいやってくれと言われ、あいさつ言葉と体の各部の言い方を即席で授業風に教えた。その後インタビューで、どうしてこの学校に来たのか、ロシアの学生と日本の学生はそう違うか、ロシアに来て、よい点と悪い点を話してくれとか、ロシア文学に興味があるそうですがと聞かれた。その後日本語を履修しているアンナ(2年生)とザハール(1年生)がインタビューを受けていた。

取材のおかげで授業のときよりも早く終わった。外に出ると暑く、気温は20度を超えていると思われる。半袖の人もいる。私は朝出てきたので皮のジャンバーを着ているが、暑い。インターネットカフェについてメールを見てみるがやはり日本語表示はされない。お金を払うときに「頼んでみたけどできないということだった」と受付のお姉さんが弁明してくれた。まあやる気がないだけのことで、そんなに難しいことではないはずなんだけど。

宇宙飛行士学校に帰って、晩ごはんを食べた後、運動場でラグビーの練習をしているのを見ながら、奥のほうへ散歩に行った。夕日に映えた木々のシルエットが美しく写真を撮る。今年初めての花を見つけそれもカメラに収める。部屋に戻って明日の準備をし、終わった後アサヒスーパードライを飲んだ。日本のと全く変わらない味でおいしかった。

d0021786_15484655.jpg
d0021786_1549393.jpg
d0021786_15491950.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-14 17:10 | 日本語 | Comments(0)
今朝の気温は8度。出かけるときも8度。空は一面黒い雲におおわれ、今にも雨が降り出しそうな天気だ。朝ごはんの時、指導員と話していると、昨日の夜中、すごい雨で怖いくらいだったそうだ。私はぐっすりと眠っていて、全然気がつかなかったが。朝には雨が上がっていたので。

9時過ぎに宇宙飛行士学校を出て、バス停でバスを待っていると寒い。風が吹いているので日本の冬のようだ。皮のコートを着ていてちょうど良い。バスを降りて大学へ行く道々にたくさんのミミズが出てきて死んでいる。踏まないように下ばかり見て歩いていた。

今日は1年生の授業が2コマ続きであり、最初は予告どおり漢字のテストをしたが、前回漢字の読みをやったのと同じ文で書かせたのに、あまりできなかった。ちょっとショックだ。次回から漢字ミニテストをすることにした。9課の読み物や問題、聴解練習をやって終わった。今日はサイコロを転がして出た目の数の日にちを言うというのをやったが、最初はサイコロ4個、そして順に減らしていき、最後は1個で一日から六日までの練習をした。

授業の後、私の代わりに日本語を教えてくれていたアリョーナが、大学の授業の課題で彼女が訳した日本語を見てほしいというので、1時間ほど付き合った。それからインターネットカフェまで歩いていき、メールとブログを送ったが、やっぱり日本語表示はされなかった。
[PR]
# by irkutsk | 2008-05-13 16:35 | 日本語 | Comments(0)
今朝の気温はなんと+15度。午前中は今日と明日の授業の準備をし、12時から市民日本語講座があった。今日はナターシャ、スタース、ソーニャの3人だった。19課の「休みの日はテニスをしたり、散歩をしたりします」のように「~たり、~たりします」でいくつかすることの中から代表的なものを2,3例示する表現と、「これからだんだん暖かくなります」のように変化を表す「~なります」をやった。読み物は相撲の話題だったので、今日から大相撲夏場所が今日から始まることや、ロシア人力士が幕内に3人もいることを番付を配って紹介した。授業が終わって帰り際にソーニャのおじいさんが「日本の学校では漫画の描き方を教えているのか」と聞いたので「学校では教えていない。クラブで好きな子が描いていることはあるけど」と答えた。

授業が終わって部屋に戻りブリヌイを温めているとカーチャとナースチャがCDとフラッシュメモリーを持ってきた。日本の音楽と写真をほしいということで、HDに持ってきた音楽のビデオクリップをコピーしてやった。コピーに時間がかかるので、お茶をご馳走し、カーチャは3時から用事があるからとかえって行き、ナースチャと二人でコピー待ち時間にドミノをして遊んだ。ナターシャのところでもらったドミノが早速役に立った。4時にようやくコピーが終わり、町へ買い物に行くことにした。

バスから湖を見ると、氷が風で流されてきて、北東の隅に集まっていて、南のほうは全く氷がなくなっている。公園の中を歩いていると小さな白い花を発見。木々の枝からはみどりの新しい葉が出ていてきれいだった。湖のほうへ行くと早速シャシリークをやっているグループがいた。今日は20度を超える暑さで一気に夏が来たような感じだ。湖や木の写真を撮ってから、スーパー「シュコーリナイ」へ行った。ヨーグルト、ハム、ジュース、クワス、源氏パイのようなお菓子、卵を買って帰った。明日からはまた弁当を作っていかなくては。
d0021786_16364824.jpg
d0021786_163779.jpg
d0021786_16372788.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-12 16:37 | 日本語 | Comments(0)
5月8日にアリョーナに11年生の最後の授業でお寿司を作ることになったといわれ、じゃあ私の部屋で作ったらと言って、今日の授業は寿司作りになった。10時過ぎに生徒4人とアリョーナが来て、まず豆腐作りから始めた。粉末の豆乳があってそれを水で溶いて沸騰させ、にがりを入れて固めるという簡単なものだが、以前鍋で作って取り出しにくくて失敗したので、今回は茶碗に一人分ずつ入れようとしたら、鍋にニガリを入れたらすぐに固まり始めていて、茶碗に入れたがきれいな豆腐にならなくてまたも失敗。四角い器がほしい。

お寿司は「すしのこ」もあったが生徒がせっかく酢を買って来たので、酢と塩と砂糖を混ぜて寿司酢を作ってご飯に混ぜたが、酢が強烈で、混ぜているときから鼻にツンと来て、食べてみると酸っぱかった。「スリムにポン」という細巻きが簡単にできるというプラスチックの押し型で作って、それにのりを巻くという簡単なものなのだが、ご飯を入れすぎたのかポンと出て来ずに、器にご飯がくっついたままだったりして苦戦した。でも何とか卵焼きを中に入れたのと、きゅうりを入れたのができた。ご飯は3合炊いて半分は寿司太郎を入れたので、いい味のお寿司ができた。豆腐にしょうゆとかつお節をかけて食べさせたが、あまりおいしくなかった干し椎茸とねぎ、ワカメを入れたつゆも作ったがやはりいまいちの味だった。それでも生徒たちは喜んで食べてくれた。最後に日本茶を入れてチョコレートを食べた。

1時過ぎに終わって生徒たちが帰っていったので、インターネットカフェに行くことにした。バスがすぐに来たので早く着いたが、1時から2時まではお昼休みなので閉まっていた。2時になって、お姉さんが戻ってきたのを確かめてから入った。メールをブログを送って、会計のときに日本語表示をしてほしいといったら、頼んでみるといってくれた。もし日本語表示されれば、もう鬼に金棒なんだけど。21ルーブル50カペイカ払った。

歩いてスパルタークまで行く途中、生ビールの店の前を通るとちゃんとやっていた。ビールのメニューも前と同じようにたくさん貼ってあったし、窓口には3人ほど並んでいた。つぶれたわけではなかったようで、良かった。

宇宙飛行士学校に戻って、4時からは市民日本語講座。今日はナターシャ、スタース、レーナ、ソーニャ、ラリーサの5人だった。17-18課の漢字の書き取りをやった後、19課の「た形」と「行ったことがあります」、「行ったことがありません」、「行ったことがありますか」の練習を他のいろんな動詞を使ってした。明日も12時からやることになった。熱心だ。
d0021786_163564.jpg
d0021786_16352462.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-12 16:35 | 日本語 | Comments(0)
今朝は暖かく、5度だった。天気もよく昼間は20度近くまで上がったのではないか。10時にアレクセイさんと大学で待ち合わせていたので、9時15分に宇宙飛行士学校を出た。少し早く着きすぎたので、公園の方を散歩してから行った。勝利広場へ通じるクルチャートヴァ通りは途中から車両通行止めになっている。今年は暖かいので去年よりも人出が多い。みんな戦勝記念のクロとオレンジのストライプのリボンを胸につけている。そして風船を持っている生徒たちもいる。しばらく待っているとジープを先頭にパレードが始まった。装甲車が1台、そしてベテランと呼ばれる戦争で功績があった人達が続き、その後いろんな部隊のパレードが続いた。でも割とこじんまりとしていてすぐにパレードは終わった。そして勝利広場で記念式典が行われた。近くのスーパーに行ってビールを買って飲み、アルピィへ行く。2階に新しい家庭用品(食器や調理器具、雑貨を売っている)の店が出来たというので見に行く。日本の店とほとんど変わらない品揃えだ。1階に下りてトイレに行こうとしたら、なくなっていた。しかたないので店の外に出て林の中へ行く。アレクセイさんの弟の家族と会い、記念に写真を撮る。ナターシャが1時40分に宇宙飛行士学校に迎えに来るというので、スパルタークまで歩いてバスで戻った。

お客に行くのでスーツに着替え、お土産を持って時間の1時40分に玄関のところへ行くと、カギ番のおばさんが女の子が探していたよと教えてくれた。ナターシャは玄関に私がいなかったので私の部屋まで行っていたようだ。お父さんの車(日本車)でうちまで連れて行ってもらった。教会の近くのアパートの7階だった。古くて今にも壊れそうな音を立てて昇っていくエレベーターで7階に行く。2重の扉を入るとそこにはこれがロシアのうちかと思うようなすばらしい部屋が広がっていた。入るとすぐに居間につながっていて、革張りの大きなソファーセットが置いてある。そして横にはダイニングテーブルがあり、6人がゆったり座れる広さである。そしてその奥にはきれいな台所がある。シャンパンで乾杯し、サラダが2種類、鮭の燻製、サラミソーセージ、チーズ、イクラのオープンサンドが並んでいる。昨日がナターシャの誕生日で、そのお祝いだということだった。シャンパンで乾杯した後、食べながら飲んだ。ウォッカを出されなくて良かった。

ひとしきり食べた後、部屋を案内してもらった。2軒のクバルチーラ(アパートの1軒のこと)を一つに改造したというだけあって、大きな居間のほかに、ナターシャの部屋、妹のナージャの部屋、おばあさんの部屋、お父さんの書斎、そしてお父さんたちの寝室、それに広い浴室。5年前に改造したそうだが、家具や部屋の扉、床もきれいで、あのロシア特有の雑な工事の仕方ではなく、日本と同じきちんとした丁寧な仕上げだった。居間照明も天井に取り付けられた間接照明のほかにいくつかの照明器具がありとても明るい。広さは120平方メートルくらいあるそうだ。ナターシャの部屋で写真や日本語能力試験3級の合格証、合気道2級の認定証を見せてもらった。つぼ焼き料理ができたと言ってまたテーブルに座り、つぼに入った肉、きのこ、ジャガイモを赤ワインを飲みながら食べる。

その後はナターシャとナージャがピアノをひいてくれた。かつてのロシア貴族の生活を髣髴とさせる光景だった。そして4人でドミノをやり、私が始めてだと言うとルールを説明してくれた。簡単なルールなのですぐに覚え、何回かやったあと、ドミノを私にプレゼントしてくれるという。そしてお茶の用意ができたと呼ばれて3度テーブルへ。おばあさんが焼いてくれたりんごとブルスニーカがのったケーキにナターシャの誕生日なのでその数だけローソクを立て、火をつけ、ナターシャが消した。お茶の入れ方はロシア風で濃いお茶を作っておいて、それをお湯で薄めて飲むというものだった。すっかりご馳走になり、5時過ぎにお暇することにした。

ナターシャがスパルタークまで送ってくれた。スパルタークまで歩くつもりだったが、疲れたのでアルピィの前からバスに乗った。今日は午前中もかなり歩いていたのでちょっと疲れた。ロシア語だけの会話に必死でついていくのもかなり疲れる。6時15分に宇宙飛行士学校に着いたが、夕食はとても入らないので、部屋に戻って横になった。テレビではモスクワやペテルブルグのパレードの様子が放送されていた。今度はああいうパレードを見に行きたいものだ。

今日はロシアにも日本と同じ、あるいは日本以上の生活をしている人たちがいるんだということを発見してかなりのカルチャーショックだった。ナターシャの両親は先生をしていたそうだが、お父さんは今、教育関係の仕事をしているといっていた。
d0021786_15202399.jpg
d0021786_15204355.jpg
d0021786_1521032.jpg

[PR]
# by irkutsk | 2008-05-10 15:21 | 日本語 | Comments(0)

関心のあるいろんなこと書きます


by irkutsk